簡単に読めるインスタントブログ

ガチな内容やプチなネタまで幅広く載せるよ。HP開設前の準備的なブログだと思うよ。

清宮選手の柔軟性について考える。

2017-08-02 23:32:18 | スポーツ
2017年夏の甲子園西東京大会決勝で早稲田実業が東海大菅生に2-6で敗れ清宮幸太郎の高校生最後の夏が終わった。

多くの高校野球ファンが期待した3年最後の年に甲子園での活躍には惜しくも届かなかった。180㎝を超える大きな体に加え

柔軟性も兼ね備えた逸材だと評価されている。 日本を代表する野球選手で今も尚メジャーで活躍するイチロー選手は世界的に

見てもスイングが柔らかくボールに対応する能力が高いとされている。 専門家の言う清宮選手の場合の柔軟性が体の関節の

柔らかいストレッチ性を示しているのか打撃プレーの柔軟性なのかは正直には解らないです。



彼の今後の進路については多分プロ野球へ進むのが一番ベストだと思います。

これまでの超高校級スラッガーと称され、怪物と恐れられ甲子園を沸かせた選手の多くは投手でも打者でも高校卒業後にプロへの

進路を表明し成功してきた。そして何よりも野球が大好きな時に希望するプロ入りするのが望ましいと推薦します。

そして必然的に興味の先は高校生時代は大活躍をした清宮選手が、果たしてプロ野球でその類まれな才能を開花させることが

出来るかに注目が集まります。

それで今後もプロ野球で活躍できるかどうかを考えた時の判断基準として清宮選手の野球選手として柔軟性とは何ぞや? 

という最初の疑問に再びぶち当たる。ヨガのような関節の柔らかさのことかプレーの順応性のことか未だに良く解らない。

最初の課題から一歩も前に進まない。実は只の印象で柔軟性との言葉を使っているだけで意味を理解している人は少ないように思う。


清宮選手は甲子園出場にはなりませんでしたが、今後もミスター柔軟性と言われるようにプロへ進み活躍して長く野球を続けて

欲しいです。そして彼が10年以上後に引退する時に、昔のような柔軟性が無くなったのが引退の原因でしょうねと多くの専門家に

評価されて欲しいです。 柔軟性の意味は要らないのかもしれない。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハメス・ロドリゲスがバイエルンにレンタル移籍へ。

2017-07-23 09:53:11 | スポーツ
Rマドリードのハメス・ロドリゲス選手が独・バイエルン・ミュンヘンにレンタル移籍をした。彼の移籍はそれ程驚かないにしても

彼がまだ26歳であることには驚いた。2014年にスペインの名門レアル・マドリードの10番でほゞ生え抜きの選手として

チームの象徴となり顔として、華やかなキャリアの長くをこのビッククラブで全うするものだと思われたが、当初から起用法を

疑問視され続け、消去法でトップ下のポジションになるものの結局は期待されたチームの顔としての活躍ができずにレアルを後に

する事となった。若くしてここまで議論されるだけの価値であること自体が凄いのだが、それよりもレアルの10番であることが

プレッシャーになって彼らしさを失う結果になったかもしれない。ライバルチームのバルセロナ10番メッシのようにはいかなかった。


トニ・クロースにポジションを奪われた訳で、皮肉にも移籍したバイエルンが以前にトニが所属していたチームでもある。


現代のフットボールのフォーメーションは3トップのウィングシステムを採用してサイド攻撃を効率化している。 スーパースター扱い

を受ける選手の殆んどがこの3トップシステムのFWの選手ばかりでMFの選手は少ない。 MFの選手が評価されるのは守備的なMFで、

組織的なMFで、攻撃参加の出来るMFで、安定的なMFで、攻守のバランスが取れるMFばかりです。

バロンドール候補となるとFWの代表格のメッシとCロナウドでない選手が候補に上がる事はかなり年を遡らなくてはならない。




トップ下のポゼッションが不要となったのはボックスtoボックス理論による好守の切り替えが合理化した為で、兎にも角にも攻撃

チャンスを作り出す為に前線へボールを繋ぎ、相手ゴールを脅かすことが必要となる現代サッカーで、枚数が少なくても高い位置で

ボールを持つ重要性を発揮しようとするならば、必然的にボールキープ力が必要とされ、パスワークによって裁かれて裏を取られて

崩れるディフェンスラインを観る事は難しくなっている。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

19年ぶりの日本人横綱 稀勢の里

2017-01-26 23:48:16 | スポーツ
19年ぶりの日本人横綱誕生で沸く稀勢の里の昇進

若乃花以来の日本人横綱として茨城県出身力士の稀勢の里が誕生した。

もぅそんなに長い間日本人横綱が出ていなかったことにも驚く。

相撲の話題と地元の反応がニュースになるのは白鵬が双葉山の不滅の連勝記録69に迫り

追いつこうとしていた7年前、追われる立場の双葉山の出身地大分県の地元の英雄の記録が

破られそうな心境として少し自虐的な紹介をされていた程度だった。

結局の所白鵬の連勝記録は63で止まり、双葉山の偉業には及ばなかった。この連勝街道を止めたのが

今回横綱に昇進した稀勢の里だった。


新横綱に昇進した稀勢の里が待望の日本人という事で、横綱の地元茨城県の牛久市の人々の

歓喜と期待が相撲の話題となり、角界だけでない国民的な出来事として相撲の話題が栄えた。

しかし30歳での遅咲きの出世に賛否両論で今後の活躍が出来るかの不安視もある。

スポーツジャーナリストはお茶を濁すように後輩の鑑になるような横綱になって欲しいとありきたりの

対応ばかりに終始していた。


イタリアサッカーではクラブが優勝した場合チームの選手が前に所属していたクラブや出身校であったり、

場合によっては小学校にまで優勝祝いのご祝儀が回ることも珍しくない。

イタリアではサッカーが国技だから成せる慣習なのかもしれない。しかし日本の国技の相撲では、最近

こうした傾向が弱まっている。イタリアサッカーも相撲も外国勢に圧されていることは両方とも確かだが、

サッカーと相撲の違いとしてサッカーはナショナルチームがあるので、国民性を高く保つことが出来る。

ナショナルチームの無い相撲の場合はどのようにして競技の国民性と関心を高く維持することが出来るか、

その答えはやっぱり強い日本人横綱が頑張って、国民の関心を高くすることに他ならない。

だから私は稀勢の里には勝負も大事だが、もっとテレビに出演して欲しい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サッカーで司令塔の花形選手は不要になったのか。

2017-01-13 23:25:51 | スポーツ
サッカーでは司令塔オフェンシブハーフはもぅ要らない。

F横浜マリノスからジョビロ磐田への移籍を決めた中村俊輔の事を考えると

どうもマリノスから放出される理由として年齢と年棒の高さが最もネックになったとされて

いますが、私はそれ以外を含めても経営側の考えに賛同する部分が多い。

現在マリノスの経営はCFG(シティ・フットボール・グループ)が実権を握っているとされ

彼らの意見を無視する訳にはゆかない。元日本代表で10番を背負った中村俊輔でさえ、

シビアな評価が向けられるのですが、今のサッカー界において俊輔のような

キックの精度を活かしたオフェンシブハーフのポジションは重要視されていない。

これは何も日本だけでなく、世界的に見ても同じだ。
 

昨年の2016年に日本で開催されたFIFAクラブワールドカップで優勝したスペインの

ビッグクラブRマドリード所属ハメス・ロドリゲス選手も俊輔と似たようなオフェンシブハーフの

ポジションで活躍を期待され鳴り物入りで入団したが、結局は苦労を重ね活躍が出来ずに今年限りで

チームを離れる意志を示している。


最近のフットボールの傾向としてフォーメーションはサイドに開くウィング型の3トップの攻撃陣を

持つ事が多い。有能な選手をサイドの高い位置に配置して、中央の選手はセントラルか

ディフェンシブのポジションに収まるスタイルが主流だ。

ウィングとして高い位置に選手を配置して素早い攻撃が必要とされ、後から攻撃に厚みを出す為に

オフェンシブミッドを加勢するスタイルは時代に合わない。好守の切り替えの早さが強さの秘訣となり、

守備からシンプルに前線へボールを送り、サイド攻撃で試合を組み立てて行くことが求められている。

そこで中央のオフェンシブハーフにボールを入れて試合の流れを作り決定的なチャンスを演出していては

攻撃のリズムが遅くなるし、相手のディフェンス陣が形を整えてボールを奪われる結果になる。



守備の面で活躍するディフェンシブハーフのポジションが発達してトップ下の中央でボールを持つことは

難しくなっている。 横浜マリノスの中村俊輔選手も2016シーズンでは19回の出場にとどまり

オフェンシブハーフの実情を踏まえて元日本代表の10番と言えども先発で出場する回数が少なくなっている。

30回以上の先発出場を果たした中澤選手でさえ年棒は半減を提示されているのだから、19試合出場の

俊輔選手に対する評価は更に厳しかったと思う。


もとより俊輔は代表監督と衝突するケースが多く、その理由として中盤を重視して中盤に多くの選手を

置くことを希望するのだが、それは自分へのプレッシャーを減らしボールを持つ機会を増やすための

ものである。代表で10番を背負っていたと呼ばれても実質的には2006年のW杯でしか先発出場していない。

結果は0勝1分2敗で一勝も出来ない散々たる内容だった。

2010年はオランダ戦に1点ビハインドの状況で後半途中からの出場のみだった。


俊輔を中心として中盤に厚みを持たせるフォーメーションで挑んだ2006年のオーストラリア戦が

彼の代表でのキャリア、戦術、監督との兼ね合いの全てを物語っているのだろう。

日本1対3オーストラリア 逆転負け、俊輔の1ゴールのみ。

代表監督のジーコさんはこの試合の後に戦術を立て直して中盤から一人減らしディフェンスを

3バックから4バックの布陣に切り替えた。オーストラリア戦でジーコ監督の評価も下がったが、

その後ジーコさんはトルコのフェネルバフチェの監督になりチャンピオンリーグでベスト8の快挙を

成し遂げ汚名を返上している。

2016年シーズンで中村俊輔は一度だけセントラルMFのポジションに入っている。これがクラブから

暗に示された俊輔に残された最後のチャンスだろうと思われる。



経営やチーム編成にも関わるCFGは日本では聞きなれないかもしれないが、英国では高い

実績を持つ。マンチェスターシティでチーム編成に口を出し、顔の見えない支配者と批判された

事もあったが、今ではチームをリーグの強豪にまで押し上げている。彼らの大切にするものは『ビジョン』

チーム作りも編成も『ビジョン』の為である。

決して当て付けなどの処置では無い事は確かだが、横浜マリノスはカルロス・ゴーンからの10億円の

支援があって成り立っているクラブで、独立採算性と言えども他のJのクラブに比べて甘えている。

名古屋グランパスのように2部落ちしないように改革を断行するのは当然のことだ。

私は俊輔の移籍よりもCFGの『ビジョン』と手腕に注目したい。そして今のオフェンシブハーフに

必要とされることは司令塔としての役割ではなく、フィールディングと運動量だ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

F・マリノス中村俊輔移籍→ジュビロ磐田へ

2017-01-08 23:53:43 | スポーツ
横浜FマリノスのMF中村俊輔がジュビロ磐田への移籍を発表した。

俊輔は「懊悩煩悶(おうのうはんもん)の末、マリノスを離れる決断に至りました」と

発言した。何やら聞きなれない四字熟語を使って表現してましたが、『懊悩煩悶』とは

悩みもだえる意だそうです。仏教用語だそうです。堅苦しくて日常的には使用しない言葉ですな。



今年マリノスはJリーグ年間総合10位、ジュビロ磐田は13位でした。

Jリーグの名門クラブとしての面目を果たしているとはとても言い難い2チーム

マリノスは俊輔の移籍の前に契約改定で中澤佑二との契約に亀裂を走らせました。

俊輔と同じ元日本代表で同じ38歳の中澤選手は、契約で年棒半減を言い渡されたそうです。

この様子からは当然のように俊輔も大幅な年棒減額を提示されたと想像できる。

それにはJリーグではマリノス一筋にキャリアを積んできた俊輔でも納得には及ばず、

必然的に移籍への道を選択したものだと思われる。


名古屋グランパスも横浜マリノスと同様にJリーグの老舗名門クラブチームですが、

トヨタ社が完全子会社化をしたものの、収益が伸び悩み、成績も上がらず、遂には

2017年からはJ2に降格となってしまった。

Jリーグ初年度の1993年にリーグを構成していた10チームを『オリジナル10』と呼び、

加盟チームが57チームに増加した現在でもオリジナル10の内7チームが今季J1で活躍していた。

来季からは6チームになってしまうが、Jリーグ発足から今まで日本のサッカー界をけん引して

名門クラブと呼ばれ、オリジナル10は日本サッカー界のまさしく醍醐味だった。

ちなみに『醍醐味』も仏教用語です。 牛や羊の乳を精製した濃厚な液汁だそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男子バレーボール新監督中垣内祐一の事故。

2016-11-11 22:36:19 | スポーツ
バレーボール日本代表(男子)の監督に90年代のスーパーエースとして活躍した

中垣内祐一に決まった。女子の方もこれまた90年代を代表する名セッターの中田

久美氏が有力とされている。男女揃って知名度と選手時代の功績が圧倒的に高い

二人の起用となった。

今年10月の出来事、しかし東京オリンピックに向けての改革と共に新監督が

決まり、いざ走り出そうとした矢先に、新監督の中垣内祐一が交通事故を起こした。

もしも不祥事となれば、今後の処分も検討されている。僅か1ヶ月で男子バレーボール

チームが暗礁に乗り上げてしまった。

それはさて置き、日本バレーボール界の復活を考えると


1964年の東京オリンピックで東洋の魔女と言われた日本女子バレーボールの金メダル

を2020年の東京五輪でも彷彿させるべく、長年低迷の続いている日本バレーボール界の

復権を狙って中垣内祐一と中田久美にその運命を託すのは決して悪い話ではない。

しかしロンドンでは銅メダルでもリオでは8強で敗退してしまった女子。そしてリオでは

出場さえ叶わなかった男子に関しては、かなりの梃入れが必要と思われる。


実際に男子バレーボールが活躍するにはどうしたらよいのか。今や3枚ブロックを

崩さなければ勝利は遠い状況で攻撃のバリエーションが通用しない。 しかも日本の

ブロック陣は決して高い訳では無い。自分のペースを作るよりも相手のリズムを奪う方が

効果的に試合を作れる。そんな訳でサーブで相手を崩していくのが基本となっているが

サーブも強いわけではない。一体どこから始めれば良いのか解ったものではない。


ここまで来たら、オポジットを養成すべく、再びエースを海外クラブチームに移籍させる

方が話は早い。もう少し長期的に海外クラブで修業させてあげなければ、判断は難しい

それでダメだったら本当に日本が弱くなったと認めるしかない。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EU離脱からのプレミアリーグの外国人枠

2016-06-25 23:57:27 | スポーツ
本来であるならば、EU圏の目的は対外的な優位性を保つためのものだった。

今フランスで開催されているユーロ2016フットボールでは欧州の国々がヨーロッパ

チャンピオンを争う一大イベントで時にはワールドカップよりも高レベルの試合になる。


普段の欧州圏のクラブチームのルールでは欧州内の選手は外国人として扱われない。

イタリアのセリエAで活躍する日本代表の本田や長友選手などは名実共に外国人枠だが

イタリア国籍が無くともEU加盟国ならば外国人としては扱われない。EU圏の選手ならば

外国人枠を気にせずにクラブチームに所属させることが出来る。外国人枠の規定は各国の

リーグによって様々な差異はあるが基本的にはイタリアと同様に欧州リーグのクラブ

チームでは欧州の選手が外国人として扱われる事は無い。



EU加盟国の選手が同地域で国籍による枠組みで分別されるのはサッカーの国際試合のみだ。

ワールドカップやユーロカップ(欧州選手権)などの国際大会などに限定される。



今年のユーロ2016フランスでは英国の国民投票により「EU離脱」が決定した風潮を一蹴する

ようにサッカーでは英国から参加のチームが快進撃を続けている。

英国イギリス地域からユーロ2016に参加したイングランド、スコットランド、ウェールズ、

北アイルランドの4チームその内イングランド、ウェールズ、北アイルランドの3チームが

決勝トーナメントまで駒を進めている。



もしも英国がユーロから離脱した場合、これまでの通り国際大会では支障は無いが

イングランドのプレミアリーグの外国人枠に関しては英国を構成する地域と欧州の一部の

国を除いたEUの選手には外国人枠の定める規定の対象になるだろう。

つまりはFIFAランキング70位以内の国で直近2年間の国際Aマッチに75%以上出場して

いなければプレミアのチームには所属できなくなってしまう。


英国のEU離脱でプレミアリーグのクラブチームに外国人枠で所属になる国
(FIFAランキング70位以下のEU国2016年6月現在)


・キプロス      84位
・エストニア     94位
・ラトビア     104位
・リトアニア    127位
・ルクセンブルグ  146位
・マルタ      166位


幾つかこれらの国の出身選手で英国のクラブチームに所属している選手を調べても

此れと言って有名な選手は見当たらなかったのでさほど影響は無いと思う。














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニスのジョコビッチ選手キャリGS達成。

2016-06-06 23:32:22 | スポーツ
セルビアのノバク・ジョゴビッチ選手が2016年の全仏オープンで優勝を決めて念願の
キャリア・グランドスラムを達成しました。おめでとう!!!

これでテニスプレーヤーとしては最高峰の評価を得られたばかりでなく、年間グランド
スラムにも望みを繋げた。

2015年は4大大会の内この全仏以外のタイトル(豪英米)は3つ獲得していただけに全仏を
落として年間とキャリアの二つのグランドスラムに失敗したのだが、意気消沈することなく
今年は豪仏と連勝しキャリアを達成し再び年間グランドスラムのチャンスも視野に入れた。

2011年にも全仏を落としてグランド3勝で2015年にも全仏を落としてグランド3勝って
要領が良いのか悪いのか・・・・少なくとも年間を通して調子を維持できる選手ではある

しかも今年はリオ五輪の年でもしもオリンピックでジョコビッチが金メダルを獲得すると
テニス4大大会+オリンピックの最大5タイトルのグランドスラムとなる。

これを『年間ゴールデンスラム』と云うらしいのだが、前人未到のタイトルかと思いきや
1988年にドイツの女子テニスプレーヤーのシュテフィ・グラフさんが既に達成していた
快挙だった。しかも19歳での達成!!

ジョゴビッチはドイツのテニススクールに留学経験もあるので当然このタイトルの事は
知っているのだろう。それだけにモチベーションを高く維持してリオ五輪で金メダルを
狙って来て欲しい。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レスターFC対マンチェスターU 1-1の引き分け。

2016-05-02 23:09:50 | スポーツ
いやいや見ました。
マンチェスターU対レスターFCの優勝のかかった世紀の一戦。
勝てばクラブ創設以来初のプレミア優勝となる重要な試合。

こんな時に有線TVに入っていて良かったとつくづく感じる。

試合の方は後半の開始から徐々に岡崎がボールに絡むプレーが増えて
来たところで、お約束の60分過ぎにラニエリ監督の采配で交代でした。

全体的にマンUが押してました。テレビの解説ではマンUが60%近い
ボール支配率を誇っていました。

結果はこの試合では優勝の決まらない1-1のドローに終わりました。

勝てなかったのは残念ですが、この試合内容でよくぞ引き分けで凌いで
くれたと評価されるような流れでした。

レスターが優勝するかどうかは後日に持越しです。それでもレスター有利は
変わらないので、このまま次節にでも決めてくれるのじゃないかと
楽観視しています。

曲は今回の試合には出場していませんが、レスターで岡崎選手とツートップを
張るバーディー選手に良く似たVoの人。


Imagine Dragons - It's Time


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡崎選手所属レスターFC優勝をかけた一戦。

2016-05-01 20:53:14 | スポーツ
2位のチームの結果次第では今日にでもプレミアリーグ優勝が決まるレスターシティFC
日本代表の岡崎慎司選手も所属する今最も世界中のサッカーファンの注目を集めている
大快進撃を続けるのチームだ。

レスターFCの去年の成績はプレミア14位で一昨年は一つ下のリーグだった。
プレミア昇格から僅か2年目で栄光の優勝にまで手が届きそうな勢いです。

この奇跡のようなチームに日本代表の岡崎慎司選手が居る事が非常に嬉しい。
間違いなくレスターFCの快進撃は英国フットボール史上に名を残すものと思われるが
そのチームの一角に岡崎選手の名があるとその喜びも更にアップだ。

岡崎選手はドイツのシュツットガルトや日本代表のフォーメーションでは右サイドの
高い位置が主なポジションでしたが、個人的な希望はセンターフォワードだった。
その願望が独マインツで花開き、レスター移籍後にはチームに貢献度の高いFWとして
不思議な変化をした。 でもそれが彼らしくもある。

彼が得点能力ではなくチームへの貢献度の高いFWに変化した理由は英国フットボールの
シンプルさにあると考える。ドイツリーグのような組織力によるパス回しではなく、
ボールを奪うと直ぐに前線にパスを送り相手エリアへフィードする回数が物を云う
英国でのプレイには何度と無く前線へのパスの動きについていける選手が重宝される。

ビルドアップで攻撃に厚みを持たせる右MFの上がりよりもカウンター攻撃に枚数をかける
2枚目のFWのプレイが求められる。しかも攻守の切り替えが多いのでバスケットボールの
ゲームのようにフィールドでの往復を苦にしない走力が必要となってくる。

そればかりでなく岡崎選手は前へ前へと進むボールキープのスキルが格段に上がっている
足元のテクニックの向上は代表でもクラブでも存在感を強くしている。

プレミアでの岡崎選手の活躍で熊本地震の被災者が早く元気づけてくれれば良い。

もうすぐ優勝をかけた試合が岡崎選手の所属するレスターFCと名門マンチェスターUの間で
始まろうとしている。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加