minga日記

minga、東京ミュージックシーンで活動する女サックス吹きの日記

行ってきま〜す。

2016年11月13日 | 
今年最後の大きな旅に出かける。今まで行った中では一番ブラジルが肌にあった。もう一度行きたい国は?と言われたら絶対にブラジル!と答えるだろう。

でも、それを覆すような国であってほしいな、キューバ。音楽の溢れる街、サンティアゴ・デ・クーバとハバナの旅。

あまりネットが繋がらないときいているので、今までのように頻繁にFBやブログを書くことができないかもしれないけれど、アナログなキューバを存分に楽しんで来たいと思います。

長旅の前はいつも台所の大掃除。荷造りはカレールーやアンプ、携帯電話、とキューバの人たちに頼まれた荷物も詰め込んだ。さらにちょこっと怪我しているメイリンを病院に連れて行こうとしたら、休日だった・・・汗。ごめん、自力で治してね。

それでは行ってきま〜す。戻った翌日が12/23 Pit Inn(昼)なので、ぜひお越しくださいませ。

参考資料/キューバの流儀by 高橋慎一





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奇跡のコラボ@六本木キーストンクラブ東京

2016年11月10日 | ライブとミュージシャンたち
初顔合わせとは思えない、素晴らしいコラボレーションでした。お越しくださった皆様に心から感謝いたします。

またいつかこのユニットもやりたいと思います。田中くんとファルコンの相性もばっちり。渡辺くんのセンスも抜群です。若いって素敵だなあ。

ついつい観客になって聴き入ってしまいました(苦笑)。





次回は12/23、昼のピットインです。ぜひいらしてくださいね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Yahagi Jazz Night vol.11

2016年11月06日 | ライブとミュージシャンたち
11年前に「岡崎の内田先生のあとを引き継いで、矢作でもジャズを盛り上げよう!」と立ち上がってくださった、杉浦さんが中心となって「Yahagi Jazz Night」は始まりました。



初回、そして2回目と私たちのユニットを呼んでくださり、その後もどんどん発展して今回で11回目になったそうです。当初は矢作の女性たちがタッグを組んで、コツコツとチケットを売り、豪華な食事まで用意して・・・本当に頭が下がる思いでした。



11回目は強力な女性陣がリタイアし、引き継いでくださったおじさまたち、若い女性たち・・・本当に小さな力が一つになって、頑張ってくださった賜物です。

会場には250名ほどのお客様が県外からも多く集まり、暖かい拍手に包まれました。特に難しい曲とされているトシキの「Nimba」では割れんばかりの拍手にミュージシャンがびっくりw。

元ちゃんは3日前にキューバから戻って時差ぼけが治らないまま駆けつけてくれました。そして志宏くんのキレキレのピアノにお客様たちは圧倒されっぱなし。楽しいコンサートだったなあ。

本当に本当に素晴らしいメンバーとこうやって、矢作でまた演奏会ができたことを心から嬉しく思います。

矢作中学校の合唱部とのコラボも面白かったです。天使の歌声。ひとつ気になったのは直立不動で歌う姿・・。もう少しリズムに合わせて体が動くといいのにな。このライブで、音を楽しむことを経験してもらえたら、彼女たちの中できっと何か変わっていく・・・のを期待したいところです。





「初めて、こういう音楽を聴きました」とCDを買ってくださったお客様たちも大勢いたので、これにも驚きました。だって、会場の雰囲気は本当に音楽が大好きでコンサートに行きなれている方達のようでしたから・・・w。

この日のために、いろいろな準備をし、ボランティアで各地から応援にきてくださったスタッフの皆様にも心から感謝いたします。





少しづつでも矢作にジャズが浸透していきますように。さらなる発展をお祈りしています。

ありがとうございました〜〜〜!!

写真提供:中口潤氏
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風邪と時差ぼけの日々

2016年10月28日 | 家族の日常
シアトル後半は怒涛のように過ぎ去った。まだ楽しかった2週間の余韻が時差ぼけとともに残っている。

<ザトウクジラのしっぽ>

シアトルからさらに2時間ほど上にドライブ(朝6時出発)。フライデーハーバーにフェリー船で向かうとそこからホエールウォッチングするボートに。





雨模様で寒かったけれど、親子のザトウクジラを2組も見れた!



さらに他の動物たち(イーグル、アザラシ、セイウチ、ヤギ、鹿etc...)も見れて大満足の3時間コースでした。


<ジミヘンに会いに。>

翌日はジミヘンのお墓まいりとシアトル/スペースニードルのすぐ隣にあるEMP ミュージアムへ。





たくさんのキスマークのついたお墓。こんなに愛されているんだな〜。ジミヘン!!


EMPミュージアム裏口

25ドルのチケットを払って入場すれば一日中遊んでいられる。シアトル出身のジミヘンとニルバーナの個別の部屋があるだけでなく、スターウォーズに出てきそうな奇抜なファッションのコーナー。さらに最上階には音楽ブースが。好きなように演奏したり録音したりする体験コーナーが充実していた。

ジミヘンのコーナーは思ったより少なかったけれど、意外と筆まめだったんだ〜という日記帳やら子供に向ける優しい眼差し、など知らなかったジミヘンの素顔まで垣間見れたのでした。






<Black Diamondo Deliとレントンのルーサーズテーブル ライブ>

観光ばかりしていたわけではありませんw。本来の目的である演奏も残り2本。

ところが、この日から私としたことが高熱を出してしまい、なんとかルルで演奏できたものの、ヘロヘロ状態。シアトルの乾燥した空気に一気にやられてしまったようで、とても悔しかった。もう少し元気に演奏できればなあ・・・・。

それでもお客様たちは喜んでくださり、最後のルーサーズテーブルでは韓国籍の方も多かったので「カナビスの輪」を演奏したところ「うわ〜、踊りたくなったわ。」などと反応のよさにびっくりしました。





もちろん、どこでも「Take care of all my children」の反応は良くて、号泣する方などもいらっしゃいました。




世界のどこへ行っても音楽は伝わるんだな。と新たな自信となった今回の旅でした。

お世話になったMcPharsonご一家に心より感謝いたします。美しいシアトルを再び訪れる日を夢見て・・・・。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Twin Peaks ロケ地巡り

2016年10月16日 | 
今日は1日オフだったので、昼過ぎからスノコルミー&ノースベンドという街へ。滞在しているメイプルヴァレイから30分くらいで到着。出発したときは曇天だったけれどだんだん晴れ間が見えてきた!シアトルはあまりに雨が多いので、少しでも青空が見えるとウキウキするのだ。(この土地で鬱になる人も多いとか)

ここは20年前に大ヒットしたドラマ「Twin Peaks」(デヴィッド・リンチ監督)の舞台。ああ、なつかし〜。RIOはさっぱり知らなかったのですが・・・。なんと年末にリメイク映画がアメリカで公開されるそうで、未だに観光客が絶えない人気スポットだそう。



まずはSalish Lodgeという高級ホテル。ここは「グレート・ノーザンホテル」という名前で登場。一般客はロビーの脇のお土産やさんとトイレだけは使用できるようになっています。ロータリーの紅葉がとても美しかった〜。










このすぐ脇から見えるスノコルミーの滝はドラマのオープニングにも使用されていたもの。すごい迫力。










ノースベンドというすぐ隣の街は炭鉱の街だったそうで、今は使用していない線路が残り、たくさんの列車が置かれていました。ここが殺人現場になったそうです。












そして最後にクーパー刑事がいつもチェリーパイを食べるシーンで有名なダイナー、Twede's Cafeへ。






店員のお兄さんもお姉さんもみんなツインピークスTシャツを着ていました。もちろんコーヒーカップも。トイレの前の壁一面に撮影の写真が。






デヴィッドリンチ監督


噂のチェリーパイ。私はアップルパイを頼んだけれど、パイにも砂糖がまぶしてあって甘すぎて完食は無理でした・・・(汗)。


そして、帰りには美しい虹まで・・・・最高な1日になりました。








案内してくださったMcPhersonご一家に心から感謝いたします。


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嵐の夜に。@SAKENOMI / Seattle

2016年10月16日 | 
<嵐の夜に。>

昨日に引き続きDown Townの「Sakenomi」というアメリカでもとても珍しい日本酒専門店のバーで演奏してきました。

全米で日本酒専門店は2軒しかないそうです。シアトルの人たちは日本酒が好きなのかしらw?


オーナーと。

嵐の日だったので停電を恐れた人たちはみんな家に戻ったりして予定していたお客様たちがみんなキャンセル。
(ここはライブハウスではないので告知も一切せずに常連の人たちへの口コミだけ、というプライベートライブです。)

どうする?じゃあ、1セットだけやってさっさと帰る??などといいながらも演奏開始すると・・・・



2曲目くらいからたくさんの人たちが集まってきました。よかった〜。(パタゴニア/チャルテンのライブを思い出すなあ)

結局きちんと2セット演奏。なんと、「今日は他の会場でマッコイ・タイナーも演奏しているよ」とお客様から聴いて思わず「My Favorite Things」を熱く演奏してしまったのは私ですw。

最後の曲が終わって会場で号泣している女性がいらっしゃいました。どの国でも私たちの音楽(演奏)に感動してくれる。きちんと伝わっているんだなあ。

みんなが喜んでくれてオーナーは「あれ?3セット目はないの?また演奏してよ。」


シアトルはオフィス街だから夜が早いので、ライブ後に食事できる場所を探すのが一苦労でしたが、ようやく一軒のステーキハウスを見つけ、腹ペコ状態で突入。



前菜が「Happy Hour」でほとんど3、4ドルなので調子こいて注文したら・・・


もうこれだけでお腹が・・・

そして次にきたのがこれ。







いやはや、恐るべし、アメリカのステーキ。美味しかったけれど、もう無理・・・といいつつようやく完食しほっとしていると
お姉ちゃんが「写真とってあげるわ。」とパチリ。



とても親切なこのかわいいお姉ちゃんが満腹状態の私たちに最後に「サービスよ。」と大きなチョコレートケーキを持ってくることをこの時は誰も知らなかった・・・汗。




こんな生活が毎日続いたらヤバイぞ(苦笑)。

あれ?そういえば嵐は何処へ・・・?家につくと満月が笑っていた。

明日はSnoqualmie fallsという滝見学にいきます。なんとここは「ツイン・ピークス」の舞台だそうで・・・。また明日〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TReS シアトルデビュー!

2016年10月15日 | 
「シアトルは一年に400日雨が降る」と言われるくらい雨の街らしい。

でも到着した日はみごとに青空。さらに街の並木道の紅葉も美しく、シアトル市内から少し離れた湖のある閑静な住宅街に2週間滞在させていただくことになりました。







いろいろな偶然が重なった、このシアトル滞在。もちろん、今回も演奏が一番の目的。しかし、行ってみないとなにもわからないといういつもの行き当たりばったり旅行。天国の健ちゃんが導いてくれたこのご縁に感謝しながら「子供たちをよろしく」が演奏できることだけを祈って・・・・・。






湖からマウントレーニアが一望

翌日は雨。シアトルのダウンタウン見学に連れて行ってもらいました。




スターバックスの本社






















到着3日目。ついに「Earshot Jazz Festival」で演奏することに・・・

<シアトルデビュー!@Chapel Performance Space at Good Shepherd Center>

最大規模の台風が来てるにも関わらず、会場のチャペルに到着した頃には雨も止んで青空がちらっと見えてきた。
天国の健ちゃんが見守ってくれたとしか思えない・・。



チャペルは大きな建物の一番上の階にありました。



リハーサルでは生音が響きすぎるくらいなので少し抑え目に吹く私(汗)。ノーマイクの私たちには最適な環境です。

お客様がたくさん入って本番ではホールリバーヴもちょうど良くなって・・・とても素晴らしい空間でした。



リハーサル

楽屋も充実!



「私たちは初めてのシアトルですが、[Street Wise]という映画に出会ったときからTomの主題曲「Take care of all my children」を20年以上演奏し続けていました。ここでそれを演奏できるのは本当に夢のようです。」

永田利樹が会場で英語で挨拶。このTake care~を演奏すると、一気にウオ〜、と盛り上がりました。そのときの動画をちらっと。



なによりもここで、健ちゃんや原田芳雄さんも大好きだったこの曲を演奏できるなんて・・・感無量だああああ。

もちろん、持って行ったTReSのCDもあっという間に売れ、なによりもプロデューサーやスタッフのお姉ちゃんが「魂が震えたわ!」と喜ぶ笑顔が嬉しかった。もちろんラストはスタンディングオベーション!

次のバンドはブルックリンから来ていたTom Rainy & Ingrid Laublockという女性サックス奏者とドラムのDUO。これがまた素晴らしい演奏で、西海岸ツアーの最終日だったそうです。美しいフリー(といってもところどころに素晴らしいしかけが用意されていてテクニックもダイナミックスも本当に素晴らしかった)を堪能。



彼らはSatoko Fujiiさんのこともよく知っていて楽屋でも盛り上がり・・・素晴らしい出会いに感謝です。

そして、今回本当にお世話になっているShinako McPherson​ご夫妻と韓国鍋で「カンパ〜〜〜イ!」、いやはや楽しい。






このフェスティバル、私たちが帰ってからもデイヴ・ダクラスtpやシアトル在住のビル・フリーゼルのライブが入っていて、約1ヶ月半続くジャズフェスであります。ああ、もう少し長く居たかったな〜〜〜〜。

これからは小さなライブを点々と行います。何が起こるのやらまったくわかりませんが毎日が冒険、毎日がHappy!!
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Mizuho祭り3days@横浜

2016年10月10日 | ライブとミュージシャンたち
怒涛の3日間が終了いたしました。芸術の秋、Mizuhoの秋・・・。楽しかった〜。お越しくださったみなさまに心から感謝いたします。しかし早起き3日間は辛い(苦笑)。

初日の8日(土)は昼の12時から ランドマークプラザガーデンスクエア。

11時くらいからすでにたくさんのお客様が席に着き始めてびっくり。あっという間の1時間、Mizuhoさんのファンが北海道からも駆けつけてくださっていました。ありがたいことですね。



9日(日)は3時から、横浜Bar Bar Bar。ここはたっぷり2セットあるので、前日できなかった曲もインストもしっかり演奏できて充実した1日。羽仁くんの美しいピアノ、橋本さんのキレキレのドラムが気持ち良くてみんながご機嫌。1セット目も2セット目も入れ替え制ではなかったので、そのまま残ってくださったみなさまもありがとうございました!Mizuhoさんの歌声が素晴らしい「Harvest Song」のCDもあとわずかです・・・。



10日(月) 【親子でいっしょに!デイタイムジャズコンサート@横浜そごう】

1:30にスタート。とっても早い時間からリハーサル。お昼過ぎには子供連れのお客様が続々やってきました。昨年もこの企画で演奏しましたが、Mizuhoさんが自分で描いた絵に箭原さんの作曲を演奏して子供たちに読み聞かせをするというコーナー。Mizuhoさんの絵がとっても癒し系で可愛いのですw。



今回は途中でMizuhoさんの息子さんとお友達までコーラスで登場。目指せ「トラップ一家!」ですw。さらに、最後は会場を練り歩き・・・子供たちも喜んで、盛り上がりました〜。

演奏後に「お兄ちゃんのようなサックスを吹いてみたい。」と小学生の男の子がRIOに駆け寄るシーンも。とにかく子供たちの反応は素晴らしい。エネルギーをいっぱいもらったコンサートでした。



いやはや、Mizuhoさんの3日間、楽しかった〜〜〜。

初日に楽屋で「さあ、今日は気楽にやりましょうね〜〜!」と言いながら、楽器を忘れそうになった私。横で笑っていた息子が3日目の本番前に「あ、楽器忘れた」と楽屋に取りに戻るシーン。やはり親子(サザエの息子)なのであります・・・汗。

こんな親子につきあってくださった、素晴らしいミュージシャンたちにも感謝。また来年もぜひ〜〜!!



Mizuhoさんたちの新譜も来年の2月に発売予定だそうです。なんと、今回のゲストはビル・フリーゼル(だいだいだ〜〜い好きなギターリストだ!)!!
先月シアトルでレコーディングしてきたそうです。楽しみにしていま〜す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Harvest Song by Mizuho

2016年10月06日 | ライブとミュージシャンたち


あさってから横浜3days 、札幌の歌姫、Mizuhoさんのサポートをさせていただきます。

永田利樹が尾瀬の仲間たちのことを思いながら書いた曲に、Mizuhoさんが歌詞を書いて歌ってくれました。最初のMizuhoさんとの出会いがこの曲のレコーディングになります。

本当に素敵な歌詞で私たちはとっても気に入って、支笏湖のあたりをドライブするときにこの音源をなんどもなんどもかけたのを覚えています。もう6年も前のことなんですね・・・。


Harvest Song 歌詞/ Mizuho 曲/永田利樹

蒼い夕暮れ 夜を連れてくる
肩をよせあう 墨色の森

きみがいた夏 心かけぬけて
懐かしい秋 また会いにくる

どこから来て どこへゆくの 誰も知らない
同じときの流れ 手を取り 旅してあるいてる
同じときの流れ 星に導かれ

踊ろう 生きる喜び感じて
歌おう 愛しいすべての命

Uh.......

イライケレ イライケレ (アイヌ語で『ありがとう』の意味)



おそらく、3日間のどこかでこの曲も歌ってくれると思います。素敵な歌声を聴きにいらしてくださいませ。

お待ちしております。


<MIZUHO +5 >
早坂紗知sax 永田利樹b RIO bsax 羽仁知治p 橋本学d MIZUHO vo

10/8(土) ランドマークプラザガーデンスクエア 12:00start  【横浜ジャズプロムナード】無料 

10/9(日)横浜バーバーバー 15:00start(2set)
 
10/10(月)横浜そごう9階 新都市ホール 13:30start【親子でいっしょに!デイタイムジャズコンサート@横浜そごう】 

🎵 (昨年はせっかくお越し頂いたのに入れなかった・・という方のために、今年は席数も増えてます!)
お問合せ 横浜そごう シーガルシアター℡045−465−5998
☆そごうのチケットはhouse of jazzでも予約可です info@houseofjazz.jpまで








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

至福の2日間。

2016年10月05日 | ライブとミュージシャンたち
2日と4日、TReS +伊藤志宏p の東京ライブが終了いたしました。2日間にわたって聴きにきてくださった皆様にお礼申し上げます。

2日は六本木キーストンクラブ東京。ここは今年できたばかりのお店でしたが、山口(周南市)のキーストンクラブのオーナーの英ちゃんが長年の夢を叶えたお店です。こんな不景気な状況で、六本木の一等地にジャズクラブを構える。しかもハンブルグからわざわざ取り寄せたというグランドピアノ。無謀とも云うべき東京進出。「そんなこと言わないで、出演して〜。」とお願いされ「六本木は敷居が高いので、カンパ制でいいのなら。」と初めての試みでした。

生音でも十分に気持ち良く演奏でき、お客様たちからも「またここで聴きたい!」との声があがりました。

これからもいろんな形でこのお店にも関わっていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いたいします。ネパール人スタッフが作る本格的なカレー&ナンも絶品ですよ。

ちなみに来月は11/9(水)にスペシャルセッションを行います。こちらもカンパ制。

出演:早坂紗知 田中信正p 永田利樹bass 渡辺庸介per


昨日のサムタイムも同じユニットでしたが、また違ったメニューでたっぷり演奏。志宏くんと2日間みっちり演奏できるなんて、本当に至福です。

これでしばらくはTReS(東京ライブ)がありません。シアトルとキューバに行ってきま〜〜す!

次のTReSは12/23(金)新宿Pit Inn (昼)となります。

これも初めての共演、TReSにファルコンgと渡辺庸介perが加わった5人です!この素晴らしい若手ギターリスト&パーカッショニストに乞うご期待!

すごいことになりそうですので、ぜひぜひ今から予定を空けておいてくださいね〜〜〜。


キーストンクラブ東京/写真提供:大隈孝之氏
コメント
この記事をはてなブックマークに追加