川べのお茶

旧ブログから引っ越ししました。
仕事のこと、暮らしのこと、時々ぼやき(?)

新着情報のお知らせ

2022-06-25 | お知らせ
かねてから事例ごとに掲載しておりましたビデオ映像を、
「ビデオギャラリー」としてホームページに掲載いたします。



それぞれ趣の違う「技拓工房の家」を
イメージに合わせたBGMと共に、是非ご覧になってください。

  技拓工房 ビデオギャラリー → 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

内装工事に入りました。

2022-06-18 | 現場のこと
今週大工工事(木工事)が上がった、滑川町・N邸。



これは先週の様子。

リビングを2階のホールから見下ろしたところですが、
この場所だけでも、
杉の化粧板、格子の細工、間接照明と、
今回も大工さんには腕を振るっていただきました。

また今回のN邸では、内壁の角々にちょっと「工夫」があります。





角にモールを入れ、柔らかな小さなカーブを造りました。
これに伴って、幅木にも一工夫が・・・(またマニアックな事を)。
ここはぜひ、ご見学いただいて見つけて頂きたいトコロです。笑

今週は内装屋さんが入り、下処理(パテ)作業の最中ですが、
どんな仕上がりになりますか。
楽しみです!


同時に外壁の左官工事も進行中。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新着情報のお知らせ

2022-06-04 | お知らせ
技拓工房・ホームページの新着情報に、
4月に完成見学会、そしてお引渡しの飯能市・H邸ビデオ映像をUPしました。


三角形の変形敷地の特性を活かし、スタイリッシュモダンな店舗併用住宅のH邸を、
ビデオ映像でもご覧になってください。  → 


また先にビデオ映像でご紹介した川越のH邸を、
施工実例でもご紹介しています。



こちらも是非ご覧くださいませ。 → 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

N邸、木工事。

2022-05-14 | 現場のこと
ただいま木工事真っ最中の、滑川町・N邸





大屋根と庇の出が印象的な、大らかな家です。
実はこの家、確認申請的には「29坪」なのですが、
とてもそうは見えません。
図面では確認していましたが、実際に建物を見た時には、
思わず「これが29坪?ウソでしょ」と設計担当に詰め寄ってしまったくらいです。
(法規は守ってます。笑)

内部も大きな吹抜と大きな窓のゆったりとした間取りで、
自然豊かな環境にふさわしい、豊かな空間が予想されます。





室内は断熱工事が完了しました!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

見学会のお礼、そしてお引渡し。

2022-04-30 | お知らせ
飯能市・H邸の完成見学会は多くの方にご参加いただき、
無事終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、関係の皆様、
そしてお引渡し前の大切な家の見学を快くお許しいただいた施主のH様に
改めてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました!


1階は美容系の店舗のH邸は、
必然的に2階リビングの選択となりました。
三角形の敷地を最大限に生かし、
屋根の形を活かした大胆な吹抜ののLDKと、
必要十分な洗面~寝室のつながりの工夫は、
床面積以上に広やかな空間となったのではと思います。

そしてこの空間を快適に保つ理由の一つが気密の数値にも表れています。
H邸は何とC値0.1㎠/㎡、今までの技拓工房での最高数値になりました。
※C値とは「建物の延床面積に対する隙間面積の割合」で、
 この数字が少ないほど気密性が高いことを意味します。
 ちなみに国の定めた次世代省エネルギー基準は 5.0㎠/㎡(ひとケタ違う)。
 高気密がうたい文句の某ハウスメーカーの平均実測値が 0.59㎠/㎡。


↑は、ものすごーく単純に言うと、
1×1m=1㎡につき、空気がどれだけ漏れているかという事ですから、
それが0.1㎠て・・・・。
思わず息苦しくなりそうですが(笑)、
もちろん第一種換気で常に新鮮な空気を循環させていますし、
エネルギーコストも抑えられます。
空間を大胆に広げた設計でも、快適に過ごしていただけると思います。


天井の陰影が美しいです。


鋭角のコーナーが視線を伸ばします。


このところの見学会に何回かご参加頂いている方から、
興味深い感想をいただきました。
「技拓工房さんの家を見学すると、会ったことのないその家の施主さんが想像できますね」
若いセンスの良い方なんだろうな、とか、
木が好きで、そしてお客様の多いおもてなし上手の方なんだろうな、とか。
一軒一軒全く違う、お客様の個性を踏まえた設計を心がける我が社にとって、
ありがたい見方をしていただいたと思います。

今回のH邸も、「お施主様ならではの家」になったのではないでしょうか。
この家を存分に楽しみ、豊かにお暮らしいただければと願っています。

店舗兼住宅という事もあり、最後は非常にタイトな日程になりましたが、
見学会の後、無事お引渡しの運びとなりました。
今週はまさに怒涛の1週間で、いま本当にほっとしております。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする