工務店現場日誌

株式会社朝田工務店 代表取締役朝田満のブログ
現場での出来事や日々の出来事を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ほっしー

2009-08-26 20:02:37 | Weblog
大江君タオルを発射してました。
コメント (5)

阪神vs横浜

2009-08-26 19:58:38 | Weblog
バックネット裏より観戦。

9対1で阪神がリードしてます。
コメント

続 シロアリ2

2009-08-22 18:17:25 | シロアリ
また間が空きました。落ち着いてブログを書く時間がなかなかとれません。

シロアリの記事が終わるのは何時になる事やら。。。

前回の記事の続きになります。

「新築して僅か数年しか経っていないのに、木製バルコニーがシロアリにやられた。
そこから建物本体へ食害が広がり、大部分の補修工事が必要となった。
最近の建物には10年保証がついていると思うが、この場合は保証されるのか?」

前回はシロアリついて品確法に記載がないというところまで書きました。


だからと言ってシロアリに法規制がないという訳ではありません。

建築基準法施行令第四十九条2項にこうあります。


「構造上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち地面から1m以内の部分には

有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、しろありその他の虫による害を

防ぐための措置を講じなければならない。」


しつこい様ですが、解り易く言うと

「地面から1mはシロアリに喰われたり、腐ったりし易いから初めに対策しなければいけませんよ。」

こんな具合であります。


しかしながら、木製バルコニーは2階にありました。

従って地面から1m以上高いところにあるので問題はありません。

ちなみに建築基準法にも「10年間シロアリに喰われてはいけない」とかは書かれておりません。

このまま泣き寝入りなのでしょうか。続きます。。。
コメント (8)

石原さんの本

2009-08-12 19:20:54 | Weblog
ようやく買えました。石原さんの本。

私が買ったらあと残り一冊になってました。

日曜日に紀伊国屋に行ったら売り切れていたし、凄い売れ行きです。。。
コメント (2)

疑惑

2009-08-07 12:09:42 | Weblog
シロアリの記事は一回お休み。

実はここ2年ぐらいの間、走ったり、長時間歩いたりすると足首が痛かったのですが最近痛みがひいてきました。

おかげで散歩を1時間ぐらいしても平気になったので体調がとても良いです。

なぜ治りつつあるのか、つらつらと考えてみると思い当たる節が一つだけありました。


それは「5月中旬から酒を全く飲んでいない」という事です。

私は酒と言ってもほとんどビールばかり飲んでいたので、その事から連想される事はただ一つ。。。




ひょっとして痛風!?




もともと尿酸値は高めでしたが、

普段は全く痛くなく運動すると痛いのでおかしいな~?

毎月マラソン大会に出ていたから間接を痛めたんだろうな~?

それにしてもいつまでたっても治らないな~?

な~んて毎日ビール2リットルぐらい飲みながら考えていたのですが、


お酒をぴったりやめて2ヶ月ぐらいしたら良くなるって事はやっぱり痛風!?


どなたか詳しい方、教えてプリーズ。。。

コメント (15)

続 シロアリ

2009-08-06 18:04:19 | Weblog
また来週と書いてからしばらく空いてしまいました。

お待たせして申し訳ありません。

前回の記事の続きになります。

「新築して僅か数年しか経っていないのに、木製バルコニーがシロアリにやられた。
そこから建物本体へ食害が広がり、大部分の補修工事が必要となった。
最近の建物には10年保証がついていると思うが、この場合は保証されるのか?」

といった質問に対してのお答えです。

まず、10年保証に対して誤解している方が多いと思いますので説明します。

そもそもの成り立ちは「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が2000年に施行された事によります。

この法律は、住宅を新築する場合の請負人、又は新築住宅の売主は、注文者、又は買主に対して

構造耐力上主要な部分又は雨水の浸入を防止する部分は10年間、瑕疵を保証しなければならないといったもので

わかりやすく言うと「新築なのだから骨組とか基礎、雨漏りぐらいは10年間保証しなさいよ」こんな具合であります。

詳しくは国土交通省 住宅の品質確保の促進等に関する法律をご覧下さい。

残念な事にシロアリについては記載がありません。

長いので続きます。
コメント (1)