山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

西明寺城③

2017-09-23 09:37:43 | 山城ー野州
北尾根へ

本丸に戻り

本丸北側

土塁があり

本丸北曲輪と虎口

北尾根第一虎口

北尾根第一曲輪

第二虎口

立ちはだかる城壁を迂回して第三曲輪

驚くほどの段差を持った虎口

第四曲輪に立って、城壁を見ています。

北尾根はまだまだ続きます。

縄張り図は「関東の名城を歩く 北関東編」著者峰岸純夫氏・齋藤慎一氏 図を見ると林道から外れた北の遺構には行っていません。また、本丸西の曲輪bからの南尾根も未踏査でした。

益子氏を滅ぼした宇都宮国綱
天正4年8月7日(1576年8月30日)、父・広綱の死とともに宇都宮氏22代目を継承する。しかし、年少であったことと父の死に付け込まれて、壬生氏や皆川氏などの国内の反対勢力が活発化した事もあり、後北条氏の侵攻がさらに激化することとなった。これに対し国綱は常陸国の佐竹氏や下総国の結城氏、甲斐国の武田勝頼、さらには豊臣秀吉と手を結んで対抗する。
しかし、小田原征伐直前には、鹿沼城、真岡城、壬生城などの周辺諸城が全て北条に寝返っており、国綱は拠点を平城の宇都宮城から山城の多気城に移さざるを得ない状況にまで追い詰められ、施策としては秀吉の出陣を願うのみとなっていた。
天正18年(1590年)の秀吉の小田原征伐に参陣、石田三成の指揮した忍城攻撃などに参加し、下野国18万石の所領を安堵された[注釈 1]。 その後は秀吉に従い、文禄の役にも参陣している。また、秀吉の力を背景に家中の統制を強め[1]、文禄3年(1594年)には豊臣姓を下賜された。
しかし慶長2年10月13日(1597年11月22日)、突如として秀吉の命により改易された。これには諸説あるが、宇都宮興廃記によれば、国綱には継嗣が無かったため、五奉行である浅野長政の三男・長重[2]を養子として迎えようとしたが、国綱の弟である芳賀高武がこれに猛反対し、縁組を進めていた国綱側近の今泉高光を殺害してしまった。長政がそれを恨みに思ったため、その讒言により改易されたとしている。傍証として、慶長2年10月7日の佐竹義宣から父・義重に宛てた書状がある。そこには、宇都宮氏を与力大名とし、姻戚関係もある佐竹氏にも改易命令が出されたが石田三成の取りなしによって免れたことや、「上洛して一刻も早く秀吉に挨拶すべきだが、浅野弾正の検使が宇都宮領の調査に向かっているので、それに覚られないように密かに上洛するように」という三成から指示を受けたことが書かれている。このことからも、宇都宮氏の改易に浅野長政の関与があったことが伺える。ウィキペディア
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西明寺城②

2017-09-22 21:25:43 | 山城ー野州
本丸へ

林道の駐車場右手から大手道

説明版

虎口

曲輪

虎口

本丸

本丸を南から見ています。

本丸を北から見ています。左手に櫓台、さらに南東尾根に下れます。

南東曲輪

下って来て

堀切

南東第二曲輪

戻って来て本丸南城壁を見上げています。
次回 北尾根へ

説明版に登場した益子家宗
益子 家宗(ましこ いえむね、生没年不詳)は、戦国時代の武将。宇都宮氏の家臣。下野国芳賀郡益子城主。本姓は紀氏。受領名は宮内大輔。父は益子安宗、弟に益子重綱か(一族とも)。正式な名乗りは紀家宗(きのいえむね)。
父・安宗は宇都宮氏からの独立を果たそうとして反対する重臣らに幽閉されたため、幼くして家督を継いだ。そのため、加藤大隅守や加藤大蔵少輔ら重臣が執政として一族を取り仕切った。
天正9年(1581年)、隣接する笠間城主笠間綱家と争い、益子の支城である富谷城を結城晴朝の援軍に預け、岩瀬城を加藤大隅守、同大蔵少輔らを守将として笠間勢に備えた。この戦いは2年続き、天正11年(1583年)、結城方からの仲裁を無視して益子に攻め込んだ笠間軍に対して、益子安宗、結城晴朝の軍がこれを撃破するに至った。同年、家宗は下館の水谷氏からの援軍を受けて、益子領内で笠間方の高塩伊勢守の居城となっていた山本古屋城を落とし、さらに真岡郡西の台に進軍し、芳賀高照ら芳賀軍と戦った。さらに天正13年(1585年)、同盟軍であった結城氏の武将羽石盛長が笠間方に内通したため、その居城田野城を攻め落とした。
しかし、益子氏が譜代家臣でありながら宇都宮一門である笠間氏と数度に渡り争ったことに、主君宇都宮国綱の逆鱗に触れるところとなり、主家と対立する。天正17年(1589年)、芳賀高継、多功綱継、塩谷義綱らの宇都宮軍が西明寺城に来襲し城下で激戦となり、ついに敗北し益子領600町の領地は改易となる。家宗は戦死したとも、豊臣秀吉の側近浅野長政の客将になったともいわれる。益子氏の残党は益子重綱を奉じて、なおも宇都宮氏と対峙を続けることとなった。ウィキペディアより






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西明寺城

2017-09-21 11:42:10 | 山城ー野州
西明寺城は栃木県益子町益子にある高舘山が城山です。

西明寺城地図

県道262号線で、西明寺を目指します。西明寺から高舘山に向かう遊歩道があります。

西明寺

お堂の裏に登り道

登り道

登り15分くらいでこの城壁に付きます。

権現平、ここは旧主郭で、高舘山の城址は後から築城されたものと伝えられています。実はこの周辺は曲輪ではないかと思われる個所があり、確信持てず、通り過ぎてしまいましたが前身の城郭があったもので、改めて探索する必要があると思いました。

権現平を後にして

堀切

高舘山へと繋ぐ虎口

ここを登れば林道へ出ます。
林道を西に渡ると
大門口館跡の南曲輪

大門口館跡(林道を西へ行かれる方が少なく、ここを見逃しているサイトが多いです。)

林道に戻り、駐車場(直接、ここに来て登城される方が多く、西明寺から登ってこないと、旧高舘城を見逃してしまいます。

西明寺城の沿革
西明寺城の起源は、西明寺のある高館山に京都から移住してきた紀氏(後の益子氏)が本拠を構えた事から始まった[要出典][3]。
南北朝時代には、『結城文書』に「伊佐中郡御城、西明寺城、当城候」と記されており、関城、大宝城、伊佐城、伊佐中郡御城などと並んで、関東六城の一つに数えられ[2][4]南朝方の最北端の拠点であった[1]。その後、北朝方の攻撃を何度か耐えたが、1352年(正平7年)に関東六城の中で最後に落城した[2]。
戦国時代に入ると、益子氏は一族内で内紛が続発し、衰退への道を歩むことになる。また、主家の宇都宮氏から離反と帰順を繰り返すようになった[要出典]。
1590年(天正18年)[1][5]、業を煮やした主君宇都宮国綱は大規模な討伐を実行し、益子家宗を誅殺して益子氏の領地を没収した。この際に廃城となる ウィキペディアより




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村上城④

2017-09-20 09:49:25 | 山城ー野州
本丸南下の遺構


本丸南虎口

お宮のある曲輪

その脇に二の丸(仮に)土塁で守っています。

東から二の丸を見ています。

神社へ通じている階段、ここは後世の道です。

本来は本丸南虎口から

壕道を下り

大手道から神社へ下る道です。

二の丸の階段を下ると、二重の空堀

二の丸・お宮のある曲輪を見ています。

以上で村上城は終わりです。次回 益子氏の本城と思われる西明寺城

益子氏の南北朝時代
南北朝時代においては主家の宇都宮氏が北朝・室町幕府に従ったため、益子氏も北朝方となり益子貞正は宇都宮軍の有力武将として活躍した。その後、幕府内で足利尊氏と弟 直義による権力闘争に端を発した内紛、観応の擾乱が勃発すると、益子氏一党は宇都宮氏に従い尊氏党に与し、宇都宮一族の氏家周綱、綱元、忠朝、同じく宇都宮一族の薬師寺元可、義夏、義春、助義兄弟や清党の芳賀貞経らとともに南朝方に投降した直義党の桃井直常と対峙した。 一方、京周辺でも南北両朝の激戦が繰り広げられており、下野からも宇都宮家の手勢が京周辺にも出兵され、楠木正成らと対峙した。この際も宇都宮勢に益子氏一門から益子顕助、国行、秀助親子が従軍しており南朝方と戦ったことが『太平記』にも記されている。それによれば敵将 楠木正成は宇都宮氏は坂東一の弓矢とりであるとして、その両翼たる 益子氏、芳賀氏ら紀清両党は戦場において命を捨てることを厭わないと言い、宇都宮軍との激突を避けたとされ、益子氏の武勇を示す逸話を伝えられている。しかし、南朝方の抵抗も凄まじく顕助は東寺で討ち死にし、益子一族の多くも京での戦いで命を落とした。ちなみに四国の讃岐国における史料『由佐氏由緒臨本』によれば、顕助の庶子の秀助は足利氏の一門 細川頼春に従い四国に下り、讃岐国香川郡井原に下り、由佐氏を称したと伝わっている。
一連の戦乱の最中、暦応2年(1339年)関東において南朝方を指揮していた北畠親房は公卿の春日顕時を常陸国の関城に派遣し、常陸の小田氏を従えた顕時は関城から下野に入り、北朝軍に従い転戦中で空城となっていた益子氏の西明寺城、八木岡城、上三川城が一時陥落される事態も生ずる。このとき、南朝軍に従い益子氏の城を陥落させた小田氏の祖は益子正雄の女を母とする宇都宮氏の一族であり、宇都宮氏初代、藤原宗円の庶子で鎌倉幕府を開いた源頼朝の重臣として評定衆・常陸守護を務めた八田知家を祖とする家系であることから、まさに主家の同族であると同時に縁戚関係でもある一族との骨肉の戦いとなった。しかし、下野における戦況は次第に北朝方の優位となり、南朝勢力の衰退により益子氏はようやく失地を回復するに至る。そして、戦乱に明け暮れた関東も足利義満の世に南北朝合一がなり、世の平穏を取り戻したことによって、益子氏をとりまく環境も次第に安定したものとなっていったのである。 ウィキペディアより







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村上城③

2017-09-19 17:52:55 | 山城ー野州
本丸と周辺

本丸全体

本丸西下の空堀と二つの虎口

西虎口

西虎口と下段の帯曲輪との連携

西虎口の南30m先にある南西虎口

南西虎口を壕で受けています。

本丸を南から見ています。現在は梅林になっています。

本丸東にある空堀

俯瞰図は「余湖くんのお城のページ」より

次回 本丸南下曲輪へ

益子氏について
下野国の益子氏(宇都宮氏家臣)
益子氏の本姓は紀氏。家系は孝元天皇の血筋で応神天皇、神功皇后の大臣であった武内宿禰の末裔である。遠祖は諸説あり、大納言紀長谷雄、征東大将軍紀古佐美あるいは土佐守紀貫之ともいわれる。下野守護 宇都宮氏の重臣で同国の有力武士団 紀党の棟梁でもある。下野国芳賀郡益子邑を拠点に600町を有し、西明寺城をはじめとする八木岡城、上三川城諸城の城主でもあった。家紋は左三つ巴、隅切り角に左三つ巴、子持ち左巴、丸に片喰、丸に下がり藤、丸に三つ引き。
 鎌倉・室町時代~宇都宮氏重臣としての活躍~
益子氏は紀貞隆の次男益子正隆を初代とし、三代益子正重は源頼朝が奥州藤原氏打倒の兵を挙げた際に宇都宮朝綱を大将に奉じ2万の兵を率い従軍、益子氏の率いる紀党と芳賀高親率いる清党がとともに宇都宮氏の属下として抜群の武功を顕わした。この時、益子氏と芳賀氏は頼朝から源氏の白旗一流ずつを贈られたことが後世まで益子氏の栄誉とされ、世にその武勲を知らしめる端緒となった。この益子氏率いる紀党と芳賀氏率いる清党こそ宇都宮氏幕下の二大武士団 紀清両党として知られるようになったのである。とりわけ、益子氏の隆盛の基盤となったのは、後に下野守護職を世襲する宇都宮氏の祖 藤原宗円の母が益子正隆の女であったことによるところが大きい。鎌倉時代を通じて宇都宮氏が下野国内で大名化するにつれ、益子氏は宇都宮氏の重臣かつ下野国芳賀郡益子城主としてその武力を支えたのである。益子氏の家紋は主家・宇都宮氏同様、左三つ巴であり、おそらく主家から拝領したものと考えられる。 ウィキペディアより





コメント
この記事をはてなブックマークに追加