志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

母の日の沖縄芝居、花盛り!されど、ウチナーグチの危機は続く!

2017年05月17日 20時40分08秒 | 琉球・沖縄芸能:組踊・沖縄芝居、他

琉球新報の芸能欄の紙面を紹介します。2017年5月17日琉球新報です。昨今の沖縄芝居はウチナーグチの色合いがうすくなり、歌唱の弱い劇団も見られますね。ただ衣裳とメイクだけは華美になりつつあります。それは舞踊、組踊も同じですね。華美さが「ほんとらしさ」を失わせいるようです。写実性がそこなわれているのですね。様式があるのは沖縄芝居もその通りですが、時代の推移の中で華美さが目に付きます。しかし母の日は沖縄芝居を定着させた沖縄芝居役者や一座やメディアの応援はいいですね!継続、継承、発展へですね。

衣裳とメイクが目立ってしまうのですよね。演技力と歌唱力がほしいですね。村娘の赤い口紅、歌舞伎役者のような白塗りが当然の組踊ですね。戦前のメイクはどうだったのでしょう?素のメイクは?素の味わいを感じたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「思切りよーやー」と「思忘... | トップ | 煙草に苦しんでいる人のため... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。