Sightsong

自縄自縛日記

明田川荘之『This Here Is Aketa Vol.1』

2017-07-01 10:50:05 | アヴァンギャルド・ジャズ

明田川荘之『This Here Is Aketa Vol.1』(Offbeat Records、1975年)を聴く。

Shoji "THE R-ONE" Aketagawa 明田川荘之 (p)
Kouichi Yamazaki 山崎弘一 (b)
Takashi Miyasaka 宮坂孝 (ds)

「天才アケタ」24歳のときの作品。初リーダー作かどうかわからないがそれに近いものだろう。

ここでオリジナルもスタンダードも演奏しているのだが、既に、ベタな抒情と泣きのアケタ節を聴くことができるのが嬉しい。もっとも後年ほどは全面展開してはいないのだが、唯一性はすでにあった。ライナーノートに「この最高に狂った明田川のソロを馬鹿々々しいと思う人がもしいたら、そんなスクェアな人と話をするのをやめなさい。」とあって笑う。

●明田川荘之
明田川荘之『ライヴ・イン・函館「あうん堂ホール」』(2013年)
明田川荘之+齋藤徹『LIFE TIME』(2005年)
『生活向上委員会ライブ・イン・益田』(1976年)
中央線ジャズ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 望月治孝『ガラスをとおして』 | トップ | ニコラス・ペイトン『Letters』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。