手も足も出る技術士「平ねぎ」の無為徒食日記

心にうつりゆく由なし事を綴っています。

ステロイド精神病(2)

2017-06-29 12:41:28 | 安倍晋三

ステロイドの大量投与は様々な副作用を引き起します。
ムーンフェイスは典型的な副作用ですが、これは容貌が劣化するだけです。
もともとあの程度の顔ですから壊れても壊われなくても不細工な面なので
別にどうということはありません。
問題は危険な副作用です。
中でも多幸症は国民を巻き込むのでたいへん危険です。
多幸症の症状は躁病に似ています。
大言壮語するようになったり、株に手を出して散財したりします。
北杜夫が躁病期に株で全財産を失ったのは有名な話です。

[多幸症の症状]

何か良いことが起きたり、願いが叶ったり、欲求が満たされたりすると、ヒトは気分が良くなります。
満足感が生じ、高揚感に満たされます。
そのため、いっそう積極的になり、意欲的に物事に取り組みます。
ただ、「いい気になって、失敗する」ことも少なくありません。
多幸症の場合は、脳内が病的な状態(異常な状態)になっているため、
失敗したり、トラブルを起こしたりすることが多くなります。傍迷惑にもなります。

こらから書くような症状が4日以上続き、そのために日常生活に支障をきたす場合は、
多幸症の可能性があります。

上機嫌で、周囲の空気が読めない

状況に関係なく、機嫌がとても良くなります。
周囲の人々の感情や気分、状態を全く気にしません。

自信過剰で楽天的になる

何の根拠もないのに、強い自信を持ち、何でもできそうな気がします。
実情を把握することなく、物事を楽観的に考えます。
根拠のない異常な自信を持ち、何事も実際の状態に関係なく楽観的に考えますから
判断を誤り、大失敗することが多くなります。
大失敗しても、落ち込むことなく、上機嫌が続きます。

衝動的になる

後先を考えず、思いつくままに行動するようになります。
性的な逸脱行為(性器露出・卑猥な言動・性行為の強要など)、ケンカ、浪費など、
普通ならしない無謀な行為をするようになります。
子供じみた行為や社会的に不適切な行為が多くなります。
人格水準が低下します。

集中力がなくなる

イライラして集中力がなくなります。
考えが次から次へと湧いてきますが、1つの考えに集中して考えることができません。
考えが飛び移り、まとまりがつかなくなります。
考えに脈絡がなくなります。

疲れ知らずになる

幸福感・満足感があると、意欲的になります。
多幸感があると、さらに意欲的・積極的になり、動き廻るようになります。
睡眠時間も極端に短くなりますが、眠くなりません。
睡眠不足や疲労を感じることがありません。

おしゃべりになる

ジョークやダジャレを好むようになり、多弁になります。
常に、何かしゃべっています。

どうです。
すべて安倍に当てはまるでしょ 
おそらく80兆円を超える国富流出もステロイドの副反応です。
精神異常者がこのまま総理の椅子に居続けると日本は本当に滅んでしまいます。
早く辞めさせる以外に国を救う途はありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国富消尽 | トップ | 財用濫リ民ヲ殺シ法ヲ乱シテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安倍晋三」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL