工務店現場日誌

株式会社朝田工務店 代表取締役朝田満のブログ
現場での出来事や日々の出来事を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エコジョーズ

2009-09-27 15:57:42 | Weblog
エコジョーズという給湯器をご存知でしょうか。

数年前に発売されたのですが、発売当初はあまり注目していませんでした。

製品自体の最大の特徴は「エネルギーを効率良く消費、CO2の排出量を低減してガス代も節約」といったものです。

どういう事かと言いますと「今までの給湯器は¥10,000のガスを燃焼して¥8,000のお湯。
エコジョーズは¥8,500のガス燃焼で¥8,000のお湯ができる」
とこんな具合。


ガス料金の節約になるのでお得です。余分な燃焼をしないので、温室効果ガスも削減。

まさにECO。地球に優しい給湯器なのです。


ですが、今までは地球に優しい分、お財布に厳しかったのです。。。


時節柄、コストパフォーマンスはとても大事であります。


月に¥1,000ガス代を節約できても、本体の差額が¥100,000以上高い場合、8年以上の回収期間です。

給湯器の寿命は約10年ですので差額を回収して、すぐに壊れてしまったのでは寂しいです。

こんな理由であまり注目していませんでした。




しかしながら、先日の新製品発表会で驚きの事実が発表されました。。


エコジョーズ、今なら11月申し込みで¥22,000の補助金がでます。

定価は変わりませんが、今までより値引き幅も頑張ってくれるそうです。

両方併せると差額が¥50,000ぐらいでおさまります。機種によっては差額が¥30,000台になる事も。。。


差額が2~3年で回収できて、その後はヘブン状態。


申請すると毎月のガス料金そのものにも3%割引があるので、ほんとうにお勧めです。


コメント (4)

オイスィーモノ マク○ナル丼

2009-09-20 09:36:02 | Weblog
新発売?
コメント (8)

美味しい物 たこ焼き谷やん 「だしたこ」

2009-09-17 15:35:49 | 美味しい物
久々に美味しい物シリーズです。地元川崎のお勧め店。

先週、取引先の担当様にご馳走になってしまいました。

鶴田様、ご馳走さまでした。


写真は「だしたこ」550円。

たっぷりのダシ汁のなかにたこ焼きが浸っていて、

その上に明太子、のり、揚げ玉をふりかけています。

同じダシで食べる明石焼きとも違い、たこ焼きのお茶漬けみたいな感じです。


正直、この発想は全く思いつきませんでした。

意外な味であります。旨いのです。なぜか。。。

食べると子供の頃を思い出してなにやら懐かしい気持ちになります。

最寄の駅はJR南武線宿河原駅。府中街道沿いにあります。

お近くにお住まいの方はぜひ。

コメント (2)

近所の田んぼ

2009-09-13 11:32:38 | Weblog
そろそろ収穫の時期でしょうか。

すっかり秋ですね。
コメント (2)

続 シロアリ4

2009-09-10 18:13:13 | Weblog
前回の続きです。

「構造の工夫こそシロアリ対策の根幹」

「複雑な構造あるいは木質系の外壁やデッキは禁物」

ここに解決の糸口があるというところまでが前回でした。


仮定の話ですが、全く施主の要望もなく確認の打ち合わせすらしないで外壁やバルコニーに

木材を使用する設計をした場合、設計の瑕疵の責任を問う事ができる可能性があります。

しかしながら、木材を使用する打ち合わせがあった場合や施主の要望の場合は微妙です。。。



でもね


「雨がかりのバルコニーに腐りやすい樹種やシロアリにやられすい樹種を使っちゃならねぇ」


と個人的には思うのです。例え施主の要望だとしても。

打ち合わせの時にそのような要望がでたら、変更を勧めるのが我々の仕事ではないでしょうか。

それをしないで予算上の都合だとか、デザイン重視とかで安易に施工したのでは論外です。



同じ木を使うでもバルコニー用の非常に腐りにくい木を使ったり、仕口や納めを工夫したり(水が木に回らないようにする)

木目の見た目だけを希望するのであれば、ほとんど木に見える既製品の物だってあるのです。

予算が無ければアルミの安いものに仕様変更すれば良いのでは。

妥協してスカスカの安い輸入木材を使い、腐ってシロアリにやられてから改修工事を余儀なくされるよりはずっと安い筈です。


こんな理由で今回のシロアリ問題は、少なからず設計施工した側に責任があると私は思っています。

ですが、法律上の責任云々となってくるとこれはまた難しい事になってきます。

すんなり話し合いで解決できれば良いですが、開き直られて裁判となったら苦戦するでしょう。

なにせ、法律上はあまり問題がないのですから。


まぁ、いずれ天罰が下ってそのような業者は潰れるでしょう。

今回、相談された方には大変お気の毒でしたが、改修工事費用の全部とは言わずに半分とか、一部でも良いので負担できないかと交渉してみてはどうかとお勧めしました。

交渉がうまくいくことを祈ります。
コメント (2)

続 シロアリ3

2009-09-02 18:36:27 | シロアリ
またまたご無沙汰してしまいましたシロアリについての続きです。

前回は建築基準法にも触れていないというところまで書きました。


今回はシロアリそのもの性質と対策について書きます。

しかしながら詳しく書くと大変なので、非常に詳しく書いてあるサイトをご紹介。

岡崎シロアリ技研

↑シロアリについては凄い情報量です。ここを読めばシロアリの全てが理解できる!?



上記のサイトのシロアリ対策と木材保存にはこう記してあります。

「薬剤に頼らないシロアリ対策は設計段階から」


まったくその通りだと思います。この言葉、裏を返せば「設計が悪いとシロアリにやられやすい」という事であります。


さらに新築時のシロアリ対策にこう記してあります。

「構造の工夫こそシロアリ対策の根幹」

「複雑な構造あるいは木質系の外壁やデッキは禁物」

同意です。まさに我が意を得たり。ここに今回の相談に対する解決の糸口があると考えられます。

続く。。。



コメント (4)