親子の面会交流を実現する全国ネットワーク

私達は、親子が自由に交流出来るよう、面会交流権の拡大や共同親権・共同監護社会の実現を目指して活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●『親子ネット関西 講演会』  ~離婚と子どもの最善の利益~

2009年09月08日 12時17分48秒 | Weblog
親子ネット関西 講演会
~離婚と子どもの最善の利益~

講師:棚瀬一代(神戸親和女子大学発達教育学部教授。臨床心理士)
参考著書:「離婚と子ども 心理臨床家の視点から」創元社

親子ネット関西は離婚・別居によって実の子どもに会えなくなった、もしくは会いにくくなっている親たちと家族問題の専門家で構成するグループです。
離婚後の共同親権制度や面会交流の実現を目指し、今年3月に発足しました。
3組に1組、年間25万組の夫婦が離婚する時代に「単独親権」を採る日本では親子関係が断絶する例が後を絶ちません。
離婚は夫婦関係の解消であり、親子の断絶ではありません。
私たちは今何をするべきか・・・子どもの立場に立った法整備や公的支援が必要だと考えています。
「離婚と子ども」の著者でこの問題の第一人者である棚瀬一代先生をお招きし、臨床心理士の視点から『離婚と子どもの最善の利益』についてのご講演、併せて日米法制度の違いについてもご解説して頂きます。
近年、離婚と暴力との関係も取りざたされていますが今回は「第5回日本男性学会議」~どう伝える非暴力~の分科会ということで棚瀬先生には離婚と子どもに関することとDVや虐待に関することを織り交ぜてお話して頂き、皆様とご一緒にこの問題について考えていきたいと思います。
親子が親子であるために・・・。


■当日のスケジュール :

12:30-13:30準備 
13:30-13:40代表挨拶
13:40-14:40棚瀬先生講演
14:40-14:45休憩 14:45-15:00当事者体験談
15:00-15:50質疑応答、フロアからの発言、閉会挨拶

■日時:平成21年10月12日(祝)
■時間:13:30~15:50
■場所:ひと・まち交流館京都 第一会議室(250名収容)
   京都市下京区木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
※第5回日本男性学会議の分科会として「親子ネット関西」が企画参加。
詳細:http://v.hitomachi-kyoto.jp/collective/event_view.rbx?cd=6071

■参加費:1500円

■懇親会:18時~ 京都庄や 烏丸七条店 参加費 4000円(飲み放題付)

(〒600-8211 京都府京都市下京区七条通烏丸東入真苧屋町195 福井ビル地下1階(京都駅まで徒歩5分)/http://search.daisyo.co.jp/search.php?lc=s&prefecture_cd=26&kana=ka&q=%B5%FE%C5%D4%B1%D8&shop_cd=1540
/電話075-351-0091番)

■問い合わせ先:親子ネット関西事務局 

〒671-1227兵庫県姫路市網干区和久11-202
(坪木心吾)
携帯番号090-7355-2346 FAX079-273-7275
wakuyatai_1926@ybb.ne.jp

(竹田佳代子)
電話番号0798-33-0377 携帯番号090-5649-1030 
gfxgd273@ybb.ne.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加