きんちゃんのぷらっとドライブ&写真撮影

「しんぶん赤旗」の記事を中心に、政治・経済・労働問題などを個人的に発信。
日本共産党兵庫県委員会で働いています。

PM2.5大気汚染 国内発生源対策を 国が指針も自治体予算なし

2013-03-31 19:07:21 | 環境問題について
PM2.5大気汚染 国内発生源対策を 国が指針も自治体予算なし

PM2.5(別項)による大気汚染に市民の不安が広がっています。環境省は専門家会合の結果をまとめて2月末、注意喚起のための暫定的な指針を出しました。(浜島のぞみ)


PM2.5の大きさ(東京都ホームページから)

環境省は「今回の事象は大陸からの越境汚染と都市汚染の影響が複合している可能性が高い」として自治体に測定強化を求めています。今回の暫定基準値は1立方メートルあたり日平均値70マイクログラムで、これを超えた場合の行動目安として「不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす」などとしています。
群馬県では3月上旬から住民に外出時の注意喚起情報を出すことになりました。
同県には現在、ひとつ約400万円の測定器が3台あります。
県環境保全課大気汚染係の田子博係長は「県内に注意喚起情報を出すにはあと最低2台の増設が必要で、早期に整備することになりました。ただ、光化学オキシダントの注意報を出す場合は県内14台で測定したデータをもとにしています。同等の体制にするにはさらにあと9台が必要です」といいます。
しかし測定器購入に国からの財政支援はありません。各県の担当者は「予算の裏づけなしに測定強化を言われても」と頭を抱えます。
「九州とは異なり、関東地方で測定したデータで中国からの影響が主原因になることはほとんどありません」と田子さん。大気汚染物質の測定・分析に15年間、たずさわってきました。田子さんは「発生源を科学的に調べないと必要な対策を間違ってしまう可能性があります。国が自治体の測定データを解析して有効な対策を打ち出してもらいたい」と要望します。



幹線道路をとぎれなく走る車=東京都内

暫定基準は乱暴すぎる
国が暫定日平均値を2倍もの値にゆるめたことを批判するのは、東京大気汚染訴訟弁護団の西村隆雄弁護士です。「そもそも環境基準値は日平均値35マイクログラムです。このレベルを超えると、ぜんそくなど呼吸器疾患や循環器疾患(冠動脈・脳血管疾患、脳梗塞、うっ血性心不全)による受診、入院や死亡が増加することから決められました。暫定基準はあまりに乱暴です」といいます。
西村さんは、東京都が発表しているPM2.5発生源のデータから、都内および関東6県の人為発生源のうち34%を自動車が占めていると読み解きます。
2011年度の東京都における年平均値の測定結果は、自動車排ガス測定局(沿道)12局中で環境基準を満たしたのはゼロ、一般測定局(非沿道)16局中で2局のみでした。
「PM2.5対策としてディーゼル自動車対策や新車の排ガス規制強化、都心部への流入規制、ロードプライシング(流入車課金)の導入による自動車交通総量の削減などの対策が急務です」と西村さんは話します。

自動車排ガス寄与は明らか
50歳でぜんそくを発症した、東京公害患者と家族の会の増田重美事務局長(62)の話
PM2.5は欧米では早くから注目され測定、規制対策がとられてきた汚染物質でした。日本では私たち東京大気汚染訴訟の和解協議で初めて環境基準の設定に向けた検討が約束され、ようやく2009年9月に環境基準が設定され、測定体制の整備が進められてきました。
自動車排ガスの寄与は明らかで、原因物質をとりのぞく対策が必要です。行政が必要な規制や指導をしなければ企業は動きません。
公害の被害防止と根絶一のために設置された環齢境省は本来の役割を果たすべきです。

【PM2.5】
直径2.5マイクロメートル以下の微小粒子状物質で大気汚染の原因となり、吸い込むと体内の深部に入り込み、肺がんやぜんそくなどを引き起こします。日本では2009年、環境基準を1立方メートルあたり日平均35マイクログラム以下、かつ年平均15マイクログラム以下と決められました。

「しんぶん赤旗」日刊紙 2013年3月31日付掲載


PM2.5と言えば中国・北京の大気汚染が問題になっていますが、日本の都市部でも結構深刻な汚染が発生しているんですね。マスコミは中国のことばかり騒ぐので知りませんでした。
かつて60年~70年代に自動車公害が問題になった際に、政府が排気ガス規制をして、自動車メーカーもそれをクリアーする技術を開発しました。当時からくらべると排ガスもずいぶんきれいになっているはずなんですが…。
なにせ、自動車の台数が多いですからね。更なる排ガス規制や自動車の乗り入れ規制などが必要になっているのですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「4・17神戸討論集会」 建設的な意見交換とは無縁 日本共産党は実行委に不参加の回答

2013-03-31 13:11:09 | いろんな取組み
「4・17神戸討論集会」 建設的な意見交換とは無縁 日本共産党は実行委に不参加の回答

日本共産党中央委員会は3月29日、4月14日に神戸市内で予定されている「とめよう壊憲!護憲結集!討論集会」の実行委員会代表にあてて、同「集会」への参加要請に応じられないとする全文次のような回答を送りました。

「4/14とめよう壊憲!護憲結集!討論集会」への参加案内を頂きました。「4月14日・神戸市勤労会館で開催される集会」での「忌愕(きたん)のない意見交換」に参加をとのことですが、以下の理由で、日本共産党は、この「集会」には参加しません。
案内文書によれば、この集会では、広原盛明氏(都市計画・まちづくり研究者)が「講師」として60分の「提言」をおこない、参加を要請されている四つの政党(日本共産党・社民党・新社会党・緑の党日本)がそれぞれ15分発言した後、「フロアー討論」「集会まとめ」をそれぞれ60分、10分でおこなうというのが、「集会」の内容です。
案内文書は、「集会」で特別の時間を与えられて話す広原講師について、「革新政党の不振と衰退は目を覆うばかりだ」などの表題もあげて氏の「精力的な発言」に言及し、「私たちは、広原提言に多くの示唆を受け…」などとのべたうえで、「講師紹介」では、広原氏のブログから次のような一節を紹介しています。
―(「革新政党」が総選挙で)歴史的な惨敗・大敗を喫した…にもかかわらず選挙総括が現実を直視したものになっておらず、その体質に絶望に近い気持ちを抱かざるを得ない…/選挙総括にはいわば政党の未来がかかっているのであり、キチンとした総括ができない政党には「未来がない」と言っても過言ではない…。
そのブログでは、広原氏はさらに次のようにも言っています。
―“護憲戦略”を再構築する…ためのまず第一歩として…公開討論会形式にして革新政党の選挙総括や参院選方針の問題点を有権者の間で広く議論する、「外部第三者委員会」といった形で党外に選挙総括を依頼し、党独自の題点を探り出す…。
政党が正規の機関で決定した総括や方針を、公開討論で変えさせようなどというのは、政党の自主的活動への不当な介入、干渉に他なりません。今度の「集会」はこの「広原提言」を受けて、広原氏を「講師」に、政党代表と「忌揮のない意見交換」をおこなおうというものになっています。このような「集会」が憲法改悪阻止の国民的共同を広げるための建設的な意見交換の場になりえないことは明白です。
いま、護憲を掲げる政党や市民にとって必要なことは、思想・信条・党派の違いを超えて、憲法改悪反対の国民多数派の結集、改憲派を圧倒する世論形成に全力を尽くすことです。日本共産党は、そうした確固とした方針のもとに奮闘していることを申し添えます。

「しんぶん赤旗」日刊紙 2013年3月31日付掲載


この集会は、思想信条や党派を超えて憲法改悪反対の運動を進めて行く上では逆に障害になる、運動の枠を狭くしてしまうということになりかねません。一地方の集会として軽視できないという事で、中央委員会名で不参加の回答と「しんぶん赤旗」紙面での公表となったのでしょうね。困ったものです。
コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

阪神淡路大震災の被災者が入居する借上災害公営住宅 「私は転居しません」のステッカーができました!

2013-03-29 23:11:01 | 震災・災害・復興・地震&災害対策など
阪神淡路大震災の被災者が入居する借上災害公営住宅 「私は転居しません」のステッカーができました!

18年前の1995年1月17日。阪神淡路大震災。被災者が入居する災害公営住宅が不足したため、兵庫県や被災地の市が民間のマンション、UR都市機構(当時は公団住宅)などを借り上げて県営や市営の災害公営住宅としました。地主と交渉して平屋の家をつぶしてマンションを建てて災害公営住宅としたところもあります。

といっても、本来なら兵庫県や各被災地の市が用地を確保して災害公営住宅を建てるべきところを、被災直後ということで用地の確保が困難で民間や公団の住宅を使ったというもの。
それはそれで、被災者のニーズに応えるものでよかったのです。


問題はその後の対応の仕方。
宝塚市などが継続入居を決定する中、兵庫県や神戸市などは追い出しを迫っています。

障害者や80才以上は継続入居させるなどと運動の成果はありますが、基本的は追い出しの姿勢は変えていません。
入居者にとっては、借り上げの災害公営と普通の災害公営でも同じこと。借り上げの期限が20年と言いますが、引き続き借り上げるか買い取るか。

被災者の立場に立ってほしいと思います。

借り上げ住宅 転居しません_01
借り上げ住宅 転居しません_01 posted by (C)きんちゃん

借り上げ住宅 転居しません_02
借り上げ住宅 転居しません_02 posted by (C)きんちゃん

ステッカーをドアに貼って「私は転居しません」とアピールしましょうネ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兵庫県小野市で「福祉給付制度適正化条例」、いわゆる生活保護費のギャンブル使用監視法案が可決成立

2013-03-27 20:51:46 | 予算・税金・消費税・社会保障など
兵庫県小野市で「福祉給付制度適正化条例」、いわゆる生活保護費のギャンブル使用監視法案が可決成立 【3月27日】

その「福祉給付制度適正化条例」には、生活保護の受給者を対象に、過度なギャンブルによる給付金の無駄遣いを戒める条文がある。
さらに市民に対しては、そうした給付金の無駄遣いの現場を発見したときは、「速やかに市に情報を提供するものとする」と、情報提供を市民の責務としている。
4月1日から施行されるこの条例に小野市民は「監視するというのは、抵抗がありますよね。実際あっても、多分、通報とかはしないと思いますけどね」、「あまりにも目に余るようなことであれば、(通報)しますけど。実際、その方の生活はわからないので、できないですよね、なかなか」、「条例という雰囲気をつくったら、たぶん(通報)するんと違う?」、「通報するのは義務なんでしょうけど、人間生きていたら、何かしらの、いろんな理由があって。違う方面から、手助けする方法もあるのかなと」、「実際、誰が受給しているかわからないので、通報のしようもないですけど」などと語った。
【FNNニュースより】


兵庫・小野市で生活保護費無駄遣い禁止条例 情報提供は「責務」 【FNN・動画付】

生活保護費の浪費禁止条例を可決 兵庫・小野市 【神戸新聞】

生活保護費の使い方は、その人その世帯によって自由のはず。
無駄遣いと言っても千差万別です。テレホンショッピングなどで無駄遣いしたり、お酒びたりになったり、携帯やパソコンのネットサービスの課金、株や先物取引などでの損失…。
その中でギャンブルだけを特別視するってのはどうもおかしい。

無駄遣いしてしまうっていうのは、本人の意志の問題というだけでなく、メンタルな面や健康面、生活基盤などの背景があると思います。

それをトータルにケアしていくのが生活保護の本来のあり方です。監視だけで解決されるとは思いませんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸市北区の市バスが民営化されるって! 敬老パスはICカードで継続するって言うが…

2013-03-25 22:03:23 | 公共交通・安全について
神戸市北区の市バスが民営化されるって! 敬老パスはICカードで継続するって言うが…

神戸市交通局では、「神戸市営交通事業 経営計画2015」の一環となる、官民一体となった効果的な運行を目的として、5月1日より、北神、鈴蘭台エリアの市バス路線を民営化する。
【神戸市交通局、北神、鈴蘭台エリアの市バス路線を5月1日より民営化】(レスポンス)


北神エリアについては、60系統、62系統、63系統、67系統を阪急バスに移譲。68系統、69系統を神姫バスに路線移譲予定。
鈴蘭台エリアは、61系統、150系統、158系統を阪急バスに路線移譲予定。


【神戸市バスの系統一覧】です。

【北神エリア】
60系統:岡場駅 (一部は藤原台北町2丁目(済生会病院)まわり)~有野公園前→東有野台3~東有野台
62系統:有馬中学校前~五社駅前→切畑公園前→岡場駅~藤原台北町2
63系統:五社駅前~有野台会館→有野公園前~五社駅前
67系統:岡場駅~柳谷公園→藤原台南町~岡場駅

68系統:岡場駅~藤原台北町5→北神星和台→鹿の子台小学校前~神鉄道場駅
69系統:岡場駅~藤原台北町5→吉尾インター~フルーツパーク


【鈴蘭台エリア】
61系統:神戸駅南口~平野→高座金清橋(一部新開地まわり)~鈴蘭台
150系統:神戸駅前~新開地→湊川公園→菊水町10→ひよどり台→しあわせの村~西鈴蘭台駅前
158系統:谷上駅~西鈴蘭台駅前→星和台~しあわせの村


これって、神戸市北区でもけっこうドル箱の路線ではないですか。
儲かるところを民間に払い下げて、赤字の路線を廃止する魂胆がミエミエです。
許されませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加