山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

金井山城②

2017-07-12 18:55:48 | 山城ー信州
三の丸から本丸へ


大岩の堀切

大岩を登ると、この通路の岩の間を進み

三の丸



三の丸は岩に囲まれた上に一郭をなしています。

縄張り図は「信濃の山城と館2」更埴・長野編

本丸西下の大堀切

縄張り図では曲輪1を二段に分けていますが、これは二の丸ではないかと思います。

石垣の東上に本丸

本丸、草に覆われていますが、冬であれば全体が見られると思います。
次回 寺尾城


金井山城について
長野電鉄金井山駅の裏手、松代の東北に半島のように突き出た金井山山頂にある。長野市松代町柴。南北に2つの郭が並び、細長い山の背を利用した山城で、寺尾氏の家老だった金井氏の砦と伝わる。
 川中島合戦のころは、南側にある寺尾城とともに尼厳城の出城に利用され、海津城が築城されてからは、その東北を固める役割を果たした。かつては千曲川が金井山の先端部を巻くように流れ、南東には大室(おおむろ)から松代に通じる可候(そろべく)峠が通っていた。麓には金井池、牛池など旧流域の名残をとどめる池沼がある。
 昭和の初めには遊園地もあったという金井山公園の展望台からは、千曲川の流れと対岸に古戦場一帯が広がり、北信濃五岳(飯縄山、戸隠山、黒姫山、妙高山、斑尾山。諸説ある)などが見渡せる。手前の千曲川堤防には「山本勘助の墓」の場所も確認できる。幕末、公武合体派の開国論者・佐久間象山(さくま・ぞうざん、しょうざん)はこの地を訪れ、「萬景指顧にあり」とその眺望に感嘆し、立ち去ることをためらったという。平和観世音像、お不動さん、御岳神社の霊神碑などが建ち、大室古墳の遺跡などもある。 長野市「信州・風林火山」特設サイトより
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金井山城 | トップ | 寺尾城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。