La Table d’Eden / エデンの食卓

フランスの食と料理、そして私のフランス生活/ タイトルを過去のものに戻し再開します…。

アルザスのクリスマスクッキー② クロワッサン・ド・ルーヌ

2021-12-05 12:35:00 | フランス菓子/作り方とレシピ/les cours de patisserie
みなさんこんにちは。

今回は前回のブレデル・ド・ノエル(クリスマスのビスキュイ(クッキー系の焼き菓子))の第二弾で、クロワッサン・ド・ルーヌ(三日月)というお菓子を紹介します。

アルザスのクリスマスクッキー②
『クロワッサン・ド・ルーヌ』
Croissants de lune 

【材料】
※長さ7cm前後の月型クッキー40個分位(目安)

小麦粉 250g
バター (無塩)  220g
アーモンドプードル 100g
砂糖(グラニュー糖など) 60g
塩 ひとつまみ(小さじ1/4弱)
※仕上げにまぶす用砂糖
粉砂糖 80g
バニラシュガー 7.5g(1パック)位
(なくても可)

☆半量レシピ
【材料】
小麦粉 125g
バター (無塩)  110g
アーモンドプードル 50g
砂糖(グラニュー糖など) 30g
塩 少々(小さじ1/8程度)
※仕上げにまぶす用砂糖
粉砂糖 40g
バニラシュガー 3〜4g(半パック)位
(なくても可)

小麦粉は今回フランスのT45のfluide を使用、薄力粉タイプです。
アーモンドプードルは皮なしの白いものを使用しています。前回の星型クッキーとは違って、白さがポイントのお菓子なので…。

【作り方】
① ボールに、小麦粉、アーモンドプードル、砂糖、塩、小さく切って室温で柔らかくしたバターを入れます。


② ホイッパーや木べら、ハンドミキサーなどで、バターをすり混ぜるように全体を混ぜます。フードプロセッサーやスタンドミキサーがあれば速いです。


③ バターが細かくポロポロした感じになったら、手で捏ねます。



④ 全体が滑らかになったら、ラップ等に包んで、冷蔵庫で1時間以上休ませます。


⑤ 休ませた生地を上下ラップして挟みます。ラップと生地の間に打粉用小麦粉か粉糖を振っておいてもいいです。


⑥ のし棒などを上から転がして広げていきます。厚さはあまり重要ではありませんが、5mm〜1cm位。


⑦ ラップの上部を剥がして、コップのふちのカーブの部分を使って生地を切り取り指で整え月型にします。



⑧ 160度くらいのオーブンで、20分くらい焼きます。


⑨ オーブンから出したら冷ましておきます。


⑩ 粉糖と、バニラシュガーを混ぜます。(無ければ粉糖のみで可)


⑪ ⑩に焼き上がった月型クッキーをまぶします。(転がすように両面に)
全部にまぶしたら出来上がり。


アーモンドプードル


生地を切り取るのに使ったコップはこれ。ヴェリーヌなどにもちょうど良いミニサイズ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デュラレックス ピカルディ 【90cc】
価格:125円(税込、送料別) (2021/12/4時点)


アルザスのクリスマスクッキー①
エトワール・ア・ラ・キャネル
 
アルザスのブレデル(ノエルのビスキュイ
-クッキー系の焼き菓子)は、最初のレシピ
は16世紀のものが見つかっていますが、もっと
古くから存在しているとも言われています。
アルザスの主婦達が、様々な形やレシピの
ビスキュイを生み出していったようです。
こちらも、アルザスのブレデルの定番の一つで、前回の星型クッキーとこの三日月型クッキーを合わせて出すと月と星の組み合わせがかわいいです。🌙✨



プレゼント用にも◎


動画でわかりやすく☆

それではまた。


にほんブログ村 料理ブログ フランス料理(レシピ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


フランス料理ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アルザスのクリスマスクッキー① エトワール・ア・ラ・キャネル 

2021-12-01 17:15:00 | フランス菓子/作り方とレシピ/les cours de patisserie
みなさんこんにちは。

今回はアルザス地方のノエル(クリスマス)のビスキュイ(ビスケット、クッキーなど)を紹介します。今回と次回に分けて続けて2種類紹介していきます。

今回は星型のシナモンたっぷりのアーモンドクッキーです。

☆アルザスのクリスマスクッキー
(ブレデル・ド・ノエル
/ Bredele de Noël)

①星型シナモンクッキー
Etoiles à la cannelle 

【材料】
卵白 2個分
塩 ひとつまみ(小さじ1/4弱)
粉砂糖 160g
シナモン 小さじ1.5〜2
アーモンドプードル 260g
バニラシュガー 5g (もしくはバニラエッセンス 数滴)
+生地を伸ばす時に使う粉糖 適宜(大さじ1程度/無くても可)

① 卵白をホイッパーやハンドミキサーで泡立てる。
② 粉糖、あればバニラシュガーを入れ、混ぜる。
③ ②から大さじ4〜5程度の分量を取り分けて取っておく。
④ ③で取り除いた残りの部分にアーモンドプードルを入れてまぜる。
⑤ 皮付きアーモンドプードル(フードプロセッサーで手作りも出来ます)も入れて混ぜます。無ければ全て皮無しのアーモンドプードルでOK。
⑥ シナモン、塩ひとつまみも入れまぜ、ある程度混ざったら手でこねます。
⑦ ラップして1時間以上寝かせます。
⑧ ラップに粉糖を振り⑦の生地を乗せ、粉糖をかけラップして挟み、のし棒などで伸ばします。
⑨ クッキー型(あれば星型)で型抜きします。天板に並べます。
⑩ 130度のオーブンで15分程焼きます。取り出したら冷ましておきます。
⑪ ⑩の上から③で取り分けておいたグラサージュを塗ります。コルネを作るか、スプーン等で塗れます。

⑫ 100度のオーブンで15分程焼き、取り出したら出来上がり。

※焼き時間は生地の量、厚さ、オーブンの種類により違いがあります。
完全にカリッと焼くのでなく、内部がしっとり半焼き気味な位が美味しいです。なので厚みがある方がいいです。

グルテンフリーでバターや植物性油なども使わない(乳製品無し)お菓子なので、制限のある方にも便利なレシピです。

★チョコレートのパウンドケーキ

アルザスのピザ フラムクーシュ

フロマージュ・ブランのチーズケーキ


アルザスのブレデルは沢山の種類があり、詰め合わせにして袋入りや箱入りなどで売られています。

次回はもう1種類、別のブレデル、月型のクッキーを紹介します。🌙



動画でわかりやすく☆
それではまた。


にほんブログ村 料理ブログ フランス料理(レシピ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


フランス料理ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村



いつもありがとうございます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フラムクーシュ / タルト・フランベ

2021-11-22 17:10:00 | フランス料理/作り方とレシピ/les cours de cuisine
みなさんこんにちは。

今回はフラムクーシュ(Flammekueche)またはタルト・フランベ(Tarte flambée)と呼ばれる、アルザス風ピザ(タルト)を紹介します。


いろいろなレシピがあり、ピザ生地の様なイースト発酵させた生地を使うタイプのもの、BPや重曹を入れるものなどもありますが、今回作ったのは、発酵無しの卵も入らないシンプルな生地で作る生地です。


フラムクーシュ
4人分位 (半量 2人分位)

【生地材料】
小麦粉 250g   (半量  125g)
塩 小さじ1    (半量  小さじ1/2)
植物油 25cc   (半量  12.5cc)
水 150cc  (半量  75cc)

※小麦粉はフランスのT55使用。(日本の中力粉に近いタイプですが、薄力粉か薄力粉+強力粉などでもいいです。

【具の材料】
クレーム・フレッシュ(サワークリーム)
150g    (半量 75g)
フロマージュ・ブラン(水切りヨーグルトでも可) 100g    (半量 50g)
塩 小さじ1/2    (半量 小さじ1/4)
ナツメグ 適宜   (半量 適宜)
胡椒 適宜   (半量 適宜)
玉ねぎ2〜3個    (半量1〜1.5個)
植物油(玉ねぎ炒め用)  
大さじ1位 (半量大さじ1/2)
ベーコン 200g   (半量 100g)

※ナツメグ、胡椒はお好みで。
お好みで、みじん切りにんにくと玉ねぎを合わせて炒めてもいいです。

1〜2人分の材料は、()内の分量を参考にしてください。

【作り方】
①ボールにふるった小麦粉、塩、植物油、水を入れ混ぜます。


②木べらなどでざっくり混ぜてから手でこねるとやりやすいです。手の腹で手前から押す感じでこねます。


③よく混ざったらまとめてラップに包み1時間以上寝かせます。


④玉ねぎを薄切りし、ベーコンを小さめの短冊形に切ります。


⑤玉ねぎを油で炒めます。しっとりして透明感が出るくらいまででOK。好みでもう少し炒めても可。


⑥ベーコンを炒めてザルなどで油を切ります。


⑦クレーム・フレッシュとフロマージュブランを合わせ、塩、ナツメグを加えて混ぜます。(ナツメグは後で具の上から軽く振っても可)


 寝かせた生地を、軽く小麦粉(打ち粉)をふった天板サイズのクッキングシート(ベーキングマットがあれば尚可)の上で、のし棒などで広げていきます。


⑨2-3mm位に伸ばし、はみ出たところを切り取ります。



⑩⑦を表面にぬり、炒めた玉ねぎ、ベーコンを乗せ、好みで胡椒を振りかけます。



 200〜210度位のオーブンで、15〜20分位焼きます。
(大きさやオーブンなどにより違いがあります)


ワインにもビールにも合います。
おつまみにもメインにもなりますし、小さめに作って、焼く前の状態で冷凍しておくと、時間のない時に焼くだけで一人分の食事にも♪


食事用ベーキング
★キッシュ

★チーズスフレ

ケーク・サレ

生地も発酵がないのですぐできて、材料も少ないので、気軽に出来ます。
是非作ってみてください☆


動画でわかりやすく。

それではまた☆



にほんブログ村 料理ブログ フランス料理(レシピ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


フランス料理ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村



いつもありがとうございます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぶどう酢の作り方 -Vinaigre de raisin

2021-11-17 17:05:00 | フランス料理/作り方とレシピ/les cours de cuisine
みなさんこんにちは。

今回は、自家製の果実酢、ぶどうのお酢を作ります。

以前、娘が小学校で習って来たぶどうジュースの作り方を紹介したのですが、その続きになります。


★ぶどうジュースの作り方

ぶどうジュースを娘が学校で作った日に、ボトルに入れて一部を持ち帰って来て、先生からこれをヴィネグル(酢)にする様に言われたとの事で…。

皮も種も入ったままの、濾す前の状態でした。



【材料】
葡萄 適宜

オプション
水+砂糖 適宜
(水大さじ4〜5杯に対し、砂糖小さじ1-2杯を溶かす)

【作り方】
①ぶどうをボールなどに入れ手で押しつぶす様にして絞る。

②熱湯で消毒した瓶などにそのまま注ぐ。


③実の部分が空気に触れない様、水または砂糖を少し溶かした水を適宜注ぐ。


④ガーゼやコットンなどの布で蓋をする。(輪ゴムなどで簡単に留められます)




⑤日光の当たらない影になる様な場所で保管します。目安は1.5〜2ヶ月位。温度などにより変わります。

⑥酢ができていたらザルなどに入れて濾します。ガーゼやサラシなどで搾っても可。




⑦瓶などに入れて蓋をして保存します。


果実の味が濃い、とても美味しいお酢が出来ます。

娘は先生から、瓶にそのまま(付属の)蓋をして、5〜6時間おきくらいに開けて空気を入れ替える…と教わったのですが、確かにそれだと2〜3週間くらいで出来るのですが、仕事に行ったり、寝ている時間を考えると無理なので、こちらのやり方をしています。

娘のクラスメイトが、蓋を長く閉めっぱなしにしてしまい、開けたら中身が全部飛び出し、天井まで飛んで大変な事になった様です…😨💦


美味しい酢が出来たので、ドレッシングを作って、とりあえずレタスにかけて試食してみました。




シンプルなフレンチドレッシングで。
子供達が味見したいとお皿を持っていき、凄い勢いで食べて、今まで食べたドレッシングでこれが1番好きと言っていました…。





自家製ビネガーで、ドレッシングを手作り…
★ドレッシングの作り方

まさか宿題(?)で、酢を作ることになるとは…という感じですが、なんだ、こんなに簡単なのか…と逆にびっくりしました。

よろしければ是非やってみてください。😉


じょうご 漏斗
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロート12 じょうご 漏斗 液体
価格:143円(税込、送料別) (2021/10/16時点)


ざる ストレーナー


動画でわかりやすく☆

それではまた。



にほんブログ村 料理ブログ フランス料理(レシピ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


フランス料理ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ポム・ドーフィーヌ -Pommes Dauphines

2021-11-11 19:25:00 | フランス料理/作り方とレシピ/les cours de cuisine
みなさんこんにちは。
今回は、ポム・ドーフィーヌpommes dauphinesというじゃがいも料理を紹介します。

これは、シュー生地とじゃがいものピューレを合わせた料理で、肉料理などの付け合わせの定番です。

揚げたり、オーブン等で焼いたりして食べますが、本来の作り方は揚げて作ります。


ポム・ドーフィーヌ

⚫︎じゃがいものピューレ用
【材料】
じゃがいも 500g
バター 30g
牛乳 50〜75(ml)cc 
塩(じゃがいもを茹でる用)
塩 小さじ1/4〜1/2
胡椒 適宜
ナツメグ(あればお好みで)適宜

⚫︎シュー生地用
【材料】
無塩バター 90g
水(または牛乳) 200cc(ml)
卵 180g(目安は卵3〜4個位)
小麦粉 120g
塩 2g (自然塩で小さじ1/2位)

⚫︎その他
【材料】
手につける小麦粉 適宜(半カップ程度)
揚げ油 適宜

【作り方】
じゃがいものピューレを作ります。


シュー生地を作ります。


③ ①②を混ぜ合わせます。




④ 手に小麦粉をつけて③をボール状に丸めていきます。粉に直接ボールを入れてまぶしても可。
形はお好みで俵形にしたり、二つのスプーンで掬って形を整えて油に落とすなど、やりやすいようにやってみてください。


⑤ 植物油を180度位に熱し揚げていきます。色がはやく入りすぎたら、火力を少し弱めます。


⑥ クルクルひっくり返しながら揚げ、全面に色が付いたら取り出します。


⑦ 軽く塩を振ったり、ケチャップやマヨネーズ、ディップなどを添えて熱いうちにたべます。


★じゃがいものピューレ、作り方

★シュー生地、作り方

♡ポム・ドーフィーヌにつけると美味しいソース類♡↓

★自家製マヨネーズ作り方

★タルタルソース

★フロマージュ・ブランのディップソース

スパチュラ へら 耐熱
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウィズシリコンゴムヘラ(大)
価格:924円(税込、送料別) (2021/11/7時点)


出来上がりは本当にピューレとシューの中間という感じになります。


ピューレやシュー生地が余った時でもいいですし、是非気軽に作ってみてください♪


動画でわかりやすく☆
それではまた。


にほんブログ村 料理ブログ フランス料理(レシピ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


フランス料理ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シュー生地 & シューケット

2021-11-04 19:35:00 | フランス菓子/作り方とレシピ/les cours de patisserie
みなさんこんにちは。


今回は、シュー生地 -pâte à choux の作り方の紹介とその生地でシューケット -chouquettes を作ります。

シュー生地は、ほとんど甘くなく、材料少なく気軽に作れて、お菓子にも料理にも使える生地なので、覚えておくと便利です。

シューケットはフランスの定番おやつ。大人も子供も大好きです。中に何も入れず、パールシュガー(あられ糖)をふりかけて焼いてあります。
パールシュガーはワッフルなどにかかっている粒の大きい砂糖です。


シュー生地 pâte à choux 

【材料】
無塩バター 90g
水(または牛乳) 200cc(ml)
※もしくは水+粉乳poudre de lait 20g
卵 180g(目安は卵3〜5個位)
小麦粉 120g
塩 2g (自然塩で小さじ1/2位)
砂糖 3~4g (小さじ1位)

※粉乳を使う場合は小麦粉と一緒に入れてください。

【作り方】
①卵を溶いて計っておきます。

②鍋にバター、水(または牛乳)、塩、砂糖を入れ沸騰してくるまで熱し、さっと混ぜます。(中火程度)




③鍋を火からおろし、小麦粉を一度に加え、混ぜます。


④よく混ざったら再び火にかけ、熱しながら混ぜます。
(鍋肌からスッと剥がれる感じになるまで)


⑤また火からおろし、混ぜながら少しずつ卵を加えていきます。しっかり混ざれば生地は完成。



続いてこの生地でシューケットを作ります。

シューケット
【材料】
シュー生地の材料 
卵黄 適宜
パールシュガー(あられ糖) 適宜

【作り方】
①絞り袋に口金(直径1〜1.5cm位のもの)をつけ、生地を入れます。


②天板に油を塗るかクッキングシートなどを敷き、口金部分をクルッと回すようにして絞っていきます。
(シュークリーム用などより小さく、直径3cm程度目安)




③指に水をつけ、飛び出たところをならしたりして形を整えます。


④表面に卵黄を塗ります。


⑤パールシュガーsucre perlé/sucre en grain を振り掛けます。


200度くらいに熱したオーブンで
30分位焼きます。最初15分位200度、その後175〜180度
くらいに下げて15分位焼くといいです。(オーブンや、分量により違いがあるので途中でよくみながら調節してください。)


出来上がり♪



⚫︎パールシュガー、ワッフルシュガー、あられ糖


⚫︎絞り袋 使い捨て
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

使い捨て絞り袋ヨーロッパM 10枚入
価格:550円(税込、送料無料) (2021/11/4時点)


⚫︎丸口金
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\ポイント5倍★11日1:59迄/ cotta 丸口金 11mm
価格:273円(税込、送料別) (2021/11/4時点)


★絞り袋を使って、ラングドシャ

絞り袋が無ければポリ袋で代用出来ます。口金も無し。
微妙な形は取りづらいけど出来ますので、道具がなくてもやってみてください。


そこにマチの無いタイプを使ってね。
詳しくは動画でも説明しているのでよろしければどうぞ。(4:20秒辺りから)※下の方に動画貼ってあります。


シュー生地(パータシュー)は16世紀にカトリーヌ
・ド・メディシスに仕えていたポペリーニという
イタリア人の料理人により偶然発明されました。

その後少しずつ変化をしながら、時を経て、
アントナン・カレーム(1784-1833)という
フランス人パティシエにより現在のような
シュー生地が完成されました。

難しそうなイメージもありますが、気軽に
作れるので、是非作ってみてくださいね。


動画でわかりやすく☆


いつもありがとうございます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

かぼちゃの濃いスープ/ ヴルーテ—Velouté de Potimarron

2021-10-30 20:00:00 | フランス料理/作り方とレシピ/les cours de cuisine
みなさんこんにちは。

今回はかぼちゃを使ってヴルーテを作ります。ピューレ状の濃いスープ
になります。

今回私が使っているのは、ポティマロンPotimarron という西洋かぼちゃですが、日本のかぼちゃでもいいですし、お好きなかぼちゃを使ってください。



【材料】
かぼちゃ 1個
玉ねぎ 大1個、小なら2個位
にんにく 1片
バター 大さじ 2位
(オリーブオイルでも可)
コンソメ、ブイヨンキューブ 1個
(粉末なら小さじ1〜2)
塩 小さじ1位
胡椒 適宜


★飾り、トッピング用
(お好みで)

パセリなどのハーブ 
1人あたり刻んで大さじ1/2〜1
クレーム・フレッシュや生クリーム
1人分 大さじ1〜2
クルトン 適宜
ポーチドエッグ 1人あたり1個

【作り方】
①かぼちゃは洗って半分に切り種を取り小さめに切ります。



②玉ねぎにんにくはスライスします。


③中火か弱中火に熱した鍋に、バターまたはオリーブオイルを入れ、にんにく、玉ねぎをシュエ(汗をかくという意味で水分が出るまで炒める)します。飴色にする必要はないです。


④ ③にかぼちゃを入れ炒め、全体に馴染んだら具が被るくらいに熱湯を入れます。半分くらい牛乳にしたり、生クリームを入れてもいいです。(30〜50cc程度が目安)



⑤ 塩胡椒、コンソメやブイヨンのキューブ(粉末のものも◯)を入れ、茹でます。


 だんだんアクが出てくるので掬い取ります。かぼちゃが崩れやすくなるまで煮ます。


⑦ハンドブレンダーで鍋ごとかぼちゃを潰します。(ミキサーでもいいです)漉し器で手で裏漉しもできます。




⑧味を見て薄ければ塩を足し、水分量も少なければ足し、そのままもしくは更に温めて盛り付けます。


⑨トッピングにクレーム・フレッシュ(サワークリーム)や生クリーム、パセリなどのハーブ、クルトン、ポーチドエッグなど、お好みのものを乗せて出来上がり☆






★自家製クルトンの作り方

★ドライハーブの作り方

★ポーチドエッグの作り方



ヴルーテとは、仔牛や鶏のフォンや、魚のフュメをルウでつないだソースをさす場合と、肉、魚、野菜などをコンソメで煮て漉し、卵黄、クリーム、バターなどを加えたポタージュ(スープ)を指す場合があり、こちらはポタージュの方です。



かぼちゃを皮ごと使うので、作るのも楽な上に栄養も豊富です。
切るのが硬すぎて大変ならかぼちゃを丸ごとレンジに2〜3分かけるとやや切りやすくなりますよ。


動画でわかりやすく☆


それではまた。

にほんブログ村 料理ブログ フランス料理(レシピ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


フランス料理ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フォンダン・オ・ショコラ -Fondant au chocolat

2021-10-27 17:05:00 | フランス菓子/作り方とレシピ/les cours de patisserie
みなさんこんにちは。

今回は、チョコレートのお菓子、フォンダン・オ・ショコラを紹介します。
半焼き(生焼き?)状態で中がとろっとした状態で食べます。
焼き加減はあくまで好みなのである程度ちゃんと焼いてある方が好きな方は焼き時間長めで。
できるだけとろとろにしたい方は短くします。


【材料】
ブラックチョコレート 100g
無塩バター 50g
砂糖  65g
卵        2個
小麦粉 30g
(薄力粉や中力粉など。コーンスターチなどのグルテンのないものでもいいです)

【作り方】
①チョコレートは細かく刻み、バターはある程度小さめに切っておきます。

②ボールに卵を割り入れ、砂糖を加えて混ぜます。泡立てるのでは無く、よく混ざればOK。



③別のボールにチョコレートを入れ、湯煎で溶かす、ある程度溶けて来たらバターを加え混ぜ合わせて滑らかにする。




④ ③を②に加え、混ぜる。


⑤ ④にふるった小麦粉を入れ混ぜ合わせる。




⑥ ⑤の生地を、バターを塗り、小麦粉を振った型に入れて200〜210度のオーブンで焼く。




※焼き時間は、200〜210度のオーブンで、中をトロトロにする場合は7〜8分位、火を通してケーキっぽくしたければ12〜13分を目安に、その間で調節してください。


オーブンや型の大きさで微妙に変わって来るので、目安にして最初はいろいろ試して好みの焼き時間を見つけてくださいね。

型は、マフィン型やアルミカップ、ココットなどで一人分サイズで作るのがおすすめです。
耐熱のマグカップなどでもいいです。
大きい型で焼く場合は、ある程度なかも火が通らないと切り分けられ無いので、長めに焼いてチョコレートケーキ感覚で食べるのがおすすめです。よく焼いても美味しく、別のお菓子のようになるので、便利なレシピです。


アングレーズソース/クレーム・アングレーズを添えるととても美味しいです。

★クレーム・アングレーズの作り方

こちらはチョコレートのパウンドケーキ。
★ケーク・オ・ショコラ

マフィン型



アルミカップ 業務用


少ない材料で、サッと作れる時短のお菓子です。
是非作ってみてください♪


動画でわかりやすく☆

それではまた。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アッシ・パルマンティエ -Hachis Parmentier

2021-10-24 15:43:00 | フランス料理/作り方とレシピ/les cours de cuisine
みなさんこんにちは。

今回は、アッシ・パルマンティエ -Hachis Parmentier という料理を紹介します。

玉ねぎなどと炒めた挽肉の上にじゃがいものピューレを乗せたグラタンです。

※じゃがいものピューレは過去記事を参照してください。


★アッシ・パルマンティエ

⚫︎下に敷く肉用
【材料】
牛挽肉(合い挽き肉でも可) 400g位
にんにく 1片
玉ねぎ 1個(小さければ2個)
人参1/4本位
白ワイン 40〜50ml (cc)
トマトピューレ 40〜50ml(cc)
塩 小さじ1/2位
胡椒 (好みで)適宜
パセリ等のハーブ 刻んで大さじ1位/ドライなら小さじ1位
バター(炒め用大さじ1位/仕上げ用大さじ1〜2)
パン粉(仕上げ用) 大さじ1〜2


じゃがいものピューレ(マッシュポテト)用
【材料】
じゃがいも 500g
バター 30g
牛乳 100(ml)cc
塩(じゃがいもを茹でる用)
塩 小さじ1/4〜1/2
胡椒 (好みで)適宜
ナツメグ(あればお好みで)適宜
パセリなどのハーブ(飾り用、あればでOK)適宜

【作り方】
① にんにく、玉ねぎをみじん切り、にんじんは5mm〜1cm程度の角切りにします。




② 弱中火ほどに熱したフライパンにバターを溶かし、①を順々に入れ炒めます。


③ 玉ねぎに透明感が出て色づいて来たら挽肉を加えて炒めます。


④ 塩、胡椒、白ワイン、トマトピューレを加えて炒めます。


⑤ ハーブを加え、水分がある程度飛ぶまで炒めて火を止め、グラタン皿などに取り出します。



⑥ 平らに慣らしてマッシュポテトを乗せてまた平らに慣らします。


⑦ パン粉を振りかけ、小さく薄く切ったバターを数カ所に散りばめ、190〜200度位のオーブンで30〜40分くらい焼き、出来上がり。


※焼き色が付けば中は既に火が通っているのであまり気にせず取り出します。



マッシャー ティファール

グラタン皿 楕円


計量カップ


ピューレの動画でも出て来た、18世紀にフランス軍に雇われていた薬剤師兼栄養士のアントワーヌ・オーギュスタン・パルマンティエによって初めて作られたようです。

18世紀当時じゃがいもは塊茎が危険であるといわれ、動物飼料のためだけに使われていたのですが、パルマンティエのじゃがいも料理の普及で人々に食されるようになりました。

アッシ・パルマンティエのアッシは、細かく刻んだもの、この場合挽肉のことで、パルマンティエはもちろん発案者のパルマンティエ氏から来ています。


市販の1人分サイズのお惣菜で売られていたりもしますし、とても日常的な一品です。

是非作ってみてください。


動画でわかりやすく☆
それではまた。


にほんブログ村 料理ブログ フランス料理(レシピ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


フランス料理ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワインの国の手作りぶどうジュースの作り方。

2021-10-17 17:17:00 | 飲み物(作り方、飲み方)
みなさんこんにちは。

今回は、娘がフランスの小学校で習って来た、ぶどうジュースの作り方を紹介します。

とはいえ、学校では2人1組で桶に入れたぶどうを足踏みして潰したのですが、動画では手で潰しています。😆

【材料】
ぶどう(種類はお好きなもので。種ありでも無しでも可)
1〜2kg
(ジュースにするとかなり減るので、出来るだけ多めに用意してください)

【作り方】
① ぶどうを洗い、ある程度の小さい房に切って、一粒ずつ取り外します。(小さい粒なら硬い枝などだけざっと外してください)





② 大きめのボールや桶、バケツなどに入れたぶどうの粒を潰します。手をグーにして押したり、手の腹を使って押し潰します。



③ 時間はかかりますがしっかり潰して、潰れていない粒がないか確認して、パソワール(ざる/ストレーナー)などで漉します。





④ 上から押さえてしっかり果汁を絞ります。(ガーゼや手ぬぐいで絞ってもいいです)



⑤ すぐ飲む場合はコップに注ぎ、保存する場合はビンなどに移して冷蔵庫へ。(期間の目安は3〜4日程度)



※手でも足踏みでもできますが、よく洗ってください。手袋をしたり足にビニール袋などを被せても出来ます。

娘が学校で足踏みで作ったジュースを持って帰って来て、先生から発酵させてぶどう酢にしてねと言われて来たので、挑戦中…。





(成功したら)また書きます。

ぶどうはベリー系(イチゴやフランボワーズ、ブルーベリー、カシスなど)とよく合うので、それらと併せてミックスジュースにしてもおいしいです。
りんごや桃なども合います。

★じょうご 漏斗

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロート12 じょうご 漏斗 液体
価格:143円(税込、送料別) (2021/10/16時点)


★ざる ストレーナー

☆フランスの幼稚園で習うお菓子によく使われるヨーグルトケーキ

☆ガトー・オ・フロマージュ・ブラン


手作りのジュース、味も濃くて美味しいので、そのまま食べるには少し熟れすぎたり、買ってから日が経っているぶどうがあったら、是非やってみてください。



動画でわかりやすく☆


それではまた。




にほんブログ村 料理ブログ フランス料理(レシピ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


フランス料理ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする