井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

身支度

2018-09-22 | 和服

近々、気の張る場所に出かけるので着物を用意することにした。
出かける間際にやると、あれがない、これがない、とあたふたし、とりわけ
小物は、そこらにぽいっと置いて行方知れずのことも多いので。

そう言えば、帯に挟む銀細工の蜻蛉はどこに飛び去ったのだろう。

着物を出しながら気づいたのだが、マント、襟に蜻蛉の刺繍がある白い
長襦袢に続いて今度は、絽の羽織まで消え去っていることに気が付いた。
袖をはためかせながら、きっと宇宙のどこかに飛んで行ったのだろう。

絽は掟破りであろうが、冷暖房完備の現代、昔の約束事に
こだわることもないだろう。結局絽は見つからないので、
他の薄手の羽織にするが。

と言いつつ、着物に合う扇子も行方不明。
着物に合う羽織紐の紛失もしじゅう。

オートマティックに作動する我が家の断捨離。

コメント

秋冷

2018-09-21 | 日記

急に冷え込み、この間夜更けに近くに外出したらTシャツで震え上がってしまい、
コンビニに重ね着できるシャツを求めに駆け込みましたが、半袖しかなく
それでも、ましになりました。

今日は東京は雨で更に冷え込んでいます。ついこの間まで熱気で蒸されていたのが
嘘のようです。

街住まいなので、虫の声がせず殺風景なことです。

 

石破氏は、次の総裁選を睨んでの、負けを承知の実績づくりの
出馬だったのでしょう。マスコミは善戦と囃し立てていますが、
次の総裁と目される人に票を入れ実績作りをした議員も
いるのでしょう。不純です。と政治家に言っても純では
やっていけないのでしょう。しかし、それにしても石破氏?
私はいくつかの理由で、かなり懐疑的です。自虐史観の
尾っぽを含めて。

ぎりぎりに石破氏支持を表明した進次郎氏が、人気があるのは
解かるのですが、この方が韓国の肥料の輸入を決めた時点で
見限りました。

 

さてご要望により、秋のオフ会をささやかに持ちますが、
10月20日、ランチタイムで都心の一流レストラン個室を
予定しています。ランチなのでたじろぐほどの価格ではありません。
実費のみです。

参加ご希望の方は、別掲示板でごらんください。
掲示板のURLを忘れた人、知りたい人は
コメント欄に、HN、実名、ご住所、電話番号、メールアドレスを
添えて「非公開」として書き込んでください。

原則的に今まで3回?だったかのオフ会に参加した方。
新規の方は、これまでコメント欄に意見を表明した方。
同じくコメ欄に非公開として、申し込んでください、自己紹介も
合わせてお願いします。

予約をもうせねば、雰囲気・味をお約束できる
レストランは押さえられつつあるので、
ご意志のある方は、予約の都合上早めにお申し込みください。
告知はこれを最後にします。

URLをお知らせするメールが迷惑フォルダーに振り分けてられないか、
どうぞご確認を。

 

誤変換他、後ほど。

 

コメント

エスカレートする捏造強制慰安婦報道

2018-09-20 | 日記

中国における南京大虐殺もそうだが、韓国の慰安婦報道も
だんだん凄くなる。

当時、慰安所は11歳から15歳の幼い少女が連行されて殺害される死刑所だった
と、まで言われるようになった。

元慰安婦を演じる老婆たちが、高齢で払底して来て年齢を下げて来たのだろう。
死刑所だったのに、なぜ今日本軍の性的蛮行とやらを声高に叫ぶ
お婆さんがいるのか、と一笑に付すのは日本人だけで、こういうのが
せっせと海外に発信されると、人々は鵜呑みにする。

年端もいかぬ少女たちが誘拐されるのに、韓国の男たちは黙って
見ていたのだろうか。

戦後の補償問題が話し合われた時、慰安婦など影も形もなかったのに。

国民個人がやきもきしても、政府が抜本的な手を打たない限り、ますます
誇張、歪曲化されて行きついには、9歳、8歳の女の子が
拉致され、性的遊具にされ挙げ句、殺されたというところにまで
行き着く。

行き着いたところで、今度はおそらく変態的な性を強要され
最中に絶命した子供がいた、というごとき話になるのだろう。

現在、政府がはっきり出来ない理由の一つは捏造の慰安婦が
いつの間にか女性の人権論、売買春の是非論にすり替えられて
しまうということもあるのかもしれない。

しかし、そこを逃げずに丹念に説明しないとケリがつかない。

売買春などの国にもあること。戦地におけるそれも同様である。
日本人は管理的に営んでいたぶん、女性側の基本的人権は
保証され高給が約束されていた。

朝鮮戦争の時の韓国人慰安婦は、「第五種補給品」として物品扱いであった。
ヴェトナムで韓国兵が、現地女性にいかなる性的残虐を行ったか、
それも告発して行き続けるべきであろう。

しかし、政府はやらない。
外務省の仕事とは、軍艦島にいもしなかった強制連行の
韓国人たちがいた、とユネスコに登録させることなのか。

 

誤変換他、後ほど。

 

 

コメント

「憲法改正」にこれ以上、民意を問うても無駄ではないだろうか?

2018-09-19 | 歴史・政治

石破茂氏の「防衛論」については、自民党本部に於いて石破氏から直接、
少人数による講義を受けた身としては、石破氏のその分野における
博識なことに浅学の私は脱帽するし、個人攻撃の意図もない。

ただ、総裁選における安倍氏批判の言葉の一つには、首を傾げる。

安倍氏の憲法改正案に九条二項の削除が入っていないことへの疑義には
全面的に賛同する者ではあるのだが、しかし呉越同舟状態の
自民党に於いて九条二項削除への道は果てしなく遠い。
とりあえず第一段階として、自衛隊の存在を違憲ではないと
することが急務だとする安倍氏の姿勢が理想ではないものの、
実践的ではないだろうか。まず一段階目をクリアして
自衛隊を国軍の位置に引き上げるべきだろう。

石破氏は現状でも、自衛隊は違憲とはされていないという
意味のことを仰るのだが、学者による違憲論が一方に大手を振っている
現状、憲法に拠る明文化は必要ではなかろうか。(私ごとき
素人が憲法を読んでも、正直なところ違憲であろうと思われる)

「現実問題」として、時と場所によっては自衛隊が
甚だ肩身の狭い思いを余儀なくされているのだから。

政府見解は「憲法9条第1項では自衛戦争は放棄されていないが、
第2項の戦力不保持と交戦権の否認の結果として全ての戦争が放棄されている
とする立場をとりつつ、交戦権を伴う自衛戦争と自衛権に基づく自衛行動とは
異なる概念である」とし、「このうち自衛権に基づく自衛行動について
憲法上許容されているとの解釈、を取っているのだが牽強付会の観は免れない。

流動的な判断であり、政権が変われば解釈が変わってくるごとき危うさと脆さを
石破氏はお考えだろうか、と私ごとき素人が言うのも僭越なのであるが、国民の
一人としての素朴な危惧である。

また石破氏は、憲法改正論議がまだ尽くされていない段階で
いきなりの憲法改正への踏切りは国民に対して失礼
であろう(大意)と、おっしゃるのだがしかし国民に
これ以上、論議をやる意志と興味があるだろうか。

自民党の党是がそもそも憲法改正である。
自民党支持は、とりもなおさず憲法改正賛成票である、
というのは乱暴であるだろうが、しかし党是に掲げた
党を支持するというのは、論理的には支持とみなしても
さほどの逸脱とは、私は思わない。
何しろそのために結党された、としている党への
支持なのだから。

党の政綱として「憲法改正」が明文化されたのが
昭和30年(19551年)1月15日のことである。
実に63年がすでに経過しているのである。

これ以上、どれだけの歳月をかけて「民意」を問うのだろう?
半ば永遠に憲法改正へと民意が熟することはなかろうと
思われる。

いかに言葉を尽くそうと、政府は憲法については真実を
述べられない立場にある。「憲法は、戦勝国GHQが日本弱体化のために
押し付けた憲法である」というシンプルな事実を言える立場にはない。
「占領諸法制を再検討し」という政綱の一文が、漠然とそれを
示唆しているに過ぎない。
となれば、核心の説明を欠いたままいかに国民に説こうと、
自主的に憲法の成り立ちを学んだ国民にしか、憲法改正の必要は
理解できないだろう。

だから安倍総理の、とりあえず自衛隊を解釈などに左右されない
不動の位置づけを、という姿勢はそういう意味でも間違ってはいない、と私は思う。

以下が自民党の政綱である。この機会に読んでみるのもよかろう。
末尾の青文字が憲法改正に関する件(くだり)である。

 

党の政綱

昭和三十年十一月十五日

  1. 一、国民道義の確立と教育の改革
     正しい民主主義と祖国愛を高揚する国民道義を確立するため、現行教育制度を改革するとともに教育の政治的中立を徹底し、また育英制度を拡充し、青年教育を強化する。
     体育を奨励し、芸術を育成し、娯楽の健全化をはかって、国民情操の純化向上につとめる。
  2. ニ、政官界の刷新
     国会及び政党の運営を刷新し、選挙制度、公務員制度の改正を断行して、官紀綱紀の粛正をはかり、政官界の積弊を一掃する。
     中央、地方を通じ、責任行政体制を確立して過度の責任分散の弊を改めるとともに、行財政の簡素能率化をはかり、地方自治制度の改革を行う。
  3. 三、経済自立の達成
     通貨価値の安定と国際収支の均衡の上に立つ経済の自立繁栄と完全雇用の達成をはかる。
     これがため、年次計画による経済自立総合政策を樹立し、資金の調整、生産の合理化、貿易の増進、失業対策、労働生産性の向上等に亘り必要な措置を講じ、また資本の蓄積を画期的に増強するとともに、これら施策の実行につき、特に国民の理解と協力を求める。
     農林漁業の経営安定、中小企業の振興を強力に推進し、北海道その他未開発地域の開発に積極的な対策を講じる。
     国際労働憲章、国際労働規約の原則に従い健全な労働組合運動を育成強化して労使協力体制を確立するとともに、一部労働運動の破壊的政治偏向はこれを是正する。
     原子力の平和利用を中軸とする産業構造の変革に備え、科学技術の振興に特段の措置を講じる。
  4. 四、福祉社会の建設
     医療制度、年金制度、救貧制度、母子福祉制度を刷新して社会保障施策を総合整備するとともに、家族計画の助長、家庭生活の近代化、住宅問題の解決等生活環境を改善向上し、もって社会正義に立脚した福祉社会を建設する。
  5. 五、平和外交の積極的展開
     外交の基調を自由民主主義諸国との協力提携に置いて、国際連合への加入を促進するとともに、未締約国との国交回復、特にアジア諸国との善隣友好と賠償問題の早期解決をはかる。
     固有領土の返還及び抑留者の釈放を要求し、また海外移住の自由、公海漁業の自由、原水爆の禁止を世界に訴える。
  6. 六、独立体制の整備
     平和主義、民主主義及び基本的人権尊重の原則を堅持しつつ、現行憲法の自主的改正をはかり、また占領諸法制を再検討し、国情に即してこれが改廃を行う
     世界の平和と国家の独立及び国民の自由を保護するため、集団安全保障体制の下、国力と国情に相応した自衛軍備を整え、駐留外国軍隊の撤退に備える。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
GHQの押しつけ憲法ではないとする意見もあるが、当時の敗戦国としての実情を
鑑みれば国体の基本たる憲法作製を日本人に無条件に委ねられたとは思えない。
 
日本弱体化のために、ありとあらゆる施策を行ったGHQが憲法だけを100%
敗戦国日本の自主独立圏内に置いたと
いうことはあり得ないだろう。
 
日本国憲法の創案者はマッカーサー(GHQがと言ってもいい)であるというのは、
事実である。幣原云々他が言われるがGHQの圧制下では、傀儡に過ぎない。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
オフ会への参加希望の方で、別掲示板のURLをご存じないか失念した方のために、メールをお送りしていますが、非公開としてコメント欄に書いたのに届かないという方は、迷惑メールの中に振り分けられてないか、ご確認ください。
 
 
誤変換他、後ほど。
ローカルナビゲーション
コメント (11)

希林さんの思い出再び

2018-09-18 | 日記

そう言えば、希林さんが内田裕也さんについて語るのを
ご自宅のリビングで聞いたことがあります。

「離婚しないのよ。私があの人のお骨を拾わねば」だったか、そういう
内容でした。

随分以前のことで、そのうち「私のほうが先に逝く」に変わられた
ように報道で読みましたが、私が直接うかがったのは「お骨を拾わねば、
他にいないから」
でした。

当時人気絶頂期にあった加勢大周くんと食事をする席に
希林さんをお呼びしたらまだ少女だった娘さんを
伴われ、娘さんが加勢くんのファンだとかで
「せっかくだから一緒にお食事を」と私が言ったのですが
「いえ娘は加勢さんの会えただけでいいので」と固辞され
娘さんを一人で帰され、厳しくしていらっしゃるなあ、と
思ったのでした。

最後まで仕事をされ、ご家族に看取られながらご自宅で旅立たれ、
見事な一生だと感じます。少々早すぎる感はありますが、
でもたぶんそれがベストタイミングだったのでしょう。

「私は気枯れた(衰えた)人や場に活気を与える」星の下に生まれた、という
ことを何か宗教的な言葉でおっしゃったような、おぼろな記憶。

 

   ------------------------------------------------------------------

三田佳子さんからメールで、19日に「過保護のかほこ」という
ドラマに夢のシーンで少しだけご出演とのこと。その後は
GINZA6での公演、明治座の朗読劇と続きしんどそうですが
私に術後の経過を気遣うメールをくださる気力がおありなら、また乗り切られると
思います。

 ---------------------------------------------------------------------------------------

さて、オフ会のご要望があり幹事さんは10月のいずれかの土曜日を
考えていらっしゃるようです。

ご参加は、原則としてこれまで参加経歴のある方、として・・・・
新規でご参加希望があればこれまでコメント欄に意見を
書き込まれた方・・・・
別掲示板に日時の告知がいずれあるので、そちらを
御覧ください。

参加経歴のある方で、掲示板の場所を知らない方は
非公開と注釈してコメント欄にHNと実名、ご住所、電話番号
メールアドレスを添えて

添えてお申込みください。新規のお方も同じく。新規の
方は自己紹介コメントをお願いします。

煩瑣ですが皆さんのセキュリティのためです。ご理解を
賜りますよう。折返し、掲示板のありかと暗証を
お知らせします

⇒ 10月20日13時前後開催のようです。

コメント (4)