東北アルパインスキー日誌 ブログ

東北南部の山での山スキー、山歩き、山釣りなどと共に、田舎暮らしなどの話を交えながら綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

湯殿山 南西尾根~南面下降 2019.03.10

2019年03月10日 | 山スキー

湯殿山には湯殿山神社入り口からスタートして南西尾根から山頂に立ち、東斜面を下って石跳川に下り、最後は湯殿山神社を目掛けて降りる素晴らしい周回コースが有る。3月になってトレースが出来るコースだが、今回は同じコースを辿って湯殿山の山頂に立ち、南面を下るコースを辿ってみた。

気温はやや高めで晴天だったが、駐車場からスキーアイゼンを付けてやや硬い斜面を登って行く。1050mのピークに立つと様相は一変して湯殿山の西面が姿を現し、山頂に至る南西の尾根が見えるがこの光景は実に素晴らしい。今年の南西尾根は雪が少ない様で難儀に見えるが、スキーアイゼンが良く効いていて意外と登り易く、2か所だけ急な右斜面を巻いたがほぼ問題はなかった。ただ、スキーアイゼンに慣れない人は歩行アイゼンのほうが無難だろう。

頂上には5人のスキーヤーがいたがすぐ東面に下降して行き、最後に南斜面のど真ん中を目指して降りて行く。斜面はクラストした斜面に薄く雪が載った感じで意外と固くエッジが流れ、やや大きく振りながら広大な斜面からルンゼのような斜面に吸い込まれてゆく。

中間部斜面で崖の上に出てしまってコースを修正し、最後はゆっくり流してブス沼付近で終了となる。一休みした後広大な疎林帯の平原を進んで行くが、殆ど登りは無くて最後に30m程高度を上げると元来たコースに戻った。このロケーションもまったりとした雰囲気で気分が良く、労力も殆ど使わずコースに戻れるのは嬉しい。

1050mピーク付近から2回ルートミスをしてしまったが、下部はストップ雪で思う様なターンを刻む事は出来なかった。総合的に見てコースは眺望が抜群で変化に富んでおり、春のツアーが好みの方にはおすすめのコースです。

所要時間 6時間  気温 5℃

 

 

 

【関連サイト】 東北アルパインスキー日誌

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 朝日連峰 三体山~桂沢下降... | トップ | 杉の間伐の様子を見に行く 2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山スキー」カテゴリの最新記事