アネッティワールド

日常の体験から・・・

加太 淡島神社

2017年02月18日 00時02分01秒 | 和歌山

風が強く海岸沿いをレオと散歩から始まる一日のスタートです。

11年目を迎えるレオは故郷が和歌山なんです。

本人はここが自分の生まれた地だとは分かっていないのでしょうけど

こちらは知ってるだけに、なんとなく海を見ながら懐かしんでいるように見えてしまうんですね。

 

 

2年前に来たときには鳥居の右側は満幸商店のお客さんが外で食べれる所だったのに

淡島神社の専用駐車場になっていました。

まだオープンしていませんが

ここの満幸商店の人気っぷりは今も健在のようです。

満幸商店の駐車場に品川ナンバーが止まっていました。

淡島神社もまだ時間外のようです。

 

人形供養で有名な淡島神社は婦人病関係のお守りでも有名なようで

下着を奉納する所もあり、下着の販売もしているそうな。

朝日が眩しそう!

ここに来るとお気に入りの一体をこうして撮っています。

本物は恥ずかしくてここまで寄って撮れないのでね。

 

  この時は10㎝まで寄って撮ったんです。

 

では このあと買い物して早めに和歌山を後にすることにしました。

 

 

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山 加太海月でマダイ

2017年02月15日 11時15分23秒 | 和歌山

和歌山に来るとランチはラーメンです。

かなりたくさんの店があるのでどこが良いか分からず

駐車場のある店を探しました。

大通り沿いにある「まるやま」

女性店員だけで営んでいます。

テーブルには柿の葉寿司に似た押し寿司が山積みしていて

勝手に食べて自己申告で会計する仕組みです。

 

今夜は温泉で暖まって大好きな鯛料理を食べる予定なので

お昼は軽めのラーメンと餃子だけです。

 

今夜のお宿

(旧吾妻屋シーサイドホテル)

加太海月

全室オーシャンビューで露天風呂からは夕陽が見えるのですが

生憎の雲に覆われ夕陽は臨めませんでした。(夕陽に縁がありませんね

 

 

お目当ては鯛

鯛しゃぶも甘みが豊富で最高でした。

 

もっと鯛を食べたかったので

鯛のお造りを追加しました。

「厚めにお願いします」と頼むと 随分サービスしてくれたようです。

 

加太で捕れる鯛は身が締まっていて甘みを感じ,とっても美味なんです。

最近この淡泊なお刺身が好きなんです。

 

和歌山は九絵(くえ)でも有名なんですが

九絵も大好きだったのですが今はあのあぶらっこさが身体に受け付けません。

二切れ食べれば十分に感じるようになりました。

 

その点 鯛は箸が進みます。

鯛めしもぺろりと頂きました。

 

瀬戸内海で捕れる桜鯛も美味しかったし

愛媛県宇和島で食べた鯛も美味しかった。

 

大阪から近い加太で食べるマダイも友が島の潮の流れに鍛えられた

身の締まった 「べっぴんさん」です。

 

「加太の真鯛」として関西では有名なブランドの一つのようです。

 

今回は天気の関係で友が島へは渡れませんでしたが次回は行ってみたい所です。

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山城内 御橋廊下(おはしろうか)紅葉渓(もみじだに)庭園

2017年02月13日 00時02分22秒 | 和歌山

徳川時代の和歌山城は本丸が山の上にあるため何かと不便と言うこともあって

二の丸が殿様の居館であったり行事の場として機能していたそうです。

その二の丸と西の丸をつないでいたのが御橋廊下です。

 

この廊下は殿様とお付きの人

奥女中が二の丸と西の丸を行き来するのにかけられました。

 

かなり斜めになった廊下です。

外から見えないように屋根も壁もあります。

 

紅葉渓庭園(もみじだにていえん)

小雨の降る庭園も良いもんですが

カメラが雨に打たれないように 気を遣います。

 

 

ヤックルも久しぶりに登場です。

紅葉渓庭園茶室

紅松庵

 

表にお茶の心得が無くても大丈夫です。と書いてあったので

入ってみました。

90歳を超える裏千家の叔母がいたので

小さい頃にお点前頂いた以来です。

 

 

 

こも巻きと言って 松に腹巻きのようなものを冬に巻きます。

害虫駆除のために巻きます。

こもに集まった害虫を最後は燃やすのですが

害虫より圧倒的に多い害虫の天敵(益虫)までも燃やすので逆効果と聞いたことがあります。

 

こういう風物詩も年々減っていくのでしょうね。

昔は良しとしていたことが今はダメ、その反対もそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山城

2017年02月11日 00時33分10秒 | 和歌山

一日中雨といっても降ったりやんだりの2月、

そんなに気温も低くなく散歩にちょうどいい感じの一日でした。

豊臣秀吉が弟秀長に命じて建てた和歌山城、藤堂高虎も大きく関わった

近世城郭です。

桜の季節には桜でお城が隠れる位いい雰囲気になるんだろうな。

大河ドラマにも時々出てくる藤堂高虎はなかなか面白い人物で

今でいう就活の達人みたいな人物です。

浅井家の足軽からスタートし徳川家光までの間

なんと年棒が4000倍にも跳ね上がったとか・・・

転職の度に年俸が上がったと言うことですね。

 

城内いろんな展示物が置いています。

舶来の短銃

国産の短銃

紀伊山地に雲がかかっています。

風も強そうです。

 

紀の川が海へ合流してますが肉眼のほうが綺麗に見えていました。

どうしてもっとクリアーに写せないのか歯がゆいです。

 梅の花が咲き始めています。

ちょうど去年も今頃梅の花を観賞に

近くの神社や公園へ行ってきたのを思い出していました。

 

 

 

 

 

和歌山城天守閣は落雷で消失したり

終戦1か月前の和歌山大空襲で焼失し

今は鉄筋コンクリートの和歌山城です。

茶室もあるようなのでもう少しだけ雨の中を散歩しに行ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

番所(ばんどこ)庭園

2017年02月09日 01時43分19秒 | 和歌山

紀三井寺からほど近いところに

こんなところを見つけました。

この看板にも書いているように

黒船の見張り番所の跡だそうです。

だから地形が面白く,突き出ていて平らなのです。

 

ゴルフコースの1ホールのミニチュア版のようです。

庭もしっかり手入れされています。

入園料600円  駐車料500円

高いと思ったけれど十分値打ちのあるところでした。

去年行ったカムイ岬を思い出しました。

 

レオ! 先先行くけど怖くないの!?

釣りもできるようです。

 

風がきついのでレオも必死に恋人岬で踏ん張っています。

BBQもできるようです。

風がきついので炭はおこしやすいですが

食器は飛ぶでしょうね。

 

小さなスペースにスイセンも咲いています。

風で揺れるので載せれるものがこれだけでした。 

明日が見えますか?

向こうが見えました。

 

 

今週の土曜日2/11

北大路欣也主演のドラマが あるのですが

ここがロケ地のようです。

どの場面で出てくるのか楽しみなので早速ビデオに録画予約しました。

 

この日の前日に和歌山城へ行ってきたのですが

城壁や階段の至る所にここと同じ緑色の石が使われていました。

庭師の方に聞いてみると

ここの地層から採石した青石を使っているそうです。

緑泥片岩(りょくでいへんがん)と言うそうです。

運んだ距離も大変ですが、ダイナマイトの無い時代にどうやって砕いたんでしょうね。

 

前後しましたが青石を使った和歌山城は この次ということで・・・

 

 

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加