アネッティワールド

日常の体験から・・・

100回以上の火災を乗り越えた「興福寺」

2017年01月18日 00時03分25秒 | 奈良

興福寺の前身の名前は色々あったようですが

平城京710年に藤原不比等(ふひと)によって名付けられたのが興福寺です。

教科書で藤原不比等の名前は覚えていますが興福寺と関係があったことは全く覚えていません。不比等は藤原(中臣)鎌足の次男なんですね。

興福寺南側にある池が 猿沢池です。

摂関家藤原氏の全盛の時代に建てられた興福寺。

中金堂(ちゅうこんどう) 平成再建工事が行われているところです。

平成30年ですから来年ですね。

1300年以上の歴史のある所の再建ですが中金堂だけで7回の焼失したようですね。

 

その度に明るく綺麗になるので 1300年の重みは感じるのでしょうかねぇ。

 

近くで見ると五重塔の大きさに圧倒されます。

50.8メートルもあるんですって。

木造としては京都東寺に次ぐ2番目だそうです。

 

100回以上の火災にもかかわらず

再建し続けられたのは、当時の実力者の力・努力の大きさがうかがえますね。

 

軽く食事がしたくなり興福寺を南へ下っていきます

面白い町屋がありました。

元興寺をワンブロック東にある民家プラス共同住宅をリノベーションしたところです。

正面の門をくぐった「フレンチ・オモヤ」は予約で満席でした。(なおさら行きたくなる~

雑貨店や喫茶店が1Fに数軒2Fにも数軒営業しています。

感じのいい店が多かったのですが

この建物の中には軽食に合うところが無かったので

もう少し周辺を散策することにしました。

 

湿度の高い真夏に比べると

風さえなければ冬のほうがこういうところを散歩するのには

ふさわしいかも知れませんね。

若い頃はヒートテックやダウンジャケットなんて

無かったですから冬も随分過ごしやすくなったと思います。

 

それと意外に嬉しかったのが

奈良町には公衆トイレが至る所にあるので

トイレが近くなったわたくしにはとっても有りがたかったです。 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

奈良町 もちいどのセンター街  中谷堂

2017年01月16日 00時38分17秒 | 奈良

足湯ですっかりあったまり 奈良町を北へ移動します。

テラス付きの飲食店もありましたが

さすがにこの寒さでは人も少なかったです。 春が来るまでお預けです。

飲めませんが店の前には井戸があり水は出るようです。

元興寺や興福寺の門前町として栄えた奈良町ですが

平城京から平安京へ都が移ってしまった頃は荒廃した町だったそうです。

 

近世以降は商業都市として栄え

1980年以降は町並み保存の機運が高まり今日に至っているようです。

一際賑やかな人混みと交通整理する声が聞こえてきます。

テレビで見たことのある「中谷堂」です。

高速餅つきで有名ですね。

写真ではなくビデオで見ていただきたいパフォーマンスです。

息の合った3人が見事に高速で餅をつきあげます。

つきたての餅はトロットロで美味しいんですよね。

(食べる前に写さないといけないのに失礼

餅好きの昔の人はつきたての餅を噛まずに喉に流し込むんですよね。

毎年正月餅を喉に詰まらせて亡くなった年寄りもいたとか。

 

中谷堂の前の道を東へ歩くと興福寺です。

もう少しだけ奈良町おさんぽをしてみたいと思います。

 

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

奈良町 茶の湯

2017年01月14日 00時09分49秒 | 奈良

奈良町で手に入れたマップには載ってなかったんだけど

スマフォで調べるといい店が見つかりました。

 

足湯でランチが楽しめる処なんです。

外観は入るのに躊躇する佇まいです。

築80年以上のようなトタン長屋です。

それも路地裏。

迷ったけど意を決して中に。

 

ギャップが大きい

ポカポカ暖かくて、オーナーも低姿勢でいい方でした。

 

冷えた足にとっても嬉しい足湯です。

アロマキャンドルもいい香りです。

樽にお湯を入れてくれます。茶の湯です。

ぬるくなるとたし湯を何度もしてくれます。

暖房も切ってもらい

まるで半身浴に入りながら食事してる気分です。

8品もあるランチで

一切砂糖を使っていなく、

でもセンターの豚の角煮ほどよい甘さが絶妙でした。

 

香ばしく少し変わった味の珈琲も美味しかったです。

二度たし湯してもらい気持ちいいです。

樽の底に小石が入っているので足裏マッサージしてるようです。

何時間でも居たくなるのですが、もう少し奈良町を散策したいので

名残惜しみながらお会計を済ませました。

 

ちなみに料理とは別に茶の湯料は500円でした。

 

ストッキング・タイツ着用の方は無理かな

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

奈良町 おさんぽ

2017年01月12日 00時15分46秒 | 奈良

1月7日。土曜日

関西に住みながら奈良町には行ったことがありません。

朝目覚めるとなんだか急に「奈良町行きたい!」という衝動にかられ

ちょっと遅めのスタートです。

最近旅番組が多く、きっと誰か芸能人が奈良町を紹介されていたんでしょうね。

それを見たからだと思うんです。

 

適当にナビを設定したのですが、運良く

田中町バス停にある駐車場に止めることができました。

何が運が良かったかというと

「ならまち格子の家」がすぐそばにあり

そこには奈良町詳細マップが置いてくれているんです。

マップだけもらってそそくさと出ていくのも何なので

一応中をぐるっと回ります。

時計の針は11時20分

マップを広げるとまたラッキーなことに

奈良町の一番下(南)に停まったので

「あとは北へ上がるのみ」と、とっても効率の良い散歩となりそうです。

 

格子の家からほど近くに酒屋さんを見つけました。<中井酒店>

 

今日はアルコールはダメ。

でも甘酒なら大丈夫と

中へ。

時計の針は11時23分

冷で飲むらしいのですが、お願いしてチンしていただきました。

後で気づいたのですが

奈良町には酒屋がたくさんあり

どこも甘酒の文字が目立ちます。

そして「飲む点滴」がうたい文句 なのでしょうね、必ず書いています。

 

特に米麹の甘酒が身体にいいらしいですね。

 

人気店はランチタイムには混雑するでしょうから

早めのお昼とすることに。

 

おや

向こうから可愛い犬が

 

飼い主さんに了解をもらい記念撮影です。

6匹くらい居たかな?

手前の白ワンちゃんに吠えられたのでワンショットだけパシャ

 

この後何度も出会いましたね。

ではしばらく 奈良町にお付き合いを・・・

 

 

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

JR.姫路駅前

2017年01月10日 00時03分01秒 | 兵庫県

好古園に行って花を載せてなかったので

記憶のある内に紹介しておきます。

南天と寒椿だけが目立っていました。

大通りを挟んでお土産さんが並んでいました。

黒田官兵衛にちなんだ土産が今も人気あるようです。(最中買いました)

帰りはJRで帰るので姫路駅前まで車で行くのですが

今は駅の一つ手前の信号までしか行けないのですね。

タクシー・バス以外は進入禁止です。

何度も来た姫路駅が随分変わっているのにしばし呆然。

ずっと向こうに姫路城が見えます。

向かって右側は神姫バス乗り場ですが 昔の面影が全然ありません。

このビルの前あたりがタクシー乗り場だったのに・・・

地下ができてます。

昔の姫路駅しか知らない方はきっと驚かれるでしょうね。

考えてみれば当然ですよ。

梅田だって天王寺だって高知だって10年経てば変わりますよね。

でもあまりにも行き慣れたところだっただけに

玉手箱を開けた気分でした。

 

ホームには名物の 「駅そば」はまだありました。

そばが黄色い中華そばを使用してるんですよね。

すべてが懐かしい姫路でした。 今度この駅を降りるのはいつの日なのかな?

なんて ちょっと感慨深いものを感じた正月でした。

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加