山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

猿毛城

2017-09-09 11:36:18 | 山城ー越後
出陣の日に雨が降り、溜めてあった越後の城を急遽紹介します。

猿毛城は越後の武将で一番の猛将と言われている柿崎和泉守景家の居城です。この武将は川中島の戦いで先鋒を務め謙信が最も信頼している武将でもあります。

楞厳寺

本堂

景家の墓

説明版

猿毛城地図
アクセスは柿崎町を東西に走る地方道25号線で、バス停黒岩から100mほどの郵便局を左折し、町道を北に進むと2kmほどで登り口の看板が出ています。

登り口

猿毛城縄張り図、一つ一つ曲輪を紹介したいところ、どうにもならないほどの薮でした。上越市に整備をお願いしてみるつもりです、


柿崎景家について
永正10年(1513年)、越後の国人である柿崎利家の子として生まれたといわれる(生年には異説もある)。
はじめ長尾為景に仕え、為景死後はその子・晴景に仕えた。晴景と長尾景虎(上杉謙信)が家督をめぐって争ったときには、景虎を支持している。
謙信の下では先手組300騎の大将として重用され、永禄元年(1558年)に春日山城の留守居役を務めている。永禄4年(1561年)の小田原の北条氏攻めにも参加し、直後の甲斐武田氏との第四次川中島の戦いでは先鋒を務め、八幡原の武田信玄の本陣を攻め、武田軍本隊を壊滅寸前にまで追い込んだ。
また、斎藤朝信と共に奉行に任命されて上杉領内の諸役免除などの重要な施策に携わり、元亀元年(1570年)の北条氏康との越相同盟締結においても尽力し、子の晴家を人質として小田原城へ送るなど、内政や外交面でも活躍している。謙信からの信頼は絶大で、謙信の関東管領職の就任式の際には、斎藤朝信と共に太刀持ちを務めた。
天正2年(1574年)11月22日、病死。嫡男の祐家が前年の越中攻めで深手を負っていたため(生死不詳)、次男の晴家が後を継いだ。墓所の楞厳寺には景家夫妻を描いた肖像が所蔵されている。ウィキペディアより



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箕冠山城③

2016-12-21 20:34:25 | 山城ー越後
西曲輪から三の丸へ

西曲輪の西奥に進むと右手に瘤が見えます。

西から東に見て、瘤が土塁にも見えます。手前にも土塁があり、一郭を成して狼煙台?

西曲輪から本丸の主要曲輪部を見ています。

西曲輪の西下に井戸

西曲輪を下りて、池の南側を歩いてゆきます。

下ってきた西曲輪を見返しています。

池の南側を堤防のように作られた土塁

土塁を東側まで来ると、三の丸が見下ろせます。

三の丸を下って、二の丸に戻り、西曲輪が左、大堀切を隔てて本丸西下曲輪

二の丸から本丸側城壁を見ています。

以上で箕冠山城の主要部を回ってきました。素晴らしい遺構ですので雪がなければ出かけてください。

謙信に仕える
 越後戦乱の時代にあって、大熊氏は守護上杉氏、守護代長尾氏の間にあって双方に付いたり、離れたり、さらには中立を保ちながら、次第に長尾氏から重臣として登用されていったようである。
 為景没後、長尾氏の当主となった晴景は諸将の支持を得ることができず、末弟の景虎が長尾氏の家督を継承した。この景虎の家督相続に際して、政秀はその擁立派として行動したようだ。そして、天文十七年(1548)、永年の功により頸城郡板倉郷に三千貫の所領を宛てがわれた。それをきっかけとして嫡男の朝秀は箕冠城の拡張工事に着手、翌年には新たな箕冠城が完成している。
 天正十九年、越後守護上杉定実が死没、定実には男子がなかったこともあって、長尾景虎が実質的に越後国主になった。国主となった景虎は越後国内の反抗分子を平定し、越後統一に成功した。この間、大熊朝秀は景虎に仕えて、公銭方、段銭方としてその才を発揮、長尾譜代に準じて景虎の重臣となった。大熊朝秀は武勇もさることながら、理才のある人物であった。
 景虎が越後の国主として君臨したころ、隣国の信濃は甲斐の武田信玄の侵攻を受けて、守護家小笠原氏が没落、ついで北信の雄村上義清も劣勢に陥っていた。そして、天文二十二年(1553)、本城である葛尾城を武田軍に攻略された義清は景虎に救援を求めてきた。かくして、景虎と信玄の間に第一回の川中島の合戦が展開された。この戦いに大熊政秀が出陣、戦死したと伝えられている。同年十月、景虎は初めて上洛、朝秀は春日山城の留守居を命じられた。
 翌年、上野家成と下平修理亮の間に領地争いが起ると、朝秀はこの領地問題の解決に本庄実仍、直江実綱らとともに尽力した。しかし、この領地問題はのちに再燃、その背景には守護上杉家の旧家臣団たちと景虎擁立派の新興家臣団との対立があり、旧上杉家家臣で能吏の朝秀は、ともすれば武骨者の多い長尾氏家中において白眼視されがちであった。越後国内を統一したとはいえ、家臣団との対立にほとほと手を焼いた景虎は、弘治二年(1556)六月、突如として出家隠退を声明した。
 この事件は、長尾氏系家臣団が中心となって景虎に誓紙を出すなどして、一件落着した。しかし、朝秀は長尾主流派に対する自分の立場の不利を思い、密かに甲斐の武田信玄に通じたのである。本庄実仍、庄田定資らは大熊朝秀の拠る箕冠城攻撃を企図し、危険を察知した朝秀は城を出奔した。このとき、鳥坂城主の城織部正資も朝秀と行動をともにしている。越中に奔った朝秀は、兵を集め府中に攻め寄せようとしたが、小不知、駒返しの戦いで敗北、海、陸を経て西上野に逃れた。(大熊政秀は朝秀の父 ) 武家家伝より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箕冠山城②

2016-12-20 20:13:37 | 山城ー越後
本丸へ

本丸東虎口

本丸

大熊朝秀の生涯
大熊氏は父の政秀の代から上杉氏の段銭収納を務めていた。父の政秀の活動は享禄年間に途絶え、この頃に朝秀への家督継承があったとみられる。朝秀は父と同様、上杉家中において段銭方などの要職を務めた。越後守護上杉氏の滅亡前後から守護代長尾氏に仕え、のち長尾景虎(上杉謙信)の擁立にも尽力し、その家臣として重きを成した。
弘治2年(1556年)、上野家成と下平修理亮との領地争いをきっかけに家中内の派閥対立が激化する。争いに嫌気がさした長尾景虎の出家騒動が起こると、朝秀は上杉氏と敵対する甲斐国の武田信玄に内通して反旗を翻し、会津の蘆名盛氏と共に越後に進入するが、西頸城郡駒帰にて家成に敗れ、越中に逃れた。永禄6年(1563年)、武田信玄に招聘され、府大家老・山県昌景の与力となる。やがて信玄の直臣として取り立てられ、足軽大将騎馬30騎、足軽75人持となる。勝頼の時代になってもその地位は揺るがず、遠江小山城代に任じられている。
天正10年(1582年)3月、甲州征伐において多くの重臣が織田信長・徳川家康へ寝返る中、最期となる天目山の戦いまで勝頼と運命を共にして武田家への恩に報いた。子孫は真田家に仕え存続した。
 武勇に優れ、信玄の命で上野国の長野業盛を攻めた際には剣豪として知られる上泉信綱と一騎討ちを演じ、無傷で引き分けたといわれる。ウィキペディアより



本丸南下の大手道の西曲輪から北に見て本丸城壁を見上げています。

大手西曲輪(仮に)先端部に立つと、大堀切が南眼下に見えます。

大手西曲輪から二の丸まで下り

二の丸を南に歩きます。

西曲輪(仮に)の東虎口を登ると

西曲輪

西曲輪は②の二の丸の左にあるペンギンのような形の曲輪を指しています。

次回 ③三の丸へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箕冠山城

2016-12-19 19:39:21 | 山城ー越後
箕冠山城は上越市(旧板倉町)板倉区不動新田の箕冠山にあります。

箕冠山城地図
板倉区の県道254号線で南東に下り、バス停中の宮下の二又を右手町道に入ります。600mくらいに箕冠山城の登り口の看板があります。入り口脇に用水路があり、ここから車では狭く100m先に水道施設の駐車場があり、ここからも登れます。


縄張り図は「新潟の合戦」鳴海忠夫氏

二の丸に入ります。

二の丸から大手を登り

大手左手の曲輪

大手右手の曲輪、左右の曲輪で大手を守っています。

帯曲輪、縄張り図で本丸南下に位置しています。

帯曲輪でも広いものです。

トーチカのような要塞を登ります。

帯曲輪を見下ろしています。

本丸東下曲輪(仮に)

次回 本丸 南曲輪へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京ヶ岳城③

2016-12-18 21:43:41 | 山城ー越後
南側曲輪群へ


二段帯曲輪を南に回ると

南曲輪となります。

曲輪は三段と構え、西に折れています。

下から見上げれば、三段の曲輪がよくわかります。この南曲輪群は西帯曲輪と連携し兵を集約し、必要な場所に送り込む曲輪であったと思います。

三段の曲輪群は三段目の西帯曲輪へと通じ

遊歩道へ降りてこられます。この道路がなければ尾根は西南に伸びていて

西南には神社が祭られていますが、出丸ではないかと思います。

神社

神社は縄張り図の右手下です。

また、北西にも曲輪群があって、

縄張り図の曲輪H

曲輪J・K

以上で京ヶ岳城は終ります。

次回 旧板倉町(現上越市)箕冠城 城主は重臣であったにも拘らず、謙信を裏切り武田に走った大熊朝秀

コメント
この記事をはてなブックマークに追加