みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

医者自身が癌になったら、抗がん剤、三大療法は受けず!命を賭けたギャンブル!食事療法・食養に走る!

2015-04-17 23:27:18 | 健康
医者自身が癌になったら、

抗がん剤や、三大療法は受けず!

命を賭けたギャンブル!

食事療法・食養に走る!

ブログランキング・にほんブログ村へ

医師は抗がん剤の限界を熟知している。知らないのは患者だけ。


抗がん剤治療は確率の悪い、命を賭けたギャンブル!効果有効例は、160人中たったの6人!月刊宝島/ 2500人以上のがん死に接してきた、元消化器がん外科専門医・現ホスピス科医の切実な警告!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します












ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

医師は、「抗がん剤の限界」を熟知している。

知らないのは、患者だけ。


  (自分のガンには抗がん剤を使わなかった医師)

 渋民中央病院院長 清水妙正著

 「医師が確信した ガンを驚くほど治す6つの効ガン食品」 メタモル出版

 しかし医師の多くはすでに熟知しているはずです。ガン三大療法は、そのどれをとっても、原則としてガンという疾患を平癒させるに適切なものではありません。少なからぬ医師が察知しているはずです。大きくは代替療法とくくられる方向にこそ、より適切なガン治療の道が開いているのです。
 私は確信しています。
 もしもあのときに現代医療によるガン治療を受けていたなら、私は数カ月のうちにこの世から去っていました。医師としての経験からみて、この点に疑いはありません。

 もちろん三大療法を拒絶したまま何の手立ても講じないでいたなら、やはり短期間のうちに死にいたっていたはずです。

 三大療法を拒絶し、なおかつ私なりの代替療法に専念したからこそ、私は今もこうして元気に過ごせているのです。

  ちなみに、渋民中央病院院長 清水妙正医師が使用した「D-フラクション」は、マイタケ・プロダクツ社の「グリフロン D-フラクション」でした。当時、「マイタケMD-フラクション」などは存在していません。

 1999年11月10日 第1刷発行 メタモル出版 清水妙正著 「医師がすすめる起死回生の抗ガン食品」 64ページなどに、「D-フラクション」とあります。当然、「MD-フラクション」などではありません。また、71ページには、「自身のガンの治療に専念していた当時、私がのんでいたD-フラクションはアメリカから逆輸入されたものだった。」とあります。

 医療の「裏事情」

  多くの医師がガンに侵されていますが、彼らのうちの聡明な方々は、 決して自分の患者にしているような治療は受けません。 中国に行ったり、サプリメントや民間療法などで治しているようです。

 農家は、自分が食べる作物と出荷用は別に育てていますが、 医者もまた同じなのです。

  私の叔父は内科医で、あなたと同じように「健康食品はハッタリ」論を偉そうに展開して、患者には絶対にやらせないスタンスでしたが、自分が腎臓ガンになったときは、そりゃもう知人の医薬品関連の業者に、なんか見たこともないような健康食品(アンプルに入っていた)持ってきてもらって、一日に何回も飲んでました。(掲示板投稿者)
 
(無知な外科医・懺悔)

 (抗がん剤で)「治らないガン」

ガン医療の現場で使われる言葉 エビデンスEBM(Evidence)

抗癌剤治療は有効に効いても長生きできない!? (奏効率)

 「治療の苛酷さが悲惨」

 がん幹細胞 (抗がん剤が効かない理由)

 立花 隆 「がん 生と死の謎に挑む」 (文藝春秋)

「結局、抗がん剤で治るがんなんて、実際にはありゃせんのですよ」と、議論をまとめるように大御所の先生がいうと、みなその通りという表情でうなずきました。僕はそれまで、効く抗がん剤が少しはあるだろうと思っていたので、「えー、そうなんですか? それじゃ『患者よ、がんと闘うな』で近藤誠さんがいっていたことが正しかったということになるじゃありませんか」といいました。すると、大御所の先生があっさり、
「そうですよ、そんなことみんな知ってますよ」
 といいました。

抗がん剤 ( 化学療法 )

 1990年、アメリカ議会に提出された技術評価局報告書は、「抗がん剤、放射線などは病巣を一時的に縮小させるが、この縮小は無意味であり、延命効果が認められないうえに、患者の生活の質を悪化させる」と断定しています。

 抗がん剤を使うと、がん細胞が急速に抵抗力をつけ、かえって悪化するだけでなく、患者の免疫や肝臓などの機能に壊滅的打撃を与えるという意味です。 

 厚生省の研究班も、手術後の抗がん剤使用について「延命効果、生活の質の向上効果がない」と認めました。(1998年)

 抗がん剤は、1割のがん(小児がんなど)にしか効かないことを専門家も認めています。また、日本で認可されている抗がん剤の半分以上が、欧米では認可されていません。特に、経口(飲み薬)抗がん剤(フルオロウラシル系)は、欧米では使われていません。

< 抗がん剤が効くがん ・・・ 小児急性白血病、悪性リンパ腫、小児がんなど>

 日本で、抗がん剤が医薬品として認可されるためには、臨床試験で、奏効率が2割でよく、その際、治癒効果、延命効果などは、考慮されません。

 奏効率が2割とは、2割の患者が、4週間以上腫瘍の大きさが半分以下になればよいということです。つまり、8割の患者に無効でも、4週間だけの効果でもよいということです。

 抗がん剤投与により引き起こされる嘔吐などを抑制するため、制嘔吐剤が使われています。抗がん剤の有害性を助長するものです。

 「小児がん  新たなリスク」 成長後に「晩期合併症」 NHKクローズアップ現代 2011年1月31日放送

 抗がん剤の副作用(治療死)

  * 医療事故 抗がん剤を2倍投与し、患者死亡。 (2004年4月30日 読売新聞)

 癌や肉腫の治療では「治す」「治る」にこだわるのは危険

(大阪大学名誉教授 理学博士 堀尾武一先生のホームページ より)

 「転移しているかも知れないので、抗癌剤を投与する。」という医者の意見をしばしば聞きます。
バクテリアに対する抗生物質の場合と異なり、複数種の抗癌剤を組み合わせて投与しても、効果の増大は期待できません。
抗癌剤投与は免疫系などの自己防御機構の低下、肝臓障害などの重篤な副作用を引き起こし、以後の人生の質を劣悪なものにします。
その上、腫瘍細胞は、現在までに開発されている全ての抗癌剤に対して、迅速に抵抗性を獲得します。
しかも、1 種の抗癌剤に対して獲得した抵抗性は他の種類の抗癌剤に対しても同様に有効です(抗癌剤に対する多剤耐性)。
抗癌剤によって引き起こされた自己防御機構の低下した状態では、残存している、抵抗性を獲得した腫瘍細胞は、より速く増殖します。
「抗癌剤投与によって、腫瘍塊は小さくなったのですが、残念ながら・・・」という意見は非科学的です。
 

米国では、抗がん剤にしますか、代替医療にしますか、と患者に選ばせる段階になりました。

 (全米に衝撃を与えたハーバード大学医学部アイゼンバーグ博士のレポート)  教育のある人ほど、収入のある人ほど、代替医療に行っている。

  しかし、日本では、人命がかかっているというのに、「抗がん剤の副作用」を論じる、がん関連のベストセラーの一冊も読まず、言われるままに抗がん剤を受け入れる人が多いのは、残念なことです。

近藤誠著 「新・抗がん剤の副作用がわかる本」 三省堂

 平和病院(札幌) 石塚玲器名誉院長 ( 「ガン治療医11人の証言」 現代書林 )

 長年ガンの治療をしてきましたが、抗ガン剤を使って万々歳というケースはまったくありませんでした。ゼロですね。

 結局、副作用ばかり目立って、やればやるほど問題がでてくる。経口の抗ガン剤は投与量が増えると、必ず胃腸障害がでます。食べたくないし、舌にコケが生えてくる。

 帯津良一 帯津三敬病院院長

 例えば抗がん剤などはほとんど使わない。一般に何かというと抗がん剤が使われる傾向があるわけですが、それを嫌ってこの病院へ転院してくる患者さんがすごく多い。私自身は抗がん剤を否定するわけではなく、適応があれば使いますが、それはきわめてまれです。

 新潟大学 竹内正七名誉教授(日本癌治療学会名誉会長)
 
免疫能の廃絶している症例

  「がんの化学療法や照射療法を徹底してなされた後の症例は免疫療法に反応し難い。免疫能の廃絶を厳密に定義することは難しいが、このような患者は免疫能がボロボロになっていて、廃絶に近い状態になっていると推定される。このような場合、先ず免疫能の回復が可能か否かが問題になる。」

 http://www.yscbrp.com/Tpage/tframeset.html

 宮城県立がんセンター 海老名卓三郎免疫学部長 (「月刊がん」2001年4月号より)

免疫療法と化学療法の併用は効果なし

 「大量の化学療法とか放射線療法をやると免疫担当細胞が少なくなってしまうので、免疫療法と化学療法の併用だと相殺されて効果が出ないのです。」

 某掲示板、看護婦(看護師)さんの投稿より

  私は、某病院に勤務する25歳看護婦です。私の勤務する病院では、腹膜播腫(ふくまくはしゅ)のある患者さんの手術を行っており、また、術後にTS-1などの処方、積極的な化学療法(抗がん剤)も行われています。広範囲に転移がみられる患者さんに対しても手術や化学療法を行うことについて、いろいろな思いがあります。

 広範囲に切除する手術にしても、化学療法にしても、患者さんにはかなりの苦痛が伴います。まだまだ経験年数は少ないかも知れませんが、私は苦しむ患者さんを多く見てきました。こんなに苦しまなければならない必要があるものなのか、どうにかならないものか、とも思いました。患者さんだけではなく、私たちも苦しいものです。(以下略)

 TS-1(ティーエスワン)

 術後補助化学療法として,本剤の有効性及び安全性は確認されていない。

 外科医 小野寺時夫 著  中公新書ラクレ

「新 治る医療、殺される医療 医者からの警告」 より

 抗がん剤が効くのは一部のがんだけ

  抗がん剤はどんな臓器のがんにもある程度効くと思っている人が、一般の人は勿論医者の中にもいるが、残念ながらそうではない。抗がん剤が明らかに有効ながんは、全てのがんの一割程度に過ぎない。

 この一割という意味は、たとえばどんな臓器のがんでも十人に一人位しか効かないということではなく、がん全体の数の一割位を占める限られた臓器のがんにしかよく効かないということである。

各群の抗がん剤療法の問題点

 抗がん剤の効果が期待できないことが多いにもかかわらず、漫然と投与されていたり、副作用の強い多剤併用療法が安易に試みられていることが少なくない。

 手術後の再発予防や食事のできる進行がん患者に、経口抗がん剤の投与が高頻度に行なわれている。しかし、今日まで効くという証明はなく、抗がん剤に関する知識が本当にある医者の多くは、その効果は期待できないと考えている。

抗がん剤療法を受けるのは慎重に

 医者が「効く」というときは、がんが縮小したり症状が一時的に改善することもあるという意味で、治るかもしれないとか治らないまでも長い間延命するかもしれないと患者側が考えがちなこととは、大きく食い違っている場合が多い。医者が最善を尽くすということは、患者への気休めに、効かないだろうけれども抗がん剤を試してみる、といった程度であることが少なくない。

効果が確認されていない経口抗がん剤の使用

 術後再発予防のための抗がん剤投与は、肺がんや食道がんでの静注投与でも未だ効果が得られていない。胃がんに関しては、初めて信頼できる調査結果が平成十年二月に厚生省研究班から発表されたが、やはり有効性は否定されている。

 効果が認められていない薬をもらうために、何十万人もの患者が精神的に半病人になりながら二週間ごとに何年間も通院し続けているのは世界中で日本だけである。

医者が抗がん剤を使いたがる理由

 無知なためか経営を考えるためか、重体の末期がん患者に亡くなるまで抗がん剤を投与し続け、むしろ副作用で死期を早めているのではないかと考えられるような使用例も珍しくない。

 がん生存者に、二次がんのリスク

( NCI発行 「National Cancer Institute」 2005年9月21日号 )

  この研究は、北米および欧州の14の腫瘍登録から得た、精巣がん患者4万576例のデータに基づくもの。精巣がんの診断後、10年以上経過した男性患者を評価したところ、比較的晩年にがんを発症した一般集団に比べ、二次がんの発症リスクが実質的に高く、少なくとも35年間リスクが継続することがわかった。このリスクの大部分は、原発(一次)がんの治療が引き金となって、副作用として後年発症したものであった。

 ちなみに、1989年、15万人の患者を対象にした米国国立がん研究所(NCI)の調査報告書は、抗がん剤はがんを増やすと断定しています。

 ( 参 考 )

 「がん病棟の真実」  がんの治療現場で何がおこなわれているか

医療法人慈繁会土屋病院外科部長 土屋 繁裕(つちや しげひろ)著 経済界

 FDAがアバスチンの添付文書から乳癌への適応取り下げを決定
-乳癌患者における薬剤の安全性および有効性が示されない結果となる-

腫瘍血管新生阻害剤はがん転移を促進する

 がん告知

本当の、セカンドオピニオン、善意の家族に殺される、がん患者

 がん患者学

 手術による合併症・後遺症、抗がん剤・放射線の副作用、治療死など、悲惨な医療の現状に対して、患者側も、根本的な発想の転換が必要ではないでしょうか。
 
http://www.d4.dion.ne.jp/~doi-jimu/ishi.htm


詳細はこちら↓↓
医師は抗がん
剤の限界を熟知している。知らないのは患者だけ。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

医者が癌になると、三大療法

(抗がん剤・放射線・手術)は

避けて受けず、健康食品に走る!


現役のお医者さんが癌になった場合、どのような癌治療を選択しているのか・・・ 【医者が癌になると、三大療法(抗がん剤・放射線・手術)は避けて受けず、健康食品に走る!】

自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌と食養 ☆★☆ 

現役のお医者さんが癌になった場合、どのような癌治療を選択しているのか・・・ 【医者が癌になると、三大療法(抗がん剤・放射線・手術)は避けて受けず、健康食品に走る!】

2014/08/04 00:00

 この記事は、「ガンに対する、もう一つの考え方」サイト様からのご紹介です。

 現役のお医者さんが癌になった場合、自分たち医者が常日頃、癌患者に対して当たり前顔して勧めている三大療法(抗がん剤・放射線・手術)は受けずに避けて、「健康食品」に走り、それでしっかりと(ちゃっかり)癌を治している、という実情をお話しされています。

 この記事にあります内容は、今ではよく知られるようになった「お医者さんの実情」です。

 すでに多くのお医者さんが、出版物を通してこの記事に付随する内容を打ち明けていますし、いろいろなところで暴露しています。それらに絶対共通するものが『食事改善(食事療法・食養)』です。

 癌になったら(癌が発見されたら)必ず『食事改善(食事療法・食養)』をすること。
 これは、今では多くの著名な医学博士や医師、医療関係者が、共通して叫ぶようになっている事実です。
 これはもはや、癌治療の「絶対常識」です。これが理解できない方は、かなり遅れている方です。
 食養・食事療法・食事改善は、癌治療における最低限のマナーなのですね。

「ガンに対する、もう一つの考え方」サイト様には、ゲルソン療法の開発者である「マックス・ゲルソン」医学博士の次の言葉が載っています。

 『医学界は、腫瘍のみがガンだと錯覚している。
  これが最大の間違いで、ガンの腫瘍はガンの症状の一つであっても、ガンの全てではない。
  ガンとは、ガン細胞や腫瘍を生み出すような「体全体の栄養代謝の乱れ」なのだ。
  そして、ガンとはすべての病気の中で、最もひどく栄養代謝の乱れた病気である。
  腫瘍に目を向けるのではなく、体全体の栄養代謝を正せば、それでガンは治る。』

 これは『癌の正体は “癌体質” である』ということを言われています。
 つまり、『癌は “部分病” ではなく、“全身病” である』ということを説明している言葉です。
 体の中に生み出された「癌の塊」だけをいくら突いても(薬で殺しても、手術で取り除いても)根本的な解決には一切ならず(根本的に癌は治らず)、『癌体質(体内に癌を生み出してしまう体の状態)』になってしまっている “体全体” を内側から改善しなければ、癌は決して治らない!ということを、ゲルソン博士は言われているのです。
 あの時代に、ここまで『癌の真相』を見抜いていたゲルソン博士は凄い人です。
 だからこそ、権力の放った刺客によって、ゲルソン博士は絶頂期に暗殺されてしまいました・・・。
 いつの時代も、『癌の真相』を世間にバラしてしまう指導者は、権力にとっては目の上のたんこぶなのです。

 この『癌体質』を改善する上で、絶対に必要であるのが『食事改善(食事療法・食養)』です。
 『食事改善(食事療法・食養)』なくして、『癌体質』を改善できることはあり得ません。
 (『癌体質』につきましては、「癌の正体は「癌体質」(癌は全身病)」カテゴリを参照されてください )

癌は部分病ではなく、体全体が『癌体質』になっているからこそ「癌になる」のだから、癌は『全身病』である! 『癌体質の改善』に主眼を置いて『自己療法』を実践して! : 癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌は『慢性代謝病』が原因ゆえ、腫瘍を取り除いても、癌を除去したことにはならない 【『癌体質』に関する考え方:癌の「木」に生る実が「癌の塊」である:枇杷葉温圧 】 : 癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

 この記事で頻出する「健康食品」という手段は、『食事改善(食事療法・食養)』をしているその上で活かすのでなければ、大きな効果を発揮させるのは難しいです。
 癌を生み出す体にしてしまう現代食を毎日貪っていながら、いくら「健康食品」だけを取り入れていたところが、元が正されていないのですから、まったくお話しになりません。「健康食品」の効果を最大限に引き出すためには、やはり『食事改善(食事療法・食養)』という母体(土台)を得ていることが必要条件です。

 これは、例えて言えば、部屋の掃除をまったくせずして(部屋が臭うからと言って)消臭スプレーだけを撒くのと同意です。まずは、臭いの出元を正しましょう! お願いですから大掃除してください・・・(涙)
(とりあえず、部屋の大掃除からスタートです! それができたその上で、安全な消臭スプレーも活かしましょう!)

 体内に「癌を生み出し発生させている」根本原因となっている『癌体質』という「癌の大元」を改善しないことには、癌の根本解決に成り得るわけが無いのです。元と末の関係を見れば明らかです。
(ここは「中国古典の名書『大学』から見つめる、癌と癌治療の「本」と「末」」記事を参照されてみてください)

 医者に勧められたからと言って、抗がん剤や放射線に安易に走るのではなく、抗がん剤や放射線の使用はよくよく調べ尽くした上で「自己責任」でご判断ください。その結果を享受せねばならないのは、癌患者さん本人なのです。

 抗がん剤や放射線を使用すれば、癌は確実に悪化していきます。
 抗がん剤や放射線で癌が一時的に縮小するのは「一時の慰め」に過ぎず、その後は「津波のように」癌は以前より勢力を増してくるでしょう(増癌します)。
 津波が、第一波よりも第二波のほうが、第二波よりも第三波のほうが、以前よりも勢力を増して強くなるのと同様に、抗がん剤と放射線を使えば使うほど、最初の癌が可愛く見えてくるほど、癌の勢力はどんどん増すばかりになるのです。これはすでに、科学的に明らかとなっている事実です。ご自分でしっかりと調べ尽くしてください。
 できれば、まず「抗がん剤・放射線 の真相」カテゴリの記事をすべてご覧になってみてください。

 医者は、癌患者さんが抗がん剤や放射線を使用したことが原因して「癌が悪化して」亡くなったとしても、本当には何も困らないんですよ・・。医者は癌患者がいくら亡くなろうとも、ま~ったく困りません・・・。
 多くの医者が、癌医療ビジネスの売り上げが倍増するように仕組まれているだけの「癌治療ガイドライン」通りに動いているだけですし、ましてや、大学病院の医師などは、癌患者に抗がん剤・放射線・手術をやらせればやらせるほど、大学病院で「自分の点数が上がる(つまり、大学病院での「自分の出世」につながる)」のですから、まるで「売り子の販売員のように」癌患者に対して抗がん剤や放射線を勧めてくるのです・・・。

  「あの先生は雰囲気がとっても良い先生で、態度が懇切丁寧だし、いつもお声をかけてくれるし・・、
   あの先生が抗がん剤や放射線を勧めてくれるのだから、間違いはないのではないかしら・・・」

 ちょ・・、ちょ~ッと待ってください!
 そんな理由で、抗がん剤と放射線の使用を決めてしまうのですか・・・(涙)

 今、世に著されている「抗がん剤と放射線の実態を暴露する、すべての図書」を読破すれば、そのお心が如何に「幼稚な判断」であったかがお分かりになるでしょう。抗がん剤や放射線に対してまず勉強不足であり、そのような判断をしてしまう自己の心が「幼稚」以外の何ものでもなかったことが、恐怖心と共にお分かりになるはずです。
 このような判断しかできない癌患者さんは、自己の「幼稚さ」を早くご理解ください!
 そして、学びと共に大急ぎで改心されてください・・、『無知の罪』を自ら生み出してしまう、その前に・・・。

 その医師の「姿(うわべの姿)」ではなく、その医師の「心の奥(本音・本心)」を見抜きましょう!
 その医師が本当に懇切丁寧であるならば、癌患者に対して抗がん剤や放射線を勧める前に、当ブログサイトで掲載しています「抗がん剤や放射線の実態」についてコンコンと説明してくれるはずです。
 それもなく・・、癌患者に対して「ただ単に、抗がん剤や放射線を勧める」医師は、その医師が抗がん剤や放射線に対してまったくの「無知」であるか、抗がん剤や放射線の実態を隠して「商売上の医者の姿」を演じているだけかのどちらかです。

 ましてや、その医師が、癌治療の上で重要無二なる『食事改善(食事療法・食養)』の指導を一切何もせずして、抗がん剤や放射線の話「しか」しなかったとしたら、その医師はまったくお話しにならないレベルです。
 その医師は、確実に「要注意」医師です!
 世間にはまだ、このような「要注意」医師ばかりが目立ちますから、日本の標準的な癌医療に対しては、本当に「要注意の視点」を欠かさないでください m(__)m
 癌患者さんは基本的に、「ご自分で」癌を学んで、「ご自分で」癌治療を実行していきましょう!
 病院との付き合いは必要ですから、病院は「癌の検査」などに上手く使って、上手に対応されてください。


 どうか、この記事も「抗がん剤や放射線の実態」を知るための資料の一環とされてください。
 癌医療のことを知るには、できるだけ多くのいろいろな記事に触れて、眼を養っていってください。
 よろしくお願いします m(__)m

自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathyより
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/40174654.html


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

糖質制限食で癌が消える!ブドウ糖を絶てば【がん細胞】は死滅する『中鎖脂肪ケトン食』今あるがんが消えていく!がん細胞を兵糧攻め「究極糖質制限」の威力!



がん対策、生活習慣病の秘策【寒天粉】を食前に飲むだけ!水溶性食物繊維が『血糖値スパイク』を防ぐ!寒天に秘められたパワー!糖質制限食で癌が消える!糖尿病、ダイエット、便秘、美肌など…



癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも!そして緑茶…



『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも!胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!




味噌汁は食事全体の塩分を減らす!がん、糖尿病、脳卒中、心臓疾患、痴呆症、高血圧などのリスクを下げる!食事の塩分量を減らすには味噌汁を飲め、実は万能な栄養源だった!

『抗がん』万能の薬効スパイス 『ターメリック』生活習慣病、抗腫瘍、抗潰瘍、消炎作用、肝臓、胆嚢、腎臓、心臓、糖尿病、認知症、動脈硬化、老化防止、美肌、便秘、冷え性、貧血…二日酔い、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎不全 、血栓予防、アレルギー、血液浄化、ピロリ菌除菌など


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載


純ココアが【癌から身を守る】&良質ビターチョコ!糖尿病や心臓疾患など生活習慣病の軽減!ダイエット効果…がん予防に簡単便利…/カカオの抗酸化物質が正常細胞の損傷を予防するという!不飽和脂肪酸オメガ3も豊富…/普通のチョコレートは純ココアに砂糖など混ぜものを入れて作ります。また無糖ビターチョコレートより純ココアの方が安価です。砂糖、ミルクなしが癌予防に効果的です。ただし、バランスの取れた食事の一部としてチョコを使用する場合に限ります!



がん治療に新たな光!近赤外線照射『 光免疫療法』相当量の癌、転移した癌、末期癌でも治せる!小林久隆主任研究員・米国国立保健研究所、がんの3大療法、外科手術、抗がん剤、放射線治療の弱点、すべてクリア!実用化、早ければ米国で5年~6年後?




放射能被ばく、白血病「ビタミンC」を直ちに大量投与で大幅に軽減!がん予防と治療!防衛医大…

癌の大きな原因、糖(炭水化物)の過剰摂取!低体温、高血糖、酸性体質!そして原発放射能…/放射能対策、癌予防『発芽玄米ジュース』を一日一杯!免疫力がアップする/兵頭正俊氏/玄米を超える発芽玄米ジュース

放射能対策、癌予防『発芽玄米ジュース』を一日一杯!免疫力がアップする/兵頭正俊氏/玄米を超える発芽玄米ジュース/眼精疲労・疲れ目解消にも

免疫力アップ、発芽玄米酵素水!植物性乳酸菌、多種栄養素!プラス発芽玄米ジュースで癌、放射能対策!腸内環境改善、便秘、風邪、眼精疲労、ダイエット、肩こり、腰痛改善など…。


“朝カレー生活”が〈がんに効く〉漢方学の権威語る…カレー粉スープ/体温代謝上昇!ダイエット、冷え性

カレーで動脈硬化の予防!血管内皮機能を改善する効果をハウス食品が確認=カレー粉のスパイス

重曹でガンが治る!?歯科医とイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ/医学的根拠あり!放射線被曝にも

あらゆる放射線被曝を生き抜く秘訣は「海塩、重曹」質の良い自然塩、重曹をひとつまみ水に入れ毎日数杯を飲みます!/ひとつの説…飲みすぎのは注意!バランスが大事です!

台湾が日本の食品放射能検査強化を正式に決定へ!国民の健康など考えない安倍政権とは正反対!日本政府は大激怒/食品放射能、東日本3・11前の【数千倍】に引き上げられている!

抗がん剤治療は確率の悪い、命を賭けたギャンブル!効果有効例は、160人中たったの6人!月刊宝島/ 2500人以上のがん死に接してきた、元消化器がん外科専門医・現ホスピス科医の切実な警告!


いつものパンが、あなたを殺す!パンが危ない!パンは脳に悪い!糖・炭水化物が癌、糖尿病、認知症… /神経科医のデイビッド・パールマター氏はこう言う。炭水化物は〈脳を破壊している〉と。なかでも、パンにはその危険性をさらにアップさせる物質が含まれているのだという。


原発推進は愛国者ではない!原発は自国にのみ向けられた核兵器です!河合弁護士インタビュー:岩上安身氏/ 高浜原発再稼働差し止め仮処分!原子力ムラからお金をもらっている連中は原発推進。本当にあなた方は愛国者なのか? と聞きたい。


『ペダルの見張り番』高齢者交通事故に朗報!ペダル踏み間違え急発進を防ぐ最新装置「3万9999円」オートバックス!アクセル・ペダルの踏み間違えの急発信を防止!国産車100車種以上に取り付け可能!ブレーキを踏もうと思って慌ててアクセルをガツンと踏み込んでしまった時にきく商品!




sohnandae Twitter→復活Twitter


みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

ジャンル:
食と健康・美容
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三は天皇を「道具視」... | トップ | 4月17日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む