La Table d’Eden / エデンの食卓

フランスの食と料理、そして私のフランス生活/ タイトルを過去のものに戻し再開します…。

ワインの国の手作りぶどうジュースの作り方。

2021-10-17 17:17:00 | 飲み物(作り方、飲み方)
みなさんこんにちは。

今回は、娘がフランスの小学校で習って来た、ぶどうジュースの作り方を紹介します。

とはいえ、学校では2人1組で桶に入れたぶどうを足踏みして潰したのですが、動画では手で潰しています。😆

【材料】
ぶどう(種類はお好きなもので。種ありでも無しでも可)
1〜2kg
(ジュースにするとかなり減るので、出来るだけ多めに用意してください)

【作り方】
① ぶどうを洗い、ある程度の小さい房に切って、一粒ずつ取り外します。(小さい粒なら硬い枝などだけざっと外してください)





② 大きめのボールや桶、バケツなどに入れたぶどうの粒を潰します。手をグーにして押したり、手の腹を使って押し潰します。



③ 時間はかかりますがしっかり潰して、潰れていない粒がないか確認して、パソワール(ざる/ストレーナー)などで漉します。





④ 上から押さえてしっかり果汁を絞ります。(ガーゼや手ぬぐいで絞ってもいいです)



⑤ すぐ飲む場合はコップに注ぎ、保存する場合はビンなどに移して冷蔵庫へ。(期間の目安は3〜4日程度)



※手でも足踏みでもできますが、よく洗ってください。手袋をしたり足にビニール袋などを被せても出来ます。

娘が学校で足踏みで作ったジュースを持って帰って来て、先生から発酵させてぶどう酢にしてねと言われて来たので、挑戦中…。





(成功したら)また書きます。

ぶどうはベリー系(イチゴやフランボワーズ、ブルーベリー、カシスなど)とよく合うので、それらと併せてミックスジュースにしてもおいしいです。
りんごや桃なども合います。

★じょうご 漏斗

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロート12 じょうご 漏斗 液体
価格:143円(税込、送料別) (2021/10/16時点)


★ざる ストレーナー

☆フランスの幼稚園で習うお菓子によく使われるヨーグルトケーキ

☆ガトー・オ・フロマージュ・ブラン


手作りのジュース、味も濃くて美味しいので、そのまま食べるには少し熟れすぎたり、買ってから日が経っているぶどうがあったら、是非やってみてください。



動画でわかりやすく☆


それではまた。




にほんブログ村 料理ブログ フランス料理(レシピ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


フランス料理ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« クレーム・アングレーズ- Crè... | トップ | アッシ・パルマンティエ -Hac... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿