スペインサラマンカ・あるばの日々

スペイン語留学の街、サラマンカより、地元情報とスペイン文化、歴史に関する笑えてためになるコラムをお届けしています。

古本と遊ぶ、小さな楽しみ

2016-10-19 19:39:44 | スペインがお題のコラム

毎晩のことなのだけど。

数冊の本を抱えてベッドに潜り込み、
“あーたたた”などとひとりごちながら冷たいシーツを足で掻き分けて定位置をつくり、
よ~し、みたいな感じでページをめくる時の小幸感は、何事にも代えがたい。

まあ最近は本がスマホに代わる晩が多くて、けしからん!と自分でも思ってる。
…本もスマホも目に良くないのはわかってるんだけど。

私のクセであれこれ何冊も持ち込んで、こっちをちょっと読み、あっちを眺め、
してるうちにまぶたが落ちてきて本日終了、となる。彼ら(本)は翌朝枕の下で発見される。

で、ここ数週間、私が「超絶の寝落ち本」と呼んでる本がある↓


「スペイン料理を巡る旅」(勝手に意訳)
1969年(昭和44年)出版 著者 ルイス・アントニオ・デ・ベガ

著者は明治33年のスペイン北部、バスク地方のビルバオ生まれ。
当時アラブ言語文化研究家として著名な方で、また美食家、ワイン通としても
知られていたらしい。

古い料理本、グルメ本が好きな自分が題名で飛びついた安い古本。
…それがなぜ超絶の寝落ち本と化したか?

まずはスペイン語である上に、少々古い表現多し。
活字がフォント8で極小、活版印刷の古い字体で異常に読みにくく、怒り出すレベル。
古い時代の岩波文庫を思い出す。

そして内容が…まだ半分も読んでないのに偉そうに言えないけど、
「ジジイの美食想い出話、独り語り」だというのはわかった。(出版時、著者は69歳)

http://tussabores.com/blog/wp-content/uploads/2014/09/Breve-historia-de-la-cocina-espa%C3%B1ola.jpg

文芸春秋に出てるどっかの社長のミニエッセーとか、
高級グルメ雑誌「四季の味」に出てる、引退された財界大物の食歳時記とかを彷彿とさせる。

「…先の戦争が起こる前(スペイン市民戦争1936-39年)には○○通りあたりにはxxという食堂持つ倶楽部があり…」だの、
「○○君(←誰?知らん)にそんな食べ方は邪道だと失笑された」
という感じの白黒トーンの語り、それに数々のレシピざっくり紹介があり、という感じ。

しかしながらまあ、イベリア半島を実にくまなく歩き回り、方々の小さな村々まで辿り着き、
あれだこれだと食べ尽くしたもんだと感心する。無論裕福なお家の出であったことには違いない。
1900年のスペイン文盲率45%、後に10%を切るまで70年かかった…そんな時代に、食道楽の旅。大変なゼイタクであったと察する。
http://2.bp.blogspot.com/_oY8HzU9dm60/TRS-pTtSUjI/AAAAAAAABRA/Ds94pKZKubk/s1600/segadores1950.jpg
1頁読んでは撃沈、また1頁…
とやっていくうち、「おや?」と鎌首をもたげるように起き上がってしまうような耳新しい、興味を引く話にあたり、
これは…と神妙にスマホで検索開始→どんどんハマる→気がついたら朝の4時(涙)!ってことを何回かやってしまった。

最後に夜更かししてしまったのはバスク/ナバラ地方の話において。
http://kimmy2209.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_802/kimmy2209/photo10.gif?c=a0
本人バスク人とあり、さすがに地元の話となると調子よく、筆が滑り気味の章内にて。
以下3つの新しい言葉に出会ったので、備忘記兼ねてちょっとご紹介。

●Hamarretakoアマレタコ/Hamaiketakoアマイケタコ( 10時もしくは11時にとる、昼食前の軽食。バスク語)

この国の1日の食事のメインは昼食にあり、午後2時~4時に摂る。
でも朝はふっつーに早いため、その中継ぎの食事がこれ。他地方ではOnce(オンセ、11時の意)と呼ぶ。
まあ軽くタパス、ミニサンド等をつまむ程度か。
http://www.elcorreo.com/vizcaya/ocio/noticias/201310/23/Media/hamaiketako-ninos--300x180.jpg
しかし、この本によると、この小昼食の典型的メニューは「目玉焼き2ツ、たっぷり厚切りハム、ワイン半リットル」
であると言い張っており、数時間後の大昼食前に↓こんなものを食すのだ、とのこと。
https://mjtabar.files.wordpress.com/2015/08/img-20140706-wa0019.jpg
激しい肉体労働に従事する農村のものである…と思いたい。

●Tripasaiトリパサイ(大食いのこと)

スペイン北、バスク地方の大食い伝説を物語る言葉。
この地には伝統として会員制のグルメ倶楽部(自分らで調理)が多く存在するが、
なんでもこのトリパサイなる大食いモノを集めた倶楽部が存在したらしい。
http://www.guiasantander.com/wp-content/uploads/bfi_thumb/chulet%C3%B3n-2z83lmd3zy7fj6nefeg9vu.jpg

一番古い記録は19世紀前半であり、60年代の記録によると、「300キロの骨付き肉、
13キロのイワシを食べた父子3人」だの、「夜食に目玉焼き24にチーズの鶏1羽」だの、
胸焼けする話なので控える。ようは前回のアストゥリアス地方も含め、大食をよしと称える風潮があった、あるのは確か。

実はこの本の著者も相当の健啖家であったらしく、古いインタビュー記事に
「カフェーで談笑しながらボカディージョを3つも平らげた後、そんなに食欲ないなどといいながら、
夕食に羊肉ローストを丸まる平らげて…」などと書かれており、この方にして、この本、って感じだ。

●Agoteアゴテ (フランス西部、スペイン北部に在住した被差別民/Cagotカゴ)

これだけグルメと違う話なんだけど。
その起源は1000年と古く、20世紀になるまでの長い迫害の歴史を追う民族が
ピレネー山脈付近に居たという話。

大工や縄職人など決められた職業にしか就けず、教会の入り口、埋葬地も別、
特殊な服を着せられ、徹底した差別をうけていた民族ながら、独自文化の継承は薄く、独自言語ももたず、ようは
「全く原因が謎のまま、長い間差別を受けていた被差別民族」が存在したとのこと。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/ff/Agotes_Navarre_espagnole.jpg/220px-Agotes_Navarre_espagnole.jpg
その起源が「西ゴート族」「ここまで攻めてきたムーア人兵士」「ハンセン氏病患者」「カタリ派の末裔」
「大工ギルドの凋落の末」とかあれこれあって何一つ決定打がない。
(↑ご本人らには気の毒なんだが、ここら辺が推理小説みたいで非常に面白い)
http://tomknoxbooks.bookswarm.co.uk/wp-content/uploads/2010/01/3935201_orig.jpg

彼らの差別からの開放への道は長く、フランス革命以降といわれる。
現在ではすでに消滅した差別、過去の重い遺産として語られるのみとなった。

…なんてことを知ったのがこの本の著者が当時、ナバーラ地方のとある渓谷に
残った最後のアゴテの居住地にて、たらふくメシを食った…というとこからきたわけで。

こういう豆知識発見が楽しくてやめられないよな、古本遊び。


コメント

スペイン、最近のカツレツ事情

2016-10-04 00:18:30 | スペインのタベモノ

「ハムカツ」という昭和レトロなタベモノがある。

プレスハムにパン粉をまぶして揚げたもので、まだ肉の貴重な時代、
魚肉ソーセージなどとともに庶民のお腹を満たしたオカズ兼おつまみ。
熱々だったらまあ食べれるけど、別にすんごく美味しいもんでもない。

そのハムカツのいとこみたいなのに、この国で出遭ったのは昔の話だ。
http://imagenescopos.edetronik.es/Productos/Producto1206/4547-alinut-san_jacobo_york-queso_b.300g(4un.jpg
ハムチーズカツ。冷食コーナーに必ずある。いかにもダメメシ。
そのくせに「聖ヤコブ」などと仰々しい名前がついてる。聖人に失礼や!
ホームステイ先の夕食で飽き飽きするほど出てくる、やっすい簡単メニューだ。

「いやいや、アレは廉価版であってね、本来はハムじゃなくて牛豚肉ですよ…」
といわれ、はいはいあのフランスのコルドン・ブルーとか気取った名前のチーズカツね、
と納得する。
http://mobile-cuisine.com/wp-content/uploads/2013/04/cordon-bleu-fun-facts.jpg
あれがなんで聖人の名前をつけられ(一説にはサンティアゴ巡礼道で提供されたというが)
肉なしペラッペラのハムだけになったんねん!?とは…言えないでしょう?肉がない時代、
進駐軍のアメリカさんが食べてるソーセージが羨ましくて、安い雑魚肉でソーセージを作ったうちら日本人が。

まあそれはおいといて。

今年になってなぜか「アストゥリアスのカチョポ」の話をよーくグルメコラム、番組で見聴きするようになった。
アストゥリアスというのは、イベリア半島北北西あたりにある州。スペイン国の元祖ここにありきの地方。
古くは炭鉱業で栄え、緑と海に囲まれた豊かなる、結構地元色濃い大いなる田舎である。
http://www.travelinfospain.net/map/map-asturias.jpg
「カチョポ」とは??
↑前記したチーズカツ、もしくはチーズハムカツのアストゥリアス地元版。
そしてこれがなぜ今更、全国紙、TVにて「今、カチョポが熱い!」「カチョポ流行の兆し」などとと騒ぎ、
マドリッドで“カチョポ・イベント”開催、カチョポ愛する会、カチョポオタクはカチョパーなる自称名を誇るまでとなってる…
(…だれだよ、仕掛け人w…とすぐ思うのが広告屋に振り回されるのが常の日本人ですが)

さて、そのご本人のいろんな画像…
http://www.carniceriasberdasco.es/img/super-cachopo-ensalada-patatas.jpghttp://www.espaciomadrid.es/wp-content/uploads/2015/11/jornada-del-cachopo-madrid.jpghttp://fotos02.lne.es/2016/09/02/646x260/aventura-menu-5.jpg

パソコンのキーボードの写真じゃないです、はい。巨大です。ギャル曽根仕様でしょうか?
そしてめでたく本年度のカチョポ最優秀賞を受賞された、アストゥリアス州都、オビエドのレストラン、
La corte de pelayoのカチョポはこれ↓
https://u.tfstatic.com/restaurant_photos/569/60569/169/612/la-corte-de-pelayo-cachopo-pelayo-dd1a4.jpg
ちなみに肉は牛肉。中身は地元産チーズ、赤ピーマン、生ハム、白アスパラガス。上には青唐辛子の酢漬け。
1947年からの変わらぬレシピで大賞受賞であります。

美味しそう…だけど大き過ぎだしww!
そもそもアストゥリアス地方=レストラン、バルで出てくる食べ物のサイズ量が半端ないです!
ホテル朝食でバスケットシューズサイズのトーストを出され、
トルティージャは厚み5センチ45度角のこれでもか!サイズ、
煮込み、スープ類は1人で行っても土鍋ごとだされます。
どんなガリバーな国に来た自分?!サイズが全然違うぞ?(←すべて自分の経験談)

…ということでこのカチョポなる巨大カツ話をしてたら、南出身の友人がいやいや、うちらのフラメンキン
忘れちゃ困るね、といいだす。

南に行くとロールするのね!主にコルドバ地方ときく。
具はハム卵、野菜といろいろ変えることができるらしいですが。

あとこれは全国区なんですが、Pollo a la Villeroy(鶏胸肉のビルロア風)という、
鶏肉にチーズ風味のベシャメルソースを合わせたものをフライにする、ってのも番外ででました。
これも料理屋の昼メニューによくでてたりします。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f6/Pechugas_Pollo_a_la_Villaroy-10.JPG/220px-Pechugas_Pollo_a_la_Villaroy-10.JPG

そもそもパン粉料理自体、ほぼ世界どこでも似たようなもんがある。
あまり上等でない肉、ちょっと古くなったのも、パン粉をまぶせばほら!
ってことで、シュニッチェル、ミラノ風カツ、コルドンブルー、コトレータ、トンカツとあちこちに広まった経済料理。

地元、郷土愛がハンパない国、加えてタベモノ話が大好きな人が国民性も手伝って、
随分このカツレツ話一つで一晩盛り上がりました~。(なんか全体的に茶色のページになっちゃったw)




コメント (2)