スペインサラマンカ・あるばの日々

スペイン語留学の街、サラマンカより、地元情報とスペイン文化、歴史に関する笑えてためになるコラムをお届けしています。

年末になると出てくるあの人は誰だ?

2016-11-04 21:55:25 | スペインがお題のコラム

ハロウィン騒ぎにごまかされてたけど、もう年末はすぐそこ。
クリスマスグッズや菓子なんぞはとっくの昔に販売開始。

そして…来年用のシステム手帳や、カレンダー。
スマホの普及で随分少なくなったというけど、意外と根強く人気だそうで。

近所の古い文房具屋がさっそく売り始めた模様。

ジジババの多い、保守系の街らしく「イエスの言葉日めくりカレンダー」
「ローマ法王御姿カレンダー」などが定番で売ってる。
そして毎年みかける、このオレンジの暦本らしきもの…



これ。
表題 「サラゴサノ・カレンダー/天文暦/スペイン全土カバー2017年版」

http://www.discimadevilla.com/imagenes/9788493/978849387498.JPG

この時期になると本屋やキオスクでちらほら見かけるんだけど…誰だ?このおっさん?
更に違うバージョンまで出てる。↓ 壁掛け用

http://www.calendadistribuciones.com/images/upload/calendario_zaragozano_pared.jpg

↓生活暦+天文暦セットでお得(微妙に何がお得なのか知らんが…)

http://www.discimadevilla.com/imagenes/9788493/978849387497.JPG

まいっ年毎年、この古本屋から出てきたようなデザインの小冊子を見かける年末。
現地人に聞いても意外に“へ?”って感じで知らない人が多い。

で、結局何かというと、
この方↑はマリアノ・カスティージョ・オクシエロ氏というサラゴサのとある村出身の方。

http://www.calendariozaragozano.net/upload/mariano_castillo_ocsiero.jpg

すでに19の齢から気象学を学び、独自の研究、調査により、天気予報システムを開発。
これで一儲けできるかも?と1840年(天保11年)にこの予想を含めた天文暦の発売してみた。

それがなんと初版から農村間で爆発的に売れた

日本でいえば江戸後期。気象衛星もアメダスも、お天気お姉さん何もない時代。
その年の植付、収穫時期の決定に、農村の人々は頼るもの一切なし。せいぜい“村の古老の記憶”ぐらい。
そこに現れたこの小冊子。大変な信頼を受けたらしい。

“スペインのコペルニクス”なる、立派な紳士による天気予想。
日々の天文暦…日の入没の時間、星座、月の満ち欠けなど。
そして教会暦。日々の聖人名。(←どっぷりカトリックなこの国では重要)
スペイン全土における守護聖人聖女の日暦。
また全国で開かれる農作、畜産市のカレンダー。
ちょっとした諺や格言。

http://3.bp.blogspot.com/_-XmwcaRvP9c/TFnnaop5fTI/AAAAAAAABzs/HDUjUkCFl9g/s1600/ago10.jpg

まさに実用一筋、ためになる小冊子!
農村各家庭には、恐らく聖書の横に必ずや見かけられたものと思われる。
(以前も書いた通り、スペインの文盲率は1900年で45%だったのだが…)

…それが初版から170年以上経ち、
表紙のデザインはちっとも変わらず、
天気予想のシステムも変わらず(著者の子孫が受け継いでいる模様)、
なんと未だ年間発売部数16万部越え!! 日本のヘタなトレンド情報誌より売れてるし!
信仰に近い信用を得てるのか?この暦本。

なんか日本で年末年始にみかける高島暦を思い出すな…↓

http://suzuran-kigyo.co.jp/miyawaki/wp/wp-content/uploads/2012/09/IMG_0533.jpg

ま、それはおいといて。

現在では、このサラゴサノ・カレンダーなるもの、もちろん出版社のHPもあり、
詳しくのその歴史等を語っている。そして読者の方々とのエピソードも。

“ピレネー山脈にある小村より、毎年家族で街に買いに行きました…(90才の女性より)”

“ソリアの村々では毎年盲目のおこもさんが売りに来ており、道迷いをせぬようにとロバを貸したものでした(95才男性より)”

“自分の生まれ年の冊子を購入されたいというご希望を、多く承っております…”

などとなんとも牧歌的なしみじみな話を紹介している。
長年、スペインの農村の風景の中に溶け込んできた小冊子。ほぼ博物館行きながら未だ健在。

筆者、マリアノ氏はその生涯にてしっかりと成功を収め、若い婦人と三度も結婚し、54才にて逝去。
病床にあった最後の日に残した、大きな被害与える雹が降る…という遺言はしっかり当たったらしい。

コメント

救護所だった、小さな図書館~サラマンカまめ観光シリーズ(1)

2016-11-02 21:48:19 | サラマンカ・観光まめちしき

うちの近所にこじんまりした図書館がある。

建物の前は環状道路で、車の通りもけっこう激しい。
道沿いの同じような建物の並びがふときれて、小さな広場になり、そこを初めて
通る人は“お?”と視線を上げる。

ガブリエル・イ・ガラン市民図書館

なんだかそこだけ大正ロマン~な建物。

http://3.bp.blogspot.com/-iitrQlFfN4g/UTcu-qihbEI/AAAAAAAABg0/vz3MPoOcUfY/s1600/CSocorro.jpg

取り残されてしまったような世界。
あの童話、「ちいさいおうち」をちょっと思い出すな~(自分どんだけ好きなんだ、岩波子どもの本w)

http://40.media.tumblr.com/edda182f8c881e05475d2a224d8ae427/tumblr_inline_nn0yh4llJp1s6e79m_540.jpg

玄関あたりには数体の彫像。



男性の像はこの図書館名となる、ホセマリア・ガブリエル・イ・ガラン氏(1870-1905)。

サラマンカ南東の小村出身の詩人であり、農村の人々の生活感、宗教心、伝統を根底にした
朴訥かつ繊細で、雄大な作品を生み出した作家として知られる。若くしてこの世を去った彼を惜しみ、
有志らが当時寄付を募って建てたもの。後に近く公園からこの場所に移され、今に至る。

現在のように市民図書館となったのは1987年であり、よって内装には建設当時の面影はなし。
1階のメインは児童図書館となっており、午後は軽やかな子供のひそひそ声で溢れかえる。



ここが建てられたのは1915年(大正4年)あたり。
なんと救護所、入院を伴わない病気や怪我の手当てを施す施設として建てられたとのこと。
2階建て+地下。上階は薬品の研究室として使用されていた。

レンガに花崗岩、そして地元ビジャマジョール特産の砂岩を組み合わせた、モダンな外壁。
当時流行のネオゴシック建築といいますが…どこらへんがだ?上部の何本もある柱みたいなのとか
縦長の窓とかかな?

しかし救護所にしては随分ゼイタクな…という感じですが、
実は建設当時も、それでずーいぶんモメたらしい。

市民の救護所ってのに…なんでこんな金持ちの別荘みたいなの建てた?
そもそもなんでこんな郊外に!(←100年前は結構街はずれだったらしいです…)
などと随分非難されたらしいですな。

ちなみに救護所時代?(1947年)の写真↓
http://4.bp.blogspot.com/-x-SukjyxMg8/ULdNyo6O_xI/AAAAAAAAEqU/B2yfukBYwZY/s1600/Casa+de+Socorro+(Biblioteca+Gabriel+y+Gal%C3%A1n).jpg

ほんと周りなんにもないしw
隣とに比べると立派過ぎるし。
今じゃこの裏にコンビニあって、前には中古のゲームショップあって~とか…
はは…なんだか悲しくなるね。
参考HP
http://salamancatierramia.blogspot.com.es/
http://salamancaenelayer.blogspot.com.es/

コメント (2)