スペインサラマンカ・あるばの日々

スペイン語留学の街、サラマンカより、地元情報とスペイン文化、歴史に関する笑えてためになるコラムをお届けしています。

謎の揚げ玉ピンチョが美味しい件

2019-03-20 11:12:19 | サラマンカのタベモノ・バル情報


「揚げ玉」などと勝手に名前をつけてしまいましたがw

今回はここ、サラマンカの美味しいピンチョを1つ2つご紹介。

(まあ…一生行かないトコのグルメ情報を聞いても…と
思う方もおられるでしょうが、そこは笑ってお納め下さいw)

スペインのバルというもの、何軒か行くと、どこも大体
定番の、万人受けするピンチョが並んでいるのが常…と知る。

そのうち、なるべくちょっと変わったものを…と物色
し始め、あちこちに訊き回り、
「あそこの○○が絶品」
「あの店のコロッケは先代からのレシピで…」
などの情報をゲットしようとする自分の情熱、炎の如し(爆)。

…ということで前出の「揚げ玉」
なぜ謎なのかというと…
「どっちもレシピを絶対教えてくれない」
から!
以下にご紹介。

(※注-私はどこのマワシモノでもありませんので…w)


● “プルガ”という名の謎の揚げ玉

場所は「ラ・カサ・デ・ラス プルガス」

サラマンカの中心となるマヨール広場から徒歩数分。
いくつかのレストランが並ぶあたりにある、
クラシックなレストランバル。



入り口すぐがバル部、になっており、まずは
ここカウンター当たりに座って位置確保をする。

目の前にきらめく出来立てのピンチョに目もくれず、

「プルガを下さい」

と静かに注文して待つ。

その間に“プルガって何て意味だっけ”と辞書で調べて
独りで怯えないこと。

ここでの意味は、“蚤(のみ)”じゃありません。
“ほんの小さな一口の”の意味合いで、他の地方では
プルガというと一口サイズのミニサンドが出てきたりしますが。

で、間もなくモノが出てくる。


揚げたて、アッツアツのものをしばしさまし、

中を開けて見ると、なんかパテ状の…なんだろう?

一口…美味しい。

まろやかでクセがなく、旨みが結構ある。
で…何でできているのか…

(ツナみたいな食感があるような…ないような)
(肉肉しくはないよな…)
結局分析しているうちにあっという間に終わる。

そしてこれの作り方も、原材料何かも教えてくれない。
“いや、決して怪しいもんじゃないですよ”というだけで、

「サラマンカ南部にある○というバルの奥さんのオリジナルレシピ」
「知り合いが1ヶ月タダ働きするから教えてくれと請うても首を
縦に振らなかった」

と聞いた話にも益々神秘性が加わるというか…
まあそんな大げさなもんでもないけどw

お店の屋号にもなってるこの揚げ玉ピンチョ、誰か謎を解いてくだされ!


●ピミエントという謎の揚げ玉

もう一軒はやはりマヨール広場のすぐ隣にある老舗、
「プルス・ウルトラ」

サラマンカに残る、数少ない老舗中の老舗。
このネーミングといい(スペイン歴史好きの方ならはっ?!となるだろう)
古めかしい店内といい、いかにも昔のスペインバルだ。

 アニス酒のレトロ広告がなかなかいい。



数々美しく並べられた冷製ピンチョらも魅力的なのだけれど、
ここでもそれには目もくれず。

「ピミエントください」。

と常連のごときふりをして注文する。

客のほとんどが注文するゆえ、あつあつのそれが常に盛られた
銀皿から、2つほどを爪楊枝に刺してさっと出してくれる。

ここでも「ピミエントってピーマンじゃないの?」
とか思ってる暇はない。


開いて冷めるのをしばし待つ。

何かオレンジ色のクリームパテが入っている。

こちらは塩が効いててピリから。
ピーマンの味など一ミリもしないが、美味しい。
この滑らかさは、じゃがいもでもなし…ラードでもなし

何なんだろう…とやはり分析してるうちに食べ終わってしまう。

そしてやっぱりレシピは謎。
う~んどうしてもしっぽがつかめない。

誰か教えて~!

●そしておまけ、これは珍味揚げ玉

ついでにもう一つ、ピミエントと共に人気なのが
やはりこの揚げ玉。


これは謎ではなく、珍味
中身は豚の脳みそ

下拵えに非常に手間がかかり、最近では
なかなか家庭で作ることも少なくなったと聞くが、
レストランではしばしば見かける。

隣国フランスでも結構食されていると聞いてたけど、
実は私、今更ながら初挑戦で食べてみる…

…お…これは…

魚の白子?にすごく近い!

薄い塩味、たんぱくながらもクリーミーな舌溶け。
臭みはまったく無い。美味しい!

例えてみれば、待ち合わせにわんぱく男子が来ると思って構えていたら、
やってきたのは儚げで可憐なお嬢さん、みたいな(謎の例えw)

この突然のエレガントな味に満足し、
揚げ玉ツアーはクチビルをピカピカにして終了。

嬉しいのはどれも注文してから揚げてくれる、もしくは
揚げたてほやほやを出してくれること。

カリッとしてて、ほくほくで、味は謎。

機会があったらぜひお試しを~!

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« メリエンダ~懐かしのスペイ... | トップ | 鉄格子らをいろいろ鑑賞してみる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サラマンカのタベモノ・バル情報」カテゴリの最新記事