BBの覚醒記録 

無知から覚醒に至る一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や弥栄を願う皇室への批判も厭わず。

皇族への罰則規定を復活させるべきではないか

2018-11-25 02:44:01 | 日記

 

皇室を浄化、本来の皇室に立ち戻るべきと思う方は、
ポチ参加で意思を表明してください。

 

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

 

勤労感謝の日になぜ、勤労を休んでしまうのかわけがわかりません。
元々は「新嘗祭」の日で、皇室でも最大の祭祀です。

GHQに宮中祭祀を「天皇の私的行為」として貶められて以来73年間「みどりの日」とか、皇室の実態が消されわけのわからない日になると共に、宮中でも祭祀がないがしろにされ被災地訪問とか慰霊の旅とか要らざることに、莫大な国費が費やされるようになっています。

 

被災地訪問がムックやDVD化され、皇居内にその本体がある「菊栄会」とやらから発売され、手堅く売れる皇室カレンダーやらの少なからざる収益が、一体誰の懐に入るのやら。
宮内庁の退職組の受け皿ではなかとも想像しますが、要するに皇居内に今上陛下ととりわけ皇后陛下の宣伝プロダクションが置かれているのです。

 

被災地訪問や慰霊それ自体が悪いとは思いませんが、それらは今上天皇がいわば恣意的に作られた「象徴としての行為」に過ぎず、本来の祭祀王としての天皇陛下のお仕事ではありません。

天皇は日本の神道を統べる頂点におわす存在であり、崩御なさるまで天皇であり続けることがその責務です。体力が伴わなくなれば、昭和天皇がそうされたように摂政を立てればよかっただけのこと。それを天皇陛下自らが皇室典範を無視なさっての「生前退位」。陛下のわがままを正当化せざるを得ない内閣は、「特措法」という奇策に打って出ましたが、これを一回やると皇室典範はもはや有名無実、特措の名のもとに皇室のやり放題です。

昔のように法による縛りが必要ではないでしょうか。

 


伊藤博文の皇室典範義解から。

 

第十章 皇族訴訟及懲戒
第四十九条
皇族相互の民事訴訟は、勅旨により宮内省において裁判員を命じ、裁判をさせ、勅裁を経てこれを執行する

 

第五十条
人民より皇族に対する民事の訴訟は、東京控訴院でこれを裁判する。ただし皇族は、代人を立てて訴訟に当たらせ、自ら裁判に出る必要はない

 

第五十一条
皇族は、勅許を得るのでなければ、拘引し、または裁判所に召喚する事は出来ない

 

第五十二条
皇族にその品位を辱める所行があり、または皇室に対し忠順を欠く時は、勅旨によってこれを懲戒し、その懲戒の重い者は皇族特権の一部又は全部を停止若しくは剥奪しなければならない

 

第五十三条
皇族に蕩産の所行がある時は、勅旨によって治産の禁止を宣告し、その管財者を任じなければならない

 

第五十四条
前二条は、皇族会議に諮詢した後に、これを勅裁する

 

BB注 *諮詢(しじゅん) 参考として他の機関などに意見 を問い求めること。諮問。

 

*皇室典範義解(こうしつてんぱんぎげ)伊藤博文著の形をとる大日本帝国憲法 及び(旧)皇室典範の逐条解説書。帝国憲法のみならず、明治期の日本の思想を知る上 で重要な資料である。

 

*践祚(せんそ)とは、天子の位を受け継ぐことであり、それは先帝の崩御あるいは譲位 によって行われる。古くは「践阼」と書き、「践」とは位に就くこと、「阼」は天子の位を意味 する。これに続いて位に就いたことを内外に明らかにすることを即位という。Wiki

 

 

 

・・・・・・・・・・・ここまで

 

 

 

現在の皇室が、現憲法のみならず旧帝国憲法に照らし合わせてみても違背している、しつつあることは以下を見れば明らかでしょう。

 

第一条
大日本国の皇位は、祖宗の皇統であり、男系の男子がこれを継承する ←愛子天皇擁立を画策中

 

第二条
皇位は、天皇の長男に伝える ←愛子さま天皇擁立を画策中

 

第九条
皇嗣に精神もしくは身体に不治の重患があり、または重大な事故がある時は、皇族会議及び枢密顧問に諮問し、前数条により継承の順序を換えることが出来る ←皇太子殿下は現典範に於いても失格なのに、隠蔽

 

第二十五条
摂政又は摂政たるべき者が精神若しくは身体に重大な病気があり、または重大な事故のある時は、皇族会議及び枢密顧問の議を経てその順序を換える事が出来る ←この条文以前に、摂政制度があたかもないことに今上陛下によりされてしまった

 

第十条
天皇が崩御するときは、皇嗣は、直ちに践祚し祖宗の神器を継承する ←崩御もしていないのに践祚

 

 

 

「生前退位」を「譲位」というごとき言い換えは、欺瞞。
それを敏感に感じ取った皇后陛下が、公に異議を唱えられたわけですが、憲法違反なのだから「生前退位」という言葉が最も本質をついているのです。

 

政府は、「天皇の憲法違反」を国民に気取られぬよう苦慮して、実に迅速に「特措法」という苦肉の策で切り抜けました。

 

「特措法」は言葉を変えれば、現在の如き愚昧のことを国民と政府に要求する天皇は次代には出まいから、とりあえずこれで国民の皆様、騙されたふりで見逃してください、天皇が憲法違反したことを政府が認めてしまうと、天皇への不信感で天皇制度自体の瓦解になります、ということです。

 

いやいや、政府は全くの杞憂、90%の国民は「ご高齢でお疲れだから」どうぞご退位をという絶句するほどの愚かしさ。
そして今上は、その政府の温情さえ解らず特措法にされた、なぜ恒久法にしないのか、
これでは自分のわがままのように見えてしまうと、ご学友の口を通じてご不満を表明。

 

わがままなのです。

 

それも天皇が政府に間接的ながら命令して「生前退位」を認めさせてしまったという、これは明確に憲法違反であり、由々しきことを、天皇自ら率先しておやりになり、この国の規範の根底を侵されました。

 

この事の、怖さを識者が誰も言いません。

 

狂信的、いわゆる「右翼」に殺されかねませんからね。顔出し名前出しした方たちが
真実を述べただけで。

 

平和憲法護持を主張なさりながら、政治関与で自ら憲法を踏みにじられているのが
今上です。

 

公共放送を私物化して「お気持ち表明」ということは、愚かしい国民を盾にとり、政府への脅迫以外の何物でもないのですよ?

 

構図を冷静に見てご覧なさい。

 

「お気持ち」という情緒的なものに惑わされず、溺れず。

 

天皇は、即位した刹那崩御なさるまで、ずっと天皇なのです。
お仕事をなし得なくなれば、摂政という制度がきちんと合法で用意されています。

 

まして、自らが「象徴天皇としての務めを十分に果たせなくなったから」という言い分には
二重の欺瞞があります。

 

1 それならば、摂政制度があるではないか。

 

2 皇太子が象徴としての務めを十分に果たせるのか、祭祀すら出来ないのに。

 

 

 

欺瞞です、国民騙しです。政府は本質を知っていながら、皇室への不審を招き混乱させることを避けて、騙されたふり。

 

公共放送の電波ジャックでお気持ち表明してすぐ、宮内庁に「天皇の憲法違反だ」と
抗議電話をしたら宮内庁の答えは「陛下は単にお気持ちを表明なさっただけ」と
抗弁するので、「まずそのお気持ち表明が放送法違反。そして放送法違反をしながら表明されたお気持ちとやらで即政府が動いたではありませんか。天皇の政府関与です。これが合法ですか?」と訊いたら、黙ってしまわれました・・・・。

 

平和憲法を護持などと言ってはいない、といまだに言ってくる人がいますが
幼稚です。具体的に言う立場にない天皇の言葉は、前後の言動の文脈から
解すべきものであり、憲法についてわざわざ誕生談話という場違いの場で、
しかも安倍政権が憲法改正に向けて動いている問に発言されることの
意味を読みなさい、ということですね。

 

現皇室典範で「生前退位」が掟に背いていることは明瞭ですが
旧皇室典範に於いても「生前退位」は明確に違反なのです。

 

 

 

 第十条
天皇が崩御するときは、皇嗣は、直ちに践祚し祖宗の神器を継承する

 

崩御まで、皇太子の即位など違反なのですよ? しかも、その皇太子は人工膀胱で祭祀不能。皇太子妃は異教徒で、神域拒否。

 

現在、命がけで不心得を止める忠臣もいず、宮内庁も小和田恒経由の外務省筋の人間も多くなり、今や宮中ヒェラルキーの頂点に君臨なさっているのは皇后陛下。

 

天皇陛下は王配として、率いられた形、それじたいが従来の皇室の形ではもうなく、情けないことです。

 

そして、皇后陛下の妄念にも近い願望は出来のいかん、女性でわることは問わず、皇太子の子を天皇として
擁立させること。

 

そこで本当に単純な疑問なのですが、皇室尊崇が事実ならその人達は万世一系を叩き壊す女性・女系天皇擁立など反対でしょう?

 

それって、アンチ皇后陛下(といいうことはアンチ天皇陛下)なのですが、そこは
どうしても認めたくない?

 

そりゃあ、欺瞞、自家撞着もいいところでしょ。

 

今、皇族の不心得にストッパーとなり得るのは国民の声でしかないので、仕方なく
ほそぼそと声を上げているだけのこと。

 

拙ブログを読んで覚醒してくださる方々もいらっしゃるけれど・・・・これを以って、現在の皇室の左傾化売国化のなにがしかのストッパーになり得るとは思っていません。日に1、2万人、時に3万人程度の定住読者で人口からしたら、微々たるものですもの。

 

ただ、それでも言い続けます。人は騙されていてはいけません。
歴史は後に真実を告げねばなりません。

 

百年後、三百年後の真実明かしのために綴り続けています。

 

不適切な東宮夫妻の即位まで、まだわずかに時間はあり、神風がある形で吹く可能性は皆無ではありません。

 

皇室が万世一系を保ち、形だけでも正常な姿を取り戻すよう祈りましょう。
統計学的に1万人~3万人は無力ですが、祈りが1万人の束となった時、なにがしかの
パワーにはなり現実形成力を帯びることもあります。

 

(ヤフオク事件のことも、無論念頭にあります)

 天皇陛下

 

「美智子も親王 の誕生を大変喜んでおりますが、 美智子はやはり皇太子の系譜に皇統を継がせたいと 申しているんですよ。」 悠仁親王誕生直後の週刊新潮2006/9/28号より

 

念願の親王誕生を受けて、この冷酷な言い放ち。皇后が言わせた。

 

この記事に対し、宮内庁からは何の抗議も訂正要求も出てはいません。

 

拙ブログが不敬の、保守分断のとおっしゃる自称保守のあなた、あなたは女性女系天皇容認なのですか?

  

東久邇茂子様御舟入の儀

新しき貴(たか)きいのちの歩みここにはじめまさむか御靴まいらす

 

 皇后陛下のお歌から、お棺に靴を入れることは、熟知されています。

 

舟入とは納棺式のことです。

 

なぜ待望の親王誕生に靴の贈り物? しかも片方だけ。

 

 

 

好意の「偶然」なのかもしれませんが、終始一貫した秋篠宮家への冷たさ、その後悠仁親王へのないがしろにされ方・・・などから一部で呪いの片靴と言われても仕方がないでしょう。

 

そもそも日本に、皇室にと言い換えてもいいですが親王の誕生にベビーシューズを、それを片方だけラッピングもせず、これ見よがしにむき出しで贈る習慣などありません。もともとパーフォーマンスに長けたお方ですが、いったい何のパーフォーマンスなのでしょうね?

 

 

 

悠仁親王が交通事故に遭われた時、大事なお世継ぎという意識があれば青くなるはず。ご自分たちの退位後のばかばかしいほどの仕え人、警護の人数を削ってでも悠仁親王殿下に護衛をつけませんか?

 

「皇太子の系譜から皇統」を望まれる皇后陛下にとって、悠仁親王殿下は邪魔なのでしょう。内心の舌打ちが聞こえて来そうな・・・・。ダッカで、邦人がテロで複数惨殺された時も、にこにこと絵画展にお出かけ。

 

ご慈愛? 信じ崇めたこともありますが、今は苦く乾いた笑いが口の端に浮かぶ・・・・。

 

 

◯印の識者の言葉が欺瞞に満ちていますね。

 

岩井克己氏「終身在位は残酷な制度」

 

務まらなくなったら摂政の制度があります。残酷でもなんでも、ありません。

 

石原信雄市 「高齢による退位を求めるべきだ」

 

ずっと働いてくださいとは誰も言っていません。そのために摂政制度があります。

 

 

いまだ摂政制度がなぜ受け入れられぬのか、解りません。
まして、あちこちひんぱんにお出歩きの現状を見るにつけ。

 

そして、皇后陛下のおおっぴらの政治ご発言。それも左翼としての。

  

皇后陛下お誕生日に際し(平成29年)

  

平和賞は,核兵器廃絶国際キャンペーン「ICAN」が受賞しました。核兵器の問題に関し,日本の立場は複雑ですが,本当に長いながい年月にわたる広島,長崎の被爆者たちの努力により,核兵器の非人道性,ひと度使用された場合の恐るべき結果等にようやく世界の目が向けられたことには大きな意義があったと思います。そして,それと共に,日本の被爆者の心が,決して戦いの連鎖を作る「報復」にではなく,常に将来の平和の希求へと向けられてきたことに,世界の目が注がれることを願っています。

 

・・・・・ここまで

 

ICANにはピースボート左翼の辻元清美氏が噛んでいます。
そして、皇太子殿下は何の目的で辻元氏と親交を結んでいらっしゃるのでしょうか。

 

 

 

 末尾に余談ですが、11月になると日本のあちこちで三島由紀夫を偲び国防と改憲への思いを新たにする憂国忌が開催され、福岡ではあたかも新嘗祭の日に催されたようです。
それにつけても杉田論文とそれを擁護した連中の無教養さです。
烈士三島由紀夫も、その系譜につながるとされる西郷隆盛も恋の相手が男だったのに。三島と森田必勝とはそれこそ「男同士の契」を交わした間柄。新嘗祭つながりで余談でした。

 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え

 

        コメント欄投稿に当たってのお願い 

 

無記名Unknown は読まぬままハネます。

 

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」「ななし」「あ」など
極力受け付けません。

 

異論・反論は歓迎しますが一定レベルの語彙とロジックに達していないコメントは、不毛なので原則として公開しません。

 

韓国・在日関連のコメントで、極端な侮蔑語句は受け付けません。

 

皇室関連記事に関するコメントの内容は、きちんとしたものであれば
賛否を問わず公開しますが、皇族への最小限の敬意はお忘れないようお願いします。
呼び捨ては避けてください。

コメント (21)

久々に公開質問です。いまだ現れる杉田論文擁護愚論に対して。

2018-10-30 18:25:05 | 日記

 

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

 

今回は私的側面が強い記事なので、興味のない方はスルーしてください。
ただ「形を変えた」杉田論文批判でもあります。それとブロガーとしての姿勢というものを、自省しつつ考えてみました。 

「反日勢力を斬る」のブログ主様へ公開質問です。そしてコメント欄へ誹謗コメントを書かれた方へ。

弊ブログでは、基本的に他ブログさんのことを記事であげつらうことはしません。
ましてコメント欄で罵られたとしても。読者の方から教えられて知るぐらいで、他ブログのコメ欄は読む時間もないし、まして反論含めて書き込むこともありません。

今まで例外が2度、ヘカテなる明らかに雅子妃のお身内の方の秋篠宮家貶めを延々と続けるブログに対して2度ほど反駁記事をアップ、もう一つは秋篠宮家支持を表明しているブロガーさんたちが軒並み攻撃され、BBもその標的になった時、妄想と捏造による誹謗が目に余ったので記事で反撃したことと、そのくらいでしょうか。いずれもコメ欄に書いても削除か、ブロックの処置を受けるらしいので。

今回は、たまたまトド子さんの記事でBBブログが「反日勢力を斬る」さんのコメント欄であげつらわれていることを知り、単なる誹謗ならスルーしてもよかったのですが、BBが擬似保守、つまりなりすまし保守であるとか、子供を持たないので杉田論文を批判しているとか中傷が酷いので、お返事を書いたのです。それで、済むはずだったのですが、いったん表示されたコメントが削除され、拙ブログ誹謗のコメントだけが残されていて、これはいかになんでもやり口がフェアではなかろうということで、取り上げることにしました。 

トド子さんが、きちんとコメントを書いても削除されたり、果ては書き込み制限を受けると書いていらしたので、ではBBもコメントを出したがもし削除されるなら、記事でレポートしますとトド子さんブログのコメ欄であちらの読者の皆様に約束したのですが、よもやと思っていたのに削除され、唖然としたのでした。BBが出したコメントが削除に値するものかどうか、判断は皆様に委ねるとして。

正直に言えば該当ブログさんの文章の粗さが生理的に駄目で、記事はほとんど拝読したことがないのです。が、見かける表題に引かれて精読未満の読み方をしたことはあり、そのスタンスにおいては拙ブログとは共通基盤も多いという認識でした。要するに反日勢力とは共に戦うお仲間であるという、ざっくりした認識です。

なので、この度の措置は残念です。こういうことをなさっていては、せっかく営々とお続けになっているブログの信用を失くさないでしょうか。

以下が、BBとトド子さんブログ誹謗文と、それに対してBBに関する部分に絞っての回答です。

  

こちらのコメント欄には字数制限もありそうだし、最小限のことしか述べていないので、補足的にここで回答させて頂きます。

 

まず「反日勢力を斬る」のブログ主さまへ、BBのコメントがなぜ削除対象とされるのか、それをお答え願います。コメントの採択は無論、主さまの権限範疇ですがしかし極端にレベルの低い罵りとか、根拠の希薄な中傷以外は公平に受け付けるというのが、ブログ主としての共通常識ではないでしょうか。

 

「Hanada」12月号はLGBTと言論封殺、とブログ主さんはお書きですが、自らが行う言論封殺は圏外でしょうか?

 

本来、このたぐいの反論はコメント欄に直接書き込むのが筋ですが、意にそまぬ発言は削除され、果てはブロックされる状態ではやむを得ません。また紙幅も足りません。

 

「小梨(子無)」という下卑た語感にも気づかないから、杉田論文のあの神経の粗雑な文章もひっかからないのでしょう。通常の感性をお持ちなら、「小梨(子無)」などという侮蔑表現がトド子さんやBBへの誹りにとどまらず、不妊治療に苦しむご夫婦や、余儀ない事情で出産を諦めたカップル、諸事情で結婚できない独身者の心をいかに傷つけるか、解かるはずです。コメント自体が、杉田論文の矮小な写し絵です、そのデリカシーの欠如において。

安倍総理もまさに、端的にそこへ表明しています。自らが用いた自党議員なので、言葉遣いは穏やかですが、愉快であろうはずはありません。

 ちなみに、トド子さんはご家庭をお持ちでお子さんもおありだったような気が?詳しくは知りません。BBの私的環境を話す気も必要もありませんが、トド子さんとBBに子がある無しは、杉田論文と何ら関係ないのではありませんか? こういう感情のみによる浅慮の侮蔑発言が杉田論文と通底するところでもあります。

子を産んだだけでは人は親とはならず、親もまた子を育てながら親になっていく存在ではないでしょうか。大変失礼ながら、いわば陰口という形で他者を罵倒する親を子が尊敬するでしょうか。きちんとした言葉で書かれたものなら、むしろ反論は歓迎と常々表明しているブログのコメント欄には書かず、人様のコメ欄で的外れの陰口を書き込むようなお子さんに育てたいのではないでしょう?

弊ブログが「擬似」、つまりは「なりすまし保守」であるかどうかは読者さまの判断に委ねるしかありませんが、8,9年間も延々と「保守のふり」を続ける意味は、何でしょう?
アフェリエイトも避け、無償で時間をたっぷりかけながら「ふりをした」発信は、何のためでしょう?
自らのことで説得力が希薄なら、トド子さんのブログは13年間続いています。くだんのブロガーさんより保守ブログとしては古く、韓流批判の先駆けです。
こちらにも何の営利も、特定組織に関係しての利害も見えません。
間歇的に非更新スパンが挟まりますが、延々13年間「エセ保守」を続ける目的は、何でしょう? また人が時間とエネルギーを、報酬も無しで「ふり」を13年間続けることが出来るでしょうか。まだブログも一般的ではない頃のブログ立ち上げで、BBはまだブログの書き方すら知らない時期の途中からの読者ですが、終始一貫韓流批判、呆韓の立場を貫かれています。
そのうちBBブログを見よう見まねで立ち上げ6,7年経過した辺りから拙記事によっては、たまにですが賛同のコメントを頂くようになり、秋篠宮殿下に期待を寄せるブロガーさんたちがある人により妄想と思い込みによる風評被害を広められることがあり、トド子さんもBBも標的となりました。そこから個人的にコンタクトを時々取るようになって現在に至ります。

「兼業ママ」さんは、BB記事をお読みになっていらっしゃいますか?

 繰り返し述べていますが、杉田論文を政治的立ち位置から批判したわけではありません。不勉強と無知から錯誤を書き散らしたことで、大勢の人々とその親御さんを傷つけたそのことに対して、抗議をしました。政治家としてという以前に、その人間性への問いかけです。
だから「兼業ママ」さんのおっしゃる「パヨクから見たら格好の保守叩きネタ」というのは、見当違いです。
人間性の問題に、保守も左翼も関係ありません。事実誤認で書かれた論文を人として批判することと、左翼が政治的対立構造に置き換え叩くために叩くこととは画然と、その動機に於いて異なるのだ、ということがお解り頂けないでしょうか。何度も書いたつもりなのですが。

間違った前提で、不当な結論を出した駄文を評論するのに、政治的立ち位置を持ち出すのは愚かしいと思います。少なくとも杉田論文を安倍政権叩きの材料としてしか扱ってない左翼と立ち位置が違う批判と、峻別はさほど難しいことではありません。

また杉田論文を「ほんの些細な失言」と言い表すのは間違いです。仮にも公に発表される文章は推敲の責任を負い、失言する時点で失格です。活字における文責というのは厳しいものです。

杉田氏が保守として良い活動をして来たから、批判はアンチだと決めつけるのは短絡でしょう。移民政策を批判したら、アンチ安倍政権、アンチ保守なのですか?

またブログ主さんが杉田議員を引き合いに「言論」を述べるなら、反論から逃げては趣旨にもとるのではありませんか? 自らの文章に信念と、自信がおありなら。敢えて言えば異種論排斥のその姿勢が、北朝鮮と韓国、中国と、あるいは日本の左翼とどれほど異なるでしょうか? 保守論者のレベルを下げる行為です。今までずっと異論排斥、議論受け付けずでやって来られたのですか?

「極右と左翼はコインの裏表ではないか,時としてその精神構造において」というタイトルで先の稿をアップしたのはくだんのブロガーさんに限らず、一部偏狭な我田引水論主張への警鐘の意図からでした。

期せずして共闘の形になりましたが、参考までにトド子さん側からの反駁記事は、こちらです。あちらの設定キャラで煽りを狙っての激越文体ですが、筋で間違ったことをおっしゃっているとは思えません。

 

反日勢力を斬るというブログは似非バカ愛国ニカ?

2018-10-30 13:58:28 | 日記
 

反日勢力を斬るというブログの欺瞞ニダ♪

2018-10-28 12:21:36 | 日記

今回は半ば私的な記事で、あるいはお見苦しかったかもしれません。
お詫びします。

末尾に・・・・今回はたまたま「反日勢力を斬る」さんをある種の右代表として批判的に取り上げましたが、反日勢力と戦われるその日々の姿勢を尊重します。今後のご活躍を祈ります。

杉田議員に関しては、けじめの付け方が半端で潔くないのが残念ですが、せっかく今までの業績があるのだから、風は今後自民党内でもまた周囲からも非常に冷たく道は険しいと思われますが、今度のことを大いなる自省のチャンスとして、保守としての再起を望みます。

なお、ロジックと語彙と両揃いで述べられているなら反論は、むしろ歓迎です。シャープなロジックでの反駁は、勉強にもなるし刺激も受けます。拙ブログは削除も書き込み制限も致しません。どうぞ、書き込んでください。

BBの杉田論文関連記事は、以下です。

極右と左翼はコインの裏表ではないか,時としてその精神構造において

 

2018-10-29 00:00:33 

 

偏狭保守の視野狭窄発信には限界がある

2018-10-12 09:51:48

杉田バッシングと擁護は、同じ穴のムジナ。卑小だ。

2018-09-22 13:15:29 
 

杉田水脈氏に離党勧告・除名の可能性?

2018-09-27 13:02:47 
 
杉田論文擁護の愚者Aに捧ぐ
 
2018-09-30 02:09:46 
 
一部アホLGBTが左翼に利用され、多数のアホ保守がそれに踊らされた
 
2018-10-03 12:23:03 
 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

            コメント欄投稿に当たってのお願い

  

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」「ななし」「あ」など
極力受け付けません。

異論・反論は歓迎しますが一定レベルの語彙とロジックに達していないコメントは、不毛なので原則として公開しません。

韓国・在日関連のコメントで、極端な侮蔑語句は受け付けません。

皇室関連記事に関するコメントの内容は、きちんとしたものであれば
賛否を問わず公開しますが、皇族への最小限の敬意はお忘れないようお願いします。
呼び捨ては避けてください。
    

コメント (9)

極右と左翼はコインの裏表ではないか,時としてその精神構造において

2018-10-29 00:00:33 | 日記

 

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

 

あの、人としての品格さえ疑われる杉田論文については、というより以上に
擁護論者の牽強付会の強引論調についてもう述べることはない、と思っていたら
保守系雑誌「 Hanada 」がまた取り上げ、ああ競合誌であった「新潮45」の騒動に乗じて、やり手の花田編集長が商売っ気でぶち上げたな、いいんじゃない? とそれだけの感想だったのですが、またぞろそれをネタに杉田論文擁護を始める「いわゆる」保守がいて辟易としていたところ、トド子さんが記事にしてくださっていたので紹介がてら。

反日勢力を斬るというブログの欺瞞ニダ♪

2018-10-28 12:21:36 

 
 
櫻井よしこ氏の、「ヘイトを旗印になんでも禁止はいかがなものか」という意味の言葉が引かれていて、それはその文言の限りでは実に正しく異論の余地はないのですが、しかしながら全体の文章を示さずそこだけ「切り取って」都合の良い利用は、それこそ杉田擁護者が、批判者に対して投げ続けていた定番の批判であったはず。
 
桜井氏の引用原文はこうです。
「つけ込む側がよく使うのはヘイトという言葉です。ヘイトだと批判すれば相手が怯むという構図が出来てしまい、利用されている事例が増えていると感じます。(中略)
野党がLGBTを守るという名目で罰則規定を盛り込んだ『ヘイト禁止法案』を作る方向で話し合いが行われているやに聞きます。(中略)
廃案となった人権擁護法案の再来になりかねない危険性があります」
 
桜井氏は、LGBTを悪用した野党の理不尽と危険性とに警告を発しているのであり、LGBT批判をしているわけでも、杉田論文を擁護しているわけでもありません。
それをあたかも、杉田論文が正しかったのだという使用の仕方は論者としてフェアではありません。
 
まして論説について記述しながら、まっとうな言語で綴られた反駁コメントをブロックするなど自家撞着、マッチョイズム信奉の極右としては女々しく陰湿です。
「編集者が書いた」を言い訳に使うに至っては卑劣の一語。仮にそれが事実としても、杉田氏はゲラは当然チェック、自らの名で公表することを是認したのであり文責は杉田氏にあります。また過去に同趣旨の意見をもっと粗雑に述べてもいます。
 
自称文芸評論家の小川榮太郎氏の、なぜここまで激昂するのか、といぶかしい憎悪文を引いての杉田論文擁護は逆効果でしょう。いくらか文芸に詳しい教養人は呆れこそすれ、誰も同調などしません。小川氏の感情でとっちらかった言葉の断片のみを用いての論はそれもまた、杉田論文批判者にぶつけた言葉へのブーメランでしかないでしょう。
 
といって、小川榮太郎氏と論戦したゲイを公表したどこぞの教授のヒステリックな論調にも与しません。目くそ鼻くそだと受け止めています。(なんでだか、おねえ同士の罵り合いの印象を持ちました)
 
心理学的には、人は内在する自分の中のLGBに対して近親憎悪するのであり、その要素を裡に持たぬ人は所詮「他人事」として、無関心かあるいは寛容であるという説があります。LGBT否定に目を吊り上げ喚く人を見ると、思い出す説です。
 
「新潮45」が休刊という名の実質廃刊の道を選んだ時に出された声明文に、小川氏は噛み付いているのですがこれもまるで中年女のヒステリー「私に断りもなしに、なり代わって詫びている。これは一体誰が何の資格で詫びているのか」。
 
この感情言語に関しては元編集者でいらしたトド子さんが説明していらっしゃいますが、出版社には提供された文章を載せる載せないの採択権があります。
だから「ふさわしからぬ原稿を採用してしまった」失態を詫びることに何の逸脱もなく、文筆家を名乗る小川氏がその間の事情も心得ず喚くのは見苦しい限りです。
 
自省は「新潮45」のみにとどまらず、出版社全体として内部から反省と批判の声が高まっていました。
 
数多のゲイの書き手を起用、あるいはゲイ文学を出版してきた版元としては、当然の軌道修正であり、そこに非難の余地はありません。
 
小川氏が文芸評論家を名乗られるなら、万葉集から源氏物語、それ以降に連綿と連なる平賀源内、上田秋成、井原西鶴、夏目漱石、小泉八雲、江戸川乱歩、三島由紀夫(極右の星でしょうに)、川端康成、稲垣足穂、森鴎外、今東光、中上健次、ジャン・ジュネ、ヘルマン・ヘッセ、トーマス・マン、アンドレ・ジッド、オスカー・ワイルド、トルーマン・カポーティ、サマセット・モーム、テネシー・ウイリアムズ他多数・・・・と幾多の文芸の軌跡を否定することは、二流の評論家であることを独白したのと同じことです。
 
また文芸の片鱗も心得ず自称文芸評論家が述べたことをことさら取り上げ、杉田論文擁護に用いる論者も視野狭窄で無教養です。
 
極右と左翼の論法がコインの裏表であり、その性根は時として卑劣な同根ではないか、と思うゆえんです。
 
過度の皇室擁護が、結果として左翼の狙う皇室の左傾化がもたらす伝統破壊と弱体化に期せずして同調してしまう構図が想起されます。
 
また無知に基づいた杉田論文を、保守対左翼の政治構造に置き換えての論調は、愛国者を貶めるためのあの日の丸を掲げ軍歌を大音声で流す、その構成員は韓国人の多い自称右翼の街宣車と同じレベルであり、本来の愛国保守を誤解させるだけです。
 
杉田氏のクマラスワミ論文への抗議、南京大虐殺の否定などは、行為として立派で拙ブログ主も諸手を挙げて支持を表明して来たのですが、LGBT論文以降ちょっと見る目が変わりました。
 
その政治行動自体を否定するわけではありません。ただ、この人は自らの学歴その他の基盤の弱さを自覚、政界で名前を売るためにその元々の左翼的素顔に過度の右翼仮面をつけたのではないか、という疑念。
元々共産党シンパで、報道が正しいとするならある時は「右派的発言をしなければならない」と悩んでいた人。LGBT論文には、ちょっと文章を読み込める人ならそこはかとない左翼臭を感知するはずです。細部に分け入っての分析が要求されるので、今までそこについて触れることは控えていたのですが。
杉田論文は過誤に満ちていて、専門書の一冊として読んでいず思い込みにより書きなぐった悪文であり、罪なき人々とその親の心を引き裂いた、それに尽きます。
 
”「作りたくても作れない」と安倍首相は自虐のフリをして、ある意味、杉田氏を擁護していたが”というブログ主の言い分に対しては失笑するしかありません。妻も自分も傷ついたという端的な表明の、いったいどこを牽強付会に拡大解釈すれば杉田擁護となるのやら。
 
自民党は「性的指向・性自認に関する特命委員会」を設置、過度の擁護もなく冷静な姿勢を打ち出していて、安倍総理はそこの親玉ですよ?
 
「子供が出来ない夫婦を批判しているわけではないことは誰が読んでもわかる」などと。あの文章を読んで、子のない夫婦へも事情で結婚できない独身者にも、また経済及び環境による事情から「生ない」「生ない」カップルにも「論理の帰結として」筆は及ぶ、というのは「誰が読んでも」解ることでしょうに。後付けでの杉田擁護が「ま」と「め」の使い分けをしているなどという、即論破可能の言い訳を麗々しく。まして本人が生煮えな発言ながら「不適切発言であった」と認めているものに対して。このこじつけ論調が、左翼の見え透いた幼稚なやり口と同じだと感じるのです。
 
"安倍総理が杉田氏を複雑な方法で擁護した"のかどうか、今後の自民党における彼女の扱いで端的に解かるでしょう。杉田氏にかつての居場所はありません。自爆です。
 
該当ブログが引き合いに出した桜井よしこ氏は、自民党のLGBT対処綱領に何ら反論はしていません。ターゲットはLGBT騒動に乗じた野党であり、人権擁護法案復活への懸念でしかなく、それは尤も至極であり、しかしこじつけ論に流用するのは文章上の詐術です。LGBT悪用の野党と同類。
 
杉田論文は、愛国保守を含むLGBTという納税者に対して「人により、いくら納税していようが、その人達に税金を使ってはいけない」というたわけた主張でしかありません。
またTを別格化しているのも不勉強の極み、LGBTは単に便宜上のラベリングであり、人の心はもっと複雑でLGBTそれぞれが互いに通底していて、区分け出来ない部分もあるのです。思い込みと不勉強で人を傷つけてはなりません。それは政治家として以前に、人間として!
 
人はその生きる姿勢、仕事、才能、人格、努力などで評価されるべきであり、愛の向かう方向に対して否定される筋合いにはなく侮辱を受けるいわれはありません。批判は受けますが、過去記事で全ては述べ尽くしたのでそれらに目を通してからお願いします。でないと、過去記事の中から短い文章をコピペしてお答えするしかなく、お互いに不毛なので。  
 
 
 
             https://www.jimin.jp/news/policy/137893.html
 
 
潔くないぞ杉田水脈議員 半端な言い訳も見苦しい
2018-10-25 02:42:59
 
偏狭保守の視野狭窄発信には限界がある

2018-10-12 09:51:48

杉田バッシングと擁護は、同じ穴のムジナ。卑小だ。

2018-09-22 13:15:29 
 

杉田水脈氏に離党勧告・除名の可能性?

2018-09-27 13:02:47 
 
杉田論文擁護の愚者Aに捧ぐ
 
2018-09-30 02:09:46 
 
一部アホLGBTが左翼に利用され、多数のアホ保守がそれに踊らされた
 
2018-10-03 12:23:03 
 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え

           コメント欄投稿に当たってのお願い

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」「ななし」「あ」など
極力受け付けません。

異論・反論は歓迎しますが一定レベルの語彙とロジックに達していないコメントは、不毛なので原則として公開しません。

韓国・在日関連のコメントで、極端な侮蔑語句は受け付けません。

皇室関連記事に関するコメントの内容は、きちんとしたものであれば
賛否を問わず公開しますが、皇族への最小限の敬意はお忘れないようお願いします。
呼び捨ては避けてください。

コメント (9)

潔くないぞ杉田水脈議員 半端な言い訳も見苦しい

2018-10-25 02:42:59 | 日記

 

 

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

 

https://www.rnb.co.jp/nnn/news162118024.html

自民党の杉田水脈衆院議員は24日、月刊誌の寄稿で性的少数者(LGBT)を「『生産性』がない」と表現したことを巡り「誤解を招き、心苦しく思っている」と国会内で記者団に語った。

BB 「誤解」ではありませんね。杉田議員のあの日本語としても醜悪な文章は、事実誤認をベースに従って正しい結論など導き出せるはずもない単なるヘイト文でした。

自民党の指導を受け、しぶしぶ謝罪に出たと思えば他者があたかも、あのヘイト文を誤解、つまり他者が悪いという言い分。

ただ、表現撤回の意思を問う質問には明確に答えず「言葉が不適切だった。人権を否定するつもりはないし、差別的なことを考えたこともない」と述べるにとどめた。

BB あの文章自体が、偏見に基づく差別意識の塊でした。議員以前に、人として最低だと思います。右も左も関係ないし、人間性の次元のことを保守の左翼のという対立軸に置き変えて述べることも卑小です。

対立軸に置いて杉田議員を擁護する人々は「文章の一部を切り取って」という定番用語で批判者を非難しましたが、文章の一部を切り取って擁護したのは柔軟性を欠く偏狭保守の人々でした。皇室問題を見ず聞かず「不敬」で思考停止した人々とかなり、かぶっているような気もします。

 議員辞職する考えはないかを問われると「研さんを積んでまいりたい。政治家として行動で示していくしかない」と否定した。

 

 上記は8月のものですが、比例区から出た杉田議員は支持者の多くを失いました。杉田議員の誤認識はLGBTの人たちも、その親達も税金をこつこつ納めている納税者であり、中には愛国保守も無論いて、杉田議員のそれまでの働きを応援していた人たちも多いのです。

また各分野のトップにも、高額納税者にもLGBの人たちはいます。それらの存在を杉田議員は知らなかったのでしょう。

また杉田議員の文脈に於ける非生産性を敷衍すれば当然その文章の帰結として子のない夫婦、独身を余儀なくされている人々、不妊治療で苦しむ人々をも斬りつけ敵に回しました。

 

▼杉田氏の「生産性」発言、首相「私も妻も大変つらい」

https://www.asahi.com/articles/ASL9K75QKL9KUTFK00C.html

 首相は「私の夫婦も残念ながら子宝に恵まれていない。生産性がないと言うと、大変つらい思いに私も妻もなる」

 石破氏は「生産性の理解が全然足りない。どれほど傷ついた人がいるか」と指摘。杉田氏が昨年の衆院選比例中国ブロックで、比例単独候補の中では最上位だったことに言及し、「私も総理も中国ブロック(が選挙区)。彼女が1位になったのは衆院解散の日に知った。それは本当にいいことだろうか」と述べ、杉田氏擁立の経緯を党が明かすべきだとの考えを示した。

 ・・・・・・・・・・・・・ここまで

杉田議員はおそらく、自らの置かれた状況の深刻さをまだ十分に把握していず、だから上記の半端な謝罪になったのだろうし、南京大虐殺の集会では「自分は悪くない」として拍手を浴び、意気軒昂なありさま。

しかし釈明時の動画を見れば、時に薄ら笑いで目を伏せたままおどおど。それでも、頑なに詫びも発言撤回も無きまま、あたかも誤解する人たちが悪いと言わんばかり。

 

 

自民党性的指向・性自認に関する特命委員会の委員長である古屋圭司議員

 

 

たけい しゅんすけ

武井 俊輔 自民党

衆議院議員

選挙区
宮崎県第1区
当選回数
3回

何度も述べているように、拙ブログ主はLGBTの格別の支援・擁護者ではありません。
札幌の左翼前市長、上田文雄氏に利用されているLGBTの人たちの頭の悪さを数年前から糾弾して来た立場です。

 

第7回・レインボーマーチ札幌2003 上田文雄市長のスピーチ(1/3)

 

同じく、一般には奇異に見え西欧の猿真似でしかないゲイパレードに参加する人たちの思慮の浅さも。
そこに、のこのこ出ていく安倍昭恵さんも批判して来ました。
左翼と結びつく無思慮のLGBたちが、結局アイヌ利権在日部落利権などと一緒くたにするごとき愚者を招き入れてしまうのです。

非常に率直に言えば杉田論文の粗雑な文章から透けて見える知能レベルにかなり驚きました。こういう人だったのか、と。
慰安婦に対する目覚ましい仕事ぶりから、相当上等のフィルターをかけてこの議員さんを見ていたようです。(過去の立派な業績は感謝こそすれ、否定はしません)

 

海外に対しても恥ずかしい人となり、結果的に安倍総理までdisる結果となりました。

 

拙ブログに於ける杉田水脈氏への批判は、政治家としての批判ではありません。人として美しくない、事実にもとる認識で悪文を書き散らし真面目な納税者であるLGBTの人たちを傷つけ、返す刀で不妊の夫婦や余儀ない事情での独身者を侮蔑したそのことに抗議をしています。
そしてそれ以上に牽強付会で、杉田議員を擁護するある種の保守の人たちの、思わぬ薄汚さ(人としての、です)を見て、辟易としたからです。
彼らが日頃、撃ってやまない左翼たちの卑怯論法そのままを彼らがやっていたことへの違和感、嫌悪感。
政治主張に名を借りた偏狭右翼特有のマッチョイズムに基づく野蛮なゲイ・ヘイトも見られました。

人はその生きる姿勢、仕事、才能、人格、努力などで評価されるべきであり、その性リビドーにより否定されるべきではなく侮辱を受けるいわれはありません。LGBTの中にも傑出して素晴らしい人がいるし、残念な人も犯罪者もいる、それだけのことです。

批判は受けますが、過去記事で全ては述べ尽くしたのでそれらに目を通してからお願いします。

 

 

 https://www.jimin.jp/news/policy/137893.html

以下は週刊誌ネタで真偽は必ずしも解らないのですが・・・・

不倫は別によいですが、”子育て丸投げ”が「もし事実なら」釈明が必要でしょう。育児は両親にまかせ、政治活動、週末のみ子供の面倒を見ていたという・・・。
そのこと自体は無問題です。個人の選択なので。
ただ、もしそれが事実なら親に子育てを任せられるという自分の環境をいいことに、保育園やその開設を待ち望むお母さんたちへの侮蔑的批判はフェアではありません。
出産という「生産性」を言葉の武器として用いるのなら、保育園という子育て環境こそ必要事でしょう。

これに対しても杉田議員の釈明を望みます。

愛国保守受けのいい派手な極右パーフォーマンスをやり過ぎて、コケた人なのかもしれません。保守も幅広く、極右に属する人たちはさして多くありません。

 

ネットの拾い物画像です。

 

偏狭保守の視野狭窄発信には限界がある

2018-10-12 09:51:48

杉田バッシングと擁護は、同じ穴のムジナ。卑小だ。

2018-09-22 13:15:29 
 

杉田水脈氏に離党勧告・除名の可能性?

2018-09-27 13:02:47 
 
杉田論文擁護の愚者Aに捧ぐ
 
2018-09-30 02:09:46 
 
一部アホLGBTが左翼に利用され、多数のアホ保守がそれに踊らされた
 
2018-10-03 12:23:03 
 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

            コメント欄投稿に当たってのお願い

  

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」「ななし」「あ」など
極力受け付けません。

異論・反論は歓迎しますが一定レベルの語彙とロジックに達していないコメントは、不毛なので原則として公開しません。

韓国・在日関連のコメントで、極端な侮蔑語句は受け付けません。

皇室関連記事に関するコメントの内容は、きちんとしたものであれば
賛否を問わず公開しますが、皇族への最小限の敬意はお忘れないようお願いします。
呼び捨ては避けてください。

コメント (16)

安田ウマル純平氏解放を喜べない

2018-10-24 09:32:41 | 日記

 

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

 

人道的見地からは、解放されてよかった・・・・と言わねばならないのでしょうが、どうもスッキリ「よかった」とは言えないこの方。

奥様いわく「シリア情勢を報道することに意味がある」「自己責任で行った」。と言いつつ結局、「助けて」「ひどい環境だ」云々。

別に誰に頼まれて行ったのでもない、フリーのジャーナリストとしてビジネスで行ったまでのこと。それに、この人のもたらすあちらの報道がどれほど役に立っているのでしょう。

この人が起こした騒動の報道のほうが遥かに大きくありませんか。

日本政府は身代金を払ってないと言ってますが、そうでしょうか。水面下でカタールに渡されてませんか。

あちらが無償で解放するとは思えないのですが?

あと気になるのは、奥様他身内の言葉。「ご迷惑をおかけしました」という言葉がとても希薄で、何か日本人離れしていること。・・・・安田さんの国籍はどこなのか正確には知りませんが、もし韓国人ならもっと迷惑至極です。

「すぐ助けて」新映像 安田さんか、窮状訴え

 

自分で「韓国人です」と名乗っていますが、どこも報道しません。

「助けてください」と泣き言言うなら、最初から行くな!!

 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181024-00000013-nnn-int

安田さんをめぐっては、仲介人を通して武装組織との解放交渉がこれまで続いていて、関係者は先月末も「安田さんの健康状態は非常に悪い」と話していた。

安田純平さん「今日の日付は2018年6月11日。長い時間ここにいます。助けてください」

この映像は今年6月に撮影したとされる安田さんの映像。安田さんを拘束していた武装組織から交渉を請け負っていると主張する男性は、NNNの取材に対し、「日本側と直接交渉している」と述べていた。

交渉相手には日本人が含まれ、「家族側の人間」として接触してきたということだが、この男性は「表面上そう言っているだけで、日本政府とも関係がある」と話していた。

安田さんは、トルコに隣接するシリア北西部のイドリブ県で拘束されていたとみられるが、男性は先月末、「安田さんの健康状態も、拘束されている場所も非常に悪い」と話していた。日本側の動きについて「非常に遅い」と繰り返し不満を漏らす一方で、男性は先週、近く日本側と面会し、解放交渉を行う考えを示していた

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102400239&g=pol

 【カイロ時事】シリア入国後に行方不明になり、解放情報が伝えられたフリージャーナリストの安田純平さん(44)について、在英のシリア人権監視団は23日、解放に際し「多額の身代金が支払われた」と主張した。信ぴょう性は不明。

 日本政府は、テロリストに身代金を払わないというのが公式の立場。人権監視団のアブドルラフマン代表は「身代金は日本ではなく、カタールが支払った。記者の生存や解放に尽力したという姿勢を国際的にアピールするためだ」との見方を示した。菅義偉官房長官は23日深夜(日本時間)の記者会見で、解放の情報はカタールから提供されたと述べていた。

 人権監視団によれば、安田さんとみられる男性はシリア北西部イドリブ県の西部で拘束されていた。4日ほど前にシリア領内でトルコの仲介により、トルコと関係の深い非シリア人武装組織に引き渡されたという。(2018/10/24-06:49)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カタールが払ったのがもし事実だとしたら、日本政府はカタールに借りが出来た形。
対応に時間とエネルギーが取られるし。
しかし安田さんって、日本人なんですか?
奥さんのお名前がMyu?

「自己責任」と言いつつ、結局尻拭いは日本国家、国民の税金が使われます。
危険だとされている国へ、勝手に行った人間は放置でいい・・・・とは行かないのですよね、拘束されて殺される危険があるとなると。

しかし、国民としては言うべきだと思います。

超危険地域に自ら飛び込んでおいて国家に助けを求めるな、とっとと死になさい。

 

 

追記

安倍総理

「解放の報に接して安堵(あんど)しています。一刻も早く、安田純平さん本人であるかどうか確認したいと思います。事案が発生以来、政府としてのあらゆる努力を尽くして参りました。そうしたなか、カタール、トルコをはじめ、多くの国々に連帯を表明して頂きました。特にカタール、トルコには大変な協力をして頂いたことに感謝申し上げたいと思っております」

 

・・・・・と言わざるを得ないのは解りますが、「安田純平さん本人であるかどうか確認したいと思います」って、その前に日本人かどうかの確認が先ではないかと。
これも表立って言えないのは解りますが。

菅官房長官は、「政府としては、邦人の安全確保は最大の責務で、こうした認識の下に、引き続きさまざま情報網を駆使して全力で対応に努めている」

だから、邦人なんですか?

もしそうだとしても、政府の制止を振り切って行った人の尻拭いは必要ないです。

更に追記 韓国式”千羽鶴”?

千羽鶴を「折って」って、折ってないし。

何だか韓国の星型をつないだだけ。

 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

            コメント欄投稿に当たってのお願い

  

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」「ななし」「あ」など
極力受け付けません。

異論・反論は歓迎しますが一定レベルの語彙とロジックに達していないコメントは、不毛なので原則として公開しません。

韓国・在日関連のコメントで、極端な侮蔑語句は受け付けません。

皇室関連記事に関するコメントの内容は、きちんとしたものであれば
賛否を問わず公開しますが、皇族への最小限の敬意はお忘れないようお願いします。
呼び捨ては避けてください。

コメント (27)