みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

熊本地震ボランティア/車が足りない、ボランティアを運ぶ車です。専用駐車場あり、熊本県社会福祉協議会

2016-05-02 12:57:55 | 地震
熊本地震ボランティア/車が足りない、

ボランティアを運ぶ車です。

専用駐車場あり、

熊本県社会福祉協議会

2016年5月2日(月)

TBSひろおび!情報


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します
熊本県社協からのお知らせ - 熊本県災害ボランティアセンター専用電話回線の開設について  / 熊本県社会福祉協議会ホームページ

熊本県災害ボランティアセンター専用電話回線の開設について

最終更新日 [2016年4月21日]
 「熊本県災害ボランティアセンター」専用電話回線を開設しました。平成28年熊本地震にかかるお問い合わせは、こちらをご利用ください。

■お問合せ受付時間 午前9時~午後5時

■専用電話番号 096-342-8266

この情報に関するお問い合わせは
熊本県災害ボランティアセンター
電話:096-342-8266
ファックス:096-324-5427

社会福祉法人 熊本市社会福祉協議会


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

熊本地震【九州島】全体が大きく動いている!川内原発に飛び火の危機…大変動はこれから始まる!川内原発の沖合まで続く日奈久断層…>井村隆介准教授・鹿児島大学…



熊本地震/安倍官邸が最初の地震時…熊本県の支援要請を拒否!自衛隊の大量派遣要請に2千人しか出さなかった!菅官房長官は震災を「改憲」に政治利用する発言!


異常者安倍!熊本大地震「激甚災害指定」に消極的な安倍官邸!なぜ/地元・山口県の豪雨ではすぐに指定を明言!震災より応援演説,、北海道5区補選/優先順位は①北海道補選②TPP③震災(熊本地震)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震/新幹線、地震覚悟の備えで乗る!続震、九州全体の地核変動進行!全面復旧に専門家が懸念!九州道

2016-04-26 20:02:05 | 地震
熊本地震/新幹線、地震覚悟の

備えで乗る!

続震、九州全体の地核変動進行!

全面復旧に専門家が懸念!

九州道&新幹線…

川内原発や伊方原発だけじゃない!

島村英紀氏

武蔵野学院大特任教授(地震学)



地球物理学者の島村英紀氏「火山・地震国の日本で原発は無謀」P1 | 日刊ゲンダイDIGITAL


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

熊本地震 新幹線&九州自動車道「全面復旧」に専門家が懸念 - ライブドアニュース

余震続く中…新幹線&九州道「全面復旧」に専門家が懸念



2016年4月26日 10時26分

日刊ゲンダイ

 九州の“大動脈”が急ピッチで復活だ。28日に全線の運行再開を目指す九州新幹線に続き、九州自動車道も月内に全線復旧の見通しとなった。

 交通インフラの全面回復によって被災地支援の加速が期待されるが、はたして、それほど早く復旧させていいのかどうか。

 熊本では今なお大きな余震が頻発し、気象庁は「過去に例のない地震で今後の予測は難しい」とお手上げ状態だからだ。

高速の乗り物ほど地震直撃の被害は甚大なだけに、早期復旧には不安もつきまとう。

 ましてや、14日と16日に連続発生した最大震度7の巨大地震の震源地は、九州道「嘉島JCT」のすぐそば。

横ずれにより地震を引き起こした「日奈久断層帯」は益城町から南西に八代市まで延びる。その断層帯とほぼ平行に走るのが九州道であり、新幹線なのだ。

 政府の地震調査委員会は日奈久断層帯のうち、八代市付近の部分が動いた場合、推定M7.5の地震が発生、地表が水平方向に3メートル以上ずれる可能性を指摘。

八代市内は九州新幹線のトンネル密集地で、第2今泉(4680メートル)、田上(6988メートル)など全線最長規模の山岳トンネルが続く。

■武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏(地震学)はこう指摘する。

「2004年の新潟県中越地震(M6.8)でも山を掘り抜いた『魚沼トンネル』(8624メートル)の各所が崩壊しています。

レールの土台が25センチも盛り上がり、天井から1メートル四方以上のコンクリート片が落下しましたが、

地震発生のたった3分前には、乗客乗員155人を乗せた上越新幹線がフルスピードで通過。

魚沼トンネルを駆け抜けた時に地震が発生していたら、歴史に残る大参事となったはず。

1995年の阪神・淡路大震災の発生も新幹線の始発が出る14分前です。

今後も九州一帯で何が起こるか分からないのに、いつまでも『幸運』頼みではいけません」

 九州道を横切る危険な断層帯は日奈久だけではない。九州道「筑紫野IC」付近から玄界灘の沖合まで北西に延びる「警固断層帯」も要注意だ。

05年には玄界灘沖の断層が横ずれして、最大震度6弱(M7)の地震を引き起こした。

 今後の懸念は福岡市湾岸から筑紫野ICにかけての陸側断層の動きだ。地震発生確率は主要187断層のうち上から13番目にランクされている。

「GWという“絶好の稼ぎ時”を目前にした全面復旧には、ビジネスのにおいが漂います。

被災地支援につながるとはいえ、安全より経済優先の発想なら本末転倒です」(島村英紀氏)

 断層帯の近くにあるのは、川内原発や伊方原発もまたしかり。よくもまあ危険地帯ばかりに、重要インフラをこれだけ建てたものである。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

熊本地震【九州島】全体が大きく動いている!川内原発に飛び火の危機…大変動はこれから始まる!川内原発の沖合まで続く日奈久断層…>井村隆介准教授・鹿児島大学…


熊本地震/九州全体の地核変動が進行している!日奈久断層が川内原発の沖合まで行っている繋がりもある!井村隆介準教授、鹿児島大学/そもそも総研、2016年4月21日



熊本地震≪川内原発が制御不能≫は恐らく間違いない?地震により制御棒が歪んで、緊急停止できない恐れがある!/この制御棒の耐震性が、非公開なうえに、地震が来たら制御棒を使って原発を緊急停止できない恐れがあると、去年指摘されてました。


川内原発/直下の大地震の可能性!と専門家/熊本地震では川内原発の耐震基準の3倍に当たる1580ガル!比較的近い場所で大地震が起きたから不安というレベルの話ではない!熊本地震…川内、伊方原発…川内原発は即刻停止せよ!LITERA(リテラ) 2016年4月17日


東京五輪と直下地震【推定断層】新国立競技場、皇居、国会議事堂、東京駅、東京ドーム、防衛省、新宿、浅草、築地、迎賓館…/豊蔵勇・元日本活断層学会副会長/新宿から、皇居の裏、麹町までは3本くらいあるんじゃないかと!都心に隠れる推定断層を独自に調査!/情報画像、モーニングバード、2016年4月26日



首都圏地震3・11以後、9倍多発している!警戒せよ!首都直下地震/静穏期間終わった!プレートずれ…21世紀大地動乱…


熊本地震/義援金を考えている方へ…赤十字はお勧めしません!15%も天引きして自分達の懐に!/デマと言われる人もおられますが、義援金が被災地、被災者に届くのが極めて遅いのは確かです。他の信頼できる方法で…

熊本大分支援マッププロジェクト!スマホで見られます…情報画像・随時更新! 避難所一覧、給水情報、スーパー、ガソリンスタンド、透析施設マップなど

熊本地震/道路の通行実績マップ、トヨタとホンダが公開!URLあり「通れた道マップ」「道路通行実績情報」両社の地図ともパソコンとスマホで閲覧できる。

地震震災…断水時の簡易トイレ!ゴミ袋大(ビニール袋)2枚と新聞紙をまるめて…便座に/一度は、試して、地震震災の備えにしましょう。



sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震…震度7/火山噴火を誘発する可能性、震源地に近い阿蘇山27キロ!桜島、川内原発ライン…

2016-04-15 15:34:36 | 地震
熊本地震…震度7/

火山噴火を誘発する可能性、

震源地に近い阿蘇山27キロ!

桜島、川内原発ライン…

伊方、玄海原発の危機!





★青木陽介教授

(東京大学、地震研究所)…

今回の熊本地震が

火山活動に与える影響を否できない!

中央構造線上で発生した地震。

震源位置が阿蘇山に27キロと近い

地下のマグマが刺激を

受けた可能性がある!

(ワイドスクランブル)

★長尾年恭・東海大学教授…

火山噴火を誘発する可能性大!

(報道ステーション、電話コメント)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

平成28年熊本地震/2016年4月14日21時26分











ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

桜島噴火!再稼働の川内原発が危ない…マグマは大正大噴火の90%に戻る!続く山体膨張、大噴火の可能性も…!火山専門家が警告するも原子力規制委・田中委員長が無責任対応、私は安全だと言わない!



川内原発、桜島大噴火まで10年か?井口正人教授/京都大学・火山活動研究センター、桜島火山観測所!



迫り来る桜島大噴火!鹿児島・口永良部島で爆発的噴火…桜島に続く霧島火山帯 …川内原発再稼働…?新岳で爆発的噴火、マグマ噴火!警戒続く…!15キロ離れた屋久島まで火山灰が降る!/桜島大正大噴火…1914年(大正3年)で鹿児島湾一円で70センチ地盤沈下!現在、地盤沈下70%戻る、マグマは大正大噴火の前の90%に戻る!

川内原発、100年周期の火山噴火でも、火山灰が襲い【全電源喪失】送電線、電源、機械が!そもそも総研/環境経済研究所代表・上岡直美氏川内原発30キロ圏内、非現実的な設定!















ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

熊本で震度7 今後1週間は激しい揺れ伴う余震のおそれ | NHKニュース

14日から15日未明にかけて震度7や震度6強の地震が相次いだ熊本県では、その後も体に揺れを感じる余震とみられる地震が続いています。気象庁は今後も1週間程度は、激しい揺れを伴う余震のおそれがあるとして、壊れた建物など、危険な場所には絶対に近づかないよう呼びかけています。

気象庁によりますと14日夜9時26分ごろ、熊本県熊本地方の深さ11キロを震源とするマグニチュード6.5の地震があり、熊本県益城町で震度7の激しい揺れを観測しました。また、震度6弱の揺れを、熊本市の東区、西区、南区、玉名市、宇城市、西原村で、震度5強の揺れを熊本市の中央区、北区、菊池市、宇土市、合志市、美里町、大津町、菊陽町、御船町、山都町、氷川町で観測しました。また、熊本県と宮崎県の各地で震度5弱の揺れを観測しました。
熊本県ではその後、余震とみられる体に揺れを感じる地震が続いていて、15日午前0時すぎには、熊本地方の深さ10キロを震源とするマグニチュード6.4の地震で熊本県宇城市で震度6強を、熊本市南区や熊本県氷川町で震度6弱をそれぞれ観測しました。
また、午前5時10分ごろには、熊本県で震度4を観測する地震が起きています。
気象庁が午前6時現在でまとめた地震の回数は、最大震度7が1回、震度6強が1回、震度6弱が1回、震度5弱が2回、震度4が14回で、震度3から1を含めると体に揺れを感じる地震の回数は合わせて104回に上ります。
気象庁は、今後も1週間程度は、震度6弱程度の激しい揺れを伴う余震がおきるおそれがあるとして、これまでの揺れで壊れたり、傷んだりした建物や、崩れた崖など、危険な場所には絶対に近づかないよう呼びかけています。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

東京新聞:熊本で震度7、多数負傷 家屋倒壊、火災相次ぐ:社会(TOKYO Web)

熊本で震度7、多数負傷 家屋倒壊、火災相次ぐ

2016年4月14日 23時32分

  14日午後9時26分ごろ、熊本県益城町で震度7の地震があり、九州中部を中心に西日本の広い範囲で強い揺れを観測した。その後も震度6弱を観測するなど、余震とみられる強い地震が続いた。熊本県を中心に建物が倒壊して住民らが下敷きになったほか、火災も発生。益城町では1人が意識不明となった。ほかに死亡した人がいるとの情報もあり、県警が確認を急いでいる。

 気象庁によると、日本国内で震度7を観測したのは東日本大震災の2011年3月11日以来となる。

 熊本県警によると、同県内でこれまでに確認された人的被害は12件、建物などへの閉じ込めが9件、がれきなどによる下敷きは8件。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

熊本で震度7 今後1週間は激しい揺れ伴う余震のおそれ | NHKニュース

14日から15日未明にかけて震度7や震度6強の地震が相次いだ熊本県では、その後も体に揺れを感じる余震とみられる地震が続いています。気象庁は今後も1週間程度は、激しい揺れを伴う余震のおそれがあるとして、壊れた建物など、危険な場所には絶対に近づかないよう呼びかけています。

気象庁によりますと14日夜9時26分ごろ、熊本県熊本地方の深さ11キロを震源とするマグニチュード6.5の地震があり、熊本県益城町で震度7の激しい揺れを観測しました。また、震度6弱の揺れを、熊本市の東区、西区、南区、玉名市、宇城市、西原村で、震度5強の揺れを熊本市の中央区、北区、菊池市、宇土市、合志市、美里町、大津町、菊陽町、御船町、山都町、氷川町で観測しました。また、熊本県と宮崎県の各地で震度5弱の揺れを観測しました。
熊本県ではその後、余震とみられる体に揺れを感じる地震が続いていて、15日午前0時すぎには、熊本地方の深さ10キロを震源とするマグニチュード6.4の地震で熊本県宇城市で震度6強を、熊本市南区や熊本県氷川町で震度6弱をそれぞれ観測しました。
また、午前5時10分ごろには、熊本県で震度4を観測する地震が起きています。
気象庁が午前6時現在でまとめた地震の回数は、最大震度7が1回、震度6強が1回、震度6弱が1回、震度5弱が2回、震度4が14回で、震度3から1を含めると体に揺れを感じる地震の回数は合わせて104回に上ります。
気象庁は、今後も1週間程度は、震度6弱程度の激しい揺れを伴う余震がおきるおそれがあるとして、これまでの揺れで壊れたり、傷んだりした建物や、崩れた崖など、危険な場所には絶対に近づかないよう呼びかけています。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

川内原発/100年周期の火山噴火でも火山灰が襲い【全電源喪失】送電線、電源、機械が!川内原発にも、その火山灰に対する安全装置システムはない!川内原発再稼働は、九州は全滅しても構わない。という、財閥1%支配層、安倍政権、原発官僚の意向、意志か!

狂気、川内原発は大噴火でも安全!安倍答弁、再稼働めぐり/小規模噴火でも全電源喪リスクと専門家!


川内原発、安全だとは私は言わない!なのに再稼働=田中規制委員、狂気の沙汰!避難計画、桜島大噴火…

玄海原発は大爆発する【九州から大阪まで壊滅】老朽化原発!!

川内原発再稼働の地震耐震設計がデタラメ!審査書決定は無効だ、驚く程いい加減!地震学者・石橋克彦氏!

安倍首相のいう世界一安全な原発?は「世界にも類をみない欠陥基準だ」泉田知事=再稼働は許されるのか!「世界一の規制基準」新たな安全神話!


日本列島は全域で大地震の活動期!それでも原発の新設すら認めようとする政党がある!東京新聞…/地震学者の石橋克彦さんによると、日本列島はほぼ全域で大地震の活動期に入りつつある。それでも原発の新設すら認めようとする政党がある。郷土を半永久的に破壊しかねない政策を平然と続ける政党を果たして「保守」と呼べるのだろうか。


命をかけて国・東電と対峙する泉田知事!僕は自殺しませんから!岩上安身インタビュー / 遺書が残っていても自殺ではない!もし自殺なんて事になったら、絶対に違うので調べてください!


泉田知事、インタビューのあと、「ここまで言ったら危ないかも」と呟いた。メルトダウンは‥‥ 岩上安身氏!福島事故の本質は、津波でも電源喪失でもない。これはきっかけでしかない。冷却機能の喪失ということ。常時冷やしておかないと2時間でメルトダウンを起こす。原因が津波だろうと地震だろうとテロだろうと同じ」

狂気の日本原発!申請の11原発、地震対策の免震機能省く!福島原発事故は地震でメルトダウン… 日本消滅の危機だった!原発事故の教訓は、ないがしろにされている…東京新聞…


福島の不幸くらいで原発やめられない!細田博之・自民党幹事長代行の暴言!これがサイコ自民党の正体!


福島原発事故、作業員800人死去!自民党・高市の原発事故による死亡者は出てないは大ウソ!東北大学医学部附属病院が緘口令!惨状に堪えられない医師や看護師らから外部に次第に洩れ!




sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

この記事をはてなブックマークに追加

警戒!29日までに房総半島で巨大地震発生も!? M6クラス/15日の鳥島沖M6.2の地震は予測されていた!2016

2016-02-23 16:15:59 | 地震
警戒!29日までに房総半島で

巨大地震発生も!? M6クラス

/15日の鳥島沖M6.2の

地震は予測されていた!

大気電圧、地殻にも異変が!2016年…


短期的には、地震予兆研究センターが

警告しているように

地殻変動が激しいという

房総半島周辺で、

少なくとも月末までは

普段にも増して十分な警戒が必要だ。

そして長期的には、

これから2017年にかけて

伊豆・相模地域で起きる

直下型地震に対する

警戒が必要となる。



29日までに房総半島で巨大地震発生も!? 15日の鳥島沖M6.2の地震は予測されていた! - エキサイトニュース

29日までに房総半島で巨大地震発生も!? 15日の鳥島沖M6.2の地震は予測されていた!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

29日までに房総半島で巨大地震発生も!? 15日の鳥島沖M6.2の地震は予測されていた! - BIGLOBEニュース

 今月15日未明、東京・伊豆諸島の鳥島近海でM6.2、最大震度2の地震が発生した。

都内では多くの人は気づかずに寝ていたようだが、M6クラスの地震としては今年2度目だった。

実は、この地震を事前に警告していた人々がいるうえ、前兆現象も起きていた。

さらに今後、これを上回る規模の大地震が続くことを予測している研究者がいるので紹介しよう。


■M6クラスの地震では数々の前兆がある

 まず、筆者は最近ひどい頭痛と吐き気に悩まされており、「今週(2月第2週)の後半に再び関東南部でM4以上の地震があるのではないか」と予想していた。

現実にはタイミングが多少ずれたが、週が明けて15日の未明に発生した鳥島沖地震の前兆だったのではないかと考えている。

 筆者だけではない。「地震予知ブロガー」こと埼玉県在住の主婦ミッヒー氏は、今月13日、昨年12月以来の久々のブログ更新で、「2回M6クラス体感ありました」と書いていた。たしかにM6クラスの地震が起きたため、これは前兆を体感していたのだろう。

 人間の体感のみならず、複数の宏観異常現象も見られた。いずれも小田原でのことだが、まず今月13日に深海魚のサケガシラが水揚げされた。サケガシラは古くから「地震魚」などとも呼ばれ、筆者が収集しているデータでは、大きな地震の前に打ち上げられることが少なくない。

そして同日には、小田原の海岸にクジラの死骸も打ち上げられている。全長15mのマッコウクジラで、今月初旬に伊豆大島の北西沖でジェット船と衝突したクジラの可能性があるというので、地震前兆とは関係ない可能性もあるが、油断はできない。

■大気電圧、地殻にも異変が!

 次に、科学者たちによる予測を紹介しよう。

まずは、大気電圧の観測によって今月6日の台湾南部地震(M6.4)の発生を的中させた現地「地震預測研究所」所長である林湧森氏だ。

林氏は13日のブログで、「日本南部または南太平洋でM6.5」の地震を予測しており、これが2日後に現実のものとなった。

 さらに一般社団法人地震予兆研究センターの予測も的中している。

同センターでは2月8日にサイトで、「房総半島が大きく動いているため2週間前後でマグニチュード6前後の地震発生が予測されます」と発表していた。

そして「M6:相模トラフ周辺~三宅島東方沖(最大震度4)」と予測しており、これは15日の鳥島沖地震に対応するものだったと思われる。

 同センターの八木下重義センター長は、GPSの地殻変動データによる地震予測の国際特許を取得している。

この解析技術を用いて国内企業や外資系企業、大使館などに向けて有料の地震予測情報を提供しているが、八木下氏はあの東日本大震災の1週間前に「M6以上の地震」を予測し、政府に提出していたという経緯がある。

■特に警戒すべきは房総半島か!?

 では、今月15日の鳥島近海の地震で前兆現象は収まり、ひとまず心配は遠のいたのだろうか。実は、そうと言い切れない状態にある。

 まず、前述の八木下氏のGPS観測で大きな地殻変動が見られたのは房総半島だ。

今月8日~2週間前後、少なくとも今月中くらいは房総半島周辺をM6クラスの別の地震が襲う可能性も残されていると考えられる。

 また、埼玉大学名誉教授の角田史雄氏(構造地質学)は、従来のプレートテクトニクス説では、さまざまな地震の発生メカニズムを十分に説明したり、対策を立てたりすることが難しいとして、「熱移送説」を提唱している。

角田説によれば、地下の熱エネルギーは1年に10kmの速さで移動するため、インドネシアやフィリピンで地震や火山噴火が起きれば、何年後に日本の地震や噴火につながるか、ある程度は予測可能としている。

『JBpress』(2016年2月12日)によると、角田氏は今月5日の神奈川県東部(M4.6、最大震度4)の地震を受け、M6以上の大きな地震が発生する前には、相模地域や多摩川流域などの地震多発地帯でM3~5クラスの地震が次々と起きるだろうと指摘、これは首都直下地震につながる可能性を示唆しているようにも受け取れる。

 また同記事によると、2014年10月16日に八丈島東方沖でM5.9の地震が起きたが、角田氏は熱エネルギーがこのまま北上すれば、「2017年から2018年にかけて、伊豆・相模地域でかなり大規模な直下型地震が発生する恐れがある」(JBpress、同上)と警告している。

 そして「地震の目」を探し出すことによって数々の地震発生を予測・的中させてきた木村政昭・琉球大学名誉教授も、2017年までに伊豆諸島でM8.5の巨大地震が起きると予測しており、奇しくも角田氏の予測と時期が重なることに注目しなければならないだろう。

 これら科学者の予測も考慮すると、15日の鳥島近海M6.2の地震は、より大きな地震の前兆と考えることができるかもしれない。

短期的には、地震予兆研究センターが警告しているように地殻変動が激しいという房総半島周辺で、少なくとも月末までは普段にも増して十分な警戒が必要だ。そして長期的には、これから2017年にかけて伊豆・相模地域で起きる直下型地震に対する警戒が必要となる。

(文=百瀬直也)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

首都圏地震3・11以後、9倍多発している!警戒せよ!首都直下地震/静穏期間終わった!プレートずれ…21世紀大地動乱…


桜島、大規模噴火の可能性!山体膨張/大地動乱の日本列島、原発再稼働はありえない!大正大噴火規模もあり得る!さらには、巨大カルデラ噴火も…!日本列島は全域で大地震の活動期!それでも原発の新設すら認めようとする政党がある!


高浜原発の過酷事故、関西の水源全滅!原発攻撃も絵空事ではない…米オバマのロシア「原発攻撃」発覚の時代!福井・高浜原発再稼働、安全は“神話”のままだ…福島を忘れたのか!近畿の水瓶・琵琶湖全滅でもかまわない!狂気の安倍晋三と原発ムラ!


西日本、2000年に1度の超巨大地震の可能性!口永良部噴火を川内原発に関連付けないマスゴミ!大地動乱/西日本での、2000年に1度の、超巨大地震の少し前に、東日本で巨大地震が起きている!


2015年に大地震は発生する!当たる予言者・科学者たちの見解を一挙紹介!富士山大噴火も…!日本列島大地動乱、関東大地震、東南海、富士山、桜島など!千年前の平安の地震、噴火大災害に似ている!



フクイチ終わりなき危機!今も際限なく放射能を放出し続け、高放射能の汚染水が太平洋に!大気に雲に雨となり…日本の国民は毎日放射能に、汚染したものを食べているのです!果てしない福島原発事故の危機…




sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

この記事をはてなブックマークに追加

西日本の直下型地震は「南海トラフ地震の先駆け」となる!島村英紀氏/徳島県震度5強、2015・2・6

2015-02-06 19:19:45 | 地震
西日本の直下型地震は

「南海トラフ地震の先駆け」となる!

島村英紀氏/

徳島県震度5強、2015・2・6

巨大地震と巨大津波、東南海地震に備えを…

ブログランキング・にほんブログ村へ





テキスト記事は下記に






地震ブログ一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害ブログ一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


sohnandae Twitter→Twitter

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

南海トラフ地震の「先駆け」となった

西日本の直下型地震


島村英紀『夕刊フジ』 2015年1月30日(金曜)。

5面。コラムその87「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」

 1月3日、日本海岸に近い兵庫県豊岡市・城崎(きのさき)温泉で大規模な火事があった。19棟、延べ約2700平方メートルが焼けた。

 私たち地震学者が城崎温泉の火事と聞いて思い出すものがある。

 それは北但馬地震(1925年)と北丹後地震(1927年)のことだ。この二つはマグニチュード(M)がそれぞれ6.8と7.3。直下型地震としては阪神淡路大震災(M7.3)なみの大きな地震だった。

 これらの地震で城崎温泉をはじめ、兵庫県北部や東隣の京都府北西部など丹後半島の付け根部分では大きな被害が出た。

 北但馬地震での死者は430名、家屋の全半壊は4000棟におよんだ。震源地付近では83戸あった住宅のうち82戸が倒壊したほどの強い揺れだった。

 北但馬地震が起きたのは5月の午前11時すぎ。昼食の準備の時間だった。このため大火が起きて豊岡では焼失家屋は2300棟を超え、町の半分が焼失した。城崎だけで人口の8%、271名という多数の死者を生んでしまった。犠牲者の大半は炊事中に倒壊した家にはさまれたまま火災で焼死した女性だった。

 城崎町では、2年後の北丹後地震でも3月の夕食時だったこともあって火災で2300棟以上が焼失した。この地震での各地での合計は死者2900余、揺れによる全半壊22000棟にものぼった。

 城崎は地震による大火にたびたび痛めつけられたところなのである。

 じつは北但馬地震と北丹後地震はたんなる直下型地震ではなかった。

これらの地震は海溝型地震である南海地震(1946年。M8.0)と東南海地震(1944年。M7.9)の「先駆け」になった地震ではないかと考えられている。

 北但馬地震と北丹後地震だけではない。死者1100名を生んでしまった鳥取地震(1943年。M7.2)もある。この地震で鳥取市の中心部は壊滅。古い町並みはすべて失われた。市内の住宅の全壊率は80%を超えた。

 南海地震と東南海地震は、恐れられている「南海トラフ地震」の先代だ。これらの地震に限らず、いままで起きてきた南海トラフ地震の先祖たちの数十年前から西日本で直下型地震が頻発したことが知られているのだ。

 ところで2013年4月に兵庫県淡路島付近でM6.3の地震が起きた。最大震度は6弱。住家の一部損壊が2000棟以上にのぼったのをはじめ、液状化による施設被害、水道管破損による断水などの被害が出た。

 もし恐れられている南海トラフ地震が起きたら、この淡路島の地震も「先駆け」だったといわれるに違いない。

 それだけではない。もしかしたら阪神淡路大震災(1995年)や鳥取県西部地震(2000年。M7.3)も南海トラフ地震の「先駆け」のひとつかもしれないのである。

 ところで北丹後地震が起きたとき、大阪梅田の駅前にある阪急百貨店では客の食い逃げが莫大な額に達した。このため地震後に後払いをやめ、日本で初めての前金制の食券を取り入れた。これなら取りっぱぐれはない。さすが大阪である。


島村英紀ブログより
http://www5.pf-x.net/~shima/yuukanfuji-column87.htm


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

2015年に大地震は発生する!当たる予言者・科学者たちの見解を一挙紹介!富士山大噴火も…!日本列島大地動乱、関東大地震、東南海、富士山、桜島など!千年前の平安の地震、噴火大災害に似ている!


次に来る地震は、関東~関東以西が危ない!東北三陸沖大地震は当面来ない!木村政昭氏:本/火山噴火は全国…


小笠原、西ノ島さらに拡大、噴火頻発!大地震の前兆深まる!小笠原~富士火山帯/関東直下、東南海、富士山!地震活動が活発になっている!


2015年大地震予測/九州南部、秋田沖、津浪あり!長尾年恭・東海大学教授/川内原発、富士山噴火、近畿…!どこも危ないが…日本列島千年ぶりの大地動乱!- みんなが知るべき情報/今日の物語



東京地震、南海トラフより警戒すべきは「首都直下型」首都圏のごく浅いところに地震の巣/恐怖首都圏大混乱!東日本大震災以来、日本列島の地下全体が、リセットされてしまった!


富士山大噴火、2015年の可能性大!明日にでも…富士山周辺で不気味な地震続発!300年分エネルギー滞留! 首都圏、東京も甚大な被害が…!

阿蘇山マグマ噴火!日本列島21世紀大地動乱!東日本大震災以後、日本列島の地盤が緩みマグマが揺れて…



いつ起きてもおかしくない「大噴火」川内原発の桜島・鬼界カルデラの噴火/西日本で縄文初期の文明が断絶!川内原発、小規模な火山噴火でも「全電源喪失リスク」予知不可能/藤井敏嗣教授/九州全滅、日本消滅の危機!



富士山大噴火、箱根 へと続く~長野地震の「フォッサマグナ地溝帯」富士山噴火Xデーは2015年?21世紀大地動乱… -



首都圏地震3・11以後、9倍多発している!警戒せよ!首都直下地震/静穏期間終わった!プレートずれ…21世紀大地動乱…



日本列島は全域で大地震の活動期!それでも原発の新設すら認めようとする政党がある!東京新聞…


原発は再び爆発する!日本の原発には、国民に知らされていない致命的な欠陥がある【原発ホワイトアウト】


日本消滅?次期安倍政権!高浜超老朽原発の運転延長、大間新原発働=危険なプルトニウム原発!衆院選…! … 川内原発再稼働!青森・大間プルトニウム原発の危険性、石油ストーブで“ガソリンを燃やす”と同じ!小出裕章ジャーナル。 プルトニウムという物質はウランに比べて放射能の特性が20万倍も高いというほどの猛毒物質なのです。世界にひとつフルMOXという原子力発電所!

ohnandae Twitter→Twitter

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

この記事をはてなブックマークに追加

日本列島大地動乱!海水温上昇は地下のマグマ地殻変動!異常気象・地震・火山噴火を引き起こしている!

2015-01-28 16:34:27 | 地震
日本列島大地動乱!

海水温上昇は、地下のマグマ地殻変動!

異常気象・地震・火山噴火を

引き起こしている!

CO2温暖化理論のウソ!

世界的気候動乱…

日本列島21世紀大地動乱!

るいネット…



『二酸化炭素温暖化説の崩壊』 集英社新書【地球温暖化はCO2のせいではない】広瀬隆

阿蘇山マグマ噴火!日本列島21世紀大地動乱!東日本大震災以後、日本列島の地盤が緩みマグマが揺れて…


sohnandae Twitter→Twitter

みんなが知るべき情報

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

「海水温上昇」の真実と

熱移送説との繋がり

地下のマグマが異常気象・地震

・火山噴火を引き起こしている

CO2による地球温暖化理論のウソ!


●地下活動が水温上昇の原因

コスモス281120

海水温上昇」の真実と熱移送説との繋がり②
 
「CO2による地球温暖化理論のウソ(その4)
********************************************************************
●上が駄目なら下でしょう
では、一体、何が(海)水温上昇の原因なのでしょうか?

そこで、質問です。
みなさんは、ヤカンや鍋に入った水を温めるとき、どうしますか?
下から温めますでしょう。
そう、これが答えです。

水全体を温めるには、下から加熱すれば良いのです。
そうすれば、対流がおこる。
温められた水は上の方へいき、冷たい水が下の方にいく。
そして加熱される。
これがグルグル繰り返されて、水全体が温まるわけです。

ということは、水全体が温まる現象では、熱源は下の方にある…ということになりますでしょう。
ですから、(海)水温上昇の原因も、水の下にある…ということになるわけです。

●地下活動が水温上昇の原因

ここまでくれば、水温上昇の原因は、もうおわかりでしょう。
そう、地殻変動などのような地下活動のせいです。
これが、海水を温めていた…というわけです。

その結果、海流が変わってしまったり、捕れる魚の種類がかわってしまったりした…と考えられるのです。
後者は、いわゆる、生態系への影響…ってやつですね。
巨大クラゲのような特定の生物が異常繁殖したりすることもあり得ましょう。逆に、天敵となる生物が減ってしまうこともあり得ましょう。
これもまた、特定の生物の異常繁殖の原因となり得ます。

気象にも影響を及ぼします。

水温が上昇すれば、水が蒸発する量が増える。
その結果、湿度が高くなる。
今年の北海道の夏が長かったのは、このせいでしょう。

加えて、水が蒸発する量が増えれば、大雨を降らせる雲が発達しやすくなる。大雨の被害、大きかったでしょう?

そして、何より、強力な低気圧が発生・発達しやすくなる。
その結果、凶暴な台風(ハリケーン)が来襲することになる。
台風14号といい、米国を襲った二人の美女といい、そうでしたでしょう?
(引用者注:この引用文は2005年10月のものです)

●地震、津波…ハルマゲドンじゃないってば!
地下活動の一つに、地震があります。
そういえば、このところ、大きな地震が増えてますでしょう。昨年の新潟中越地方の地震といい、大津波をもたらしたスマトラ沖地震といい…。

地震があると、膨大なエネルギーが地下から放出されます。

まず、揺れですね。
揺れは、いつかは無くなるでしょう。
これは、揺れのエネルギーが、熱エネルギーに変換されるからです。
これは熱源になりますでしょう。

津波もそうです。
津波の波も、いつかは消えてしまう。
これも、波のエネルギーが、熱エネルギーに変換されるからです。
これも、熱源になる。

余談ながら、大津波の場合、生態系を破壊する可能性もありますね。

さて、上記に加えて、見落されがちなのが、地殻が壊れる際に放出される熱エネルギーです。
地震とは、地殻が壊れる現象です。
で、物が壊れる時は、熱が発生するのです。
ためしに、要らなくなったスプーンかなんかを、ちぎれるまで、何度も何度もグニャグニャ折り曲げ続けてみて下さい。
切り口が熱くなってますでしょう。
地震で地殻が壊れる時も同様に、熱が発生するのです。
これも、熱源になる。

このように、地震があると、海水が温められるのです。

そういえば、大地震が続いた昨年、北海道新聞は、「ハルマゲドン」などという見出しの記事を載せて、さらなる地震の恐怖を煽っていました。
さらに、今年になってからは、御親切に、温暖化と異常気象とを組み合わせて、まるで地震まで温室効果のせいであるかのように煽ってました。
悪趣味でバカみたいなことやってますが、ここで述べた“地下活動説”を見ると、地震と、温暖化もどきと、異常気象は、決して無関係なものではなかったことがわかるでしょう。

「海水温上昇」の真実と熱移送説との繋がり② - るいネット


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

「海水温上昇」の真実と

熱移送説との繋がり

地下のマグマが異常気象・地震

・火山噴火を引き起こしている


281827 地下のマグマが異常気象・地震・火山噴火を引き起こしている

>ここまでくれば、水温上昇の原因は、もうおわかりでしょう。
>そう、地殻変動などのような地下活動のせいです。
>これが、海水を温めていた…というわけです。

最近の異常気象は、極端な海水温の上昇によるものであることは間違いないことでしょう。そして、その海水温の上昇は、地下のマグマの活動によって引き起こされている可能性が高いと思われます。

地殻変動である地震や火山活動は、日本を含めて世界中で活発化しており、ごく最近もパキスタン地震(M7.8)、ペルー沿岸地震(M7.2)が発生しました。パキスタンの大地震では海底の地盤が隆起し、メタンガスを噴出する島が出現しました。

また、昨年にはインド・オーストリアプレートの境界で急速な海底隆起が起きている可能性が指摘されており、日本でも2005年には南硫黄島近くで海底火山が噴火しました。(In Deep「パキスタンの新しい島を見て、最近の「海底の異変」の場所を思い返してみました」


In Deep: パキスタンの新しい島を見て、最近の「海底の異変」の場所を思い返してみました

これらの異常気象や地震活動・火山活動は、地下のマグマの活動が地球規模で活発化していると考えると全てが直接的に繋がってきます。

あまりなじみの無い地下のマグマですが、プレート下の深度100~300kmには高温で部分溶融した「アセノスフェア」と呼ばれるマグマ状の層が広く分布していることがわかってきており、地球規模の地震や火山などの地殻変動を説明するには、プレート下のアセノスフェアが何らかの原因で活性化していると考えることが自然です。


アセノスフェア - Wikipedia

アセノスフェアは電気伝導性を有していると考えられており、発散型のプレート境界のアセノスフェアは地表に近いところまで上昇しています。

そして日本海溝付近にもアセノスフェアは存在しているのです。

ちなみに、今年9月4日に起きた鳥島近海の地震は非常に珍しい地震で、深さ400kmを震源とするM6.9の大深度地震で、太平洋プレート境界を北上する様に地震動が伝播し、フィリピン海プレート側にはほとんど揺れが伝わっていませんでした。深さ400kmはアセノスフェアの深さであり、地下の大深度部分における活動の活発化を裏付けるかのような地震でした。

フィリピン地震や東北地方太平洋沖地震もアセノスフェアの活発化が原因である可能性が高いと考えられます。それによって、地震や火山活動が活発化し、海水が温められて異常気象が多発しているのでしょう。

アセノスフェアが活性化する理由については、まだ何もわかっていないのが現状ですが、電気伝導性を有するアセノスフェアですから、地球規模の磁場や電場の影響を受けている可能性が考えられます。

ちなみに、アセノスフェアは外殻から上昇するホットプルーム(これもマグマの状のもの)に連続している可能性が高く、地球内部とアセノスフェアが伝導性をもって繋がっていると考えられますので、内核・外殻が発生させている磁場や電場の影響を受けて活発化していることも考えられます。


プルームテクトニクス - Wikipedia

さらにアセノスフェアは部分的に地表面近くに達していることから、宇宙とも電気的に繋がっている可能性があり、太陽風によるプラズマの変化などもアセノスフェアの活性化に影響している可能性も考えられるのです。

るいネット
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=281827


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

『世界的寒波』の原因は温暖化でなく【地球の寒冷化】マスコミは温暖化が原因と報道しますが…

【地球の寒冷化が始まる『「地球温暖化論」に騙されるな!』 丸山茂徳】 今日の物語/ウェブリブログ


地震、日本列島を縦断する地殻変動「フォッサマグナ」に異変が起こっている!予知に繋がる海洋生物…富士山



【原発は最強の温暖化装置】大飯原発1基稼働で毎日「広島原爆2発分のパワー」で、温暖化される!

2015年に大地震は発生する!当たる予言者・科学者たちの見解を一挙紹介!富士山大噴火も…!日本列島大地動乱、関東大地震、東南海、富士山、桜島など!千年前の平安の地震、噴火大災害に似ている!


阿蘇山マグマ噴火!日本列島21世紀大地動乱!東日本大震災以後、日本列島の地盤が緩みマグマが揺れて…



小笠原、西ノ島さらに拡大、噴火頻発!大地震の前兆深まる!小笠原~富士火山帯/関東直下、東南海、富士山!地震活動が活発になっている!


富士山大噴火Xデー2015年!国家の危機!東京にガラス火山灰が2週間…降り続き!電気、通信、交通マヒ…!国家存続の危機であるが、国の対応は…ほとんど何もやっていない!


川内原発、再稼働への警告!39の火山が囲み、巨大噴火カルデラ火山5つ!九州消滅の危機にさらされている! ルール無用の川内原発、月刊宝島


巨大カルデラ噴火の恐怖!その確率、阪神淡路大震災の5倍/火砕流は九州全域を襲う!火山灰は本州全域…!巽 好幸教授神戸大学・地球惑星科学科(マグマ学)


首都圏地震3・11以後、9倍多発している!警戒せよ!首都直下地震/静穏期間終わった!プレートずれ…21世紀大地動乱…




sohnandae Twitter→Twitter

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


この記事をはてなブックマークに追加

地震「震度5弱」栃木・群馬・埼玉/日本列島を縦断する地殻変動「フォッサマグナ」が動き出したか!3日に

2014-09-16 13:06:46 | 地震
地震「震度5弱」栃木・群馬・埼玉/

日本列島を縦断する地殻変動

「フォッサマグナ」が動き出したか!?

2014・9・16 昼0時28分ころ

9月3日にも栃木県日光市に、震度5弱!


地震情報 - Yahoo!天気・災害


地震、日本列島を縦断する地殻変動「フォッサマグナ」に異変が起こっている!予知に繋がる海洋生物…富士山


ブログランキング・にほんブ ログ村へ


地震、栃木県で震度5弱・津波心配なし!日本列島を縦断する地殻変動「フォッサマグナ」に異変が起きている


地震、日本列島を縦断する地殻変動「フォッサマグナ」に異変が起こっている!予知に繋がる海洋生物…富士山


sohnandae Twitter→Twitter


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

この記事をはてなブックマークに追加

日本海巨大津波、京都の海抜40メートルの山中の籠神社まで!過去に佐渡に9千年間で26回以上!

2014-08-28 18:44:28 | 地震
日本海巨大津波、京都の海抜40メートルの

山中の籠神社まで!

佐渡島に9千年間で26回以上!

大飯・柏崎原発!


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

大津波は日本三景、京都の天橋立を

越えた山の中の丹後一宮・籠神社の

奥宮とされる真名井神社の境内に??

「波せき地蔵」があり、

701年には海抜40メートルの

場所まで津波が襲ったと伝わっている。

南海トラフト地震より怖い。

日本海にも超巨大地震、津波があった。


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

東京新聞:日本海側 津波20メートル超想定 地震最大M7.9:社会(TOKYO Web)

時事ドットコム:【図解・行政】日本海地震想定・日本海大規模地震の想定津波高(2014年8月)


地震 - みんなが知るべき情報

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

日本海、新潟県・佐渡島に過去9000年間で

少なくとも 26回の大津波!

大飯原発・柏崎原発!!



今日の物語/ウェブリブログより
http://kimito39.at.webry.info/201211/article_57.html

2012/11/15

日本海【新潟県・佐渡島に過去9000年間で少なくとも26回の大津波】

大飯原発・柏崎原発・もんじゅ!!

■柏崎原発や若狭湾沿岸に集中する原発は

いつ発生しても不思議ではない巨大地震の

危険にさらされているわけです。

■新潟県・佐渡島に過去9000年間で少なくとも

26回の大津波が押し寄せた可能性があることが、

卜部厚志新潟大准教授(地質学)の調査で判明した。

■ちなみに、 日本三景、京都の天橋立を越えた山の中の

丹後一宮・籠神社の奥宮とされる真名井神社の境内に??

「波せき地蔵」があり、701年には海抜40メートルのこの場所まで

津波が襲ったと伝わっている。 南海トラフト地震より怖い。

……日本海にも超巨大地震、津波があったのですね。。

………………………………………………………………………

……選挙です。。日本海も過去に大震災が。。

……次の原発事故があれば、日本は終わるでしょう。。

……脱原発の候補を選びたい。。

………………………………………………………………………

週刊実話 ニフティより ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

■南海トラフ地震より怖い!? 日本海地震と大津波

2012年11月15日(木)14時0分配信 週刊実話

■新潟県・佐渡島に過去9000年間で少なくとも

26回の大津波が押し寄せた可能性があることが、

卜部厚志新潟大准教授(地質学)の調査で判明した。

佐渡島の堆積物を調査したところ、津波の平均間隔は346年、

高さは5メートル以上だったと いう。

「前回の地震は、単純計算すると1600年代の半ば

ということになりますが、記録は残っていない。

しかし、津波の記録が残るようになったのは江戸時代以降。

つまり、巨大地震が起こり日本海沿岸に大津波が襲来する時期が

切迫しているこ とは確かなのです」(サイエンスライター)

これまで日本海側には巨大地震は発生しないとされてき???。

なぜなら、太平洋側と違いプレート境界がないからである。

しかし、1993年には奥尻沖で巨大地震 が発生し、

大津波で多数の住民が亡くなっている。

琉球大理学部名誉教授の木村政昭氏が言う。

「大西洋を引き裂いてきた大西洋中央海嶺が、

北極、シベリアを経て樺太の西 側を通り、日本海に入っている。

そして、その海嶺は新潟沖を経て富山湾に入り、琵琶湖、

瀬戸内海を通って沖縄、台湾に至っているというのが私の見解です。

私が『日本列島構造線』と呼んでいるこの海嶺は、

地殻を押し上げるのではなく、激しく引き裂いており、

地震が発生しても不思議ではない。奥尻沖の巨大地震も

過去9000年で26回発生した巨大地震も、

その構造線上で起きていると見 ています

ちなみに、丹後一宮・籠神社の奥宮とされる真名井神社の境内には

「波せき地蔵」があり、701年には海抜40メートルのこの場所まで

津波が襲ったと伝わって いる。

「柏崎原発や若狭湾沿岸に集中する原発は、いつ発生しても不思議ではな い

巨大地震の危険にさらされているわけです」

(前出・サイエンスライター)

怖いのは南海トラフ地震だけではない。

より引用

2012年11月15日(木)

週刊実話より
http://s.news.nifty.com/domestic/societydetail/jitsuwa-20121115-3098_1.htm

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

■日本付近で発生した過去の地震 こんなにある!

明治 5(1872)年 浜田地震 3月14日 マグニチ??ード7.1

明治24(1891)年 濃尾地震 10月28日 マグニチュード8.0

明治27(1894)年 庄内地震 10月22日 マグニチュード7.0

明治29(1896)年 明治三陸地震 6月15日 マグニチュード8.5

陸羽地震 8月31日 マグニチュード7.2

大正12(1923)年 関東地震(関東大震災) 9月1日

マグニチュード7.9

大正14(1925)年 北但??地震 5月23日 マグニチュード6.8

昭和2(1927)年 北丹後地震 3月7日 マグニチュード7.3

昭和 5(1930)年 北伊豆地震 11月26日 マグニチュード7.3

昭和8(1933)年 昭和三陸地震 3月3日 マグニチュード8.1

昭和18(1943)年 鳥取地震 9月10日 マグニチュード7.2

昭和19(1944)年 東南海地震 12月7日 マグニチュード7.9

昭和20(1945)年 三河地震 1月13日 マグニチュード6.8

昭和21(1946)年 南海道地震 12月21日 マグニチュード8.0

昭和23(1948)年 福井地震 6月28日 マグニチュード7.1

昭和35(1960)年 チリ地震津波 5月23日 マグニチュード9.5

1983年 日本海中部地震 5月26日 マグニチュード7.7

1993年 北海道南西沖地震 7月12日午後10時17分ごろ、

マグニチュード7.8

1995年 阪神・淡路大地震 1月17日午前5時46分ごろ、

マグニチュード7.3 震度7 神戸市震災資料室

2003年 十勝沖地震 9月26日午前4時50分ごろ、

マグニチュー???8.0

2004年 新潟??中越地震 10月23日午後5時56分ごろ、

マグニチュード6.8

2007年 能登半島地震 3月25日午前9時42分ごろ、

マグニチュード6.9

2007年 新潟県中越沖地震 7月16日午前10時13分ごろ、

マグニチュード6.8

2008年 岩手・宮城内陸地震

2009年 静岡県 8月11日午前5時7分ごろ、震度6弱

2011年 東日本大震災 3月11日午後2時46分ごろ、

宮城北部でマグニチュード9.0 太平洋三陸沖を震源として

発生した大地震。
過去の地震

今日の物語/ウェブリブログより
http://kimito39.at.webry.info/201211/article_57.html


ブログランキング・にほんブ ログ村へ



日本海側 津波20メートル超想定 地震最大M7.9

東京新聞

2014年8月27日 朝刊

日本海沿岸で津波を起こす可能性のある大規模地震の想定を、政府の有識者検 討会が二十六日まとめた。沿岸で発生する地震は最大マグニチュード

9で、最大津波高は北海道せたな町の二三・四メートルとなった。各道府県では 今回の想定をもとに津波による浸水地域を設定する。

北海道-九州の沖合にある六十の活断層について、起こり得る最大の地震規模 を推定し、発生する津波高を計算した。M7・9と推定された断層は北海道宗谷 岬沖と青森県沖の二カ所。津波高は北海道奥尻島の一部でも一八・八メートルに 達するなど、北海道から東北の沿岸で大きな数字になった。

北陸では、石川県珠洲市の一部で一五・八メートルが予想されるなど、

に突き出した能登半島で津波が高くなる傾向がみられた。日本海岸にある原子力 発電所の津波高は各原発の想定を下回った。

日本海の地震は断層が陸地に近く、数分で津波が到達する場所が多かった。ま た、太平洋側で起こる同規模の地震に比べて海底の隆起や沈降が大きく、津波が 高くなりやすいという。検討会の座長を務めた阿部勝征・東京大名誉教授は同 日、会見し「強い揺れを感じたらすぐ避難することを忘れないで」と日ごろの心 構えの大切さを訴えた。

日本海側では、南海トラフ地震のように百年あまりで繰り返す巨大地震は知ら れておらず、津波の歴史記録や地質調査データも少ない。今回は、資源探査など で得られた海底地形データから六十断層の形や規模を推定した。過去の地震デー タがないため発生確率は計算していない。

政府では東日本大震災を受け、沿岸の全都道府県で津波浸水の想定づくりを目 指すが、日本海側は共通の想定がなかったため作業が進んでいなかった。


東京新聞より
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014082702000132.html





ブログランキング・にほんブ ログ村へ

地震 - みんなが知るべき情報

小笠原・西之島【80倍以上に成長!】噴火活動さらに活発…“関東・東南海地震”に関連ないとは言えない!

地震、日本列島を縦断する地殻変動「フォッサマグナ」に異変が起こっている!予知に繋がる海洋生物…富士山

高齢者『早死に棄民計画』確信犯の汚染水垂れ流し、被爆隠蔽“高齢者扶養減らし”事故収束に本気でない - みんなが知るべき情報

フォローお願いいたしますsohnandae Twitter→Twitter


ブログランキング・にほんブ ログ村へ


この記事をはてなブックマークに追加

伊豆諸島沖・巨大地震M9/2017年ころまでに、太平洋沿岸に津波被害!東日本大震災的中の木村政昭氏

2014-08-15 17:25:25 | 地震
伊豆諸島沖・巨大地震M9

2017年ころまでに!

太平洋沿岸に津波被害!

東日本大震災的中の木村政昭氏


東日本大震災を地震の4年前に予測

的中の木村政昭・琉球大学名誉教授が

伊豆諸島沖・巨大地震M9を予測。

太平洋の広範囲に津波の被害!

時期:2012年+-5年、2017年ころまで!

今日か明日かも知れません!?

太平洋沿岸の津波は広範囲という予測です。


ブログランキング・にほんブ ログ村へ


画像、情報 ビートたけしのTVタックルより 2014・7・21







ブログランキング・にほんブ ログ村へ






ブログランキング・にほんブ ログ村へ







ブログランキング・にほんブ ログ村へ






ブログランキング・にほんブ ログ村へ

小笠原・西之島【80倍以上に成長!】噴火活動さらに活発…“関東・東南海地震”に関連ないとは言えない!

琵琶湖、近畿地方に大地震か!?=2014年11月8日±3日、M8「FM電波地震予知」串田嘉男代表

地震 関連ブログ

琵琶湖、近畿地方に大地震か!?=2014年11月8日±3日、M8「FM電波地震予知」串田嘉男代表

地震、日本列島を縦断する地殻変動「フォッサマグナ」に異変が起こっている!予知に繋がる海洋生物…富士山

平安「貞観地震」の9年後に「関東巨大地震」その9年後に「南海トラフ巨大地震」東京五輪の年!古文書

関東一帯を襲う【巨大地震の影】巨大な地震が多い状態に!4号機、富士山噴火、五輪…島村英紀氏

首都直下”が危ない!!関東大震災 70年周期は過ぎて‥‥ 五輪で浮かれていますが、東南海地震も

「南海トラフ地震」の前兆 “愛媛・伊予灘の地震” 気象庁は否定も、専門化が警告!ステージ1段階の…

福井の原発事故で汚染なら近畿の水が全滅【琵琶湖代替水源なし】近畿壊滅、国家的危機!!

首都直下型地震~M9クラス~「地殻変動解析」の専門家が警告!!関東大震災の相模トラフ。

ダイオウイカ“大地震のシグナル”/房総沖・東京直下地震/北海道沖/深海魚は海底異変の…電磁波に鋭敏!

高齢者『早死に棄民計画』確信犯の汚染水垂れ流し、被爆隠蔽“高齢者扶養減らし”事故収束に本気でない

sohnandae Twitter→Twitter


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

この記事をはてなブックマークに追加

琵琶湖、近畿地方に大地震か!?=2014年11月8日±3日、M8「FM電波地震予知」串田嘉男代表

2014-08-01 18:26:09 | 地震
琵琶湖、近畿地方に大地震か!?

=2014年11月8日±3日、M8!

「FM電波地震予知」串田嘉男代表


情報、画像 ビートたけしのTVタックルより 2014・8・1

ブログランキング・にほんブ ログ村へ





福井の原発事故で汚染なら近畿の水が全滅【琵琶湖代替水源なし】近畿壊滅、国家的危機!!

ブログランキング・にほんブ ログ村へ





ブログランキング・にほんブ ログ村へ











ブログランキング・にほんブ ログ村へ

地震 関連ブログ

地震、日本列島を縦断する地殻変動「フォッサマグナ」に異変が起こっている!予知に繋がる海洋生物…富士山

小笠原・西之島【80倍以上に成長!】噴火活動さらに活発…“関東・東南海地震”に関連ないとは言えない! - みんなが知るべき情報/今日の物語

平安「貞観地震」の9年後に「関東巨大地震」その9年後に「南海トラフ巨大地震」東京五輪の年!古文書

関東一帯を襲う【巨大地震の影】巨大な地震が多い状態に!4号機、富士山噴火、五輪…島村英紀氏

首都直下”が危ない!!関東大震災 70年周期は過ぎて‥‥ 五輪で浮かれていますが、東南海地震も

福井の原発事故で汚染なら近畿の水が全滅【琵琶湖代替水源なし】近畿壊滅、国家的危機!!

「南海トラフ地震」の前兆 “愛媛・伊予灘の地震” 気象庁は否定も、専門化が警告!ステージ1段階の…

首都直下型地震~M9クラス~「地殻変動解析」の専門家が警告!!関東大震災の相模トラフ。

ダイオウイカ“大地震のシグナル”/房総沖・東京直下地震/北海道沖/深海魚は海底異変の…電磁波に鋭敏!

高齢者『早死に棄民計画』確信犯の汚染水垂れ流し、被爆隠蔽“高齢者扶養減らし”事故収束に本気でない

sohnandae Twitter→Twitter


ブログランキング・にほんブ ログ村へ


この記事をはてなブックマークに追加

大地震の前兆なのか!?「皆既月食」…震災前年と直後にも…月の引力、プレート… 島村英紀氏

2014-04-16 13:22:44 | 地震
大地震の前兆なのか!?

「皆既月食」…震災前年と直後にも…

月の引力、プレート…

島村英紀氏


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

ゲンダイネットより
http://gendai.net/articles/view/life/149481


震災前年と直後にも…

「皆既月食」は大地震の前兆なのか!?



日刊ゲンダイ 2014年4月14日 掲載

何も起こらなければ…

 15日の夜を皮切りに米国では今後1年間で4度の皆既月食が観測できる。

次回の10月は日本でも見られるし、今回の月食も、東日本、北日本なら部分月食が観測できる。

 皆既月食は月と太陽、地球が一直線になる現象だ。月が赤銅色に見えるのも特徴である。

しかし、心配なのは地震との関係で、武蔵野学院大特任教授・島村英紀氏(地震学)も

「月と太陽の引力が地震を引き起こすことは、昔から学会などで指摘されています。特に月の引力の作用は大きい」と指摘していた。

 3・11前後の10年12月21日と11年6月16日は皆既月食だった。

しかも、前年の2010年は日本で1月1日、6月26日、12月21日の3度も月食が観測され、注目されていたのだ。

「過去を調べると、月食の前後に大きな地震が起きていることが多い。

ただ、日本で月食が見られたから日本で地震が起きているわけではありません。

逆に日本で見られる機会は少ないとしても、米国で連続する皆既月食は日本と無関係とも言えないのです」(北陸地震雲予知研究観測所の上出孝之氏)

実際、プレートはつながっていて、13日起きたソロモン諸島のM7クラスの2度の地震も日本と無関係ではないという。

「太平洋プレートが西側に移動している状況下で起きたのが、ここ数日続くソロモン諸島の地震。同プレートはフィリピン海プレートを押して動いて、フィリピン海プレートはユーラシアプレートを刺激している。

両プレートの境目が『南海トラフ』と呼ばれる場所。

ですから、日本と関係がないとはいえません。そもそも地球はたった14、15枚のプレートで覆われている。

ひとつのプレート上で大地震が起きれば、必ずほかのプレートにもひずみができると考えれば当然です」(立命館大環太平洋文明研究センター・歴史都市防災研究所の高橋学教授)

 何も起こらなければいいが。

ゲンダイネットより
http://gendai.net/articles/view/life/149481


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

首都直下地震 専門家が警鐘「5年以内にM7以上が17%」東日本大震災前より危険度が2、3倍に…

首都直下型地震~M9クラス~「地殻変動解析」の専門家が警告!!関東大震災の相模トラフ。/a>

平安「貞観地震」の9年後に「関東巨大地震」その9年後に「南海トラフ巨大地震」東京五輪の年!古文書

首都直下”が危ない!!関東大震災70年周期は過ぎて‥‥五輪で浮かれていますが、東南海地震も‥‥

「南海トラフ地震」の前兆 “愛媛・伊予灘の地震” 気象庁は否定も、専門化が警告!ステージ1段階の…

<海の異変>定置網に深海魚!地震におびえる漁師、松江。海底のダイオウイカも続々!海の底の地殻変動か!-gooブログ

東京湾に異変か!「横須賀に巨大ダイオウイカ」首都圏地震の前兆!? 地元漁師も見たことない!


sohnandae Twitter→Twitter

ブログランキング・にほんブ ログ村へ


この記事をはてなブックマークに追加

房総沖「スロースリップ」観測は“首都圏大地震”の前兆か!いつ起きてもおかしくない巨大地震!M8…

2014-04-06 09:32:22 | 地震
房総沖「スロースリップ」観測は

“首都圏大地震”の前兆か!

いつ起きてもおかしくない巨大地震!

M8の地震の可能性も…


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

zakzakより
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140404/dms1404041537009-n1.htm

房総半島沖だけでなく、東北沖の日本海溝、

日向灘など全国各地で観測されている

スロースリップ。その動きに注視しなくてはならない。

「ゆっくり地震」とも呼ばれるスロースリップ。

プレート境界や地下の断層が、

通常の地震よりもはるかに遅い速度で

長い時間をかけてずれ動く現象で、

周辺でひずみがたまることから、

地震が起こりやすくなるとされている。


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

zakzakより
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140404/dms1404041537009-n1.htm


房総沖「スロースリップ」観測は大地震の前兆か 1年以内にM6・5の可能性


2014.04.04


いつ起きてもおかしくない巨大地震。備えが必要だ

 南米チリで発生したマグニチュード(M)8・2の巨大地震。日本にまで津波が到達するすさまじさだったが、その日本でも見逃せない現象が起きている。房総半島沖の海底で今年1月、地下プレートの境界がゆっくりとずれ動く「スロースリップ」と呼ばれる地殻変動が観測されたのだ。専門家は、地震の発生間隔とスロースリップとの関連を分析した結果、房総半島沖で1年以内にM6・5前後の地震が起きる可能性が高いと指摘。東日本大震災の直前にスロースリップが観測されたとの報告もあり、巨大地震の前兆現象としても注目されている。

 「ゆっくり地震」とも呼ばれるスロースリップ。プレート境界や地下の断層が、通常の地震よりもはるかに遅い速度で長い時間をかけてずれ動く現象で、周辺でひずみがたまることから、地震が起こりやすくなるとされている。

 房総半島沖で確認されたのは、今年1月2日ごろから10日にかけて。南北方向に最大15センチの滑りが観測された。通常この地域の海底は北西方向に動いているが、力を蓄積させたプレート境界面がすべって、反対方向の南東に動いたとみられている。

 阪神淡路大震災(1995年)を契機に全国にGPSが設置され、存在が初めて確認されたスロースリップ現象。地震との関連を研究している東海大学海洋研究所教授で、地震予知研究センター長の長尾年恭氏はこう話す。

 「房総半島沖ではスロースリップ現象が繰り返されていて、GPS実用化前のものも含めると、(1)71年5月(2)77年6月(3)83年4月(4)90年12月(5)96年5月(6)2002年10月(7)07年8月(8)11年10月(9)14年1月と起きている」

GPS実用化前は周辺の地震の発生状況などからの推定となるが、ほぼ6年間隔で繰り返されてきた。東日本大震災前後の2回は4年2カ月((7)-(8))、2年3カ月((8)-(9))と狭まっているのが分かる。

 防災科学技術研究所の南海トラフのシミュレーション(模擬実験)では巨大地震の発生が近づくと、スロースリップの発生間隔が短くなることが報告されている。これは巨大地震の“前兆”といえるのか。

 「東日本大震災が日本列島の下の4つの巨大プレートに作用し、周期を変えた可能性があり、これだけでは地震の前兆とは言い切れない。ただ、千葉県東方沖は1912年(M6・2)、50年(M6・3)、87年(M6・7)と37、38年の周期でM6・5前後の地震が起きている」と長尾氏は指摘し、こう続ける。

 「過去の状況から、スロースリップが6回起きると、地震が発生しているように見える。前回の87年の地震からはまだ27年しかたっていないが、87年以降、スロースリップは6回起こった。東日本大震災の影響でひずみの蓄積が加速していることも考えられ、M6・5前後の地震は1年単位で起きる可能性が高い」

 房総半島沖でM6・5前後の地震が起きた場合、津波の発生など甚大な被害は想定されていない。だが、87年の地震では死者2人、負傷者161人を出しており、長尾氏の警告は無視できないのだ。

 また、東日本大震災前にスロースリップの発生が明らかになるなど、スロースリップは、M8クラスの巨大地震の“引き金”としても注目されている。

東京大地震研究所の加藤愛太郎准教授らは、震災前にスロースリップが連続して起き、ひずみが震源に集中して本震が誘発された可能性があるとの研究結果をまとめた。

 房総半島沖でもM8クラスの地震が発生する可能性はある。

 「1677年11月に銚子沖100キロほどを震源とするM8(推定)の地震が起きている。300年以上前の地震が次にいつ起きるのかを予測するのは難しいが、スロースリップの間隔が詰まってくるということは地震の準備が進んでいること。房総半島沖のひずみがたまっているのは自明で、いつでも危ない状況ともいえる」(長尾氏)

 房総半島沖だけでなく、東北沖の日本海溝、日向灘など全国各地で観測されているスロースリップ。その動きに注視しなくてはならない。


zakzak
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140404/dms1404041537009-n1.htm


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

関東一帯を襲う【巨大地震の影】巨大な地震が多い状態に!4号機、富士山噴火、五輪…島村英紀氏

「南海トラフ地震」の前兆 “愛媛・伊予灘の地震” 気象庁は否定も、専門化が警告!ステージ1段階の…/a>

沖縄地震頻発は「南海トラフ地震」と「関東や東海への大津波」の前触れ…1771年/津波85.4メートル

首都直下地震 専門家が警鐘「5年以内にM7以上が17%」東日本大震災前より危険度が2、3倍に…

首都直下型地震~M9クラス~「地殻変動解析」の専門家が警告!!関東大震災の相模トラフ。/a>

平安「貞観地震」の9年後に「関東巨大地震」その9年後に「南海トラフ巨大地震」東京五輪の年!古文書

首都直下”が危ない!!関東大震災70年周期は過ぎて‥‥五輪で浮かれていますが、東南海地震も‥‥

東京湾に異変か!「横須賀に巨大ダイオウイカ」首都圏地震の前兆!? 地元漁師も見たことない!

『ダイオウイカ』次々浮上の怪!大地震予兆か? 海の底で、とんでもない地殻変動でも起きているのか!


sohnandae Twitter→Twitter

ブログランキング・にほんブ ログ村へ



この記事をはてなブックマークに追加

愛媛で震度5強、M6.1 「南海トラフ巨大地震、3月までに来る」東大名誉教授・村井俊治の警告…

2014-03-14 03:07:43 | 地震
愛媛で震度5強、M6.1 、

「南海トラフ巨大地震来、3月までに来る」

東大名誉教授・村井俊治の警告…

引き続き、さらなる大地震誘発に注意!!



2014年14日午前2時7分ごろ

ブログランキング・にほんブ ログ村へ


愛媛で震度5強を観測 

NHKニュースより

14日午前2時7分ごろ、愛媛県で

震度5強の強い揺れを観測する地震がありました。

この地震による津波の心配はありません。

震度5強を観測したのは、愛媛県西予市です。

震度5弱は、広島県呉市、山口県防府市、松山市中島、

高知県宿毛市、大分県佐伯市などです。

気象庁の観測によりますと、震源地は伊予灘で、

震源の深さは80キロ、

地震の規模を示すマグニチュードは6.1と推定されています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140314/t10015963421000.html

南海トラフ巨大地震 2014年3月までに来る!

3・11東日本大震災の直前と同じ異変。

東大名誉教授・村井俊治が警告

南海トラフ巨大地震来年3月までに来る!3・11東日本大震災の直前と同じ異変。東大名誉教授・村井俊治が警告-




sohnandae Twitter→Twitter

ブログランキング・にほんブ ログ村へ



この記事をはてなブックマークに追加

首都直下地震 専門家が警鐘「5年以内にM7以上が17%」東日本大震災前より危険度が2、3倍に…

2014-03-13 17:04:03 | 地震
首都直下地震 専門家が警鐘

「5年以内にM7以上が17%」

東日本大震災前より危険度が2、3倍に…


17%という数字にとらわれず、

震災前に比べて、危険度が2、3倍に

なっていることを自覚すべきです!

東北大・遠田晋次教授

最新データに基づく試算、

東北大の試算は脅しではない!

首都圏に住むのは依然として、命懸けなのである。




ブログランキング・にほんブ ログ村へ

首都直下地震 専門家が警鐘

「5年以内にM7以上が17%」


日刊ゲンダイより
2014年3月12日 掲載


試算した東北大の遠田晋次教授/(C)日刊ゲンダイ

 3・11から丸3年たったが、依然として地震活動は活発だ。

気象庁は10日、大震災後、青森から千葉にかけての沿岸や沖合を震源に発生した余震数を発表したが、

M5以上は56回(1年間)で、前年の84回からは減少したものの、震災前の年平均19回の約3倍に上っている。

そんな中、改めて注目されているのが首都直下地震の確率だ。

東北大の遠田晋次教授らの試算によると、

「5年以内にM7以上が17%」というから怖くなる。

 首都直下地震の予測といえば、震災の半年後に

東大の地震研究所が「4年以内に70%」という数字を出して、大騒ぎになった。

政府見解は「南関東でM7は30年以内に70%」だ。

■最新データに基づく試算

 算出方法は似ていて、一定のエリアを定めて、M3クラス以上の地震の頻度を調べる。

統計的に地震の数はMが1つ上がると10分の1になるので、

M3の頻度からM7以上の数を推計できる。

研究機関によって確率が変わるのは、

エリアの取り方や集計の時期によって、地震の数が変動するからだ。

震災直後の余震が多い時期に広いエリアで集計、解析すれば、当然、確率は上がる。

東大の70%はそんな背景から出てきたものだが、

東北大の遠田教授の予測は「最新データに基づくもの」だ。

それでもまだ、確率がこんなに高い。そこに注目すべきである。

遠田教授は「17%という数字は震災後2年間、

首都圏100キロメートルの立方体の中で発生したM3以上の地震を調べて、算出した」という。

立方体とは、縦横100キロ、深さ100キロのエリアという意味だ。

震災後2年たっても、地震が大して減っていなかった。

「3・11以前はM3以上の地震は1日当たり平均0.15回でした。それが大震災以後、約4倍に増えた。

それで17%という数字になったのです。

そうしたら昨年11月、関東地方でM5クラスの中規模地震が3週連続で起きた。

もう一度、地震の回数を調べたら依然として、1日平均で震災前の3倍近く頻発していて、高止まりしていた。

今年の3月8日までのデータも調べてみましたが、

若干、減ってはいるものの、高止まりの傾向は変わりませんでした」(遠田晋次教授)

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

■東北大の試算は脅しではない

 首都圏の地盤がいかに緊迫しているかがよくわかる。

とくに昨年11月の3週連続地震の震源は、1921年の龍ケ崎地震(M7)や

1855年の安政江戸地震の震源に近かった。ますます不気味になってくる。

「こうした地震の多さをどう見るかです。

大震災で生じたプレートのひずみが関東まで伝わっていて、房総沖でゆっくり滑っている。

その速度が速まり、勢いがついている可能性があります。

小さな地震が頻発すると、ひずみが解放されるという考え方もありますが、危険です。

小さい地震が起これば、大きな地震が起こり得る。

17%という数字にとらわれず、震災前に比べて、

危険度が2、3倍になっていることを自覚すべきです」(遠田晋次教授)

 首都圏に住むのは依然として、命懸けなのである。

ゲンダイネットより 2014・3・13
http://gendai.net/articles/view/newsx/148641


ブログランキング・にほんブ ログ村へ


首都直下型地震~M9クラス~「地殻変動解析」の専門家が警告!!関東大震災の相模トラフ。



日本政府は知っていた、3・11巨大地震・大津波が襲うことを!!8日前に。

東日本大震災「 巨大地震・津波の警告」を隠した国、宮城県の責任は重大!知っていれば逃げられた!

首都直下が危ない!【関東大震災】70年周期は過ぎて‥‥五輪で浮かれていますが、東南海地震も‥‥

沖縄地震頻発は「南海トラフ地震」と「関東や東海への大津波」の前触れ…1771年/津波85.4メートル

平安「貞観地震」の9年後に「関東巨大地震」その9年後に「南海トラフ巨大地震」東京五輪の年!古文書


「ダイオウイカ」のあいつでの発見は、海底の地殻変動か!‥海水温が低下か?大地震予兆か?

大江健三郎氏「政府宣伝だまされるな」再稼働、だまされてしまえば…私たちの未来はない!






sohnandae Twitter→Twitter

ブログランキング・にほんブ ログ村へ


この記事をはてなブックマークに追加

沖縄地震頻発は「南海トラフ地震」と「関東や東海への大津波」の前触れ…1771年/津波85.4メートル

2014-03-06 19:41:06 | 地震
沖縄地震頻発は「南海トラフ地震」と

「関東や東海への大津波」の前触れ…

1771年/津波85.4メートル


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

沖縄の地震は、天変地異の前触れなのか。

日刊ゲンダイより

琉球大名誉教授・木村政昭氏(地震学)がこう言う。

1771年の八重山地震はM7.4で、

『明和の大津波』を引き起こし、

死者は1万人を超えた。

この津波は高さ85.4メートルで、

ギネスにも載っています。

1900年代に入ってからは、

11年のM8を筆頭に、M7超が計3回。

“ギネス級の地震”を

経験しているだけに、

今回も巨大地震の前触れと考えた方がいい。


ブログランキング・にほんブ ログ村へ


沖縄地震頻発は「南海トラフ地震」と

「太平洋大津波」の前触れ


日刊ゲンダイより 2014年3月5日 掲載


地震が相次ぐ沖縄/日刊ゲンダイ

■3日のM6.6から始まる悪夢のシナリオ

「なんくるないさぁ」の南の島が、「あきさみよー(大変だ)」と大揺れだ。
 
沖縄で地震が相次いでいる。

3日には、本島北西沖でM6.6に続いて、M5を観測した。

全国でM6超の揺れは、昨年10月に起きた福島沖のM7.1以来。

沖縄の地震は、天変地異の前触れなのか。

 琉球大名誉教授・木村政昭氏(地震学)がこう言う。

「『沖縄は地震が少ない』とよく言われますが、そんなことはありません。

1771年の八重山地震はM7.4で、『明和の大津波』を引き起こし、

死者は1万人を超えた。この津波は高さ85.4メートルで、ギネスにも載っています。

1900年代に入ってからは、11年のM8を筆頭に、M7超が計3回。

“ギネス級の地震”を経験しているだけに、今回も巨大地震の前触れと考えた方がいい」

 奄美大島沖で起きたM8の2年前には、本島沖でM6.2を観測していた。

震源が本島から奄美沖へ北側にズレたという教訓から、

木村氏は今回も奄美沖を巨大地震警戒エリアとしてマークしている。

「このエリアで、“ギネス級の地震”が発生したら、

地震の規模は3・11並みのM8.5は覚悟すべき。向こう3年は注意した方がいい」

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

■想定被害額は220兆円

 怖いのは、被害が沖縄や奄美にとどまらないこと。

九州から関東にかけて広い範囲で大津波に襲われるという。

「沖縄や本州がのっているユーラシアプレートの下には、小笠原などがあるフィリピン海プレートがもぐり込んでいます。

地震は、2つのプレートの境界面に沿って発生しやすく、今回が巨大地震の前兆とすれば、その両側が危ない。

それで、奄美沖なのですが、“ギネス級の地震”となると、

いま恐れられている南海トラフを刺激する可能性がある。

もうひとつは、沖縄巨大地震の余波で、

新島で注目される小笠原近海の地殻活動が活発化すること。

南海トラフへの刺激では、九州から四国にかけての地震と津波、

小笠原の地殻活動では、関東や東海への大津波が心配です」

 南海トラフ地震では、220兆円の被害が想定されている。

小笠原大津波が首都・東京を丸のみしたら……。想像するだに恐ろしい。

ゲンダイネットより
http://gendai.net/articles/view/newsx/148456/2


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

小笠原の火山新島 大地震の前兆か!東日本大震災を契機に、関東直下、東南海で地震活動が活発になっている
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/d0e6182cdc2d777ce9f15837d1127b9c

首都直下”が危ない!!関東大震災70年周期は過ぎて‥‥五輪で浮かれていますが、東南海地震も‥‥



巨大地震が6千年間に15回 南海トラフ【300年から400年程度の幅で1回、宝永級の地震】
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/fa55ea3772e27407b423ad795586b295

小笠原噴火さらに活発!関東大地震の前兆深まる『小笠原~富士火山帯』新たな震源!
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/e2bf0a964a1f4615f379a513de058549

青森八甲田山、十和田火山が“危ない兆候”…「六ヶ所村・核兵器工場」に専門家らが懸念、東日本壊滅の‥
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/9a4c21533c571d3f469a53ebdab98585

「富士山噴火」リスク! 小笠原・新島出現、懸念される。1605年の慶長地震、新たな説!
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ff2bc3f2824a2500ba2f0087d3abbd3a

「ダイオウイカ」のあいつでの発見は、海底の地殻変動か!‥海水温が低下か?大地震予兆か?
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/fad76f6fe7b852d58240e5a20ddf212c

「滅亡のカウントダウン」を選んだ安倍自民党好き日本人!原発再稼働=時限原爆セット、地震に攻撃の的!

原発事故想定の【避難計画、避難訓練】だけでも異常でしょ!安倍政権支持者の正常でない心底!
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/b8d7360d27e19f4a3b8aea22c22d56e1





sohnandae Twitter→Twitter

ブログランキング・にほんブ ログ村へ


この記事をはてなブックマークに追加

今日の物

<script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//blog.goo.ne.jp/kimito39&nsid=114673808152993203%3A%3A114676501097544259&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script>

セイセキ

<script src="http://blogreport.labs.goo.ne.jp/tushinbo_parts.rb?bu=http%3A%2F%2Fblog.goo.ne.jp%2Fkimito39"></script>