風に吹かれて旅ごころ

はんなり旅を楽しむはずが、気づけばいつも珍道中。

みちのく津軽ひとり旅 index

2017-02-24 | 東北
[2016.8.11-16]

◆ 八戸 1-(1) ←旅行記へ
 お盆休みに、青森に向かいました。1日パスを使って青い森鉄道沿線を巡ります。
 三沢でミス・ビードル号を知り、浅虫で朝風呂に入り、野辺地で防雪林を見学。
 沿線の小さな駅に見慣れた目に、新幹線停車駅八戸の大きさが圧倒的でした。
  ● prologue ● お盆渋滞 ● 三沢はこけしとミス・ビードル号
  ● 青い森鉄道一日パス ● 日本最古の鉄道防雪林 ● 浅虫温泉の朝風呂
  ● 大きな八戸駅 ● 小さな目時駅 ● おんでやぁんせ
  ● 黒にんにくサミット ● 八戸三社大祭の人形山車 ● 八戸のマンホール



◆ 小川原湖 1-(2)
 野辺地で北前船貿易の名残を感じ、青森さんや東北町の名前にウキウキ。
 しじみすいとんの旨味にしびれて、小川原湖畔を散策します。
 浅虫の龍神をお参りし、きれいな夕陽を眺めて、一日が終わりました。
  ● 野辺地と京都と北前船 ● 青森の青森さん ● 東北の東北町
  ● 限定のしじみすいとん ● ゲートの上に立つ人形 ● 恵みの湖
  ● もうひとつの壺の碑 ● 白鳥のいない夏 ● 高橋竹山の顔はめパネル
  ● 御家中の松 ● しらないまち ● 加藤こうじ君
  ● ふたたび浅虫へ ● 急勾配の八大龍神宮 ● サンセットビーチあさむし
  ● 青森サンセット ● 小学生デザインのミニねぶた



◆ 八甲田 2-(1)
 2日目はまず市役所に行きました。曾祖父の戸籍謄本を得るためです。
 あっさりダメで、この日の予定がきれいに白紙に。
 そこで十和田湖に向かいました。湖までは緑の景色が続きます。
  ● アウェイな青森市役所へ ● 戸籍謄本申請ミッション ● いけてる?ポスター
  ● 急きょ十和田湖へ ● 萱野高原 ● 萱野茶屋
  ● いまだトラウマ ● 地獄沼と酸ヶ湯温泉 ● 蔦温泉と猪木 



◆ 奥入瀬 2-(2)
 十和田湖に行く途中の奥入瀬渓流でバスを降りました。
 緑に包まれた水辺の散策をはじめます。
 ここは本当に美しくすてきな場所。心身ともにリフレッシュできました。
  ● 雲井の滝で途中下車 ● 奥入瀬渓流散策 ● 生と死があること
  ● 自然の赦し ● 帰りにも雪中行軍話 ● 八甲田・八海山・八方尾根
  ● A-factoryと青森ベイブリッジ



◆ 十和田湖 3-(1)
 この日も十和田湖行きのバスに乗りました。
 蔦温泉で途中下車して、七沼巡り。
 朝の森林はすがすがしい空気に満ちていました。
  ● 十和田湖フリーきっぷ ● 茶屋の延命茶 ● ヘブンリーな地獄沼
  ● 蔦温泉の沼巡り ● 緑の蔦沼 ● 眠れる湖沼 ● 十和田市のマンホール



◆ 奥入瀬 3-(2)
 前日辿り着けなかった十和田湖に到着しました。きらきら輝く夏の湖。
 おごそかな雰囲気の十和田神社をお参りし、湖水が渓流に変わる地点へ。
 2日続けてこの日も奥入瀬渓流散策。森林浴をしながら水際を歩いていきました。
  ● 光り輝く十和田湖 ● 鮎焼きとじゃがバター ● おごそかな十和田神社
  ● 奥入瀬渓流の始まり ● 銚子大滝 ● 青森のメモリアルシップ ● 終着駅・青森 



◆ 恐山 4-(1)
 この日は旅の目的のひとつ、恐山へと一人で向かいました。
 本当はとてもこわくて腰が引けていますが、行く理由あってのこと。
 荒涼とした地獄めぐりをし、浄土ヶ浜で亡き人を悼みました。
  ● いよいよ恐山へ ● 津軽の横浜 ● 本州最北の駅
  ● 霊場行きのバス ● 恐山の冷水 ● 俗世と霊界との境界
  ● 菩提寺の門をくぐる ● 禅宗の板木の言葉 ● 霊場の中にスパ
  ● 死者を導くお地蔵さま ● 地獄めぐり ● かざぐるまが周る



◆ 恐山 4-(2)
 地獄巡りをすませた後は、気合を入れて霊場内の温泉に入りました。
 霊場アイスを食べて、精進落とし。
 下界に戻り、下北半島から青森経由で津軽半島まで、カーブを描いて行きました。
  ● 恐山霊場スパ ● もう一人の単身女性 ● 合掌...霊場アイス
  ● イタコはいない ● 恐山は畏れるところ ● 下界へのバス
  ● てっぺんの終着駅 ● 帰りの大湊線 ● 下北半島から津軽半島へ
  ● 蟹田のカニ駅長 ● 風の街 ● ワンミッションクリア



◆ 青森 5
 市役所を再訪し、前回もらえなかった曽祖父の戸籍謄本をとうとうゲット。
 その後、県病近くにある祖母のお墓参りをしました。
 途中に寄った公園で、チリンチリンアイスを堪能。ポケモンGOで大賑わいでした。
  ● ミッションリベンジ ● ご先祖様は同姓同名 ● ミッションクリア
  ● 古い住所は辿れない ● 下閉伊郡と一関 ● 青森銀行本店
  ● レアねぶたマンホール ● タバコ税23億 ● 生れて墨ませんべい
  ● 日本一おいしい水 ● 善知鳥神社 ● 青森市発祥の地
  ● 奥州街道終点記念の碑 ● 人だらけの合浦公園 ● 青森のアイス
  ● お墓参り ● 帰りはずぶぬれ



◆ 蕪島 6-(1)
 旅行最終日。先祖がいたかと思われた三陸海岸を目指します。
 途中、ウミネコだらけの蕪島で、拝殿のない神社を参拝。
 リゾートうみねこ号に偶然乗れて、ワクワクしました。
  ● 一関か三陸か ● 「わ」の鉄道 ● サメ・ステーション 
  ● 鮫駅のジョーズ ● 八戸のマンホール ● ウミネコ・アイランド 
  ● 拝殿がない神社 ● 拝殿がない理由 ● ウミネコの楽園 
  ● リゾートうみねこ ● 種差海岸


  
◆ 久慈 6-(2)
 八戸線の終点、久慈に着きました。三陸鉄道を眺めて、町を散策します。
 すっかりあまちゃんタウン、そして不思議の国の北リアスでした。
 再び海の景色を楽しみながら青森に戻り、充実した旅を終えました。
  ● 北三陸に到着 ● あまちゃんワールド ● 寺社と山車
  ● 不思議の国の北リアス ● 帰りは海と向かい合い ● 目の前の種差海岸
  ● 癒やしの湯の島 ● よぐきたねし ● epilogue

『青森県』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みちのく津軽ひとり旅 6-2(L... | TOP | 海の向こうの海岸へ(房総)1-1 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 東北

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。