山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

山崎城②

2017-11-01 19:20:55 | 山城ー武州
二の丸へ


二の丸

二の丸東側に土塁と二つの虎口

東側の空堀

二の丸北側先端部から空堀を見ています。

空堀の外側から二の丸を見ています。

三の丸から(仮に)二の丸城壁を見ています。
三の丸(仮に)

三の丸北側虎口

管理棟、土塁にも見えます。

公園から延長して空堀が北へ伸びています。

疎林地帯にある空堀



古鎌倉街道が走っていたとすれば、ますます武田氏か上杉氏の陣城ではないかと思われます。


長尾景虎の越山

 上杉憲政を庇護した景虎はその要請を入れて、永禄三年(1560)秋、憲政を擁して関東へ出陣した。このとき、それまで北条氏康に従っていた成田長泰ら関東の諸将は景虎のもとへ参陣し翌四年の小田原城攻撃に加わった。このとき、謙信は上杉陣営に来属してきた関東の武士の氏名と陣幕の紋を書き上げた『関東幕注文』を作成した。
 そのなかに、武州衆の統率者として成田下総守すなわち長泰と一族、配下の幕紋が記録されている。それによれば、成田氏は「武州之衆」を率いる大名として把握され、成田下総守「月ニ三引りやう」を筆頭に親類の同尾張守・同大蔵丞の「三ひきりやう」、ついで、同越前守・田中式部少輔・野沢隼人佐・別府治部少輔・別府中務少輔らが「同紋」とされ、以下、須賀土佐守「二かしらのともへ」、鳩井能登守「かたくろ」、本庄左衞門佐「団之うちニ本之字」、山田豊後守「かたはミ」、田山近江守「かたはみ」などが記され、成田氏の勢力の大きさがうかがわれる。
 一方、景虎の陣に加わった長泰に対して氏康は「成田下総守、年来の重恩を忘れ、度々北条の誓句血判の旨に背き、忽ち逆心を企つ事、誠に以って是非なく候」と厳しい批判の言葉を述べている。たしかに氏康にしてみれば、謙信に走った長泰の行為は「不忠」そのものであった。しかし、長泰にしてみれば、謙信が山内上杉憲政の跡を継いだ以上、古くからの山内上杉氏との関係からこれを支持するのもまた当然のことであった。しかし、長泰は小田原城攻撃のあと間もなく、謙信から離反し、ふたたび氏康のもとに走っている。
 『相州兵乱記』などによると、長泰の謙信に対する礼の作法が無礼であるとして謙信に扇で烏帽子を打ち落とされたのに腹を立て、謙信を離れ、後北条氏に味方するようになったのだという。事の真相はともかくとして、以後、成田氏が後北条氏に属するようになったのは事実である。
 かくして後北条氏の麾下に属した長泰は、永禄五年三月、謙信が下野佐野城を攻めた時、ただちに北条氏照へ通報し、氏照とともに佐野城救援の軍を出している。翌年、謙信が下野・上野・武蔵などの後北条氏方の諸氏を攻めたときにも、氏康・氏政方に立って謙信と戦った。しかし、永禄五年にいたって謙信の力の前に屈し、氏長の室に太田三楽の娘を迎えている。


山田豊後守が山田城主であったと思われます

次回 栃木県 唐沢山城
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山崎城

2017-10-31 18:40:35 | 山城ー武州
前回記事に縄張り図を掲載していますが、山崎城は森林公園の山田城から北東の花木園周辺になります。歩いて見ますと余湖さんの縄張り図にあるように大きく展開しています。


山田城から丘陵を歩いてゆきますと虎口があります。

土塁に沿って浅い空堀、

堀切

右側の土塁、先には空堀、ここは曲輪と思われます。

土塁を右手に丘陵地を登ってゆきます。(曲輪なのか?)

土塁と空堀が交差しています。

空堀と左手の一段上に虎口

浅い空堀と曲輪

南側空堀

本丸と思われます。

北側の空堀と西側の空堀

東側の空堀と土塁

あるサイトでは山崎城は2ヘクタールとされており、この広大な縄張りが城であれば、南東5kmくらいにある松山城と関係した城である可能性があります。推測ですが松山城を攻略するための謙信の陣城ではないでしょうか?

城主等、その歴史は正確な所はよく分からない。地元の伝承では忍城主成田氏に属した城の1つで、その家臣賛田氏の城であっとか、松山城の支城の1つであったとか言われる。地理的に考えて松山城の支城であったというのは当たっているのかもしれない。
 陣城であるとしたら、低湿地をへだてた東側の谷城、城原城と軍事的対峙関係の中で築かれたものと見ることができる。上杉謙信や武田信玄などによって、松山城は何度となく攻撃されているから、こうした攻城戦に際して陣城が置かれるということもあったであろう。しかしいつのときのものであるかということになると、それを証明するだけの決定的な史料がないというのが現実である。「余湖くんのお城のページ」より


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山田城②

2017-10-30 19:20:56 | 山城ー武州
本丸周辺を詳しく見ます。

本丸も土塁を設けて幾つかに区切っています。

上の写真は、木があるところの土塁でこの写真の本丸を分けています。

本丸西側の土塁

西土塁の外側

西中央虎口

南に向かって武者走りを歩き

南西虎口

虎口の上に、飾りのような土塁が付いています。

南西虎口から南へ廻っていきます。空堀を駆使して守っています。

南側の空堀と外曲輪、土塁が外側にもあり曲輪です。本丸にある縄張り図は本丸を描いたもので、実際は本丸周辺にも曲輪が配されています。

縄張り図は「余湖くんのお城のページ」より

次回 山崎城(森林公園の花木園周辺)

成田氏について
「成田(氏)系図」によると、助隆・助広・助綱と続く。助綱の弟・助忠は源義経に従って功績を得ている。助綱の嫡子・資泰は承久の乱における宇治川合戦で戦死してしまい、嫡子・忠綱が幼少のため、助綱の弟・家助が助綱の養子となって忠綱の補佐を行ったという。[3]
鎌倉幕府滅亡とともに、成田助隆の子孫とみられる秀綱・家綱は所領を没収された。これにより鎌倉幕府御家人の成田一族は没落した[3]。『鹿角市史』[要文献特定詳細情報]によれば、郎左衛門尉家綱は子息とみられる四郎太郎秀綱とともに鎌倉幕府滅亡の際、北条氏と命運を共にしたという。代わって成田氏を継承したのは武蔵七党の一つ丹党の安保氏である。
安保氏は、安保実員の庶子・信員が成田家資(「成田系図」上での家助)の娘を娶(めと)って成田氏と姻戚関係になっており、信員の孫・行員が祖母を通じて成田氏の所領を継承していた。行員の子・基員は成田氏を名乗り、基員からその子・泰員への継承時には成田氏本領である成田郷も所有している。このため、安保氏庶流の一族が姻戚関係によって没落した御家人成田氏の領地や名跡を継承していったとみられ、成田系図上は鎌倉期から一貫して続いている戦国時代の忍城主成田氏は、実は安保氏系だと考えられている[6]。泰員は白旗一揆に参加するなどしているが、応永2年(1395年)に播磨国須富荘北方[注釈 2]を祇園社へ寄進した記録以降、成田氏の活動は見えなくなる。[3]
成田氏の菩提寺たる龍淵寺の開祖とされるのが成田五郎家時で、中興の祖と伝わる。後世の軍記では家時の嫡男は早世し、次子で跡を継いだ資員は暗愚であったといい、資員の子・顕泰が幼くして継いだという。しかし家時や資員の名は後世史料にしかみえず、同時代史料では確認できない。[3]
室町時代後期(戦国時代)に山内上杉家の家臣として活躍した成田顕泰またはその子・成田親泰は、児玉氏、忍氏などを滅ぼすなど勢力を広げ、忍城を中心に成田氏の最盛期を演出した。しかし上杉顕定の死後の上杉家家督争いで上杉顕実に味方して敗れ、勢力を衰退させた。顕泰の孫の成田長泰は弱体化した山内上杉氏を見限り後北条氏、ついで上杉謙信に仕えたが、謙信の不興を買ったため再び後北条氏に寝返るなどめまぐるしい動きを見せた。長泰の子の成田氏長の代には小田原征伐で後北条氏に味方し、一時所領を失った(忍城の戦い)。だが氏長の娘甲斐姫が豊臣秀吉の側室として寵愛を受けるなどの幸運にも恵まれ、大名として返り咲き下野国烏山を領した。氏長の跡は弟の成田泰親が家督を継承し関ヶ原の戦いの後は徳川氏に属したが、その子の代に後継者争いが起きたため改易となった。子孫は御家人、次いで旗本となった。
なお、室町時代後期から戦国時代初期の成田氏に関しては近年の研究により、「成田系図」記載の生没年が同時代史料にみえる成田当主の名と合わないと指摘され、実名の比定が成田系図によっていた顕泰・親泰の頃の業績にずれがあるとする説が出されている。[3]
忍城築城主は、築城年代が忍周辺の領主が岩松氏から成田氏に代わった文明年間と考えられ、「成田系図」生没年から推測して顕泰の築城とされたが、同時代史料の「文明明応年間関東禅林詩文等抄録」から文明11年(1479年)時点で忍城は存在したと指摘され、築城はその前になるため築城主は抄録にみえる顕泰の養父・正等とする説が提示された。 没年に関しても、顕泰の没年は成田系図での没年・天文16年(1547年)ではなく、系図で親泰の没年とされる大永4年(1524年)で、その親泰の本来の没年は天文14年(1545年)とする説もある。ウィキペディアより





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山田城

2017-10-29 17:59:37 | 山城ー武州
山田城は埼玉県滑川町山田にある森林公園内にあります。

山田城地図


公園入り口にある案内板
園内の南に歩くと、ここに着きます。しかしここは虎口ではないようです。散策用に作られた入り口と思います。

周囲を浅い空堀を巡らしています。南東に位置しています。

西南の堀

本曲輪

北東に配されている土塁

本曲輪にある説明板

南東にある虎口、構えから北条流を想起します。

角度を変えて、南東虎口を見ています。

虎口を補助する空堀

次回 山崎城

山田氏の主家成田氏について
成田氏は、一説に藤原道長の後裔式部大夫任隆が武蔵国の国司として幡羅郡に住み、任隆の子助広が成田太郎を称したのが始まりという。しかし、そのようにいわれるだけで史料的な裏付けがあるわけではなく、厳密なことはわかっていない。成田氏は北武蔵の一隅の小さな在地領主から次第に成長していったことは間違いなく、藤原氏に連なる系譜は後世の付会の説というべきであろう。
 ちなみに、武蔵七党横山党系図によれば、横山資孝の子の成任が成田を称したとある。そして、「成田系図」には助高を成田大夫とし、その子に成田太郎助広、別府氏の祖である別府二郎行隆、奈良氏の祖である奈良三郎高長、玉井氏の祖である玉井四郎助実の四人が記されている。この四人は「武蔵七党系図」にみえる資孝の子の成田成任・箱田三郎・奈良四郎・玉井資遠に該当するものと思われるが、これも相違があって断定することは困難である。しかし、在地武士と思われる成田氏は、武蔵七党にみえる成田氏の子孫と考えるほうが自然なようだ。
 いずれにしても、系図上の人物ではっきりしてくるのは助隆からで、助隆がはじめて成田氏を名乗っており、助隆が成田氏の初代として考えられている。この助隆から親泰までは居城を上城に構えており、親泰が文明年間(1469~87)に武蔵七党の一つ児玉氏を滅ぼし、忍城に本拠を移したといわれる。助隆の孫助忠は源義経に従って一の谷の合戦で名を挙げ、助綱は奥州征伐に従って功があり陸奥国鹿角郡内で勲功の地を与えられた。成田氏は鎌倉幕府創業期、御家人として活躍し、「承久の乱」にも幕府方として参加した。乱後、和泉・出雲両国内で新補地頭に補任されたことが『出雲大社文書』『田代文書』などから知られる。
 元弘の変(1333)で鎌倉幕府が滅亡し建武新政が成立したが、それも新政府の失政が原因で崩壊したのち、成田氏の嫡流は本領成田を没収され庶流に預けられた。これは、新政崩壊後の南北朝の内乱期に際して、嫡流成田氏が南朝方に属していた結果と思われる。武家家伝より



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青鳥城

2017-10-28 20:16:01 | 山城ー武州
青鳥城は埼玉県東松山市石橋にあります。

青鳥城地図

東松山ICから国道254号線を西に900mくらい進み、右手に青鳥城があります。


民家があったのか、道はその間を進みます。

奥へ進むと城壁が見えてきます。

大手であった感じに見えます。青鳥城碑

本丸(単曲輪)

以前に訪れて、写真を撮り溜めてあったものですので、思い出しながら紹介しています。南から本丸を見ています。

本丸東側の城壁

東側の水堀、本丸周囲を囲んでいます。
北側土塁

鬼門なのか神社があります。

本丸北側の土塁を見ています。

縄張り図は「余湖くんのお城のページ」より、三の丸は民家などで消滅しています。


青鳥城について
築城の年代は現在不明であるが、『太田道灌状』には文明12年(1478年)に、扇谷上杉定正と太田道灌が青鳥に在陣したという記述があり、この頃には城(あるいは城の原型となるもの)はあったと推定されている。             
1560年代前半の松山城の攻防戦では、北条氏康方の城として機能したと思われる。なお、永禄2年(1559年)に成立した『小田原衆所領役帳』には狩野介が比企郡青鳥に、久米新左衛門が松山筋石橋にいたとしており、この頃の城主はこの二人のうちのどちらかであると考えられている。
その後、廃城になる。
天正18年(1590年)、豊臣秀吉による小田原征伐において豊臣氏方の前田利家・上杉景勝らが後北条氏方の松山城を攻める際、前田利家は廃城となっていた青鳥城跡に陣を置いた。ウィキペディアより






コメント
この記事をはてなブックマークに追加