INSIDE SORAMAME

私の頭の中のキオクを綴っていくつもりです・・

see the light of day(11)

2016年10月09日 | バス━ 未分類
(つづき)
偽チラシギャラリー。
冒頭は、意外に好評だった新しい「なかま号」


やってみる価値はありそうな?新「水都」


現在の形態とやや似ている感もある「美和台~和白循環バス」。


個人的には推している「大橋駅~福岡空港」。


速いかどうか微妙な「宗像高速」。


バイパス開通で、沿道の地域間の結び付きにも目が向きそうなので「香椎コミュニティバス」。
(つづく)
『福岡県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月25日ダイヤ改正(1) | トップ | 愛をください(83) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (number8)
2016-10-08 22:56:42
かつての空港急行を思い出させる大橋~空港線ですが、私は南区各地からでもやってみる価値は大いにあるのではないかと思います。天神や博多駅での乗換のめんどくささを意識している人は利用するのではないでしょうか。
宗像高速は以前、ツイッターである方と実現の可能性について話し合ったことがあって、若宮インターまで福北ラインが40分、同じ40分で赤間急行はイオン福津ですから、自由が丘・青葉台では高速経由の方が早く、利用者がいるのではないかという試算?になりました。これもやってみる価値はあると思います。
香椎コミュニティバスは…「JR香椎駅東口」最寄り民として期待しています。とにかく見てみたいんです(笑)それはともかく、住宅はあるのにバス停から離れたエリアなのでコミュニティバスが必要かもしれませんね。香椎の上の方はタクシーの利用が非常に多いようで、ある運転手さん曰く、「○○さんの家まで」と言われて行けるようにならないといけないそうですから…。
Unknown (Tokyo Chikushi)
2016-10-11 11:25:46
電車の沿線から空港に向かっていた身としては、どうも天神まで電車で行ってから空港連絡バスに乗り、博多駅経由で行くのが非効率に思え、途中の駅から空港に向かうバスが設定されないものかと、もう30年以上も前から感じていました(当時はまだ地下鉄が空港まで開通しておらず、連絡バス「空連」でした)。

ということで、「大橋駅~福岡空港線」に賛成します。

もう30年くらい前に「バイパス急行」という現在の400番の前身のような路線ができ、朝倉街道から南バイパス(現在の3号線)を経由し、空港、さらに博多駅まで行くようになり、朝倉街道と都府楼前とで、電車から乗り換えて空港へ行けるようになりました。わが意を得たりの思いだったのですが、電車からの乗り換えは想定されていないのか、全く宣伝されることもなく、路線自体がほどなく廃止されましたね。
朝倉街道と都府楼前では、空港まで遠過ぎることと、人口の多い、福岡市南部、春日市、大野城市からの集客が見込めないので、ダメでしょう。

当時も大橋あたりが空港に行くのに最も近いと思ったのですが、いかんせん、道路状況が悪く、無理だろうな、と思ったものです。でも今なら大丈夫でしょう。

とにかく、電車の沿線から空港に行くのは、天神で地下鉄に乗り換えるしか手段がなく(少し前までは駅上のバスセンターから飯塚方面行き急行バスで行けましたが)、重い荷物を曳く身には、昔以上に難儀になっています。
Unknown (soramame)
2016-10-19 12:02:14
number8さん、こんにちは。

大橋~空港線の、かつての急行と大きく違うところは、天神・博多駅を通らないという点であり、空港~タワー~のこ渡船場の失敗などもあって、なかなか積極的にはなれないのかもしれませんが、検討してほしいものですね。

香椎コミュニティバスは、私も、架空のバス停の香椎高校前~香椎荘付近にちょっとだけ住んでいたことがあるので期待しています。
でも、バイパスができたら、バイパスにバスを通してバス停をいくつか設置するような予定はあったりするんですかね?
そうなると、千早駅へ人が流れて、香椎は衰退してしまいそうですね。
Unknown (soramame)
2016-10-19 12:02:18
Tokyo Chikushiさん、こんにちは。

>ということで、「大橋駅~福岡空港線」に賛成します。

ありがとうございます(笑)。

これを運行したところで、南区の住民が西鉄電車から地下鉄(福岡空港駅)に流れるという心配もまずないでしょうから、やってみる価値はあると思うんですけどね。

コメントを投稿

バス━ 未分類」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL