アネッティワールド

日常の体験から・・・

愛媛県大洲市町並み

2018年02月22日 12時41分35秒 | 愛媛県

愛媛県大洲市は松山市から南へ50㎞、八幡浜市の東北東に位置する所にあります。

肱川(ひじかわ)が流れ、冨士山と書いて(とみすやま)と読む

富士山に形が似ているところから名付けられた320Mの山もあります。

 

冨士山公園はツツジで有名なんです。

 

今回は大洲市にある臥龍山荘(がりゅうさんそう)を見たくて訪れたんです。

近くに観光用の無料駐車場があったのでそこに車を停め

マップルを頼りに臥龍山荘を目指します。

道ばたには残雪が多くあったのには驚きです。(2/10)

大洲市は盆地なので寒気がこもり愛媛県でも寒い所だったんですね。

 

臥龍山荘へ行く道が倒れた大木で道を塞ぎ大きく迂回しなければなりませんでした。

 

雪も溶け出していたので滑ることなく歩け一安心です。

きっとこの階段を上ると大洲神社がありその隣が臥龍山荘なんだろうけど

今日の腰の状態では不安があり さらに回り道を選びました。

トレッキングを楽しんでいる団体さんとすれ違いました。

皆さん「こんにちは」と挨拶してくれます。

このトレッキングポールいいですね。

膝にも腰にも負担が少なそうで、もう登山は出来ないので(下山が無理なんです

頂上を目指さない山歩きもいいかも・・・?

そうこうしている内にやっと臥龍山荘に到着です。

なんと隣に駐車場がありました  

足下に十分気を付けながら500円の観覧料を支払い室内へ。

 

靴を脱いで靴下のままですが、寒さを忘れる見事な景色でした。

雪のお陰でカメラを持つ手も武者震いです。

 

中に入ってからの写真も多いので 2回に分けての投稿です

 

 

今朝のニュース:大杉漣さんの突然死には衝撃を受けました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜鯛のうそ!? 魚吉(うおよし)愛媛県伊予市

2018年02月19日 00時27分11秒 | 愛媛県

毎年この季節になると鯛の刺身を食べるのが楽しみになるようになり

昨年のちょうどこの頃は和歌山加太で美味しい鯛を頂きました。

和歌山海月

 

そんな折、鯛情報を調べていると

桜鯛のうそ!?」と題したフェイスブックを発見

 

内容をかいつまんで言うと、一番美味しい時季は子を持つために栄養を蓄える

1月2月だそうです。

しかし一番よく捕れる時季が桜が咲くころの鯛で、商売がしやすいからその時期を「鯛の旬」と言っているそうです。

 

そんな情報を流しているのが漁師さん「魚吉」の大将で

「こりゃ一度行ってみないと」と下灘までやってきました。

 

途中休憩したのが「ふたみシーサイド公園」

 

漁師町ならではのお土産があったので購入(海藻類・小魚)

この日の愛媛県も寒かったです。(2/11)

海岸線の名は「夕焼けこやけライン」国道378号線です。

その道路沿いに大きな看板があったのですぐわかりました。

 

 

開店と同時に入店したのでお客さんは誰もいません。

まずは店内をパシャリ

 

 

目の前は海、鯛が美味しいシチュエーションはバッチリ

 

 

料理の内容はご覧の通りです。

釜飯は少し時間かかりましたが磯の香りとお焦げの香ばしさが絶妙です

 

 

分厚く切った鯛の刺身、歯ごたえ十分で言うこと無し。

  

鯛は養殖のお陰で年がら年中食べることができます。

でもこの魚吉の大将が言ってることが本当なら

1年で一番美味しい時季の鯛が今なんでしょうね。

 

フェイスブックで十分マインドコントロールされて来たので

大満足したのであります

 

このあと 大洲市(おおずし)で行きたいところがあるので行ってきます  

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の梅津寺(ばいしんじ)

2018年02月16日 18時59分20秒 | 松山

 しまなみ海道を抜け今治からは一般道となります。

予定では夕陽スポットとして梅津寺(ばいしんじ)駅周辺のつもりでした。

東京ラブストーリー<鈴木保奈美・織田裕二>の最終回のロケ地だったそうです」

 

でもこの天候では夕陽を望むことはほぼ絶望的、

このまま道後温泉で冷えた体をぬくもりにナビの設定を変更したのです。

 

奥道後走っている頃から心の中で『雨の日の撮影もいいかも・・・?』と

急きょ

ナビを梅津寺へ

 

駅前には何もなく 休日の駐車場料金は300円の半額です。

ロケ地に選ばれただけあって 駅のすぐ横は海岸線・ビーチです。

駅前ビーチです。  夏は賑わっているんだろうな 

駅のすぐ隣が梅津寺公園で 入場料がなんと100円です。

梅津寺公園は昔、四国で唯一の遊園地があったところで

観覧車やジェットコースターもあったそうです。

伊予鉄道 1号機関車なんだって。 展示されてます。

わずかながら梅が咲いているということだったので

今年初めての梅の花の撮影です。

線路脇に公園があるので

時折電車が目の前を通過します。

 

線路の向こうでは小雨が降る中 サッカーの練習をしていました

 

傘をさして 多少雨でレンズを濡らしながらも必死でシャッターを切ります。

経験が浅いので ブレがひどいですね

 

まだ蕾も多かったけれど1.2週間すると咲き誇るでしょうね。

雨の日ならではの滴にも楽しめて

あっという間の小一時間でした。

 

もちろん夕陽はまったく顔を出してくれませんでしたが 

 

今日の平昌

ショートプログラム 羽生結弦 首位

復帰戦でいきなり首位、

 

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

伯方島 伯方の塩ラーメン三和

2018年02月14日 12時15分26秒 | 愛媛県

大三島にはまだまだたくさん魅力ある場所があるんだけれど

ランチにどうしても行きたかった所があったので島を離れ隣の伯方島(はかたじま)へやってきました。

 

伯方の塩ラーメンです

瀬戸内を味で伝える店です 

すぐ満席になるので早めに到着したためまだ空席がありました

塩味のスープが抜群に美味しいです。

アミエビの磯の香りが瀬戸内のあじなんでしょうね。

もちろんアミエビ無しのシンプルな塩ラーメンもあっさり味で美味しかったです。

最近こってり系が多い中、このシンプルな塩ラーメンは貴重な存在です。

 

この寒天で固めた郷土料理、イギス豆腐 初めての経験ですが

イギスという海藻の入った冷たい豆腐です。300円

にんじんシイタケも入って 熱燗でいきたかったですね。

『イギス豆腐』覚えておこう

餃子も頂きました。280円

このいなり寿司変わっています

寿司飯の中にみかんが入っています。

みかんいなり寿司」です。

日ごろラーメンを食べに行ってもスープは極力飲まないように心がけています。

ところが伯方の塩ラーメンのスープは残すのがもったいなくて

全部頂きました

 

大阪で食べても美味しかったのでしょうが

地元で地元の郷土料理と一緒に頂いたラーメンは格別なものがあります

 

雨天でしたがちょっと気分の晴れたランチタイムでした。

 

 

スノボ:平野歩夢くん 銀でした。アメリカのショーン・ホワイトが素晴らしかったので納得。

 

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

伯方の塩工場見学 大三島工場

2018年02月13日 01時26分01秒 | 愛媛県

この連休は寒かったですね

瀬戸内海は寒いイメージがなかったのですが、大阪より最低気温が低かったのには驚きです。

雨天でなければ自転車を積んで「しまなみ海道」を走りたかったんだけれど断念

最後まで天気予報とにらめっこしていたんだけど 自然には太刀打ちできません

 

「雨の日でも観光できるしまなみ海道」ということで立ち寄った先が

伯方の塩工場見学です。

 

天気が良ければ綺麗な海と空が臨めたんでしょうね。

 

「伯方の塩」と言えばCMで何度も耳にしているのですが

詳しくは知りませんでした。

 

メキシコとオーストラリアから天日塩田塩を輸入し

日本の海水で溶かして再結晶して作っているそうです。

 

当時はたばこも塩も専売公社で運営されていていたのですが

長い年月を経て自主流通塩となったんですね。

工場へ行くともれなく

伯方の塩(粗塩)(焼き塩)(塩の花)を頂けます。

 

最近は出汁醤油など便利な調味料が増えたので

家庭で塩そのものの消費は減ったように思えます。

なので頂いた塩で半年は持ちそうです。

 

盛り塩を作って撮して見ましたが

被写体が真っ白なのでピントが合いません。

マニュアルモードにしないとシャッターが押せない事も学べました。

高血圧には塩は大敵です。

できるだけ塩分を減らす努力をしているのですが

この日は塩の勉強をたっぷりさせていただきました

 

せっかくなので隣の伯方島まで行き

「塩ラーメンでランチ」とすることにしましょう

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加