山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

飯縄城③

2017-10-15 20:11:48 | 山城ー信州
新潟県立博物館へ出かけてきました。



天文23年1555(第二次合戦)と弘治3年1557(第三次合戦)についての史料が多く展示されていました。






飯縄城、北尾根を歩き、曲輪4から曲輪5へ


第五堀切

第六堀切



第七堀切・小曲輪①・第八堀切

空堀と腰曲輪

曲輪②

第八堀切と曲輪③

曲輪④

堀切ケ

曲輪4

曲輪5
この先に竪堀サとコがあったようですが見逃してしまいました。(前回記事 縄張り図参照

小笠原長棟と大日方氏の関係

小笠原長利(大日方長政)が祖とされる。下記はその一説である。
分裂していた小笠原氏を統一した小笠原長棟には子がなく、後継者とするため弟の長利(井川城主の小笠原貞朝の四男であったとされる。)を養子とした。ところがその後、長棟に男子(小笠原長時)が誕生し、長利と長時は不和となった。このため長利は小笠原家を出て、安曇郡広津村大日方(現在の長野県生坂村[注釈 1])に館を構えて大日方氏を称したのが始まりとされる。
大日方長利は香坂忠宗(香坂安房守)を後見人とし、当時小笠原氏とは信濃を二分して対抗する勢力であった村上氏に臣従した。
時期については諸説あって定まらないが、村上氏に従属していた小川氏が背いたため、当主の村上顕国は香坂忠宗(香坂安房守)に命じてこれを討たせた。大日方長利はこれに従軍して小川氏の本拠である布留山城(古山城)(長野県小川村)攻略で功を上げた。これによって大日方氏は小河荘(小川庄)を与えられ、大日方長利は大日方長政と名を改め小川・古山城を本城とした。ウィキペディアより






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飯縄城②

2017-10-14 16:50:24 | 山城ー信州
本丸から南尾根へ、そして北尾根へ


曲輪2、西側に高土居

曲輪2を北から見ています。

堀切エ

浅い堀切を越えて本丸北側斜面

本丸城壁

本丸

本丸南下、南尾根の堀切オ

南尾根、堀切カ

本丸に戻って、北尾根を下ります。

北尾根第一堀切

第二堀切

第三堀切と小曲輪

第四堀切

縄張り図は「信濃の山城と館4」曲輪1から左手下の北尾根を歩いています。

次回 曲輪5へ
「東筑摩郡誌」には小笠原持長の四男遠江守宗則より則長、道長、宗春、と居住する。天文年間民部少輔小笠原閑斎頼貞、当城を守りせしが武田氏の攻めるところとなって陥落せり。」

小笠原頼貞の父小笠原長棟について
林城を本拠とする府中小笠原氏出身。永正元年(1504年)11月に元服。永正9年(1512年)、父の貞朝を師範として弓馬礼法を伝授され、永正12年(1515年)、父の死没に伴い家督を継承する。享禄元年(1528年)、将軍・足利義晴の命を受け上洛する。
智勇に優れた人物で、天文2年(1533年)7月、高遠頼継、知久氏の軍勢を伊那谷に破ると、天文3年(1534年)、対立する伊奈(松尾)小笠原氏の当主小笠原貞忠を打倒し甲斐国に追放し、分裂していた小笠原氏を統一した。また弟の信定を鈴岡城に入城させた。天文8年(1539年)、敵対していた諏訪頼重と和睦するなど、小笠原氏の戦国大名としての基礎と最盛期を築き上げた。
しかし後継の子に恵まれず、弟の長利を養子とした。その後に長時が誕生し、やがて長利と不和となったため長利は小笠原の家を離れ安曇郡に移る。そして小笠原家とは対立関係にあった村上氏配下の香坂氏に身を寄せて大日方氏を称したと伝えられる。
天文10年(1541年)に長棟は出家して、嫡男の長時に家督を譲った。天文11年(1542年)の長棟の死後、8年で信濃小笠原家は武田晴信により滅亡に至った。ウィキペディアより





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飯縄城

2017-10-13 11:07:48 | 山城ー信州
飯縄城は長野県塩尻市中西条にある慈光院の南西の山が城山です。(ただし慈光院の東側は館跡であったそうです)

飯縄城地図

辰野町方面に向かい国道153号線の信号塩尻町を右折して1.2kmくらいに慈光院があります。



慈光院を東に歩くと

屋敷跡地が並び、奥に虎口があります。

縄張り図は「信濃の山城と館4」より、館跡を南に登り進むと中央本線の線路があり、これを渡らないようにするため東側の斜面を登って尾根を目指します。

段曲輪が数段あります。

東尾根を南西に登ってゆくと第一曲輪・第二曲輪があり

第三曲輪

第四曲輪

堀切ウ

次回 曲輪2から本丸へ

城主は小笠原閑斎という武将が居住していたと「信府統記」に記されているとのこと。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妙義山城⑤

2017-10-12 11:00:30 | 山城ー信州
南西尾根へ

鉄塔見晴台へ

峰に着きますと、ここも手が入った地形であるようです。大手を土塁で曲げているように見えます。
土橋



見晴台(鉄塔があります)から見た東西の景色

大堀切

尾根を登り

南西の砦の本丸(丘陵地に見えますが)

西下に西曲輪

西曲輪は空堀で囲んでいます。

西曲輪に立っています。

西曲輪の西下には腰曲輪

鉄塔の先・心念堂の北にも砦を構築して警戒していた事が分かります。

次回 本丸北尾根曲輪群

備中三村氏の戦国期

鎌倉後期~戦国期
移住以降長らく、備中三村氏は星田郷や成羽を支配する備中の一豪族に過ぎなかった(国人化していた)が、16世紀前半に三村宗親が分流である石蟹氏などと対立しつつも徐々に勢力を伸ばした。
息子家親の代には毛利氏の後ろ盾を得て備中をほぼ統一し、備前や美作においても部分的に勢力下・支配下におさめ、戦国大名として名を轟かせる。
その後も家親は備前や美作へのさらなる勢力拡大を図るが、1566年には鉄砲に精通した阿波出身の遠藤兄弟を利用した宇喜多直家によって暗殺されてしまう。
家親の死後、宇喜多氏との兼ね合いもあって、庄氏一部の叛乱を許すなど一時三村氏は衰退するも、勢力を盛り返した。しかし、三村氏不倶戴天の敵である宇喜多直家と毛利氏が(吉川元春の強固な反対を押し退けて)安国寺恵瓊・小早川隆景の仲立ちによって同盟関係を結んだことに端を発する1575年の備中兵乱において、毛利氏に攻めに攻められて(宇喜多氏は備中兵乱最後の山場である備前常山城攻めなどで、辛うじて僅かに出兵したのみであった)、家親の子・元親は自害。戦国大名としての三村氏は滅亡した。
元親に近い血筋の者は毛利方についた三村親成などの係累を除き、因幡・阿波・讃岐等各地に落ち延びていった。二松学舎大学創立者で皇室への出入りのあった漢学者三島中洲(毅)を初めとして、三村氏の子孫を称する家系は備中地域などに少なくない。 weblio辞書より




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妙義山城④

2017-10-11 18:54:20 | 山城ー信州
私は多趣味な方で、今回は将棋のイベントを紹介します。

お知らせ
 臨江閣が対局場です。
 
 〇11月4日(土)・5日(日) 第30期竜王戦七番勝負 第3局前橋対局が開催されます。挑戦者は羽生善治二冠・第29期竜王 渡辺明
 臨江閣 前橋市大手町3-15-3 TEL 027-280-6511 費用その他を問い合わせてください。 
 
臨江閣とは
 臨江閣は近代和風の木造建築で、全体は本館・別館・茶室から成り、本館と茶室は県指定、別館は市指定の重要文化財となっています。
 本館は明治17年9月、当時の群馬県令・楫取素彦(かとり もとひこ)や市内の有志らの協力と募金により迎賓館として建てられました。また茶室はわびに徹した草庵茶室で、京都の宮大工今井源兵衛によって明治17年11月に完成しました。
 別館は明治43年一府十四県連合共進会の貴賓館として建てられた書院風建築です。
 


臨江閣地図

心念堂の砦

本丸から北尾根を下ります。

ここが砦であることを証明するため、細かく写真を紹介してゆき、これを文化財課に見てもらい、新たに縄張り図に加えてもらえるようお願いします。北曲輪と土塁

北曲輪の北虎口

北虎口の北下の土橋

細尾根がつづき城域、東斜面に畝状阻塞

本丸に戻って

尾根を下ると、土塁に囲まれた曲輪(本丸南下曲輪)であると発見しました。登ってきたときは分かりませんでした。

南下曲輪から西斜面に大きな竪堀

心念堂の砦、第二曲輪

前回記事と同じ、第一曲輪

分岐に向かうため戻ってきています。前回記事の土橋を下から見上げると景色が全く異なります。

第二土橋

北西尾根の虎口

尾根を戻って来て

第一土橋

この分岐に戻り、鉄塔へ向かいます。(南西尾根)

北西尾根から心念堂の砦、また南西尾根に歩かれた方は少ないと思います。秋も深まって登城してみてはいかがでしょうか。

備中三村氏と信濃三村氏
備中三村氏
発祥期~備中西遷
もともとは常陸国筑波郡三村郷の開発領主もしくはその縁者と思われ、鎌倉幕府の一御家人に過ぎなかった[3]。『吾妻鏡』には、暦仁元年(1238年)に将軍藤原頼経上洛に隋兵した三村親泰や、建長5年(1253年)の椀飯行事で「四の御馬」を曳いた三村時親など、「親」を通し字とする数名の三村氏が既に確認できる。
伝承によれば、小笠原長経三男の長時(「長持」とする小笠原系図も一部にあるが、写本時の誤記であろう)が筑波郡三村郷に移り、その子・親時の頃より三村氏を称したという(とはいえ、三村氏を称した時期については諸説ある)。
三村郷には長時の叔父にあたる小田五郎清家がいたとされ、その関係で長時は三村郷に縁が出来たのではないかとも言われる。
三村郷を苗字発祥の地とする長時の子孫は、承久の乱後に信濃国筑摩郡洗馬郷(せばごう、せまごう)の地頭(いわゆる新補地頭)になったとされる(信濃三村氏)。この係累は後庁氏など分流を派生しつつ、以後小笠原氏家臣・武田氏家臣として、信濃を中心に一定の活躍をみた。
その信濃三村氏の一流が鎌倉時代後期までに備中星田郷の地頭(新補地頭)となって当地に移住したことにより、備中三村氏の歴史が始まる。weblio辞典より








コメント
この記事をはてなブックマークに追加