風に吹かれて旅ごころ

はんなり旅を楽しむはずが、気づけばいつも珍道中。

ジャズ・ワニ・フレンチ、ニューオーリンズ 1-1

2016-12-13 | 海外
● prologue [5.29-6.5]

仕事仲間4人で、ニューオーリンズで開催される会議に参加することになりました。
アメリカ南部っていうのはわかるけれど、どこにあるんだっけ。
地図を開いて探してみると、テキサス州の隣の、メキシコ湾に面したルイジアナ州になりました。

以前ハリケーン・カトリーナの被害に遭った場所ですが、もともとはフランスの植民地だった、独特の文化が息づくジャズの街。
本場のクレオール料理が楽しみです。

海外旅行は、なんと2006年の秋にベルギーを訪れた時以来。
その辺りから、国内旅行が楽しくなってきて、国内を集中的に訪れていたら、あっという間に10年が経ってしまいました。
今のパスポートを使うのは、今回が初めてです。

● 大きいつづらと小さいつづら

日本からニューオーリンズまでの直行便はなく、シカゴ経由で向かいます。
いつものことながら、出発前日のギリギリになって旅じたく。
8日間の旅程のうちの6日間、同じホテルに滞在するため、移動がないなら大きいスーツケースにしようと引っ張り出してきました。
私も入れそうなビッグサイズ。
大きすぎてなかなか持ち歩けず、今まで2回くらいしか使っていません。

今回はいい機会だと思いましたが、荷物を詰めてみると1/4しか埋まらず、中がスカスカ。
自分もついでに中に入っていければいいのに。

ほかに持っているのは、機内持ち込み用の最小サイズ。
大きいつづらと小さいつづらでは、小さい方がいいんだっけ。
結局小さい方に、荷物を入れ替えましたが、荷物が少ないと、なにか忘れ物をしているんじゃないかと心配になります。
『浪漫飛行』のように、旅に出る時にはトランク一つにしたいんですけれどね。

● 歯ブラシ持参

成田11時発のフライト。
一見ゆったりした出発のようですが、成田からの国際線なので、6時に起きて朝のうちに出発しないといけません。
バタバタと支度をして出かけます。

スタッフと現地集合してチェックイン。
「やたらと大きなスーツケースで行くけれど、笑わないでね」
そう宣言していた私が、一番ちんまりとしたキャリーを引いてきたので、「えっ、これだけ?」とみんなびっくり。
手荷物として機内に持ち込みました。

海外に行くので、今回は免税店を利用できるのね。
でも、小さなキャリーの中身は既にパンパン。
何かを出さなければ、お土産は入りません。
着た洋服を現地で捨ててくるつもりですが、今はまだ捨てる時ではないので、スペースが足りません。
そもそも、行きに免税品を買ったことはないので、いいんですが。

あまり治安がよくなさそうなニューオーリンズ。今回は仕事なので、安全優先で四つ星ホテルに泊まります。
何でも揃っていそうなホテルの部屋ですが、歯ブラシは置いていなさそうだと、スタッフ間で話題になっていました。
「えー、四つ星ならあるんじゃない?」「アメリカのホテルはないところが多いって」
念のために私は持参しましたが、持ってこなかったスタッフは、空港内のキオスクで買っていました。
そうして機内に乗り込みます。



離陸のために滑走路で順番待ち。コンクリだけではなく、緑の生えた場所もあるんですね。
いよいよテイク・オフ!

● 映画鑑賞



羽田空港はほとんど海の中にありますが、成田空港も実は海の近く。
東へ向かう飛行機は、すぐに陸を離れて、雄大な太平洋を延々と超えていきます。



国際線といえば映画。さすがはJAL、ラインナップが充実していました。
原作を読んだばかりの『オデッセイ』があったので、喜んで観てみました。
かなり見がいがありました。火星探査機が離陸後に爆発するシーンは迫力満点。
リアルすぎて、フライト最中の身としては何とも言えない気持ちになりました。

観終えた後は、前から見たかった『最高の人生の過ごし方』。
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが貫録の演技を見せてくれました。
『アナ雪』や『魔法にかけられて』といったディズニー映画を観ましたが、どちらも途中で寝落ちしたらしく、プリンセスたちがどうなったのか、その後がわかりません。

● ひとりジェットストリーム



長いフライトが久しぶりということで、機内食も久しぶり。
ミート or フィッシュかと思ったら、チキン or ポークでした。

デザートはハーゲンダッツ。
キンキンに凍ったアイスが機内で出されるようになったなんて、すごい。技術の進歩だわ。

窓の外は夜。
 「夜間飛行の ジェット機の翼に 点滅するランプは
  遠ざかるにつれ 次第に星のまたたきと 区別がつかなくなります」

声を作ってひとりジェットストリームごっこ。JAL便ですしねー。



映画を何本も見て、何度もうたたねして、日付変更線も越えました。
今どのあたりにいるのかしら。
現在地確認をしたら、アラスカ上空あたりを飛んでいました。どうも寒いと思ったら。



● 夜明けの陽

翼よ、あれはどこの陽だ?
夜明けが来たようです。美しく輝く朝日が見えてきました。



自然の神秘だわ。最新テクノロジーの塊に乗って、手つかずの自然を眺めていることが、とても不思議に思えます。



再び『アナ雪』にチャレンジしました。
朝食は soup stock。充実しています。



すっかり陽が登り、雲の下にはシカゴの町が見えてきました。



● 計画都市シカゴ

シカゴは碁盤の目のようにきちんと作られた計画都市なんですね。
どこまでも続く直線道路。上から見ると整然としています。



着陸前、飛行機は市街地の周りをゆっくりと旋回しました。



水際にまで高い建物が立っているため、海辺だったら津波が気になりますが、ここは海ではなくて湖。
ミシガン湖は海にしか見えないほどに大きいのです。



シカゴの全景が見下ろせました。
どこを見ても、整った町です。



水辺にせり出すようにそびえたつ摩天楼。
絵葉書そのままだわ。



これ、CGじゃないの?
機内鑑賞をしすぎたからか、なんだか映画の続きを観ているような非日常感。



シカゴの町なかに入ると、そんなにきれいというイメージはなかったんですが。
とても美しい、絵になる光景です。



長いフライトの果てに、ようやくオヘア空港に到着。シカゴに着いたあ。

● こわもて検査官

飛行機から降り、アメリカ入国審査ブースに並んで順番を待ります。
次の番になったところで、こわもての検査官が私に視線を合わせて、「英語わかる?」と突然聞いてきました。
「少し」と答えると、仏頂面のまま手招きをするので、いぶかしがりながら寄っていくと「彼の言っていることが分からない」と言われました。
私の前のおじさんは全く英語がしゃべれないらしく、「何言ってるのかわからへんわ」と言いました。
二人の間に立って簡単な応答をし、無事にその人の審査は終了。
おじさんは「ありがとさん~」と明るく会釈して行きましたが、彼がアメリカで関西弁だけでやっていけるのか、心配だわ~。

私の番になったので、いろいろ受け答えをします。
検査官に「このカメラに顔を向けて」と言われました。
パスポートの写真との照合だと思って、普通に見たら「スマイル」といわれました。
(笑顔が必要なのかな?)と思って、少しニコッとしたら、「もっと笑ってー、もっとだよ、もっと」と言われたので、言われるままに笑みを強くしていったら、最後にはチェシャ猫のような顔になりました。

あとでスタッフに「すごく笑えって言われなかった?」と聞くと「いや、普通にしていたよ」「からかわれたんだよ」と言われました。
私が寝起きでボーっとしているのをいいことにー!

でもそのこわもて検査官は、トランプのキングのような金髪カールの口ひげを生やしていたので、ちょっと愉快な気持ちになって
「あなたのヒゲ、すてきね」と言っておきました。
言いながら(あれ、ムスタッシュだっけ、ビアードだっけ?)と迷いましたが、ムスタッシュで大丈夫だったみたいです。
そんなこんなでアメリカに入国ー。

以前は(9.11以降)ゼリー状のところに指紋を押すよう言われましたが、今回はプラスチックに代わっており、手が汚れずに済みました。
そのかわり、全部の指のスキャンをされましたが。

● ダウンタウンに行けず

今回、シカゴでの滞在時間が6時間ほどあるため、空港から出て町に繰り出す予定でしたが、乱気流を避けた航路を通ってきたらしく、到着時間が予定よりもちょっと遅れていました。
そのため、ボス判断であきらめることに。残念だわ。
まあ、訪れようと思っていたところは、どこもすでに訪れたことのある場所ばかりでしたが。

せめて、空港内でシカゴピッツァを食べようと思いましたが、入ったお店はイタリアンで、想像とは違う普通の薄いピザが出てきました。



おいしかったんですが、食べたかったのはこれじゃないの~。
でもジャンバラヤも海老の串焼きも食べちゃう~。



カフェの店員に聞くと、シカゴ風のものはスタンドで売っているとのことでした。
もう食べ終わって満腹になってしまったし、買うとしたら帰りの便の時かしら。

● 時差ボケとの闘い

昼11時発のフライトに乗り、12時間かけて着いたシカゴ。
日本は夜の11時なのに、シカゴは朝の9時になっています。
え~、身体がついていけません。

なんとなく眠くてみんなでうとうと。
でも一人は「ここで寝たらサイクルがずれたままだから、寝ないんだ」と言っています。
「今は夜じゃない、昼なんだって、自分をだましてるところ」
別の人が「いま日本は何時だっけ?」と、現実を思い出させようとしていました。

空気が澄んでいるのか、空も雲も緑もやけにくっきりと見えます。
ゆったりとした広い国、アメリカを感じます。



空を見るともう夏のよう。
尾翼に、白熊の絵が描かれている飛行機がありました。



空港内の通路。こちらの人は本当に星条旗が好きですね。
ジ・アメリカ~!



その2に続きます。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島根に友を訪ね・ちょっぴり... | TOP | ジャズ・ワニ・フレンチ、ニ... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アネッティワールド)
2016-12-14 12:48:13
行っちゃいましたね、シカゴ。
長いフライトお疲れ様です。

ハワイ以外アメリカへ行ったことないので
これからのブログ楽しみにしています。

「最高の人生の過ごし方」観ましたよ。

飛行機に乗ると1年分の映画が観れそうです。
アネッティワールドさん (リカ)
2016-12-14 13:05:48
コメントありがとうございます。
まだ現地にたどり着かない話で、ごめんなさい。久しぶりの海外は遠かったです~。
私は逆にハワイに行ったことがないんですよ。
映画を一度にたくさん見すぎたために、なんだかいろんなストーリーがごっちゃになっています(^_^;)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。