志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

My room net connection is no good.(revised a bit)

2010年07月31日 13時16分17秒 | 日々の記録・備忘録
Because of that I was writing all things in my Word, and was going to UP after. Just accessing the internet, was not so convenient, all these net environment is just upsetting. People in Munich seem . . . 本文を読む
コメント

ホテル横、小さなベトナム人のレストラン

2010年07月28日 13時09分34秒 | 日々の記録・備忘録
おいしいビールは飲んだ!まだおいしいソーセージは食べていない。 夜8時からのレセプションに参加せずホテルの横のレストランに入ると 14年ミュンヘンに住んでいるベトナム人夫婦の気どりのない小さな レストランだった!ビールと甘みのある鳥肉の野菜チャンプルーなど を食べた。アラブ系や低所得層の方々のお気に入りのレストランという 雰囲気で、通りに面してテーブル・イスも出している!淡々と料理を 作る手際のよ . . . 本文を読む
コメント

ダッハウ強制収容所(追悼史跡)

2010年07月28日 06時47分59秒 | 日々の記録・備忘録
盛りだくさんの研究発表やパネルの合間に急いで強制収容所に向かった。 イスラエル人の研究者がはじめて行くという収容所に同行した。 ナチスが政治犯やジプシー、ユダヤ人などを収容し、4万3千人が殺された というSSがモデルにしたという収容所の広さに驚く。20万人以上がひし めいたいたというバラックの中、監獄の中、死体焼却所、監視棟など、以前 の姿、原型を留めている。人間が人間を機械的に殺戮したというま . . . 本文を読む
コメント

From Munich (revised a bit)

2010年07月26日 15時03分21秒 | 日々の記録・備忘録
My presentation was OK! I presented my paper one hour, showing "Good bye Fujan Ryukyu Mansion" to the researchers. Those scholars are from Hawaii, Finland, Poland, Singapore, LA, Japan, Australia . . . 本文を読む
コメント

「ミュンヘン」へのどたばた劇場!

2010年07月24日 06時30分39秒 | 日々の記録・備忘録
「スカイコート成田』<7月24日> はお手頃な成田界隈のビジネスホテルである。 ネットも自由に仕え、食事が良心的なお値段 でいい!夕食が1050円!均一の値段で メニューが豊か!朝食は今からだが、料理場 の女性たちの心がこもっているのだろう! お勧め!成田経由はめったにないが、昨今は 台湾経由が多い。ANAの場合成田が多いの か? 後で写真などUPしたい。 朝6時のBS . . . 本文を読む
コメント

さらば福州琉球館?!

2010年07月23日 04時28分34秒 | 日々の記録・備忘録
以下はミュンヘンで1時間研究発表する論稿のイントロである!中身は全く自信がない! ご興味のある方は読まれてほしいがーー?! IFTR/FIRT 2010 7/25-31 Munich Saraba Fukushu Ryukyukan (Good bye Fujian Ryukyu Mansion)   ―Inter Asian Theatre in Okinawa―            . . . 本文を読む
コメント

沖縄本 ナビゲーション 「演劇」

2010年07月19日 05時56分58秒 | 日々の記録・備忘録
                        今私は、クアラルンプールの景観のいいマンダリン・コートホテルの一三階の部屋で、沖縄の演劇に思いを馳せながらこの表題について書いている。あらゆるパフォーミング・アーツを研究対象とするIFTR/FIRT国際学会の中の「アジア演劇研究会」の会議が16日から三日間こちらで開催されることになり、私も沖縄の演劇について発表する。組踊から沖縄芝居への架け橋になった . . . 本文を読む
コメント

再会

2010年07月18日 07時08分58秒 | 日々の記録・備忘録
ジョンさんとパクさんと3人で沖縄市のパークアヴェニュー の一角のカフェーで90分ほど演劇についておしゃべりする。 LAのチョコをお土産にいただいた。ジョンは戦後の沖縄 演劇をまとめる予定のようだ。つまり日本とアメリカの影響 がどう沖縄演劇に見られるか?とのこと!アメリカ人の明確 さ は面白い。 パクさんが仲田幸子に言及したのは面白かった! さてどこまで根を包含するつもりか?LAで会 . . . 本文を読む
コメント

「てんさぐの花」誕生の背景と魅力

2010年07月17日 12時44分11秒 | 日々の記録・備忘録
はじめに 「てんさぐの花」は、沖縄が米軍統治下にあった一九六三年、初めて那覇劇場で上演された「沖縄芝居」である。 「沖縄芝居」は、明治十二(一八九七)年の廃藩置県(琉球処分)以降、王府からの禄(給金)を断たれた宮廷芸能の担い手(士族層)らが、那覇の辻、仲島遊郭界隈を拠点として、当初はカマスで囲った芝居小屋を造り、そこで彼らが培った宮廷芸を切り売りして始まった。明治十五年に「遊劇興業取締令」が沖 . . . 本文を読む
コメント

いつも追い詰められたモグラ!

2010年07月15日 09時59分12秒 | 日々の記録・備忘録
電気治療を受ける前に血圧を測るのが最近のリハビリで ある。血圧は薬の処方を受けるほど高いというわけでは なくそれでも150から130台の数値になってほっと! しているところ!眩暈はなくなった!それはいい! 三度目のリハビリ、沖縄から外に出るまで通い続けよう。 以前、体調が悪い状態でヘルシンキに向かった時、痛い 足を引きずるように歩いていた。乾燥した北欧の国は 亜熱帯の湿気の中に生きる . . . 本文を読む
コメント