Sightsong

自縄自縛日記

望月治孝『ガラスをとおして』

2017-07-01 09:09:26 | アヴァンギャルド・ジャズ

望月治孝『ガラスをとおして』(Armageddon Nova、2016年)を聴く。

Harutaka Mochizuki 望月治孝 (as)

何か目に視えない、超えられない障壁があるかのように、望月治孝のアルトは限界を表現する。息遣いの藪の中から管の共鳴が見え隠れする。その、マージナルな部分をのみ取り出して凝視するような音楽。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラテ・ウリオ・オーケスト... | トップ | 明田川荘之『This Here Is Ak... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。