アネッティワールド

日常の体験から・・・

海峡ビューしものせき

2016年12月02日 00時04分30秒 | 山口県

山口県もいよいよ最終の夜を迎えます。

平家が追いやられた壇ノ浦へも行きたかったのですが

下関に到着したときにはすっかり日も落ちてしまっていました。

チェックインだけ済ませて

下関を一望できる火の山公園に行ってきました

まったく人の気配も無く 怖さを感じる展望台です。

 

部屋に戻って関門海峡を撮ることにしました。

あら  暗い 暗い

 

今度は  明るい 明るい

  トントン

 

そろそろ夕食の準備もできたころなので夜景はここまで

下関までくるとやはり フグ ですよね。

(こちらでは フク と呼びます)

「福」をかけてるんでしょうね。

今はどうかわかりませんが

北海道や東北 関東の方は

フグを食べたことがない人が多かったように記憶しています。

関西ではピンキリですが

フグの専門店が多いんですよ。

昔大分に行くと出すことを禁止されてる

卵巣が食べられたんですって

唐揚げや天ぷらも

茶碗蒸しまでふぐが入っています。

ふぐ料理はてっちり鍋と雑炊が一番好きですね。

 フグは10月から翌3月が旬なんですね。

 フグの王様トラフグからサバフグ・ごまフグまで

随分値段に差があります。

それに養殖と天然も随分差がありますが

現地では、かなり安い価格で食べられるのも

現地まで来た魅力の一つです。

 

ひれ酒につぎ酒も頂き思う存分下関の夜を楽しめました。

明日はあいにくの雨ですがフェリーの時間まで門司をブラブラ散策してきます。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

角島大橋(つのしまおおはし)

2016年11月29日 00時02分55秒 | 山口県

ちょっともったいぶったようで申し訳ないですが

やっと角島大橋に到着しました。

 

雑誌やネットで頭には十分映像が焼き付いています。

 

 コバルトブルーが一番似合う

 海を駆け抜ける橋と思っています。

海士ヶ瀬公園(あまがせこうえん)に車を止めて

 橋の色 と 海の色 と 空の色 が 同じです。

通行料無料の1780mの架け橋

いろんな角度から撮ってみました。

ちょっとご覧ください。

 

 

 

 

   

 

 

反対側からもパシャ

 

こういう風に日本には有名になった絶景が数え切れないくらいあります。

いったい後どれくらい行けるんだろう。

いったい後どれくらい感動できるんだろう。

 

そのうち、行くのも億劫になったり

体力が無くなったりするんでしょうね。

 

自分としては

 「旅行は健康のバロメーターです。」

 

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ありのままの紅葉 観心寺

2016年11月26日 08時02分49秒 | 近畿大阪

今朝NHKを見てると観心寺の紅葉の中継が放映されてました。

『わ!数日前に行ってきたところだ!』

『アップしないと時季はずれになる』

慌ててパソコンの前に

 

 

テレビでも紹介されてましたが観心寺の紅葉は色とりどりの紅葉が特徴だそうです。

その理由は自生した木々のため

周りの木の高さもばらばらのため日の当たりにムラがあり

葉の色にもばらつきがあるそうです。

落葉広葉樹の落ち葉の栄養にもばらつきがあり

自然のグラデーションができあがるそうです。

近づくと紅葉のグラデーションが楽しめます。

今日から土曜日日曜日と二日間

PM5時からライトアップされるそうですよ

 

雨が心配ですね。

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

龍宮の潮吹 元乃隅稲荷神社

2016年11月24日 00時06分15秒 | 山口県

 「日本海に広がる紺碧の絶景を求めて」のキャッチに吸い込まれるように

訪れた長門~角島 

 

 

 全国屈指の透明度を誇る景色のはずが、厚い雲に覆われていました

 元乃隅稲荷神社

 

 鳥居の赤と草木の緑・ そして空の青が加わればさぞ美しい景色だったことでしょう

 

 

 風のきつい中を下から上へ登ります。

 

 

 

 正面の鳥居の上に賽銭箱が設けてあります。

その賽銭箱に向かって代わる代わる賽銭を投げ入れています。

 案外入るんですね。

何人もの方がチャレンジしてるんですが

ちゃんと入るんです。

さあ いよいよ 角島大橋です。

今回の旅行のきっかけとなった

「一生に一度は見ておきたい場所」に選ばれている所はもう目と鼻の先です。

 

  コバルトブルーは期待できませんが

 ラストの山口県観光をしてきます。

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

楠妣庵(なんぴあん)紅葉の時期に父母を偲んで

2016年11月22日 13時23分09秒 | 近畿大阪

富田林にある楠妣庵には毎月墓参りに行くのですが

奥まで上がることは滅多にありません。

でも紅葉に時季は覗いて見たくなります。

楠妣庵の楠は楠木正成の楠です。

楠木正成にゆかりがあるのですね。

入ってすぐの所にそびえる銀杏に木は

富田林市保護樹木だそうです。

高さ27メートル

紅葉のグラデーションを楽しめる時季に来ました。11/18

 

少し早かったですが今年の紅葉は綺麗ですね。

遠くまで行かなくても

父母の眠る楠妣庵で愛でる紅葉も感慨深いです。

 

 

今日はレンズを変えず

24mmの広角レンズ一本で歩き回りました。

 

母娘がベンチに座って何やら会話をしています。

親孝行している?姿を想像すると

懐かしいやら嬉しい気持ちになりますね。

 

私もよく母親の手を引いて歩いたものです。

親孝行って、やってもやっても やり足らないものなんだと

いまさらながら後悔するものです。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加