"よさこい"にかける青春!

何がこの人たちを
  夢中にさせるのか!

伊佐沼沼畔へ

2019年08月17日 02時50分26秒 | 尺八・民謡の世界

湖畔は 「 こはん 」と読みますが 

沼畔は 「 ぬまほとり 」と読むようです。

 

また、

「池」と「と「湖」の違いって何?

って言われると即答できる人は少なさそうです。

池、違いは、人工かどうかと、深さにあります。 池と違いは、人工かどうかです。池は人工なのに対し、は自然にできたものです。 沼と湖の違いは、深さにあります。は一番深いところでも5m以下で、は一番深い ...

<以上、インターネットから>

 

 8/16の第3金曜日は 18時からの 月二回の尺八の練習日でした。

この場所に白鷺が飛来営巣していることは 知っていたのですが、カメラを持って行ったのは初めての事でした。

シグマの500㎜を付けた NikonD810 をもって 尺八練習の1時間前の 17時に現地着

すでに 3~4名の方達が 大砲のような長~いレンズを白鷺に向けていました。

台風余波の風が強く吹いており 白鷺も遠くの方の草むらに 大挙して避難しているような有様でした。

 

 

 愛を囁いているのでしょうか?

サギのカップルを見て 遠い昔の 若かりし頃のことを 思い出していた私でした。

 

夕暮れ時に、近隣の川や沼などで 日中過ごした仲間が 寝ぐらである伊佐沼に 三々五々帰ってきます。

 撮影途中で、上尾から来ていらっしゃっているという Inamuraさんと言う方の お話を聞くことが出来ました。

僕は昨年ニコンの大三元と言われるレンズ 三本を 総額 72万~で やっとそろえたばかり。

しかし、みちのくよさこい、サッポロソーランよさこいではその重さに 苦境に立たされた 苦い思い出があります。

そんなことも有って、この夏に行われた朝霞の彩夏祭では 大三元の出番はほとんどありませんでした。 

 

 Inamuraさんとのお話は 彼の所持していた器材、ソニーのミラーレス一眼のお話が中心でした。

私が想像していた以上に 重さの点、性能の点でも 素晴らしいカメラの様でした。

親しく 親切に教えていただき Nikonから グッとソニーのカメラに心が傾いた私・・・、

しかし過去50年間、 ニコンのカメラやレンズに投資した金額は ゆうに 150万・・・、

果たしてこの後どのように展開していくのか、チョットした 悩みでもあり

また 楽しみでもあります。

 

Inamuraさん、私とのお話に 貴重な時間 お付き合いくださいまして ありがとうございました。

 

  

 

クリックよろしくお願いいたします。

  人気ブログ参加しています

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 2019彩夏祭開催される!!-1... | トップ | 2019彩夏祭開催される!!-1... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Inamura)
2019-08-17 18:09:43
私はお話しに夢中になっていて、あまり写真を撮らなかったのですが、こんなに素敵な写真を撮られていたとは! 
  ミラーレス購入され、レビュー投稿される日も遠くないでしょうか?(笑)

またブログちょくちょく遊びに来ます!

ミラーレス (まくろめ)
2019-08-17 22:00:43
こんばんは。
大三元そろえられたんですね。私は大一元で止まってますけど。

カメラボディの重さで言えば確かにミラーレスの方が軽いですね。でもレンズ込みで行くとどうなんでしょうね。
NIKONもミラーレス出していますからご検討の仲間に入れられてはどうでしょうか(笑)。

私はαのカメラを続けてきましたが、一昨年NIKONによさこい撮影のメイン機を変えました。
理由はただ一つ、熱です。直射日光をガンガン浴びるよさこい野外での撮影はNIKONにはかないません。
熱でカメラエラーが発生し・・・・撮影中断してしまうんです。
NIKONに変えて未だ一度もありません。周囲のカメラマンに聞いてもNIKONはないとのこと。

オリンパス、SONY・・・そしてCANONでも起きたことがあると・・・・・・。  確かα7Ⅱのミラーレスでも発生したことがあったと。

使用環境、撮影被写体によってカメラ選びも多岐にできる今のカメラの種類には、あれこれ迷う楽しさはありますね。

SONYのミラーレスの草分けα7は、違った意味で楽しいカメラです。 それはアダプターを介して昔のレンズをくっつけて楽しめることです。
ライカマウントのレンズも使用できます。マニュアルピントが一般的ですが。
レンズが変われば写りがカメラボディの比じゃなく変わることです。これが実に楽しい(爆)
このカメラが出て一気にOLDレンズの中古市場価格が上がって、品薄状態になってしまった。
などなど・・・ミラーレスはいろんな面で楽しめます。  ご検討ください(爆)

お邪魔しました。
Unknown (やちママ)
2019-08-19 15:09:26
2枚目のサギの写真素敵!
Unknown (Inamuraさんへ)
2019-08-21 00:11:04
コメントありがとうございます。
ここ数日、9/8(日)のコンサートの事で四苦八苦しております。3時間の舞台で 延べ180名の方達が出演するのですから、そんなに簡単な訳はないと思っていました。

色々な方たちがいて 当方の提案に まず出来ない
理由を先に言う方たちと、どうしたらそれが出来るか
と考えて下さる方たちがいて 面白ささえ感じてしまいます。

 今度は風の強くない伊佐沼に 出かけて見たく思っております。
機会がありましたらミラーレスカメラのお話じっくり聞きたく思います。
Unknown (まくろめさんへ)
2019-08-21 00:50:04
コメント嬉しく思います。
返事遅くなってしまいました。
9/8(日)の日曜日に 私個人の主催の
『 生演奏とのふれあい 』
富士見キラリメィーンホールで
の開催準備に翻弄しております。

夏舞徒には三つのシーンで出演していただきます。
南中ソーラン、夏舞徒オリジナル それぞれ二人のプロの歌手の生唄での演舞になります。

クラッシック及び民謡のコーナーもあり、
また国際文化交流・台日友好とサブタイトルも付き
台湾から130名の方が見えられ 合唱、吹奏楽、ステップ ラインダンスのコーナーで出演していただきます。
述べ総出演者数180名 3時間の舞台です。

 私には 残っている力も能力も僅かしかありませんが
夏舞徒の皆さんを始め 出演者の皆さんに協力していただき、楽しいものにできそうです。
二階に1.000円の自由席&カメラマン席もあります。

興味がお有りでしたら お気軽にお問い合わせください。

 大三元、とっても明るく合焦スピードも素晴らしいのですが、何せ重さに四苦八苦、若い時ならいざ知らず
閉口しております。

 Nikonは ミラーレス用のレンズの開発は 少し遅れているように感じますが・・・。

 ボディが たとえ300グラムくらい軽くなったとしても アダプターを使い、大三元を付けたら重さの点では、ほとんど効果は出てこないように思います。

 風景撮影や風景などを撮影する人でしたら
良いと思いますが、よさこい写真の様に
踊子を追っかけながらの撮影には 今一、無理の様に思います。

手ごろなミラーレス用の レンズが早く市場に出てほしく思います。

Unknown (やちママさんへ)
2019-08-21 12:26:49

 白鷺の愛のダンス、うらやましく思いました。

でも今の私は 愛を囁いている暇はありません(笑)

今回のキラリでは限りなくお世話になると思います。

何卒よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

尺八・民謡の世界」カテゴリの最新記事