BBの覚醒記録 

無知から覚醒に至る一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や弥栄を願う皇室への批判も厭わず。

佐藤優氏の朝鮮学校擁護って何だ!?

2018-10-16 07:44:25 | 売国奴

 

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

佐藤優氏の朝鮮学校生徒擁護を、週刊新潮で2度も見て釈然とせず。
北朝鮮へ修学旅行に行った生徒が、現地で手に入れたお土産を
日本の税関で没収され「情がない」「日朝関係にもよくない、拉致被害者奪還のためにも」と言っているのだけど?

日本政府が対話を望むならば、非人間的な措置をやめるべきだ」というのは、そのまま総連・徐忠彦・国際統一局長の言い分そのままなのですが?

この言葉が理解出来る人っているんでしょうか?

 

北朝鮮からのお土産はなにも品物だけではなく、あちらでの洗脳を浴びた頭持ち帰りでもあるのだけど。

日本の法令無視の朝鮮学校生徒を擁護する朝日新聞と佐藤優氏

 

2018-07-14 20:54:50
 
 
こと対北朝鮮に関しては、佐藤優氏って前川喜平氏と同類のような?

 

▼前川喜平氏が朝鮮学校で講演
「排除は官製ヘイト」
 共同通信
https://this.kiji.is/423795130794984545?c=39550187727945729

元文部科学事務次官の前川喜平氏(63)が13日、東京都江東区の東京朝鮮第二初級学校で講演し、朝鮮学校の高校無償化排除や補助金廃止の動きを「国が率先して行っている官製ヘイトだ」と述べ、差別だと指摘した。

反日将軍の肖像を掲げる反日学校の支援を、なぜ日本人がしなければならない?

祖国かパチンコマネーから出してもらえば?

 

それほど日本が酷い国ならどうぞ祖国へお帰りください、というのもヘイトスピーチになるんですか? 勝手に押しかけて来ておいて、もNG? ほぼ言論統制の域ではないですか。朝鮮人学校に補助金を出すな、という主張自体がヘイト発言になるのだそうです。

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

 

 

           コメント欄投稿に当たってのお願い

 

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」「ななし」「あ」など
極力受け付けません。

異論・反論は歓迎しますが一定レベルの語彙とロジックに達していないコメントは、不毛なので原則として公開しません。

韓国・在日関連のコメントで、極端な侮蔑語句は受け付けません。

皇室関連記事に関するコメントの内容は、きちんとしたものであれば
賛否を問わず公開しますが、皇族への最小限の敬意はお忘れないようお願いします。
呼び捨ては避けてください。

 

コメント (19)

「戦争が出来る国」になって、何が悪い!?

2018-10-15 14:21:53 | 売国奴

 

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

 「観兵式」と言ってしまいそうになるのですが・・・・・安倍総理の観閲式に関して韓国が「日本が戦争のできる国になる」と騒いでいます。

戦争ができない国であるのが、異常なのです。

第一、国の備えを悪とするなら徴兵制のある韓国は悪の枢軸でしょうに。
しかも、南北はいまだ戦争中なのに何を寝ぼけたことを。

 

戦争ができる国、侵略を受けたら受け身ではなく積極的に戦える国にするということと、「戦争をする国」とは全く違うことが解らない人たち。

 

     

 この朝霞の地で、私自身3度目となる観閲式に臨み、士気旺盛な隊員諸君の勇姿に接することができ、大変うれしく思います。
 冒頭、この夏に相次いだ自然災害によりお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りします。被災された全ての皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
 現場には、必ず、諸君たちの姿がありました。
 民家が土砂に押し潰されている。土砂崩れの一報に、隊員たちは、倒木を乗り越え、ぬかるみに足をとられながらも、休むことなく歩き続けました。体力の限界が近づく中、立ち尽くす御家族を前に、最後の気力を振り絞り、全員を救出した。
 さすが自衛隊。被災者の方々にそう言っていただける能力、そして、何よりも、その志の高さを、改めて証明してくれました。
 自衛隊の災害派遣実績は、実に4万回を超えています。
 自然災害だけではありません。悪天候で交通手段が断たれてしまう離島において、患者の命を救うには、一刻の猶予もない。こうした中での緊急輸送は、正に、国民の命綱です。
 「緊急搬送要請あり。直ちに出動せよ。」
 11年前。一人の女性の容態が急変し、危険な状態に陥っているとの一報が、那覇駐屯地に入電しました。建村善知(たてむら よしとも)一等陸佐率いる4人のクルーは、躊躇(ちゅうちょ)なくヘリに飛び乗り、鹿児島県徳之島に向けて、漆黒の闇が広がる空へと飛び立っていきました。
 現地は、一面の濃霧が広がり、着地目標のグラウンドは、視界不良。垂れ込めた雲が進入を阻みました。
 「あと一度、進入を試みる。」
 容態は一刻を争う状況の下で、建村一等陸佐は、これまでの4,800時間を超える飛行経験と自衛官人生の全てを傾け、着陸に挑み続けました。地上の管制官に、近くの徳之島空港への着陸調整を依頼するなど、最後まで決して諦めませんでした。これに応え、地上にいる隊員たちも、最善を尽くしました。
 「ありがとう」
 管制官への感謝の言葉が最後となりました。4人が再び基地に戻ることはなかった。建村一等陸佐は、かつて、部下の隊員たちに、こう語っていたそうであります。
 「自分たちがやらなければ、誰がやる。」
 全国25万人の隊員一人一人の、高い使命感、強い責任感によって、日本は、日本国民は、守られている。
 事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努め、もって国民の負託に応える。諸君の崇高なる覚悟に、改めて、心から敬意を表します。
 24時間、365日。国民の命と平和を守るため、極度の緊張感の中、最前線で警戒監視にあたり、スクランブル発進を行う隊員たちが、今、この瞬間も日本の広大な海と空を守っています。
 我が国の平和を守り、アジア・太平洋の平和と繁栄の礎を築く。北朝鮮に関する国連安保理決議の完全な履行を果たしていくために、米国、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドといった同志国と手を携え、瀬取り防止のための警戒監視活動に当たっています。
 自らの意思でこの困難な道に進んでくれた諸君。ただひたすら国民のため、献身的に職務を遂行する諸君は、日本の誇りであります。
 領土・領海・領空、そして国民の生命・財産を守り抜く。政府の最も重要な責務です。安全保障政策の根幹は、自らが行う継続的な努力であり、立ち止まることは許されません。
 この5年余りの間に、我が国を取り巻く安全保障環境は、格段に速いスピードで不確実性を増し、厳しいものとなりました。
 今や、安全保障のパラダイムは大きく転換しつつあります。宇宙、サイバー、電磁波といった新たな分野で競争優位を確立できなければ、これからこの国を守り抜くことはできない。
 この冬に策定する新たな防衛大綱では、これまでの延長線上ではない、数十年先の未来の礎となる、防衛力の在るべき姿を示します。
 日々刻々と変化する、国際情勢や技術の動向に目を凝らし、これまでのやり方や考え方に安住せず、それぞれの持ち場で、在るべき姿に向かって、不断の努力を重ねていってください。
 私は、自衛隊の最高指揮官として、諸君と共に、国民の命と平和な暮らしを守り抜き、次の世代に引き継いでいく。そのために全力を尽くす覚悟です。
 我が国の平和は、一国で守りきれるものではありません。積極的平和主義の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄に、日本ならではのやり方で、これまで以上に貢献していく決意であります。
 マグニチュード7.4の大地震と津波の被害を受けたインドネシアでは、C-130輸送機で現地に駆け付けた49名の隊員たちが、今も、被災された方々の命をつなぐ活動を行っています。
 ソマリア沖・アデン湾では、国際社会の平和と繁栄のため、他国の部隊と力を合わせ、全力で、シーレーンの安全確保に当たっています。
 灼(しゃく)熱のケニアでは、アフリカ各国のPKO派遣部隊の訓練に汗を流す隊員たちがいます。
 シエラレオネから参加した女性もいます。今は、アフリカの他の国々の国づくりの支援に積極的なこの国も、少し前までは、同じ国民同士が戦う激しい内戦が続いていました。その最前線にあって、彼女は銃を取る他なかった。兵士として戦いに参加してきました。
 ケニアにやってきた彼女は、自衛隊の指導の下、まず、文字の読み書きから始めました。様々なことを学ぶ中で、クレーンの重機操作も上達しました。いよいよ母国へと戻るその日、彼女はこう語ったそうであります。
 「平和に貢献できることが、本当にうれしい。」
 彼女を始め参加者たちが、日本から学んだ技術を基に、道路や橋を築く。やがて、通りには多くの人が行き交い、子供たちの笑顔があふれるでしょう。
 自衛隊がアフリカの大地に植えた平和の苗は、やがて大輪の花を咲かせるに違いありません。彼らは、アフリカの平和な未来を背負って(しょって)立ち、共に、世界の平和と繁栄を守ってくれるはずです。
 その大きな誇りを胸に、諸君には、国際社会の平和と安定に向けて、これからも、一層、力を尽くしてほしい。大いに、期待しています。
 今や、国民の9割は、敬意をもって、自衛隊を認めています。60年を超える歩みの中で、自衛隊の存在は、かつては、厳しい目で見られた時もありました。それでも、歯を食いしばり、ただひたすらに、その職務を全うしてきた。
 正に、諸君自身の手で、信頼を勝ち得たのであります。
 次は、政治がその役割をしっかり果たしていかなければならない。
 全ての自衛隊員が、強い誇りを持って任務を全うできる環境を整える。これは、今を生きる政治家の責任であります。私はその責任をしっかり果たしていく決意です。
 御家族の皆様。
 日々の訓練はもとより、厳しい状況の下でも、勇気を奮い立たせ、高い使命感を持って任務を遂行していく。その拠(よ)り所は、御家族の皆様方にほかなりません。
 大切な伴侶やお子様、お父さん、お母さんを、隊員として送り出してくださっていることに、最高指揮官として、心から感謝申し上げます。
 隊員諸君。
 私と日本国民は、常に、自衛隊と共にある。その誇りを胸に、自衛隊の果たすべき役割を全うしてください。
 自らの職責の重要性に思いを致し、気骨を持って、日本と世界の平和と安定のために、ますます精励されることを切に望み、私の訓示といたします。

平成30年10月14日
自衛隊最高指揮官
内閣総理大臣
安倍 晋三

 

 ・・・・・・・・・・・・・

隊員のご家族にまで言葉が及んだ完璧なスピーチだった、と思います。

しかし、それに引き換え岩屋毅新防衛相の頼りないこと。しょせんパチンコバックのお方。済州島における観艦式関連発言で韓国の顔色伺いの、おどおどした及び腰が不快です。

組閣人事は党内バランスを考慮の末のことと理解はしていますが、それにしてもこの方は不適任。トップが安倍さんなので、まあこれでもいいのかもしれないけれど。

備考 1000人の委員会 呼びかけメンバー

十音順)

アーサー・ビナード(詩人)
青井未帆(学習院大学教授)
愛敬浩二(名古屋大学教授)
赤川次郎(作家)
秋葉忠利(元広島市長)
雨宮処凜(作家・活動家)
飯島滋明(名古屋学院大学准教授)
飯田哲也(社会イノベーター)
池田香代子(翻訳家)
石坂啓(マンガ家)
伊藤真(弁護士・伊藤塾塾長)
宇井孝司(アニメーション監督)
上野千鶴子(社会学者)
鵜飼良昭(弁護士・日本労働弁護団会長)
浮田久子(平和の白いリボン行動・藤沢)
内田雅敏(弁護士)
内橋克人(経済評論家)
内海愛子(恵泉女学園大学名誉教授)
梅林宏道(ピースデポ特別顧問)
浦田一郎(明治大学教授)
永六輔(放送作家)
大江健三郎(作家)
大熊政一(弁護士・日本国際法律家協会会長)
大田昌秀(元沖縄県知事・沖縄国際平和研究所理事長)
奥平康弘(東京大学名誉教授)
奥野恒久(龍谷大学教授)
小山内美江子(脚本家)
小田川興(在韓被爆者問題市民会議代表、早稲田大学日韓未来構築フォーラム主宰、元朝日新聞編集委員)
落合恵子(作家)
海渡雄一(弁護士・元日弁連事務総長)
香川京子(俳優)
鎌田慧(ルポライター)
香山リカ(精神科医)
河合弘之(弁護士・脱原発弁護団全国連絡会共同代表)
川野浩一(原水爆禁止日本国民会議議長)
木内みどり(女優)
木村朗(鹿児島大学教授)
金城実(彫刻家)
熊谷博子(映像ジャーナリスト)
組坂繁之(部落解放同盟中央執行委員長)
倉本聰(脚本家・劇作家・演出家)
纐纈厚(山口大学教授)
古今亭菊千代(噺家・真打)
古関彰一(憲政史家)
小橋孝一(日本キリスト教協議会議長)
小林緑(国立音楽大学名誉教授)
小室等(フォークシンガー)
小森陽一(東京大学教授)
早乙女勝元(作家)
坂田雅子(映画監督)
坂本洋子(フリージャーナリスト・NPO法人民法改正ネットワーク(mネット)理事長)
坂元良江(テレビプロデューサー)
佐々木猛也(弁護士)
佐高信(評論家)
澤地久枝(作家)
ジェームス三木(脚本家)
篠原義仁(弁護士)
清水雅彦(日本体育大学教授)
辛淑玉(「のりこえねっと」共同代表)
新谷のり子(歌手)
進藤榮一(筑波大学名誉教授)
菅原文太(農業生産法人代表)
SUGIZO(音楽家・ミュージシャン)
鈴木力(社団法人「マガジン9」代表理事)
瀬戸内寂聴(作家)
高作正博(関西大学法学部教授)
高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)
高橋哲哉(東京大学教授)
高畑勲(アニメーション映画監督)
高原孝生(明治学院大学教授)
高良鉄美(琉球大学教授)
田中優子(法政大学教授)
谷口真由美(大阪国際大学准教授)
谷山博史(日本国際ボランティアセンター(JVC)代表理事)
崔善愛(ピアニスト)
辻山幸宣(公益財団法人地方自治総合研究所所長)
土屋源太郎(「伊達判決を生かす会」共同代表)
土山秀夫(元長崎大学学長)
坪井直(被爆者)
富山妙子(画家)
鳥越俊太郎(ジャーナリスト)
なかにし礼(作家)
中野麻美(弁護士・日本労働弁護団常任幹事)
中原道子(VAWW RAC 「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター共同代表)
中山千夏(作家)
西尾漠(原子力資料情報室共同代表)
西谷敏(大阪市立大学名誉教授)
西野瑠美子(VAWW RAC共同代表)
浜矩子(同志社大学大学院ビジネス研究科専門職学位課程教授)
林郁(作家)
原和良(弁護士)
樋口恵子(評論家)
樋口陽一(憲法学者)
福山真劫(フォーラム平和・人権・環境 代表)
舟越耿一(長崎大学名誉教授)
古川純(専修大学名誉教授)
前田朗(東京造形大学教授)
前田哲男(ジャーナリスト)
松浦悟郎(日本カトリック正義と平和協議会会長)
南典男(弁護士・日本民主法律家協会事務局長)
宮城泰年(聖護院門跡門主)
宮子あずさ(看護師・著述業)
宮里邦雄(弁護士・日本労働弁護団元会長)
本島等(元長崎市長)
本橋成一(写真家)
森詠(作家)
森達也(ノンフィクション作家)
矢﨑暁子(弁護士)
山内敏弘(憲法研究者・一橋大学名誉教授)
山口二郎(北海道大学教授)
山崎朋子(ノンフィクション作家)
山田真(小児科医)
山田洋次(映画監督)
山中悦子(NPO法人「草の根援助運動」)
由井晶子(フリーライター)
湯川れい子(音楽評論・作詞家)
吉岡しげ美(音楽家)
吉岡達也(ピースボート共同代表)
吉川勇一(「市民の意見30の会・東京」代表)
渡辺美奈(アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)事務局長)
和田春樹(東京大学名誉教授)

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

 

           コメント欄投稿に当たってのお願い

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」「ななし」「あ」など
極力受け付けません。

異論・反論は歓迎しますが一定レベルの語彙とロジックに達していないコメントは、不毛なので原則として公開しません。

韓国・在日関連のコメントで、極端な侮蔑語句は受け付けません。

皇室関連記事に関するコメントの内容は、きちんとしたものであれば
賛否を問わず公開しますが、皇族への最小限の敬意はお忘れないようお願いします。
呼び捨ては避けてください。

コメント (14)

小室佳代さん、行方不明

2018-10-05 01:37:09 | 売国奴

 

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

 

                    

小室佳代さんの姿が、自宅にも務めている店にもないことを最新号の「週刊文春」が伝えています。

どうやら、小室圭ssiを追ってアメリカに行った様子、だとか。
かつて、小室ssiがUCLAで海外に滞在していたときも、ひっきりなしに
国際電話、「何時に起きたの?」「何を食べたの?」と尋ね、月の
電話代が8万円・・・・という「濃密な」親子関係であってみれば
佳代さんのアメリカ行きも、不思議ではないでしょう。
しかし、こんなべったり密着した母子はそれだけでも、民間では
嫁ぎ先としては敬遠しますけど。

月に8万円も電話代に使い仕事を休んで、アメリカへの渡航費、滞在費が捻出できるゆとりがあるなら借金の一部でも返済の誠意を見せればいいでしょうに。

それより奇妙なのは、外務省本省が在NY日本国総領事館宛てに「小室佳代さんの所在を把握する必要はない」と公電を送っていることです。

納采の儀を済ませていない小室圭ssiは「婚約者」ではない、その母親を総領事館が探すようなことをしては特別扱いしていると思われるから、という意向のようですが、え?
だったら、なんで月700万円も投じての小室圭ssi護衛だったのでしょうね。
矛盾。

また奇妙なことはこの所、しきりに報じられているのが皇后陛下の「ご心痛」。最近ではこの婚約は破棄したほうがいいというようなニュアンスで周囲にお漏らしになっているそうな。

そして「秋篠宮が意見を表明すべき」ですって。

え?

裁可は天皇陛下なので、陛下がお取り消しなされば済むのだし、宮家が天皇裁可に楯突いて婚約中止は先立って言えないでしょうに。

どうも世論を気にされて、ご自分の言い訳ポジションを確保しつつあるように見えるのは意地悪過ぎる見方でしょうか。生前退位に関して識者からさえ疑義が出されるようになり「わたくしは、いっさい口を挟んではいません」として、文藝春秋に中身ゼロで、見出しだけが表紙に大きく書かれ、電車内の中吊り広告にその文言が翻った経緯があるだけに、またアリバイ作り? と思ってしまうのです。

だって、何も週刊誌にリークされるようなことを周辺にわざわざ語らなくても、秋篠宮殿下に内々に直接おっしゃればいいことでしょうに?

 

 

タイトルだけ「皇后陛下は退位に反対」とでかでかと載り、中身にはそのことについて何も触れてはいなかった奇妙な記事。買いに走ってがっくり肩透かし。

それに皇后陛下は「皇族それぞれが決めたことに、わたくしは口出しは致しません」とも一方で。また後追いで「退位に反対」が事実なら天皇陛下のお気持ちに逆らった、ということでもあるのに、変なの。いつから皇后が天皇陛下に反対を唱えるご身分にお鳴りやら?

また小室さん側が「皇室を利用している」とも。今頃・・・?

皇后陛下はこうも、おっしゃったそうな。

「将来天皇を支える皇嗣となる秋篠宮が、意見を表明するのが良いのではないかしら」

はぁ・・・・・

皇嗣などと、わざわざ迂遠な称号を使わせながら、秋篠宮家の御心配ですか。
それにしては悠仁親王殿下が交通事故に遭われた時の、あの無関心冷淡さは何でしょうね。警護の数を増やして欲しいとのお言葉はゼロ。本来なら私たちの警護を削ってでも秋篠宮家に回して、とおっしゃりそうなもの。

また、「次次代天皇を継ぐ存在」としての秋篠宮という表現ではなく、「天皇を支える皇嗣」と、あたかも下僕扱い。

東宮御所も本来、秋篠宮家に譲り渡す筋道にあるものを。将来の天皇というニュアンスで悠仁親王殿下に言及されたこともなく、東宮御所に移られてもなお職員の数は現役時代と同じ数をなどと主張するかたわら、悠仁親王をお守りできる数の警護をとはいっさいおっしゃらない不思議さ。

愛子さま天皇擁立に、まだ執念を燃やしていらっしゃるのでしょう。 

「やはり皇太子に皇統を継がせたい」とは、妙な言葉。順序どおり、普通は皇太子が皇統を継ぐのに、皇太子と皇太子妃の不出来ぶりに「廃太子」の声が高まっていることを気になさってのことかどうか、記事本体を読んでないので解らないのですが、しかし悠仁親王まで排除の御意志が明確。

「愛子に継がせたい」という意味のご発言があったのは、何と悠仁親王が誕生して間もない2006年9月21日のこと。

週刊新潮記事・・・

>親王誕生直後、天皇陛下がごく親しい人物に内々にこんな話をされている。「美智子も親王の誕生を大変喜んでおりますが、美智子はやはり皇太子の系譜に皇統を継がせたいと申しているんですよ。私も歴史の流れをみるにそう思いますが……。美智子は親王誕生の)色々なテレビを見ておりまして、雅子さんのオランダ静養の様子が映ると、“どうして産めないのかしら”“病気はどうなのかしら……”と、心配しております」「本当に家庭というものは色々とあって大変です」とのこと。

天皇陛下の口から皇室を「家庭」と表現、もう終わりですね。
それに、「美智子もこう申している」って何でしょうか。天皇と皇后の地位の違いさえお解りでない御様子。

また皇后陛下は「家族とはすべてを許し、決して裁かない」ものなのだそう。(最新号、週刊文春)

いいえ、ヤフオクなど許し裁かずはよろしくないでしょう。

 

ヤフオク事件を忘れない、国民は一生追求します 《拡散希望》

 

2017-10-10 04:27:32 

 

それに「家族」って何ですか。天皇陛下は「家庭」、皇太子殿下は「雅子が、愛子が」としか、おっしゃらないし。
皇族は個々それぞれが、天皇はじめ役割を担って屹立してあるべき存在。ファミリーだなどと。いかにもキリスト教的なお考えですが、天皇と内廷皇族は神道最頂点におわす最大の神官と、次代神官が中心なのです。皇居は本来、神道の結界なのですが。
そこにアーメンと次代の南無妙法蓮華経、たまりませんね。

皇室が「家庭」「家族」という卑小な単位で天皇と内廷皇族自らが言い始めたら、終わりです。一家族や家庭に、なにゆえ膨大な特権が与えられているのでしょう。

権利のみ膨らみ、それに伴う義務を見失った皇室。

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 
 
           コメント欄投稿に当たってのお願い

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」「ななし」「あ」など
極力受け付けません。

異論・反論は歓迎しますが一定レベルの語彙とロジックに達していないコメントは、不毛なので原則として公開しません。

韓国・在日関連のコメントで、極端な侮蔑語句は受け付けません。

皇室関連記事に関するコメントの内容は、きちんとしたものであれば
賛否を問わず公開しますが、皇族への最小限の敬意はお忘れないようお願いします。
呼び捨ては避けてください。

 

コメント (16)

一部アホLGBTが左翼に利用され、多数のアホ保守がそれに踊らされた

2018-10-03 12:23:03 | 売国奴

 

 

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

 

同性パートナーがいることと、玉城デニー氏応援と何の関係があるのやら。

こういう左翼に取り込まれ、政治と性リビドーをごっちゃにするごく少数LGBTがいるから、大半まっとうなLGBTが誤解され、杉田議員のようなとっちらかった論文を書かれ、罪もない人たちを傷つける結果になります。
第一、当のLGBTの人たちがこういう政治運動屋にLGBTの名を使われることに嫌悪感を示しています。

こういう西欧モノマネのグロテスクなパレードも一般には引かれ逆効果、こんなもの見せられてLGBTを理解しようと思う人たちはいないでしょう。

 

 

安倍昭恵さんも、朝日健太郎自民党議員もLGBTに寄り添う善意からかもしれませんが、逆効果なのです。結局、左翼運動に集約され、そのことであなた達が守ろうとしたLGBTの人たちがかえって傷を負う結果を招きます。左翼に取り込まれたごく少数のLGBTたちをあたかも主流と思い込み、侮蔑の唾を吐きかけた杉田水脈議員がその代表格です。

こんなパレードに積極的に参加するLGBTは一般LGBTではありません。
パレードじたいが、もともと新宿の「T・・N・・」という店名の北朝鮮人が営むいかがわしい場発なのです。クスリなども、取り引きされているところ。

こんな薄暗い出自のパレードに、その背景と構造を知らずに無邪気に参加する、一般ゲイもいると思いますが彼らもまた注意深くあらねばなりません。左翼に利用されるのが、オチです。その挙げ句、無知・無理解な批判を偏狭保守から浴びます。
参加者の中には、普段はまっとうな愛国保守もいるというのに。

東京のゲイパレードに、日本人よりもっとこの種のパレードの出自を知らず、参加して来た台湾人のゲイの人達も、しっかり左翼の安倍政権叩きに利用されてしまっています。

背後の男は、主催者側ではメンバーではない、と言っていますが言われなくても空気感が全く異なるので判別できますね。

自民党内でも、善意からパレードに巻き込まれた議員もいれば、平然と「ゲイは趣味」と言い放つヘイターもいます。

谷川とむ議員

7月29日(日):自民党谷川議員「同性愛は趣味」

  • インターネットテレビ「Abema TV」の番組に出演した自民党谷川とむ議員が、番組内で「同性愛は趣味」と発言。

 発想は杉田議員と同じ無知から来る、ヘイト発言です。趣味レベルで、追い詰められたゲイの人達が自殺に追い込まれるかどうか、考えるまでもないのに軽薄です。
第一、自民党のLGBTへの基本姿勢すら学んでいないことも杉田議員と同様です。

自民党は2016年作成の党員啓発パンフレットに、

「本人の意思や趣味・嗜好の問題との誤解が広まっている」

と明記、党員たちに注意を促しているというのに。

 

 

私の夫婦も子宝に恵まれていない。生産性がないと言うと、大変つらい思いに私も妻もなる

 https://www.sankei.com/politics/news/180917/plt1809170021-n1.html

杉田論文擁護の人たちは、安倍総理にも「文章の一部のみを切り取って批判に利用」として斬りつける気でしょうか。杉田論文は書かれたあのまんま、それ以上でも以下でもない、無知と無神経をベースに書かれた駄文です。

あの石破さんですら、杉田論文は真っ向から否定しています。普通の頭で虚心坦懐に読めば、人として最低の文章だと思いますが?

杉田議員の昔書いた文章と、動画における発言を見れば杉田議員がいかにLGBTを憎悪しているか、よく解ります。好き嫌いは自由ですが、それをいったん口にして差別した時、言葉は罪もない人たちを切り裂く刃になります。

杉田議員はTに関して以前「病気なら治せばいい」とすら発言しています。

(自著より)


Tは病気、LGBも一過性の麻疹だと思い込んでいるのでしょう。話になりません。

先の稿で、ブログ主が引用記事に添えられた写真をそのまま転載したら、ことさらブサイクな画像を選んで印象操作している、と複数のお叱りを受けたので、ごく普通の画像を探してみたら、こんなのですが? これが普通でしょう? 先の記事の画像とどう違うのでしょうね。選挙用の修正したのか、奇跡の一枚のようなウソっぽい画像をアップすればよかったのでしょうか。

殺人予告にゲイがわざわざゲイと名乗るものですか、あほらしい。
愉快犯か、左翼の下っ端、あるいはゲイヘイターの自作自演でしょうに。ものものしく赤坂警察署の画像まで載せて、自分がビビって関連投稿は全部削除したのに「警察と相談して」と正当化。届け出を出された警察としては、形式的に必ず言う言葉に過ぎないものを。

殺人予告とだけ記せばいいものを、わざわざ「ゲイを名乗る」と書き、ゲイへのセカンドレイプ。

「遊び」は不適切な表現とは思うけれど。「犯罪者が生産」も言い過ぎだけれど。「あんな発言をすれば」どういう結果になるのか、そんな簡単なことが解らなかったのか、という件には賛同します。

自宅に封書が届いたというなら、相応の恐怖感は解りますが、たかだか事務所あてのメールという安易な恫喝に、これほど身振りの大きな反応。ブログを長く営んでいる人なら、何回か脅しのメールぐらい受け取ってますよ。そんなもので腰が引けない程度の腹のくくり方をしているから続けています。(身元を突き止められ恫喝を受けた人もいます)あんな挑戦的な文言を政治家としておおやけに発信した身で、騒ぎすぎです。抜いた刀を簡単にひっこめるぐらいなら、最初から言わねばいい。

過去にさして売れもしない著書に同文意を書き散らしたのが、無事スルーだったのでたかをくくったのでしょうが、ネットの波及力とその存在を知られている「新潮45」に書くことと、ベースが根底で違うということも判断出来なかったのでしょう。

たとえ削除したところで、動画における言い放題はそのままだし、活字として残ってしまっています。こそこそ削除で逃げ出す程度の覚悟のなさだったのでしょうが、あの発言がどれだけの人たちの心をぐっさり傷つけるかが解らない、想像力の貧困がそもそもの問題点です。人の器は、人の痛みをどれほど、我が物として感じられるか、ということでもあります。

繰り返し書いていますが、杉田氏のこれまでの保守としての活動までを否定しているわけではありません。ただ、今回が酷すぎた。その後の対応を含めて。

 

 

 

自民党議員の名を出して自己弁護していますが、自民党内で問題視され「それは誰だ」と問われても、無言。本当にいたのでしょうか。ひょっとして谷川とむ議員?

「他党の議員が雑誌に書いた文章の一部を切り取り」と書いていますが、全体を読んだからこそ自民党から呼び出しを受けての厳重注意と指導だったでしょうに。

無知とヘイトをベースの文章を正当化するのに、「杉田さんはそのままでいいからね」と言われた、とか。わざわざこんなツイートしますか。「胸を張っていればいいよ」とまで。そのまんまじゃまずいから、呼び出されて党から注意されたのでしょうに。

 是々非々モットーのブログ主なので、率直に述べれば末尾の伊藤詩織さんへの批判のみは、賛同。杉田議員の、ある勢力に対して戦う方向性にも、ブログ主は賛同して来たのです。
ただ「女として落ち度があった」という切り口は、ここでもまたうんざりするほど語彙乏しく賢明ではありません。拙ブログコメ欄には、ロプヒノールと睡眠薬の種類まで上げて伊藤詩織検証・批判コメントが寄せられました。詳しく検証する能力のある素人に比べても、政治家発言としては、貧相でしょう。政治家にとって調査検証能力は言葉の能力と共に武器です。余りに脆弱、その論理の組み立て方も。杉田議員のこれまでの実績の大きさから、見て見ぬふりして来た部分です。

 

▼LGBTに関するわが党の政策について 自民党

 

https://www.jimin.jp/news/policy/137893.html

 

この綱領の冒頭に杉田議員論文に関する党としての見解が付け加えられました。

 

 

杉田論文は「問題への理解不足」「関係者への配慮を欠いた」として、当の自民党が杉田論文をバッサリ裁断しています。BBがつい数日前チェックした時には、なかった文言です。

LGBTの人たちを「マイノリティ」や「弱者」という区分けも、誤解を与えます。
上から目線の傲岸さを感じるし、アイヌ利権や部落・在日利権と混同されがちです。
電通調査によれば、13人に一人がLGBTだとのこと。(実際はもっと多いと思われますが)LGBT市場規模が約6兆円という電通分析も併せてあり、

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0423-004032.html

マイノリティというほど少数ではないです。
また、社会の各分野にトップクラスがいて地位、収入、国家への貢献度から言えば、「弱者」と言っている人たちより遥かにレベルが上の人も多いのです。

6兆円の市場規模を有し、彼らの大半がまっとうな納税者である事実を杉田議員も、擁護派も知るべきです。彼らの購買力や、納税における子育て支援があってもなお、彼らには生産性がないのでしょうか。

さて、冒頭に掲げたとっちらかったレズビアンの方の画像に戻ります。
沖縄知事選の結果に、脱力。記事にする気力さえありませんでした。

沖縄の人たちの、過重な基地負担をベースにした本土への屈託する心情はわからないではないのですが、余りと言えば余りな。正直に言うと、一瞬言ってはならない差別用語二文字「土◯」を口にしそうになったくらい、沖縄の民度に呆れ果てたのでした。

本土と基地、米軍への反感と、沖縄含めた日本を中国に侵略される残虐な痛みと、どちらを選ぶかという究極の選択だったのでしょうが、沖縄は中国を選び、中国紙がそれを手放しで喜び沖縄県民を「人民」と表記しています。

 

ただでさえ、中国は沖縄を自国領という認識にあります。

じわじわと沖縄に忍び寄っています。基地に関して必ず「環境破壊」という言葉が使われますが、中国に乗り込まれたら環境のごく一部の破壊などではすみません。根こそぎ破壊です。

 

「いっそ妻と母を撃ち殺してくれ」 亡命ウィグル男性

 

中国人(漢族)に強制結婚させられるウイグル族女性 少数民族同化 (facebook/Talk to East Turkestanより)

 

ウイグル・ネット・ニュースVol.2(Mar.2018)

 

 

「沖縄を日本とアメリカから取り戻す」という玉城デニー氏のキャッチーな言葉の浅さ、そして浅さに比してその恐ろしさに気づかず、踊らされた人たち。

 

石破氏が沖縄県知事選の敗北を、「総力戦で戦った以上、一地方の選挙ということで済まされない。県民の審判を分析して、改めるべき点を改めないと(来年夏の参院選は)厳しい結果になる」と言っていますが、はて何を改めるやら・・・・日本国民の大半は沖縄民度にあるわけではありません。沖縄にも少なからぬ佐喜眞 淳氏支持者がいたわけだし。

選挙戦より、もっと大局的に日本が危なくなっています。

 

杉田バッシングと擁護は、同じ穴のムジナ。卑小だ。

2018-09-22 13:15:29 
 

杉田水脈氏に離党勧告・除名の可能性?

2018-09-27 13:02:47 
 
杉田論文擁護の愚者Aに捧ぐ
 
2018-09-30 02:09:46 
 
祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 
 
           コメント欄投稿に当たってのお願い

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」「ななし」「あ」など
極力受け付けません。

異論・反論は歓迎しますが一定レベルの語彙とロジックに達していないコメントは、不毛なので原則として公開しません。

韓国・在日関連のコメントで、極端な侮蔑語句は受け付けません。

皇室関連記事に関するコメントの内容は、きちんとしたものであれば
賛否を問わず公開しますが、皇族への最小限の敬意はお忘れないようお願いします。
呼び捨ては避けてください。

 
コメント (16)

自衛艦旗を掲げないのは自衛艦ではない!

2018-10-02 11:06:09 | 売国奴

 

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

韓国海軍「海上自衛隊旗揚げないで」 観艦式で間接要請

9/27(木) 18:12配信

 

 韓国海軍の報道官は27日、済州島で10月10~14日に他国の海軍との交流などを目的に開く「国際観艦式」に関し、日本などの参加国に「自国の国旗と太極旗(開催国である韓国の国旗)だけを掲揚するのが原則」だと8月31日付で通知した、と明らかにした。

 報道官は「海軍は旭日(きょくじつ)旗に対する国民の憂慮を解消するために努力している」とも説明。日本の海上自衛隊に対し、自衛艦旗を使わないよう間接的に要請した形だ。

 太陽の光を意匠化したとされる旭日旗は旧日本軍で使われ、海上自衛隊は1954年の発足時、艦の国籍を示す自衛艦旗として採用した。韓国内にはこの旗に対して「日本軍国主義の象徴」との批判があり、海軍側が対応を検討していた。

朝日新聞社

・・・・・・ここまで

先稿に述べたように、国際法上(国連海洋法条約第20条)によれば、潜水船その他の水中航行機器については、沿岸国の領海においては、海面上を航行し、かつ、その旗を掲げなければならないとされ、国旗又は軍艦旗を掲揚すれば潜水艦も他の軍艦に同じく、沿岸国の領海において無害通航権を行使できます。

ここで言及されているのは、潜水船その他の水中航行機器についてですが、旭日旗が外部標識の役割を果たしていることに変わりはありません。
日本では祝旗としても使われていて、そこに戦争の、況んや侵略の意志は込められていません。

それにしても、旭日を社の標識として掲げている朝日新聞が韓国のこのような差別に無言でいるのも奇妙な話、それ以上にありとあらゆる旭日旗使用に難癖をつけてくる韓国が、朝日新聞に対してのみは沈黙しているのは更に言論不一致でしょう。

旭日旗デザインのアサヒビールが人気ナンバー1なのも、何のこっちゃ、です。

 

それほど旭日旗がいやなら、アサヒビールを飲むんじゃない。

韓国好きの朝日新聞にも抗議せよ。

想定内ではありますが、中国も韓国の尻馬に乗って旭日旗を降ろさせようとしています。https://www.recordchina.co.jp/b648819-s0-c10-d0135.html

シャンゼリゼに自衛隊

 

韓国が言い立てるように旭日旗が「戦犯旗」やナチスと同類なら、シャンゼリゼ大通りを威風堂々、行進など出来ません。

【海外の反応】旭日旗「世界一カッコいい!」日本の「旭日旗」の本当の意味に海外が興味津々【日本人も知らない真のニッポン】

 

先稿から間なしでこの問題を取り上げるのも、政府が自衛隊旗を韓国では畳ませてしまわないかと憂慮するからです。

自衛隊は、旭日旗を掲げることを禁じられるなら参加を中止すべきです。世界に韓国の不当な要求を知らしめるいい機会ではありませんか!

日本兵として旭日旗のもとに殺到したのは、韓国の若者でした。

それ以外に他国とまともに戦ったこともない韓国が、日本の自衛隊旗に文句など言う立場にはありません。

元寇で日本に攻め入った時も、ヴェトナム戦争でも他国に手先として使役されていたに過ぎないものを。

旭日旗に難癖をつける暇があったら、属国旗である太極旗を恥じなさい。

 

 

韓国は自衛隊旗を使うなと言うなら、最初から自国のイベントに自衛隊を呼んで権威付けに利用するな!

 

 コメント欄投稿に当たってのお願い

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」「ななし」「あ」など
極力受け付けません。

異論・反論は歓迎しますが一定レベルの語彙とロジックに達していないコメントは、不毛なので原則として公開しません。

韓国・在日関連のコメントで、極端な侮蔑語句は受け付けません。

皇室関連記事に関するコメントの内容は、きちんとしたものであれば
賛否を問わず公開しますが、皇族への最小限の敬意はお忘れないようお願いします。
呼び捨ては避けてください。

 
コメント (9)