ひと対ひと。すべては楽しみながら。

仕事も遊びも、男も女も、昼も夜も。すべて『人と人』!
楽しみながら、単純に。できる事からやろうよ。^^江浦誠、57歳。

賑やかなうちに。

2018-07-12 01:26:58 | Weblog


http://amakusa-club.com/





第43回『天草倶楽部』。今回も賑やかなうちに終了しました。

今回の講師の先生は、 ”菅乃屋”料理長であり、新中谷調理師会会長の濵﨑照久さん。


濵﨑先生を応援してくださっている先輩方や、お嬢さん達も駆けつけてくださり、
今回のこの空間には総勢21名でした。

龍ヶ岳町高戸から水産高校を経て、料理人の道へ。
ヤンチャな若い頃のお話しから、現在に至るまでをお話しくださいました。

必死に修行に励み、次から次へ技術を身に着け、年に3回の昇給を勝ち獲ったお話しや
その時々の技を、次代へ伝えるために自分で手作りの教本を作り、手ほどきしたお話し等々。

寝る間も惜しんで練習に練習を重ねたお話しには凄みさえ感じさせました。




今回のこの機会を知り、30年ぶりの再会を楽しみに参加してくださった方があったり、
小学校・中学校を通して身近で見て来た異性の後輩の方は『力をもらった。』と称賛の声。



濵﨑先生のお話しが終わり、真っ先に手を挙げ、あまりの感動に、
『発せずに居られなかった。』と、涙ながらに感想を述べられた方が居られました。

そんな姿を見ると、『今日も開催出来て良かった。』と実感します。
サッカーの長谷部キャプテン風に言うなら、
“99%の満足感と1%の後悔” を感じる瞬間です。








そして今回は、2部で、『森国久顕彰会』事務局の方々にもお越しいただき、
森国久氏の次女でもある石井純子さんに、森国久氏のことをお話しいただきました。

60年前を一気に駆け抜け、48歳で亡くなった森国久氏の功績。
現代の方々にぜひ知って欲しい事ばかりなんです。

私も、森国久顕彰会の一員として、様々なところに告知活動をしています。



次の10月11日(木)もどんな感動が待っている事でしょう。



今日も楽しみながら♪










地方創生に駆けた男―天草架橋・離島振興に命を賭した森國久
クリエーター情報なし
熊本出版文化会館

 

地域創生 成功の方程式 ―できる化・見える化・しくみ化―
クリエーター情報なし
ぎょうせい

 

☆私も書いてます☆

   ↓↓↓

  夢を形に・起業家たちの人間力―かなり不揃いの起業家たちVol.6
中尾 吉宏
本の泉社

このアイテムの詳細を見る
コメント