今日のうた

思いつくままに書いています

「こんな人たち」が 声を上げはじめた!

2017-07-10 10:22:59 | 市民運動
相変わらず私のブログには、執拗な嫌がらせが続いている。
手を替え品を替え、最近は特にひどい!これはまさにプロの仕業だ。
めげそうになる時もあるが、セキュリティ会社の方の「必ず私たちが守ります」という
言葉に救われている。
尚、このブログをご覧になっても、何ら被害を受けることはないとのことです。
こんな影響力の少ないちっぽけなブログでさえ、嫌がらせや圧力を受けるのだから、
マスメディアにはどんな圧力や嫌がらせがあるのか気になった。
この国はもう、政権批判をするには命がけ(?)でしなければならなくなったのだろうか。
明日から、【共謀罪】が施行される。

今朝早く(7月10日)、ラジオのチャンネルを替えていたら、ある放送局で
安倍政権の内閣支持率について報じていた。
そしてゲストの次の言葉を聞いて、唖然とした。

「内閣支持率が下がったのは、偏向番組のせいだ。
 加計学園も、何ら問題はない」

日本全体が、どす黒い力に覆われてしまっているようだ。
こうした力の正体は何なのだろう?
こうした力に対峙せざるを得ないジャーナリストのご苦労は、計り知れないものがあるだろう。
遠藤周作さんの小説に、ジャーナリストの仕事の苛酷さを語った場面がある。

「ジャーナリストは脳だけでなく、頭蓋骨まで脆くなっている」

どす黒い力にめげずに、頑張ってください!
くれぐれもお体には気をつけて。
デモに参加のみなさま、くれぐれもお体には気をつけて。

(53)「『安倍1強』の政治に反対、新宿で抗議デモ 8千人参加 7月9日 朝日新聞デジタル」

http://www.asahi.com/articles/ASK796KSSK79UTIL02D.html

(53-2)「緊急デモ 『安倍内閣は退陣を』新宿に『8000人』集 7月9日 毎日新聞」

https://mainichi.jp/articles/20170710/k00/00m/040/074000c

(53-3)「『テロ等準備罪』施行 市民グループが国会前で廃止訴え 7月11日 NHK NEWSWEB」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170711/k10011054281000.html

(54)「内閣支持率急落…政府・与党に危機感広がる 7月9日 日テレNEWS23」

http://www.news24.jp/articles/2017/07/09/04366547.html

31・9%まで下落!
 岸内閣の支持率は26%まで下落し、退陣表明した。
 あと少し!

(54-2)「安倍内閣支持率33% 不支持47% 朝日新聞世論調査 7月9日 朝日新聞デジタル」

http://www.asahi.com/articles/ASK7553HSK75UZPS001.html

(55)「週刊テレビ評 首相演説へのヤジを報じぬNHK あの声はどこに行ったのか=金平茂紀
     7月7日 毎日新聞」

https://mainichi.jp/articles/20170707/dde/018/070/029000c

(56)「abe is over  YOU TUBE(動画あり)」

https://www.youtube.com/watch?v=p1HoGVQjhbY

●う~ん、すごい!

※7月11日の『報道ステーション』で、カナタチ氏が安倍氏にあてた書簡のその後を
 報道していた。
 カナタチ氏の書簡については、5月20日の私のブログ
 「わたくしが必要と言ったら 必要なんですよ! (2)」の一部をを再度、載せます。
          ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        
(3-2)「(問う「共謀罪」)『共謀罪』懸念の書簡 国連特別報告者『プライバシー制約』
     5月21日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12948265.html
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カナタチ氏は、「共謀罪」が施行されると、日本人のプライバシーが守られるのか?
 セーフティー・ガードはあるのか、を安倍氏に質問したのだ。
 ところが今に至っても返事がないという。
 当時の安倍氏は「追って、お答えしたい」と言い、今に至っても菅氏は「追って・・・」と
 同じ回答だった。
 「追って」とは、「近いうちに」という意味だ。
 カナタチ氏は、次のように憤りを語っていた。

「黙殺している日本の態度は 普通ではない。
 他の国は数時間で回答するのが、日本はいまだに回答していない」

 これでは、国際社会から孤立してしまうのではないだろうか?
 誰も忠告する人がいないのだろうか?
 私たちは、普通ではない国に暮らしているのだろうか? 

 
 


















(画像はお借りしました)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しっかり 自分で見極めよう! | トップ |  高速増殖炉と六ケ所再処理工... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市民運動」カテゴリの最新記事