みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

糖質制限食で癌が消える!ブドウ糖を絶てば【がん細胞】は死滅する『中鎖脂肪ケトン食』今あるがんが消えていく!がん細胞を兵糧攻め「究極糖質制限」の威力!

2016-11-21 18:12:23 | 健康
糖質制限食で癌が消える!

ブドウ糖を絶てば【がん細胞】は死滅する

『中鎖脂肪ケトン食』

今あるがんが消えていく!

がん細胞を兵糧攻め

「究極糖質制限」の威力!


がん細胞を兵糧攻め! 「究極糖質制限」の威力 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
(全文は下記に)

ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する!―今あるがんが消えていく『中鎖脂肪ケトン食』 | 福田一典 |本 | 通販 | Amazon
(全文は下記に)

ケトン食ががんを消す (光文社新書) | 古川 健司 |本 | 通販 | Amazon
(全文は下記に)

中鎖脂肪酸の免疫力効果・効能

(全文は下記に)

がん対策、生活習慣病の秘策【寒天粉】を食前に飲むだけ!水溶性食物繊維が『血糖値スパイク』を防ぐ!寒天に秘められたパワー!糖質制限食で癌が消える!糖尿病、ダイエット、便秘、美肌など…



ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

がん細胞を兵糧攻め! 「究極糖質制限」の威力 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

がん細胞を兵糧攻め! 「究極糖質制限」の威力

東洋経済オンライン 11/10(木) 8:00配信

6カ月のケトン食療法を行った70歳・女性の事例。(左):2014年8月、肺の右上に22×28mmのがんを認める。(右):4カ月後の同年12月には同部位の腫瘍が完全に消失(写真:著者提供)
 がん細胞は、ブドウ糖をエネルギー源とする――。これは、1931年にノーベル生理学・医学賞を受賞したオットー・ワールブルグ博士が、マウスの「癌性腹膜細胞」を用いた実験で解明し、1923年からの一連の論文で発表したものです。

この記事の写真を見る

 2人に1人ががんに罹患し、3人に1人ががんで亡くなるとされる中、今日のがん治療の大きな問題点といえば、この90年以上も前に発見された事実が、まったく生かされてこなかったことに尽きるでしょう。今では、がん細胞は正常細胞の3~8倍ものブドウ糖を取り込まなければ、生命活動を維持できないことも分かっています。

■ブドウ糖欠乏状態の体が生み出す「ケトン体」

 その理由は、2つ考えられます。1つは、がん治療の現場において、患者の栄養管理や食事指導内容が軽視され続けてきたこと。そして、もう1つは、糖質の代名詞である炭水化物が、私たちが生きていくために必要な、3大栄養素の中核を担ってきたことです。

 確かに、私たち人間の生命活動は、糖質が体内で分解されてできる、ブドウ糖を主なエネルギー源にしていると長く考えられてきました。しかし、結論から先に言えば、ブドウ糖が枯渇すると、人間の体内ではブドウ糖に代わる、緊急用のエネルギーが生み出されます。それが、私ががん治療の鍵としている「ケトン体」という酸性の代謝物質です。

 このケトン体は、皮下脂肪や内臓脂肪が分解されることで産生されます。そして、正常細胞がケトン体をエネルギー源にすることができるのに対して、がん細胞は基本的にそれができません。がん細胞には、ケトン体をエネルギーに変える酵素が欠けているからです。

ケトン体が出る食事療法とは?
 ここに、がん治療の大きなヒントが隠されています。がん細胞といえども、普通細胞と同様に、栄養源を絶たれれば死滅への道を辿らざるを得ないからです。

 ケトン体のすごいところは、単にがん細胞の栄養源を絶つことだけではありません。がんを誘発する酵素(β-グルクロニターゼ)の活性を低下させるなど、それ自体に抗がん作用があることが、動物実験などで解明されています。さらに、がんの発生起源と考えられる乳酸を除去し、ミトコンドリアの活性化を促す「長寿遺伝子」のスイッチを入れる働きがあることも、最近になってわかってきました。

 私が、世界初となる臨床研究(「ステージⅣの進行再発大腸癌、乳癌に対し蛋白質とEPAを強化した糖質制限によるQOL改善に関する臨床研究」)をもとに体系付けた、「がん免疫栄養ケトン食療法」とは、このケトン体を治療のベースに据えた、がん細胞を弱らせて正常細胞を元気にするための、食によるがんの兵糧攻め戦法に他なりません。

■糖質の摂取を「限りなくゼロ」にするケトン食療法

 この食療法の基本となるのは、主食である炭水化物の極端なカットです。その代わりに、免疫機能の指標となるたんぱく質(魚介類、大豆類、肉などから摂取)と、がんの進行と炎症を抑えるオメガ3脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸。魚の刺身やアマニ油などに含まれる)の摂取を強化し、さらに、その燃焼性の高さからケトン体の産生を強力に促してくれる中鎖脂肪酸(MCTオイルを主に活用)を、1日数回に分けて摂取するようにしています。

 食事メニューの詳細、栄養の組み合わせなどは『ケトン食ががんを消す』に譲りますが、こうした高脂肪、高たんぱく、低糖質のケトン食に、抗がん剤や放射線などの化学治療を併用すると、患者のがん細胞が縮小、消滅する確率である「奏功率」がアップすることも、私の臨床研究で明らかになりました。

 この食事療法は、3カ月の継続をベースに、実施の安全性が確認されている1年までを目処に行われます。参加者の臨床開始から3カ月後時点での病勢の中間報告によれば、PR(部分奏効)が6例、SD(進行抑制)が1例、PD(増悪)が2例となっています。血中の最高ケトン体数が1000μMを超えると、がんは縮小する傾向にあることが見て取れます。

■9人のがん患者の「1年後」

 さて、この9例の1年後の評価はどうなったのでしょうか。3例がCR(完全寛解)、3例がPR(部分奏功)、1例がSD(進行抑制)、2例がPD(増悪)による死亡と、奏効率が67%、病勢コントロール率が78%という結果になりました。臨床対象者以外の免疫栄養ケトン食実施者も含めると(総勢18人が3カ月以上実施)、その病勢コントロール率は83%にものぼり、免疫栄養ケトン食と化学療法の併用の有意性が、さらに明確に示されています。

■「ケトン食」の実施が危険な人もいる

 ただし、この極端な糖質カットによる免疫栄養ケトン食をすべての患者さんに実施できるわけではありません。肝臓にがんの原発巣(最初に発生したがん)を抱える患者さんや、先天的な要素が関係するⅠ型糖尿病の人には、適用することができないのです。

 まず、肝臓にがんの原発巣がある場合は、ケトン体を合成し、全身に送り出す役割を担う肝臓が、ケトン体をエネルギーにできないことが理由になります。

 また、Ⅰ型糖尿病の場合は、血液や体液の濃度が酸性に傾く「ケトアシドーシス」が多く見られることが理由です。このケトアシドーシスに見舞われると、嘔吐や頭痛、頻脈、ひどいときには昏睡の引き金にもなりますので、注意が必要です。

 私の臨床研究でも、PD(増悪)によって亡くなられた上記の2例は、インスリンや内服薬の導入はなかったものの、いずれも生活習慣によるⅡ型糖尿病の傾向が見られました。理屈から考えれば、Ⅱ型糖尿病でも緩やかな糖質制限を行えば、血糖やがんの病勢をコントロールできるはずでしたが、こうしたことから糖尿病の患者さんに対しては、現時点でケトン食を推奨できないという残念な結果が導かれています。

 しかし、インスリンの働きが正常である限り、ケトン体がいくら増えてもケトアシドーシスを引き起こさないことが、私の臨床を含めた多くの臨床研究から明らかにされています。免疫栄養ケトン食を3カ月以上にわたって継続した、糖尿病のない患者さんの総ケトン体数と、血液及び尿が酸性かアルカリ性かを示すpHを調べてみると、ケトン体数が異様に高いにも拘らず(基準値は28~120μM)、血中pHと尿中pHのいずれも、基準値内に収まっていることが分かります。

 とはいえ、いずれにしてもがん治療におけるケトン食療法は、素人判断で行うべきではありません。がん患者の栄養管理や食事指導内容や抗がん剤などの副作用対策に精通した、医師の指導のもとで行われる必要があります。そのためにも、日本病態栄養学会が認定する「がん病態栄養専門管理栄養士」の充実と、がん治療に特化した食事療法の保険適用化の実現が、何よりも急務になるでしょう。

古川 健司


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

糖質制限食でがんが消える – がんサイダー.info

糖質制限食でがんが消える

流行の糖質制限食はダイエットやアンチエイジングだけでなくがん治療にも有効です。かなり進行した患者に奏効したという報告もあります。
糖質を控え、良質な蛋白質中心に
ダイエットやアンチエイジングによいということで糖質制限食が注目されています。皆さんの身近にも糖質制限食でやせた方や体調がよくなった方がいらっしゃるのではないでしょうか。実はこの糖質制限食、がん患者にとっても有効な治療となるといわれています。糖質を控え、良質な蛋白質を中心とした食生活にすることで、かなり進行したがんにおいて症状の改善があった例も報告されています。
正常細胞はブドウ糖がなくても大丈夫
私たちが生命活動を維持していくための三大栄養素は、炭水化物(糖質・食物繊維)、蛋白質、脂質。このうち、がん細胞が主な栄養としているのは、糖質から作られるブドウ糖です。そこで糖質をを極端に制限することで、がん細胞を兵糧攻めにすれば、症状が改善するというわけです。ブドウ糖は脳をはじめ全身のエネルギー源です。制限すると体調を崩すのではないかと心配されるかもしれませんが、正常細胞はブドウ糖の供給が途絶えても、脂質を分解して、ケトン体をエネルギー源とすることが出来ます。一方、がん細胞はケトン体をエネルギーとすることが出来ません。


糖質制限食は人類本来の食生活に近い
人類は700万年の間、狩猟と採集で食料を調達してきました。そして、約1万年前に集団的な小麦栽培が始まり、農耕によって穀物を生産するようになります。狩ったり採ったりするよりも圧倒的に効率がよいことがわかったからです。炭水化物が食事の大きな割合を占めるようになった期間は、歴史の中では700万分の1以下に過ぎません。それを考えると、糖質制限食は人類本来の食生活に近いといえます。
糖質制限食ががん患者の83%に効果
『ケトン食ががんを消す』の著者である古川健司医師は、がん患者18人に糖質制限を中心とした栄養指導を行い、完全寛解5人、腫瘍が30%以上小さくなった部分奏効が2人、進行が抑えられたのが8人という結果であったそうです。実に83%に効果があったことになります。既に抗がん剤が使えなくなったステージ4の乳がん患者においては、3cm大の腫瘍が消失、肺と皮膚の転移も一部消失したという例も報告されています。がんという大病と闘っていく上では、体調を出来るだけ良好に保つことが不可欠です。従って栄養療法も医師や栄養士などの指導と管理の元で行うことをお勧めします。

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する!―今あるがんが消えていく『中鎖脂肪ケトン食』 | 福田一典 |本 | 通販 | Amazon

内容紹介
・がん細胞は、ブドウ糖(グルコース)に対する依存度が正常細胞に比べて何十倍も高い
・よって、がん細胞がブドウ糖を利用できなくすれば、正常細胞にダメージを与えず、がん細胞だけを死滅させることができる
・そのために、食事中の糖分の摂取を減らして、中鎖脂肪酸トリグリセリド(中鎖脂肪酸)を多く摂取する「中鎖脂肪ケトン食(糖質制限食)」を実践する
・この食事は正常細胞にダメージを与えず、がん細胞だけを選択的に死滅させることが可能になり、副作用なくがん治療が行える

著者について
福田 一典(ふくだ かずのり)1953年福岡県生まれ。
1978年熊本大学医学部卒業。 熊本大学医学部第一外科、鹿児島県出水市立病院外科勤務を経て、1981年から1992年まで久留米大学医学部第一病理学教室助手。
その間、北海道大学医学部第一生化学教室(1984~85年)と、米国バーモント大学医学部生化学教室(1988~1991年)に留学し、がんの分子生物学的研究を行う。
1992年から株式会社ツムラ中央研究所部長として漢方薬理の研究に従事。
1995年から国立がんセンター研究所がん予防研究部第一次予防研究室室長として、がん予防のメカニズムおよび漢方薬を用いたがん予防の研究を行う。
1998年4月から2002年3月まで岐阜大学医学部東洋医学講座の助教授として、東洋医学の臨床および研究や教育に従事。
2002年5月に銀座東京クリニックを開設し、がんの漢方治療と補完・代替医療を実践している。
著書に『癌予防のパラダイムシフト―現代西洋医学と東洋医学の接点』(医薬ジャーナル社:1999 年)』『からだにやさしい漢方がん治療(主婦の友社:2001 年)』『見直される漢方治療:漢方で予防する肝硬変・肝臓がん(碧天社:2003 年)』『オーダーメイドの漢方がん治療(コアラブックス:2005 年)』『決定版! 抗がんサプリメントの正しい選び方、使い方(南々社:2005 年)』『自分でできる「がん再発予防」(本の泉社:2006 年)』『あぶない抗がんサプリメント(三一書房:2008 年)』『漢方がん治療のエビデンス(ルネッサンス・アイ:2010 年)』などがある


ブログランキング・にほんブログ村へ
ケトン食ががんを消す (光文社新書) | 古川 健司 |本 | 通販 | Amazon

出版社からのコメント
◎世界初の臨床研究で実証!
◎末期がん患者さんの病態コントロール率83%。
※完全寛解、部分奏効を含む。

糖質の摂取を可能な限り0に近づける「がん免疫栄養ケトン食」。
臨床医師自ら、その内容と驚異の研究結果を初公開!

【本文より】
がん細胞が主な栄養源としているのは、炭水化物から合成されるブドウ糖(グルコース)です。
それも、正常細胞よりも3~8倍ものブドウ糖を取り入れなければ、生命活動を維持することができません。
一方、正常細胞のほうはと言えば、ブドウ糖の供給が途絶えても、
緊急用のエネルギーを皮下脂肪から作りだすことができます。
このブドウ糖に代わる緊急用のエネルギーが、私ががん治療の鍵としている「ケトン体」という物質です。
実は、私がタンパク質とEPAを強化した糖質制限食をがん治療の支持的療法に据えているのも、
患者さんのエネルギー産生システムを、短期的に「解糖系エンジン」から「ケトン体エンジン」へと変えるために他なりません。
それこそが、がん治療の成否を左右する重要な支持的療法になると考えたからです。

【目次】
プロローグ
1章 ケトン食でなぜがんが消えるのか
2章 がん治療に必要な栄養とは?
3章 免疫栄養ケトン食とは何か?
4章 免疫栄養ケトン食の効果をより高める方法
5章 免疫栄養ケトン食の臨床研究結果
6章 免疫栄養ケトン食の献立
おわりに

【著者プロフィール】
古川 健司(ふるかわけんじ)
医学博士。一九六七年山口県生まれ。九二年慶應義塾大学理工学部電気工学科卒。
その後、山梨医科大学医学部医学科に入学。九九年、消化器外科医を志望し、
東京女子医科大学消化器外科に入局。大学では、膵臓班に所属し、当時、膵臓がん手術件数日本一を誇っていた。
二〇〇六年、(公財)東京都保健医療公社荏原病院外科を経て、多摩南部地域病院外科に勤務。
NST(栄養サポートチーム)に従事し、本格的にがんの栄養療法を開始。
がん免疫栄養療法の臨床実績を上げて、一四年、それまでの栄養療法のケトジェニック化に成功。
一五年一月より、ステージIVのがん患者を対象に、世界初の臨床研究を開始。
現在、がん免疫栄養ケトン食療法の普及に努めている。

内容(「BOOK」データベースより)
世界初の臨床研究で実証!末期がん患者さんの病勢コントロール率83%。糖質の摂取を可能な限り0に近づける「がん免疫栄養ケトン食」。臨床医師自ら、その内容と驚異の研究結果を初公開!


糖尿病の“常識”が変わる - NHK クローズアップ現代+

人類最強の「糖質制限」論 ケトン体を味方にして痩せる、健康になる (SB新書) | 江部 康二 |本 | 通販 | Amazon


中鎖脂肪酸の免疫力効果・効能


中鎖脂肪酸の効果・効能

 中鎖脂肪酸の主な免疫力効果は、脂肪の蓄積を抑制する効果、脳の機能の向上、糖尿病を予防する効果などがあります。

 中鎖脂肪酸とは、脂の修正分である脂肪酸のうち、炭素同士の二重結合を持たない飽和脂肪酸のうちの一つを指します。飽和脂肪酸は炭素を結ぶ鎖の長さによって種類が変わり、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つに分けられています。

 短鎖脂肪酸とは炭素数が6個以下の脂肪酸のことで、酪酸やカプロン酸などがあり、バターや乳製品に豊富に含まれています。長鎖脂肪酸は炭素数が12以上の脂肪酸で、牛や豚の脂に多いミリスチン酸やパルミチン酸や、落花生の油に多いアラキジン酸があります。

 その中間の中鎖脂肪酸は炭素数が8~12程度の脂肪酸のことで、ラウリン酸やカプリル酸、カプリン酸に代表され、主に母乳や牛乳、ココナッツオイル、パーム油などに豊富に含まれています。主な働きはエネルギーの生成です。

 また、中鎖脂肪酸は消化・吸収のために胆汁酸を必要としないため、そのまま小腸の細胞に吸収され、門脈を経て直接肝臓へと運ばれるという性質があります。

 一方長鎖脂肪酸は、体内に入るとリンパ管や静脈を通って脂肪組織や筋肉、肝臓などに運ばれていき、必要に応じてエネルギーへと分解されます。その分、エネルギーが余ってしまうと脂肪として体内に蓄積されやすいとされています。

 中鎖脂肪酸は肝臓で素早く分解されるので、効率よくエネルギーとして利用されやすく、脂肪酸の中で最も脂肪になりにくいと言われています。そのため体内に余計なエネルギーをため込まないため、余計な脂肪の蓄積を防いで生活習慣病を予防してくれます。

 それに加えて中鎖脂肪酸には、糖尿病を予防する働きがあるホルモン「アディポネクチン」を増やす働きがあるとされており、中鎖脂肪酸を摂取することによって糖尿病などの生活習慣病予防に対する効果が期待されています。

 そのほか中鎖脂肪酸の一種である「ラウリン酸」には、細菌の働きを抑える抗菌作用などによって免疫力を高める働きがあるとして、注目を集めています。元々ラウリン酸は母乳に含まれている脂肪酸であり、免疫力を持たない赤ちゃんの免疫力を高める働きがあるとされていますが、ココナッツオイルなどにも豊富に含まれています。

 さらにラウリン酸は体内で、様々な感染病原体から免疫系を保護する働きがある抗菌物質「モノラウリン」に変化するとされています。モノラウリンは、ウイルスの脂質膜や細菌、原虫類を死滅させるので、風邪やインフルエンザの治療に役立つと言われています。

 また、中鎖脂肪酸はアセト酢酸、βヒドロキシ酪酸、アセトンの総称である「ケトン体」を効率よく作り出すことが知られています。

 脳のエネルギー源は主にブドウ糖だとされていますが、ブドウ糖が不足すると代わりに肝臓が体内の脂肪を使って特別な脂肪を作り出すとされます。その特別な脂肪のことを「ケトン体」と言い、ブドウ糖に代わる脳の第二のエネルギー源になります。

 このケトン体は長鎖脂肪酸や短鎖脂肪酸よりも中鎖脂肪酸から最も効率的に作られるとされていますが、ケトン体は記憶力の低下を抑制してアルツハイマー病を予防する効果があるとされており、ケトン体中のβヒドロキシ酪酸も脳の認知機能を保つ働きがあると言われています。

 そのため中鎖脂肪酸の脳機能を改善する効果に期待が高まっています。

 中鎖脂肪酸を豊富に含んでいる主な食べ物には、ココナッツオイル、パーム油、牛乳などがあります。

 過剰に摂取した場合の重篤な副作用の報告はありませんが、過剰摂取しても健康を増進する効果は見込めないそうです。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

がん放置療法のすすめ!何もしないことが有効な治療法となる場合がある!癌は代替え療法、がん対策に有効な食べ物や運動、過労ストレス、放射能対策で癌は消えていくのではないか!抗がん剤、手術、放射線治療は危険!血糖値を急上昇させる食事は万病の元!



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載

重曹でガンが治る!?歯科医とイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ/医学的根拠あり!放射線被曝にも

癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも!そして緑茶…



『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも!胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!






味噌汁は食事全体の塩分を減らす!がん、糖尿病、脳卒中、心臓疾患、痴呆症、高血圧などのリスクを下げる!食事の塩分量を減らすには味噌汁を飲め、実は万能な栄養源だった!

『抗がん』万能の薬効スパイス 『ターメリック』生活習慣病、抗腫瘍、抗潰瘍、消炎作用、肝臓、胆嚢、腎臓、心臓、糖尿病、認知症、動脈硬化、老化防止、美肌、便秘、冷え性、貧血…二日酔い、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎不全 、血栓予防、アレルギー、血液浄化、ピロリ菌除菌など


純ココアが【癌から身を守る】&良質ビターチョコ!糖尿病や心臓疾患など生活習慣病の軽減!ダイエット効果…がん予防に簡単便利…/カカオの抗酸化物質が正常細胞の損傷を予防するという!不飽和脂肪酸オメガ3も豊富…/普通のチョコレートは純ココアに砂糖など混ぜものを入れて作ります。また無糖ビターチョコレートより純ココアの方が安価です。砂糖、ミルクなしが癌予防に効果的です。ただし、バランスの取れた食事の一部としてチョコを使用する場合に限ります!



緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!



熱いお風呂で癌を殺せる!日本人のお風呂習慣が癌細胞を殺す!そして『重曹水』を飲む!癌は味噌がキライ、癌は砂糖、糖質が好き!


癌を治す/1日に人参ジュース10杯とお風呂に3回【末期の子宮がん】その「1錠」が脳をダメにする/宇多川 久美子著/薬剤師が教える薬の害がわかる本(SB新書) 電子書籍/キャリアウーマンとして40年活躍した女性が、子宮がん末期、医師から手の施しようがないと宣言された。彼女は田舎に帰り、懸命に勉強して、抗癌剤治療はせず、1日にお風呂3回、人参ジュース10杯を飲み、3ヶ月で治した。3年後も再発していない。/降圧剤は、脳卒中、痴呆症を引き起こす!


健康とダイエットの秘策「食べる順番」ガン、糖尿病、痴呆症など生活習慣病「血糖値太り」秘策…



癌【代替医療】米国、がん患者の9割強が代替医療を経験!目を見張る治療効果をあげているという、既存医療と代替医療を組み合わせ!がん予防効果で豆腐、緑茶、椎茸、納豆が話題に…



《菊いも粉》天然のインシュリンと呼ばれている『イヌリン』水溶性繊維が豊富!糖分が気になる方にオススメです!菊芋の通販・販売店はこちら | 巣鴨のお茶屋さん山年園

あっという間に病死!この間まであんなに元気だったのに…放射能被曝だろか、抗がん剤だろうか!癌、白血病、急死など…被ばくで免疫力が落ちているせいか、病気の進行が非常に速いようです!重曹水や味噌などで被曝、癌対策を!


抗がん剤は癌を逆に多発化させる!日本は欧米で売れなくなった抗ガン剤の在庫処分場!日本の癌ビジネスは、世界的に見ても最凶最悪の醜悪なビジネス!ガン患者に、絶望と不安と激痛と死を与えるビジネスなのです。/重曹や味噌、緑茶などで予防、再発予防…!/アメリカ食品医薬品(FDA)は、古い抗がん剤を禁止しています。

抗がん剤が癌を治せないのは常識!名医たち、厚生省技官!米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている!/癌は砂糖、糖質が好き…がん治療にも糖質制限食が有効!そして食養生と栄養をしっかりとる…!合わせて適度な運動などで体温を上げ、免疫力を高める事が有効のようです!


米国では抗がん剤は癌を治さないと!1980年代から…かえって癌を酷くする!日本の癌治療は20年以上遅れ、代替療法の普及は30年以上遅れている!/アメリカでは、国家的規模で代替医療への取り組みが行われている!/日本の癌医療界はこれを一切無視してきました。意図的に無視していたのです。日本ではそれがいまだに続いており、抗がん剤によって多くの癌患者の生命が日々蝕まれ続けているのです。

長生きしたければ、がん検診は受けるな! がん検診で、癌になる…CTなどの検査には、こんなに害がある!/岡田正彦・新潟大学医学部教授/早期発見・早期治療で寿命は延びない。それどころか、CTなどの検査には、こんなに害がある。検診で微細ながんを見つけ出し、激しい治療を施される不利益の方が、放置しておくよりも、むしろ大きいかもしれない。これ一つをとっても、がん検診の有効性には大きな疑問符がつくのです。乳がん検診で、乳がんによる死を防げるのは、1,000人中1人ということです。


sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国敵視政策は安倍政権だけ... | トップ | がん対策、生活習慣病の秘策... »
最近の画像もっと見る

健康」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事