今日のうた

思いつくままに書いています

共謀罪=テロ等準備罪に 断固として反対します! (4)

2017-04-22 09:01:42 | 市民運動
4月21日の「報道ステーション」に、生物学者の福岡伸一さんが出演され、
テロ等準備罪=共謀罪について次のように語っていた。

「犯罪を犯す前から処罰するのは、生物学的に見ても、その生物は幸せにはなれない。
 そしてその生物は滅びる運命にある」

● 生物学的に見ても、テロ等準備罪=共謀罪は 百害あって一利なし です!

(410)「報道機関はファクトで武装し戦え 新谷・週刊文春編集長 4月24日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK4G2VZMK4GUTFK001.html?ref=nmail

「論よりファクト」、納得です!
 今の日本では、様々なメディアは敵対関係ではなく、同志だと思う。
 新谷週刊文春編集長は、懐が深い。

(411)「<社説>日米共同訓練 緊張高めず外交努力を 4月24日 琉球新報」

http://www.ryukyushimpo.jp/editorial/entry-483853.html

「軍事行動で緊張をいたずらに高めてはいけない」全く同感です!
 こういう時こそ、日本の冷静で多様な判断力と外交努力が必要とされていると思う。
 同じレベルで突き進んで行ったら、破滅しかない。

(411-2)「(社説余滴)『緊張高まる韓国』なのか 箱田哲也 4月21日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12902025.html

記事に出てくる会社員の方の、次の言葉に納得です。

 「日本人の朝鮮半島有事への恐怖感は、韓国人が持つ日本の放射能への感情と似ている。
  すぐ近くにいるとだいたいの危険度がわかるが、少し離れると何倍にも不安が増幅する」

(411-3)「森友隠し? 首相外遊なのに北朝鮮ミサイル危機あおる官邸〈週刊朝日〉
      5月5日~12日号 dot.」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170424-00000101-sasahi-kr

危機を煽って本人は外遊?
 本当に危機と思っているなら、外遊など出来ないはずです!
 騙されてはいけない!


朝日新聞の特集「問う『共謀罪』 表現者から」は読み応えがあるので、
 リンクさせて頂きます。
 複雑さや多様性が理解できない政治家に、単一に染め上げられ支配されるなんて、
真っ平御免です!

(1)「(問う「共謀罪」)監視・内心の自由、地方懸念 36の県市町村議会、意見書
    4月7日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12880485.html

(2)「(問う「共謀罪」)反対・懸念、表現者からも 恣意的な運用『将来分からぬ』
    4月18日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12896661.html

中島京子さんの次の言葉が心に響いたので、引用させて頂きます。

「心というものはとても複雑にできている。例えば本当に思っていることを人に
 言ったり書いたりするかどうかもわからない。
 それを複雑なままにしておけない法律をつくるのは、とんでもないこと」

(3)「(問う「共謀罪」)弁護士も弾圧、戦前の教訓は 治安維持法、過酷取り調べ・資格剝奪
    4月18日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12898259.html

(4)「解釈次第で…法律は怖い 周防監督が語る『共謀罪』 4月18日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK4K5G7LK4KUTIL03N.html

(5)「『隣組』に密告され?父は3度も警察へ 半藤一利さん 4月19日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK4K5K7FK4KUTIL043.html

(6)「監視されるかも、気にする社会恐ろしい 平野啓一郎さん 4月20日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK4N4TWQK4NUTIL01M.html

(7)「自由奪われた羊にさせられるのは嫌 小林よしのりさん 4月21日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK4M6DCHK4MULZU01V.html

(8)「(問う『共謀罪』 表現者から)のっぺらぼうの社会、憎悪うむ ドリアン助川さん
    4月25日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12908334.html

●ドリアンさんの次の言葉が共謀罪の本質を捉えているので、引用させて頂きます。

 「法律は等しく国民に適用されるはず。『共謀罪』はそうではない。
  デモを画策した人に適用されるかもしれないが、
  国有地が格安で特別な人に譲渡された時の『共謀』は問わないだろう。
  権力者側には振り向けられない。権力を強くするものだ」

(9)「関心無い人に伝わらない不誠実さ 落合恵子さん 4月26日 朝日新聞デジタル」

http://www.asahi.com/articles/ASK4T0VW2K4SULZU02T.html?

(412)「共謀罪の本質バレた 法務省“見解不一致”露呈で官邸大慌て 4月24日 日刊ゲンダイ」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204176/1

(412-2)「社説『共謀罪』の対象犯罪 277選定の理由がわからぬ 4月27日 毎日新聞」

https://mainichi.jp/articles/20170427/ddm/005/070/037000c


(413)「【拡散希望】『戦争法と一体の共謀罪反対!話し合う事すら取り締まりの対象に!?
     4・25街頭宣伝』25日(火)18時半~ 新宿駅西口 各種共有ボタンで拡散を!詳細は→
     日時:4月25日(火曜日)18:30~19:30
     場所:JR新宿駅 西口」


























(画像はお借りしました)
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪=テロ等準備罪に 断固として反対します! (3)

2017-04-21 06:34:10 | 市民運動
NHKの「100分de名著」では、『人生論ノート』を書いた三木清を取り上げている。
ウィキペディアによると三木は

「1945年、治安維持法違反の被疑者高倉テルを仮釈放中にかくまったことを理由にして
 検事拘留処分を受ける。1945年9月26日獄死。
 GHQは三木の獄死を知り大きなショックを受けた。敗戦からすでに一ヶ月余をへていながら、
 政治犯が獄中で過酷な抑圧を受け続けている実態が判明し、占領軍当局を驚かせた。
 旧体制の破綻について、当時の日本の支配者層がいかに自覚が希薄であったのかについての
 実例である。この件を契機として 治安維持法の急遽撤廃が決められた 
 そもそも三木が獄中にとらわれていたことを親しい友人たちですら知らされないでいたことも、
 当時の拘禁制度の実態を表している」 (引用ここまで)

テロ等準備罪=共謀罪=平成の治安維持法が国会で論じられているこの時に、
NHKが三木清を取り上げたのは、この法案へのNHKなりの抵抗であると、私は考える。
放送の一部を引用させて頂きます。

「孤独は感情でなく 知性に属するのでなければならぬ。
 知性を煽(あお)ることはできない
 でも感情を煽ることはできる。

 孤独だけが個人の人格、内面の独立を守ることができる。
 そこに孤独の価値を見極めた」     (引用ここまで)

過剰に脅威を煽り、「感情」に訴える為政者の言葉に、騙されてはいけない!

また、TBSラジオの「荻上チキ・セッション22」に、私は絶大なる信頼を置いている。
この番組のスポンサーが毎日新聞やTBSなので、圧力に屈することなく報道できるのだろう。
4月20日の放送では、国会の質疑応答を特集していた。
このデタラメさ! これで民主国家と言えるのだろうか?
ゲストの方が、なぜ今、テロとは名ばかりの、テロ等準備罪=共謀罪が必要なのか、と
問題提起をしていた。
安倍氏は「これがないと、オリンピックが開けない」とか、
「これがないと、国際組織犯罪防止条約(TOC条約)が締結できない」と言っているが、
今ある法律で十分に事足りるはずだ。
「テロ」の言葉に騙されてはいけない! 

(406)「『警察目線』で考えるテロ等準備罪。その本当の怖さは? 4月19日 週プレNEWS」」

http://wpb.shueisha.co.jp/2017/04/19/83318/

(407)「【4/19 法務委員会】憲政史上初。金田大臣隠しのため、
     数の力で刑事局長を代打に立たせる強行採決。
     山尾志桜里 共謀罪に関して安倍総理と金田法相に質問  YOU TUBE(動画あり)」

https://www.youtube.com/watch?v=Hk9sFLhxCcw

●安倍氏の答弁を聞いていて、腹が立ってきた。 是非、ご覧ください!
 冗漫、不真面目(にやにやしながら相手を揶揄し、仲間の笑いを誘う)、矛盾、傲慢、強引……。

 広辞苑によると、そもそもとは

(1)ことの初め。第一。
(2)ある事柄を説き起こすときに使う語。元来。
(3)一体。もともと。

明鏡国語辞典によると、

(1)ことの初め。第一。
(2)」ある事柄を説き起こすときにつかう語。元来。
(3)一体。もともと。

 2つの辞書に、安倍氏が使った「基本的には」という意味はない!
 自分の過ちを認めずに、まるで相手が無知であるかのように笑うのは、観ていて不愉快だ。
 山尾さんが最後に言ったように、「この法案は百害あって一利なし」。
 直ちに廃案にすべきだ!

 この法案が通ってしまったら、日本は本当に民主国家ではなくなってしまうだろう。
 なぜ今、テロとは名ばかりの、この法律が必要なのか?
 なぜ安倍氏は、こんなごり押ししてまで、この法案を通そうとするのか?
 
 2015年4月4日の私のブログ「イラク派遣の教訓(オピニオン)」の中の
 山崎拓さんの次の言葉を思い出した。

 「首相は、安保政策で政治的実績を残したいのでしょうが、首相に一貫して見られるのは
  【タブーへの挑戦】 という政治家としての美学です。
  歴代自民党政権が【集団的自衛権は行使できない】としてきた政府見解を解釈改憲で覆した。
  それはまさに【アリの一穴】なのに、首相はその危うさに気付いていない」 (引用ここまで)

 【集団的自衛権は行使できない】は、今まさに
 【共謀罪は成立できない】に取って代わろうとしている。
 (それ以前には、【特定秘密保護法】しかり)
 そして次には、憲法改正の突破口ともなる
 【緊急事態条項は成立できない】が待ち受けているのだろう。
 「災害」の言葉に騙されてはいけない!
 そして、これまで歴代の総理大臣がなし得なかったことを全て成し遂げて、
 歴史に名前を遺すつもりなのだろうか。

 2015年4月4日の私のブログ「イラク派遣の教訓(オピニオン)」を、再度、載せます。
              ↓
http://blog.goo.ne.jp/keichan1192/e/034c7f9f5c579be97fd4ed6d3a69de1e

(407-2)「テレ朝・玉川徹のツッコミに自民党が共謀罪の正体をポロリ
      『目的はテロ対策じゃない』『市民の座り込み抗議にも適用』 4月21日 LITERA」

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0421/ltr_170421_6596308234.html

とても分かりやすく書かれています。是非、お読みください。
 
 (408)「【 #金曜国会前抗議 】
      共謀罪」が実質的に審議入りしました。
      与党はテロ対策と欺き、法案の成立を目指しています。
      監視社会を生み、萎縮を及ぼす恐れのある法案を通してはいけない。
      反対の声をあげ、4回目の廃案に追い込みましょう。
      日時:4月21日 19:30〜
      場所:国会正門前」  今日(4月21日)です!
          ↓

(画像と文をお借りしました)


(409)「首相『維新は利用できるからいい』 側近に明かした本音 4月19日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK4F3JMKK4FUTFK004.html?_requesturl=articles%2FASK4F3JMKK4FUTFK004.html&rm=458

●山口さん、そろそろ決断の時では?
 将来に禍根を残しますよ!















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孤独論 逃げよ、生きよ (1)

2017-04-17 17:20:18 | 好きな歌と句と詩とことばと
私は60歳を迎えるまで、読書が嫌いだった。
仕事上、必要な本は読んだが、本屋に行くことも、図書館に行くことも好きではなかった。
退職して趣味を探していた時も、活字をあまり読まないですむということもあり、
短歌を選んだほどだ。
だが今になって、本を読まないできたことを後悔している。人生、損した気分だ。
もっと本を読んでいたら、自分を見つめ直すことが出来たかもしれないし、
違った人生があったかもしれない。

図書館にリクエストしていた本が、ここにきて一気に5冊回ってきてしまった。
3日前には、髙村薫著『土の記・上』と田中慎弥著『孤独論 逃げよ、生きよ』。
そして今日は、髙村薫著『土の記・下』と『騎士団長殺し・第一部、第二部』が回ってきた
とのメール。これはやばい!

いつも読むのが超スローモーな私が、髙村薫著『土の記・上』は2日で読んでしまった。
突然、山奥に放り出されたような、音・匂い・空気・気配、湿り……を感じながら、
主人公を追体験していた。 小説ってこんなに面白いものだったのね。
髙村さんはすごい、すご過ぎる!

今日は、田中慎弥著『孤独論 逃げよ、生きよ』を読む。
何冊か田中さんの本を読んだことがあるので、読んでいて何か違和感があった。
あとがきによると口述筆記とのことで、納得した。
今の若者たちの現状に、書かずにはいられなかったのだろう。
妹や弟に対して、あるいは甥っ子、姪っ子に対するような、田中さんのまなざしが温かい。
若い頃に読んでいたら、自分の夢ともっと葛藤できたかもしれないと思った。
心に残った言葉を引用させて頂きます。

第一章 奴隷状態から抜け出す

(1)一見、それなりに恵まれた環境にあっても、奴隷になっている人はたくさんいる。
   反論が許されない雰囲気、主体的な思考を阻む雰囲気が蔓延(まんえん)しているなら、
   それは奴隷化をうながすものです。

   でも、主体的な思考を取り払って仕事をしている状態が続くようだと、言わずもがな、
   やがてそれは思考停止に直結します。マニュアルだけを重んじるあなたは、
   奴隷か奴隷予備軍です。

   人間同志だからそういう食い違いは日常茶飯事のはずですが、では実際に疑問を
   相手に伝えているかといえば伝えていない。実害があるわけではないし、それはそれで
   そこそこやっていけているからなんとなく黙したまま。
   こうした状態も思考停止ですから、奴隷だと言える。

   あなたが奴隷なのかどうかは、物理的な状況によってのみ左右されるのではありません。
   むしろその状況をどう自覚するか、その状況をみずからコントロールする意思があるのか
   ないのか、それが奴隷と非奴隷の分かれ目です。

   人間は慣れる生き物だし、環境への適応能力もきわめて高い。だからそもそも現状肯定に
   走りやすく、それは容易に思考停止してしまうこととイコールです。

(2)危険なのは、頭の中が目詰まりして客観性を失った人です。
   わたしはいまここで仕事をしているのだ、やり遂げなくては、という目先の事実に
   雁字搦(がんじがら)めになって、完全な思考停止に陥った挙句、ほかの選択肢を見失う。
   夜逃げすらできないし、その発想自体に思い至らない。そうするうち、体力も精神力も
   奪われてゆく。これがもっとも危険な状態です。

   自分が損なわれる、自分の人生を失う、それ以上の苦しみはありえない。
   四の五の言わず、後先を考えず、その場から逃げろとわたしが強調するのは、
   逃げることの一歩を踏み出さなければなにもはじまらないからです。……
   大切なのは、逃げたら、そこからは能動的な思考を継続していくということ。
   主体性、能動性、そういったものを取り戻すための逃避なのですから。

第二章 便利さと生きづらさ

(1)みずから向き合う時間がなければ、豊かさは得られないし、あなたは奴隷のままです。
   ずっと急(せ)きたてられて生きることになる。
   それはあなたの人生のようであってあなたの人生ではない。

第三章 孤独であること

(1)人間は孤独なのだという前提を受け入れがたいのは、独りになることを過度に恐れたり、
   あるいは許せなかったり、さもなければ独りでいる自分はおかしいのではないかと
   疑心暗鬼になったりしてしまうからで、そうした圧力のような存在は、かって長い間、
   引きこもりのような状態だったわたしからすればわからなくもない。

   そもそも日本社会そのものが、ひとつの共同体や同じ価値観に属するのを強いていて、
   つまり孤立を回避する力学で成り立っているので、おのずと孤独には後ろめたさが
   伴(ともな)うように仕向けられているのです。

   友だちの数の多さや、場を盛り上げたり場に馴染むコミュニケーション能力を重宝する
   風潮は、過剰防衛の虚(むな)しい反転にすぎません。
   そんなものはなくても立派に生きていける。独りになり、陰口をささやかれ、後ろ指を
   指されようとも、気に病むべきではない。むしろ同調圧力から解放されて、自分を顧みる
   機会を得たのだから、喜んでいいくらいです。

   孤独を拒んでなしえることなど、なにひとつありません。
   自分のやりたい道に舵を切れば、必ず孤独に直面します。
   そこは耐えるしかない。そして耐えられるはずです。
   孤独になるのは当たり前のことなのですから。

   孤独とは思考を強化する時間でもあるので、その時間が足りないと、建設的な提案や、
   あるいは反論ができなくなる。生産性を高められなくなるし、無理筋な要求を
   唯々諾々(いいだくだく)と受け入れるはめにもなります。
   いずれにしても、あなたなりの考えを練っておくことは大切です。
   なにかしらのチャンスが訪れたときにものをいいます。
 
   独りの時間、孤独の中で思考を重ねる営みは、あなたを豊かにします。
   そうした準備、練習が、仕事に幅をもたらす。あなたを解放する。

(子どもが中学生の頃だったか、「チャンスの神様には前髪しかない。準備もなしに慌てて
 つかまえようとしても、逃げられてしまう」と話したことがある。
 田中さんも『チャンスの神様』の話をされていて、嬉しくなった)   2につづく



   






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孤独論 逃げよ、生きよ (2)

2017-04-17 16:37:48 | 好きな歌と句と詩とことばと
第三章 孤独であること

(2)無力感をしっかり受け止め、無力な自分の中にしばらく浸っていられるだけの体力、
   気力を養っておきましょう。さんざん無力だ、なにもできないと感じて、
   少しくらい腐ってもいい。そのあと自分のやるべきことを考え、
   しっかり頭を上げて実行に移すのです。             

第四章 なぜ読書が必要なのか

(1)仕事や世間の奴隷にならず、くだらない流行から逃れ、そして孤独に耐えるためには、
   本を読み続けなければいけない。そう固く信じるからです。
   わたしの半生において、本を読むことは何物にも代えがたい、最大最強の支えでした。
   わたしは読書から多くの滋養を得て今日まで生きてきたし、それはこれからもそうでしょう。
   どんな境遇や職業の人でも、書物に触れること抜きに、生きる手ごたえはつかめない。
   わたしはそう考えます。

   いまあなたがいる世の中は、あなたの頭の中だけで完結しているのではなく、
   外にはそれと価値観の異なる無数の世の中がある。外にはあなたの思考や発想と大きく
   かけ離れた価値体系がある。読書はあなたにそのことを知らしめてくれる。
   あなたが現状に窮(きゅう)しているのであれば、すなわち奴隷になっているのであれば、
   本の世界に浸る孤独な時間は、無数の選択肢をもたらし、希望の光となる。
   滞っていた思考を耕してくれる。
   読書とは奴隷に陥らないための、奴隷状態から逃げ出すための、手引きにもなりえるのです。

(2)みずから積極的に手を伸ばしてつかんだ言葉でなければ、充分な用をなしません。
   日々意識しないと、言葉は本当に目減りして、やがて枯渇してしまうのです。
   するとどうなるか。言葉はわたしたちの考える素(もと)です。
   行動を決めるのも言葉です。枯渇すれば、能動的に活動することがままならなくなる。……
   それは思考停止を意味する状態であって、あなたは望まない環境に閉じ込められても、
   それに抗(あらが)えない奴隷となります。
   言葉は本来の自分を保つための武器なのですから、ゆめゆめ疎(おろそか)にしてはいけません。

   出世して責任ある仕事を任せられ、あなたはそれにやり甲斐をもって取り組めていたとしても、
   いつでも孤独の中で思考を重ねられるような心構え、いってみれば心の闇のようなものを
   抱えていたほうがいい。
   現状に満足するあまり、社会に順応しすぎるのはどうかと思います。
   順応しているつもりが、気づけば馴致(じゅんち)させられていた、という事態は
   往々にして起こりえますし、それが奴隷化のメカニズムのひとつであることは……。
   いくら順風満帆であっても、内面に孤独をいくらか確保しておくのは、奴隷にならずに
   生き抜くうえで大切なことです。

第六章 職業とは

(1)とはいえ、傍目(はため)からは怠惰な暮らしに違いありません。母からもたまに
   「なんとかしなさいよ」くらいは言われましたが、叱られはしなかった。
   母のそうした態度があったからこそ、わたしは作家になれたともいえます。

   母が「この子はあまり会社でばりばり働かないほうがいい」と思っていたのでしょう。
   「なるようになるだろう、死ななきゃいい」くらいに考える図太さが母にもあったわけです。
   わたしにとって、そういう環境はありがたかった。

(2)さらに言えば、生まれてきたこと自体が棚ぼたみたいなもの。
   棚の上にいつもぼた餅は載っている。そこに気づくかどうかです。
   こんな過酷な状況にいて、自分は耐えるしかない身だと思ってばかりいると、
   棚の上にぼた餅があることすら気づきません。
   棚の上にぼた餅があることに気づき、その下に移動して皿を構えるくらいのことは
   やれるはずです。それもやらないようでは怠慢と言われても仕方がない。
   あるいは、それもできないような状況にいるのなら、きつ過ぎるので、すぐに逃げ出す
   算段をしたほうがいいでしょう。


   








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの無関心が 多くの人々を苦しめることになるかもしれない (1)

2017-04-15 11:22:00 | 市民運動
(398)「ニューヨークタイムズ社説、憲法を個人の意のまま変えようとする安倍首相を
     最高裁で裁けと警鐘! 2014年2月22日 ニューヨークタイムズ社説」

http://peacephilosophy.blogspot.jp/2014/02/japanese-translation-of-nyt-editorial.html?spref=fb&m=1

(399)「原発ゼロ『やればできる』 小泉純一郎元首相、安倍政権批判 4月14日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017041401001771.html




(399-2)「柏崎刈羽原発『再稼働の必要性ない』 新潟知事が都内で講演 4月17日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017041702000121.html

(399-3)「東海第二の運転延長反対 つくばの2市民団体が署名活動スタート 4月17日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201704/CK2017041702000153.html

●残念ながら私には、新聞購読選択権なるものがない。
 こうした記事が東京新聞には載り、なぜ朝日新聞には載らないのだろう?

(399-4)「今井尚哉首相秘書官が朝日新聞番記者をいじめ辞めさせた事件 4月28日号 週刊ポスト」

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-510907/

●こんな裏事情があったとは!
 自分を何様だと思っているのだ!

(399-5)「安倍首相『山口の物産がない…忖度していただきたい』 4月17日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK4K72GKK4KULFA042.html

●お口あんぐり!

(400)「(電力を問う 『改革』の行方:3)東電、国との暗闘 トップ人事、生え抜き『完敗』
     4月16日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12894092.html

(401)「改憲に反対し、憲法を希望として広げる5・21若者憲法集会&デモを開催します
     全体会
     13:30~15:00
     石川康宏さん×青年で憲法を語ろう!」

http://wakamonokenpou3.wixsite.com/wakaken20160515
                 ↓


(画像と文をお借りしました)



(402)「『庶民ほど税に苦しむ」異常な国、日本の現実 富裕層は『抜け穴』で恩恵を受けまくる
     3月31日 東洋経済 ONLINE」

http://toyokeizai.net/articles/-/165349

●声を上げなきゃ変わらない。いや、もっと悪くなる!

(403)「『一番のがんは文化学芸員』 山本地方創生相が発言 4月17日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017041702000119.html

●まったく、無法地帯そのものだ!

(403-2)「農水相発言、国会紛糾 『TPP強行、冗談言ったら…』 官邸は辞任を拒否
      2016年11月3日朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12639848.html

●山本は山本でも、別の山本さん。(山本有二農林水産相) こんなこともありました。 
 失言が多すぎて覚えていられません。それが狙い?

(404)「北朝鮮ミサイル 『桜を見る会』に枝野氏『あり得ない』 4月17日 毎日新聞」

https://mainichi.jp/articles/20170417/k00/00m/010/058000c?fm=mnm

●唖然! 憮然! 慄然!

(404-2)「佐川理財局長の答弁を完全に崩壊させる新資料が発覚!
     4月17日 HARBOR BUSINESS  Online」

https://hbol.jp/136814

(404-3)「公文書管理の厳格化、民進が改正法案提出へ  4月18日 日本経済新聞」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H50_Y7A410C1PP8000/

(404-4)「森友問題の説明「不十分」75% 朝日新聞4月世論調査 4月18日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK4K4Q14K4KUZPS002.html?iref=sp_new_news_list_n

●どっちを向いても、桜を愛でる余裕などないのでは?







(405)「若者憲法集会‏
    【拡散希望】5/21「憲法変えるな政治を変えろデモ」新宿中央公園・水の広場、16時半出発!
     暮らし、労働、学費・奨学金、結婚、自由、民主主義……変えてほしいことはたくさん。
     声をあげて、私達が求める政治を実現しよう!」
                ↓


(画像と文をお借りしました)












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界中から尊敬される国をめざして……………………………………

2017-04-12 11:37:18 | 市民運動
(389)「加計学園計画に批判相次ぐ、愛媛今治で市民説明会 4月11日 共同通信」

https://this.kiji.is/224515018712630781

(389-2)「安倍首相の『本当のお友達』に、こうして血税176億円が流れた
      森友よりも問題なのは、こっちでしょ!  4月11日 週刊現代」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51382

 (390)防衛相「教育勅語には現代でも通用する価値観 」 4月11日 NHK NEWSWEB(動画あり)」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170411/k10010944231000.html

●世界中から尊敬される国をめざして……………………………………………………………

(390-2)「(耕論)教育勅語の本質 三谷太一郎さん、先崎彰容さん 4月19日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12898397.html

(390-3)「朝鮮半島危機も他人事 稲田防衛相の“GW外遊”に批判噴出 4月15日 日刊ゲンダイ」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203544/1

(390-4)「『わが闘争』の教材使用可能=政府答弁書 4月14日 JIJI.COM」

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041401032&g=pol

●この政権に、「教育の中立性」をいう資格があるのだろうか!

(390-5)「森友問題 勃発から2カ月 『森友学園』はこうして生まれた 
      安倍政治の『教育』の“根源”に迫る!=伊藤智永 4月11日毎日新聞
      4月23日号サンデー毎日」

https://mainichi.jp/sunday/articles/20170410/org/00m/010/001000d

(391)「米、北朝鮮攻撃に言及 日本政府に今月説明 4月12日 共同通信」

https://this.kiji.is/224574917987090441

(392)「理の眼 『共謀罪』に猛進する都合=青木理 4月11日 毎日新聞」

https://mainichi.jp/articles/20170411/ddf/012/070/015000c

(393)「西中誠一郎インタビュー
     今村復興大臣を激高させた“フリージャーナリスト”が安倍政権の原発被災者切り捨てと
     バッシングへの思いを激白! 4月8日 LITERA」

http://lite-ra.com/i/2017/04/post-3059-entry.html

(394)「米のシリア攻撃、容認 G7外相『化学兵器拡散を防止』 4月12日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/article_search/detail.html?keyword=G%EF%BC%97&kijiid=A1001120170412M003-14-006&version=2017041303

● 国連の検証や決議のないまま 、トランプはシリア空爆に踏み切った。
 そのことへの抗議のないまま 、G7外相会合は容認を打ち出した。
 今回は結果オーライのようだが、はたしてそれでよかったのだろうか。
 間違っていたらどうするつもりだったのだろう。
 攻撃は、慎重にも慎重を期して行うべきではないだろうか。
 今回の成功体験(?)が、トランプの北朝鮮への態度を硬化させないか心配だ。
 北朝鮮への攻撃で被害を受けるのは、韓国と日本なのだから。

(394-2)「米シリア攻撃への支持根拠 問われる首相 野党批判『整合性ない』
      4月14日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017041402000117.html

(394-3)「海上自衛隊、朝鮮半島へ向かう米空母と共同訓練へ=関係者 4月12日 ロイター」

http://jp.reuters.com/article/sdf-korea-us-air-career-idJPKBN17D1VX

●こんな時に、率先してすることか!!!

(394-4)「安倍首相 『北朝鮮、サリン弾の能力持つ可能性』 4月14日 毎日新聞」

https://mainichi.jp/articles/20170414/k00/00m/010/043000c

●私は朝鮮戦争の勃発した年(1950年)に生まれた。
 朝鮮戦争特需で、日本はめざましい復興をとげた。
 まさかとは思うが……こんな時に煽るとは……。

 4月14日の朝日新聞夕刊の「素粒子」の記事に、大いに共感を覚えた。
 引用させて頂きます。

「シリアと同じだと言いたいか。
 北朝鮮がミサイルにサリンを載せられると首相。
 だから何が欲しい、何がしたい」

(394-5)「北情勢緊迫も…戦争を煽る安倍首相と大政翼賛報道の恐怖 4月16日 日刊ゲンダイ」

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-386378/

(394-6)「北攻撃なら事前協議…日本が要請、米側も応じる 4月12日 読売新聞」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00050119-yom-pol

●マジで、きな臭くなってきた!
 本当に「事前協議」ができるのだろうか?
 トランプが「北朝鮮を攻撃する」と言ったことに対し、日本は「NO」と言えるのだろうか?
 たとえ言ったところで、トランプがそれに応じるとはとても思えない。
 このことをメディアはあまり報じないが、静かに静かに何かが始まりそうな予感がする。

 スベトラーナ・アレクシエービッチ著『チェルノブイリの祈り』の中の、
 環境保護監督官ゾーヤ・ダニーロブナ・ブルークの言葉を引用します。

 「ひとりひとりが自分を正当化し、なにかしらいいわけを思いつく。
  私も経験しました。そもそも、私はわかったんです。
  実生活のなかで、恐ろしいことは静かにさりげなく起きる ということが」

(394-7)「中国外相『事態を後戻りできない段階にしてはならない』4月14日 NHK NEWSWEB」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170414/k10010949161000.html

これまでのアメリカと中国の立場が一転したように感じる。
 相手が過激になれば、もう一方は冷静に訴える。
 日本も冷静に訴えるべきだ。

(395)「室井佑月『閣議決定で決めてみる?』 4月13日 dot. 週刊朝日4月21日号」

https://dot.asahi.com/wa/2017041200014.html?page=1

(396)「報道自粛がはじまる、日本のマスコミのダメぶりを象徴する2つの重大事件、
     森友学園事件と共謀罪 4月13日 MEDIA KOKUSYO」

http://www.kokusyo.jp/nihon_seiji/11216/

(397)「『細野ショック』きっかけは野党共通政策 代表代行辞任 4月14日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK4F5J3SK4FUTFK00W.html

以前から、なぜ細野氏が民進党にいるのか分らなかった。
 集団的自衛権の行使容認、原発再稼働容認、カジノ容認、共産党との共闘反対……。
 細野氏の代表代行辞任も(ついでに離党もどうですか?)、長島氏の離党も、
 私は願ってもないことだと思っている。

 集団的自衛権の行使反対!
 原発再稼働絶対反対! (連合との腐れ縁を断つ)
 カジノ建設反対!
 共謀罪=テロ等準備罪絶対反対!
 共産党との選挙協力に賛成!

 この路線を徹底させて、去る者は去る、残る者は残るで、
 民進党は一から出直しませんか?
 国民が味方です。国民を信じて!

 
 
 



 













(画像はお借りしました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イラク戦争は間違いだった――このことの検証を!

2017-04-09 16:41:25 | 市民運動
(387)「シリア、平和望むだけ 『戦闘広がる懸念』『内戦打開に期待』 米のシリア攻撃
     4月8日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12882232.html

(387-2)「(耕論)米国に正義はあるのか 最上敏樹さん、青山弘之さん 4月8日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12882097.html

(387-3)「シリアへのミサイル攻撃、国際法上の根拠 米側から説明なし 
      4月10日 TBS NEWS(動画あり)」

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170410-00000035-jnn-pol

9日の日米首脳による電話会談で、アメリカ側からの説明がなかったとは……!
 万が一、アメリカが北朝鮮をミサイル攻撃する場合に、日本への事前通告はあるのだろうか?
 ラジオで青木理さんが、その危険性を語っていた。
 北朝鮮からの逆襲により、韓国は壊滅状態になり、日本における米軍基地(沖縄など)は
 かなりの被害を受けるであろう、と。
 こんなバカな話はない!
 いずれにせよICBM(大陸間弾道弾)が完成しない限り、アメリカは何ら被害を受けないのだから。
 もし自国の将来の危険性に備えて、今、攻撃するというのであれば、絶対に納得がいかない。
 こうならないよう、大至急、安倍氏はトランプを説得すべきだ。
 脅しが脅しで済まなくなる場合があることを、歴史は教えているのだから。
 アメリカへのメンツを優先するか、日本人の命を優先するのか。

(387-4)「クローズアップ2017 空母、朝鮮半島近海へ 米強硬策、もろ刃の剣
      4月11日 毎日新聞」

https://mainichi.jp/articles/20170411/ddm/003/030/054000c

この記事の最後に出てくる政府関係者の言葉に、安倍氏は耳を傾けるべきだ。
 その言葉を引用させて頂きます。

「北朝鮮は戦争を起こそうと思えば起こせる。
 ガツンと攻撃すれば北朝鮮は黙るという感覚がトランプ氏にあるなら、
 同盟国として『シリアとは違う』と指摘する必要がある」

(387-5)「石破茂氏『邦人救出へ態勢強化を』北朝鮮有事想定 4月9日 日刊スポーツ」

http://www.nikkansports.com/general/news/1805275.html?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp
 
(387-6)「日米首脳電話協議 首相、シリア攻撃の決意を改めて支持 4月9日 毎日新聞」

https://mainichi.jp/articles/20170409/k00/00e/010/160000c

トランプ大統領は6日、シリアでアサド政権が化学兵器を使用したと断定し、
アサド政権軍の空軍基地を攻撃した。
あまりにも軽々な決断に呆れるばかりだ。
もしかしてトランプは、イラク戦争の経緯を知らないのではないだろうか?

「大量破壊兵器」を理由に、国連を無視してブッシュは攻撃に踏み切った。
結局、大量破壊兵器は見つからず、戦争は泥沼化し、IS(イスラム国)を
生み出す結果になってしまった。
ブッシュはこのことを反省はしているが、あくまでも「間違った情報」と捉えていて
決して「間違った判断」とは今も言っていない。
早々とブッシュ支持を表明した小泉純一郎氏は、先日、「NEWS23」で星さんの質問に
次のように答えていた。(言葉をはっきりとは覚えていませんが)

「イラク戦争について、現在どう思われますか」
「私は間違いだったとは思っていない」

今回も国連決議を待たず、きちんとした検証も待たずに、安倍氏はトランプ支持を表明した。
あまりにも軽々な判断ではないだろうか。
日本はいまだにイラク戦争の検証も、反省もしていない。

2016年7月9日の私のブログ「選挙行こうよ!!(最終回)」では
260万語もの英国の「イラク戦争検証報告書」を引用したので、再度、載せます。
なぜ英国には出来て、日本には出来ないのか!
               ↓

(1293)「英国で260万語のイラク戦争検証報告書、発表へ ──
      チルコット委員会はどこまで政治責任を追及するか 
      7月1日 Newsweek 日本版」  ※執拗に安倍CMが出てきますので、ご用心!
      ※削除されています。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/07/post-5415_1.php

●英ブレア政権が2003年にイラク戦争に参戦した経緯や
 侵攻後の占領政策を、独立調査委員会(チルコット委員会)が7年にわたって調査し、
 報告書を公表した。
 開戦から13年を経て戦争を検証した報告書は、自国政府の判断や評価の過ちを
 厳しく指摘している。
 これに対してブレア元首相は、WMD(大量破壊兵器)に関する情報が誤っていたことや
 多くの犠牲者を出したことに「深い悲しみと遺憾の意、謝罪を表明する」とし、
 「批判を受け入れる」と述べた。

 イギリスの国民投票の投票率が7割を超えたことといい、こうしたチルコット委員会の
 報告書が公表されたことといい、日本との民主主義の格の違いを思い知らされた。

 ちなみにチルコット委員会は、ブレア元首相らの政治家や軍関係者、情報機関幹部、
 外交官など150人以上から聞き取りを実施。
 公聴会は原則公開で、ウェブサイトで見ることができる。
 また、あらゆる外交機密を閲覧する権限があり、ブレア氏とブッシュ元米大統領の
 往復書簡などを含む15万件以上の政府書類も分析した。
 政府内外から14人のスタッフがつき、人件費を含む支出は約14億円。
 特定秘密保護法により、黒塗りの資料しか閲覧できない日本は、
 世界でもまれに見る異常な国かも!

 日本では、
 世耕弘成官房副長官は6日の会見で、「諸外国で検証が行われているが、英国と、人道支援
 や後方支援のみを行っていた我が国を同列に論じるのは必ずしも適切でない」として、
 政府として改めて検証する考えのないことを強調した。
 安倍首相も、昨年の安全保障関連法案の国会審議の場で、
 「第三者による検証を行う考えはない」と答弁している。

 サマワで自衛隊員に犠牲が出なかったのは、偶然が重なったからに過ぎない。
 小泉政権でまっ先にイラク戦争を支持しておきながら、検証がないとはあきれるばかりだ。
 太平洋戦争、イラク戦争、福島第一原発事故、きちんとした検証が行われないということは、
 また同じ過ちを繰り返すことになりかねない。 (引用ここまで)

これは私感だが、
物事を単純化する指導者には、現実の世界が見えていないのでは。
正義をふりかざす指導者は、国をミスリードする可能性がある。
公の検証を待たず、軽々に判断する指導者は、己の気の小ささが露呈している。

(388)「特定秘密、開示せず廃棄可能 公文書管理に『抜け穴』 4月9日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017040902000164.html

これは忌々しき問題である。
 イラク戦争の検証どころか、今後、政権にとって都合の悪いものは全て廃棄されてしまう。
 永久に検証されることなく!
 こんなことを果たして許していいのだろうか!

(388-2)「森友との交渉記録、データ復元の可能性 財務省認める 4月10日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK4B64WJK4BUTFK018.html

現在の技術で出来ないはずがない!
 至急、復元作業に取りかかるべきだ!
 国民の80%はウォッチしていますよ!













(画像はお借りしました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪=テロ等準備罪に 断固として反対します!(2)

2017-04-08 08:31:06 | 市民運動
(383)「〈時代の正体〉「表現の自由奪う」共謀罪にNO 日本ペンクラブ集会で浅田次郎さんら
     4月7日 カナロコ(神奈川新聞)」

http://www.kanaloco.jp/sp/article/243183

(383-2)「元シールズ『共謀罪』反対 高校生らと国会前集会 4月7日 共同通信」

https://this.kiji.is/223037406983472631

(384)「(考論 長谷部×杉田)首相官邸『暴走』の底流 4月9日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12883865.html

これ以上の暴走を許さないためにも、是非、是非、是非、お読みください!

(384-2)「首相夫人それでいいの? 安倍昭恵氏に疑いのまなざし 4月8日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK474PXVK47UTFK00H.html

(384-3)「昭恵夫人付き職員 ハワイ私的訪問にも同行 4月8日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017040802000148.html

(384-4)「連絡係にあらず 昭恵氏“私的イベント”主催者は夫人付職員 4月10日 日刊ゲンダイ」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203217/1

(385)「GPIF、クラスター爆弾製造の米企業の株保有 4月7日朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK4741M5K47UTFK00B.html

私たちの年金を、勝手に軍需産業につぎ込むな!

(385-2)「GPIF 爆弾製造会社の株式保有は禁止されず 政府答弁書 4月7日 NHK NEWSWEB」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170407/k10010940631000.html

(386)「安倍政権がもくろむ 『軍人勅論』『戦陣訓』の大衆洗脳 4月8日 日刊ゲンダイ」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203071/1

















(画像はお借りしました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪=テロ等準備罪に 断固として反対します!(1)

2017-04-03 09:25:50 | 市民運動
将来、日本の社会を変えてしまう「共謀罪=テロ等準備罪」が、山場を迎えています。
森友学園問題に隠れて、メディアではあまり取り上げられていませんが、
私たちの生活や心の中まで覗かれ、監視社会に繋がる「共謀罪」に、断固として反対します!
4月2日の「報道特集」では、「共謀罪」を取り上げていました。
YOU TUBE で観られますので、是非、是非、ご覧ください。

(376)「報道特集 テロ等準備罪~捜査はどう変わる? TBS 2017年4月1日 YOU TUBE(動画あり)」

https://www.youtube.com/watch?v=iMJNiB2cwe8

(376-2)「小澤俊夫氏が警鐘 『共謀罪で言論の息の根が止められる』 4月3日 日刊ゲンダイ」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/202513/1

(376-3)「テロ等準備罪の新設法案に反対の人たちが集会 4月6日 NHK NEWSWEB(動画あり)」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170406/k10010939721000.html

テロは口実だ。真の狙いは……動画をご覧ください。

(377)「【社説】失速する日本の安倍首相 政治スキャンダルが安定政権を脅かす
     3月31日 THE WALL STREET JOURNAL」

http://jp.wsj.com/articles/SB11885338817628184768404583055403489061948

(378)「辻元議員への攻撃がブーメランした安倍首相の焦り 4月3日 dot. 週刊朝日」

https://dot.asahi.com/wa/2017040200003.html?page=1

(379)「自主避難は『本人の責任』 今村復興相が発言 4月5日 朝日新聞デジタル」

http://www.asahi.com/articles/ASK452F4MK45UBQU003.html

この人の勘違いと思い上がりには言葉を失う。
 自分を何様だと思っているのだ!
 想像力も思いやりのかけらもない。
 それにしても、質問したのはフリージャーナリストの西中さん。
 あなたの勇気は、本当に素晴らしかったです。

ツイッターに次の投稿があって驚いた。
 これでも日本は民主国家と言えるのか! 恥ずかしい限りだ!
        ↓
(379-2)「今村復興大臣に、あの勇気ある質問を行った西中誠一郎氏が嫌がらせを受けております。
 どうぞ皆さんのお力で、スパム報告・ブロック・励ましの書き込み等、西中記者を支えて頂けますよう。
 拡散のほどお願い致します。🌟


(379-3)「今村復興相 自主避難の質問に『うるさい』も 職務続ける考え 
      4月6日 NHK NEWS WEB(動画あり)」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170406/k10010938901000.html

●NHKは何を考えているのか!!!!!
 記者会見の動画は流さず、陳謝の動画だけ長々と流すとは……。
 会長が替わっても、ちっとも変わらない体質!
 それに、最近のドキュメンタリーの少なさは、何なのだ!

(379-4)「今村大臣が激高『出て行きなさい』後に陳謝 日テレNEWS24(動画あり)」

http://www.news24.jp/articles/2017/04/04/04358168.html

(379-5)「復興相は辞任を=2万8000人超署名提出-原発事故、自主避難者ら抗議
      4月6日 時事通信」

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-2017040601164/

(379-6)「”激昂”今村復興相の『出ていけ』『うるさい』より重大な問題発言 
       4月7日 志葉玲」

https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20170407-00069628/

(380)「野党4党と市民連合 教育の原則無償化や原発ゼロで一致 4月5日 NHK NEWS WEB」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170405/k10010938441000.html

今度こそ、死に物狂いでして下さい。
 日本はもう後がないのだから!

(381)「【社説】教育勅語 復権など許されない 4月5日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017040502000140.html

(382)「公明党・創価学会の人々に向けたポスターを作りました。ぜひ使って下さい!
     セブンイレブンでプリント可能。プリント予約番号:QAA3KQTS 
     有効期限:2017/04/13 23:59
     (二枚目にハガキがついていて、公明党に送ることができます!)」
               ↓

(画像と文をお借りしました)





















(画像はお借りしました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嘘、言い訳、言い逃れ、ごまかし、メンツ、忖度(そんたく)、圧力、恫喝・・・(5)

2017-04-01 17:22:31 | 市民運動
(373)「資料不開示に首相審議拒否 森友疑惑解明に背向ける政権 3月31日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK3053VCK30UTFK00M.html


●自分たちの都合の悪いものは、全て廃棄するのが 日本のお家芸のようで  ・・・。
 映画「日本のいちばん長い日」でも確か、最後の場面では書類を焼いていた。
 教えて!gooによると、
 「敗戦時の軍内部の焼却命令は痕跡を残さないようひそかに出され、
  命令を伝える文書自体が焼却の対象だったという。
  三日三晩、夜空を焦がして文書を燃やした」 (引用ここまで)

 この時に、日本軍のアジアへの加害の記録が廃棄された可能性もある。

(374)「教育勅語、肯定の動き 安倍内閣閣議決定 4月1日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12871011.html

「閣議決定」とは……。
 エイプリルフールのような話に、ただ茫然とする。
 第1次安倍政権で文部科学相を務めた伊吹文明氏は、当時国会で次のように述べていた。

 「天皇陛下のお言葉を基本に戦後の教育を作ることは、
  戦後の日本の政治体制にそぐわないということになった」

 第二次安倍政権になって4年ちょっとで、日本はこうも変わってしまったのか!
 今の日本は、教育勅語を肯定するにふさわしい政治体制になってしまったということか?
 森友問題は、土地の売買だけの問題ではない。
 これからの日本の教育観、国家観が問われている重大な問題だ!

※4月2日の「サンデーモーニング」で、寺島実郎さんが次のように語っていた。

 「日本が変わろうとしている原因の一つに、中国に対するコンプレックスがある。
  日本はもっと自分の国に自信を持つべきだ」と。

 メモしていなかったので、細部は違っているかもしれませんが、
 寺島さんの言葉が腑に落ちました。
 中国に負けたくないという理由から、国の力を強め、国民の力を強めたい。
 そのためには……。パズルが出来上がったように納得です。
 
(374-2)「教育勅語、教材化に道筋 第2次安倍政権で評価相次ぐ 4月1日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK306H27K30UTIL05L.html?iref=comtop_list_edu_n02

● 私は孫に、絶対に「教育勅語」を暗誦して欲しくない!
 日本がじわりじわりと戦前の国家・教育に回帰していくようで、そら怖ろしい!

(374-3)「中学武道に追加の『銃剣道』とは? 旧日本軍訓練の流れ 
      4月1日 朝日新聞デジタル」 

http://digital.asahi.com/articles/ASK3063F4K30UTIL058.html?ref=nmail

(374-4)「『パン屋』→『和菓子屋』、文科省への忖度 池上彰さん 3月31日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK3Y52KMK3YUPQJ006.html

●戦時中の「敵性語禁止令」を思い出してしまった!

(375)「【澤地久枝さん呼びかけ】
     毎月3日の全国一斉行動は、4月3日(月)午後1時から
     同じポスターを全国でいっせいに!
     『アベ政治を許さない』」












(画像はお借りしました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

核と人間は共存しない (1)

2017-03-29 17:14:48 | 核と人間は共存しない
何と情けない国になってしまったのだろう。
怒りを通り越して、絶望しかない。

「 歴史から学ばない政府は、それを繰り返すよう運命づけられている 」 

               (『終わりなき危機』よりイアン・フェアリーの言葉)

(1)「『福島事故、忘れたか』 一転、再稼働容認に『地獄だ』 高浜、差し止めを取り消し
    3月29日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12865159.html

(1-2)「福井・高浜原発 再稼働へ 「司法は福島忘れたのか」 住民ら怒りあらわ
    3月29日 毎日新聞」

http://mainichi.jp/articles/20170329/ddm/041/040/155000c

(1-3)「(時時刻刻)高浜、覆った安全性判断 大津地裁、新基準疑問視→高裁
   『最新の知見で策定』3月29日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12865087.html

(2)「原発事故後の甲状腺検査 がん診断の4歳男児報告されず NHK NEWSWEB (動画あり)」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170330/k10010931181000.html

(3)「核禁止条約交渉、日本参加せず 米に配慮、『橋渡し役』放棄 
    3月29日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12865064.html

●岸田外相は、被爆地広島出身の外相として、昨年5月のオバマ前米大統領の広島訪問の
 実現に尽力し、条約制定に向けた交渉開始が決まった昨年10月の記者会見でも
 「交渉に積極的に参加し、主張すべきことは主張していきたい」と訴えていた。

 それがなぜ態度を一転させたのか。
 トランプに忖度した事務方に説得されたそうだ。
 いろいろな分野での事務方の忖度が、ますます日本をおかしくしてゆく。

(3-2)「被爆者、日本の不参加批判 核禁止条約で『裏切り』 3月29日 共同通信」

https://this.kiji.is/219577985708164604?c=39546741839462401

(3-3)「『あなたがここにいてほしい』 被爆国の空席、嘆く折り鶴 核禁止条約交渉
     3月30日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12867071.html





(4)「愛媛)伊方原発差し止め却下 落胆、対策求める声 3月31日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK3Z363RK3ZPFIB004.html

















(画像はお借りしました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嘘、言い訳、言い逃れ、ごまかし、メンツ、忖度(そんたく)、圧力、恫喝・・・(4)

2017-03-25 17:17:51 | 市民運動
(366)「昭恵夫人付職員が関与 財務省に照会 籠池氏、喚問で証言 森友土地問題
       3月24日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12856875.html

この記事の下の方に出てくる下村氏の次の言葉に、愕然とした。

「一方、自民の下村博文幹事長代行は「首相あるいは官邸が夫人に確認したが、
 『寄付していない』と明確に言っている。
 邸がうそをつくはずがない  」と、応じない考えを示した」

 「官邸がうそをつくはずがない」「お上がうそをつくはずがない」
 「政府がうそをつく筈がない」……
 民衆をだます日本古来の手法が、いまだに使われていたとは……。
 この国は、時代に逆行してどこに行こうとしているのだろう?
 そら恐ろしく、鳥肌が立った。

(367)「籠池氏喚問、海外メディアも相次ぎ報道 『国粋主義の教育を懸念』『首相生き残るか』
       3月24日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12858540.html

英紙ガーディアンの記事は解かりやすい。
 「安倍晋三夫妻、ウルトラ・ナショナリスト(国粋主義)学校に寄付の疑い」
 神風とか教育勅語とか、海外メディアは、今の日本にかなり危うさを感じているようだ。

(367-2)「倉重篤郎のサンデー時評 拡大版 崖っぷち『安倍政権』 
      藤井裕久元財務相・船田元衆院議員が『森友疑惑』の核心を糾す!
      3月22日 サンデー毎日」

http://mainichi.jp/sunday/articles/20170319/org/00m/070/007000d?inb=ys

自民党内からも、OBからも疑問の声が上がっています。
 サンデー時評は、土地問題だけでなく、教育問題にも疑問を呈しています。
 是非、お読みください。

3月26日の「時事放談」で、藤井裕久元財務相が次のように述べていた。

 「稲田防衛大臣はウルトラ右翼で、それもきちんと勉強していない空気の右翼だ。
  シビリアンコントロールが全く出来ていない。私は国家至上主義は大嫌いだ」

 こうした人を任命した安倍氏は、任命責任を問われるべきではないだろうか。

(367-3)「籠池氏を恫喝 “安倍首相を守る”質問に終始した自民の醜悪 3月24日 日刊ゲンダイ」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/202127

(367-4)「『今選挙するなら、森友問題隠蔽解散だ』 民進・枝野氏 3月25日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK3T6G3XK3TUTFK00B.html

自分の都合のいい時に解散・総選挙する。
 これを 横暴!暴挙! と言わずに、何と言うのだろう?
 きちんとした理由もなく、簡単に、何度でも、総理大臣が解散を宣言できる制度は、
 絶対に変えるべきだ!
 これ以上、政治家の質を落とさないために、小選挙区制も変えるべきだ!

(367-5)「安倍首相の説明『納得できぬ』62% 内閣支持率は3ポイント減の52%
      共同通信世論調査 3月26日 産経ニュース」

http://www.sankei.com/politics/news/170326/plt1703260012-n1.html

内閣支持率50%を切るのは、時間の問題です。

(367-6)「森友、首相説明納得できず62% 共同通信世論調査 3月26日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017032601001423.html

1ヶ月ちょっとで9・3%の下落です。
 これは私感ですが、常識的に考えても昭恵氏が自らの意志で100万円を寄付したとは考えられない。
 教育勅語を暗誦する塚本幼稚園の園児たちに涙した昭恵氏が、安倍氏に報告し、
 安倍氏もまた感動したことを考えると、……です。

(367-7)「内閣支持率は4ポイント↓の50.5% ANN世論調査 3月27日 テレ朝news」

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000097278.html

風が吹いてきました。あと少しです!
 
(368)「高市早苗総務相を詐欺罪で告発、奈良地検が受理…所得税還付金絡みで
     3月10日 産経WEST」

http://www.sankei.com/west/news/170310/wst1703100013-n1.html

(369)「浜矩子氏が警鐘 『安倍首相は幼児的凶暴性の強い人』 3月19日 日刊ゲンダイ」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/201838/1

浜さんの言葉は、いつも説得力があります!
 参考までに、2015年12月30日の私のブログ「さらばアホノミクス 危機の真相」
 を再度載せます。
     ↓
http://blog.goo.ne.jp/keichan1192/e/6b716764a165c3dcd8183497f2bc0f3a

(369-2)「脱アベノミクス 民進党は対立軸を示せ 3月27日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017032702000132.html

株価だけで、何とか体裁を保っているつもりのアベノミクス。
 このままいけば、日本沈没も起こり得る?
 リタイアしてから一日中パソコンに釘付けで、株価に一喜一憂する夫が増えたという。
 こういう人たちにとっては、今のところ「アベ様」なのだろう。
 先が見えない不安。
 民進党はきちんと経済政策を示してください。

(369-3)「やっぱりマイナス金利は『毒薬』だった 日銀は『敗戦の教訓』から学んでいない
      3月23日 東洋経済 ONLINE」

http://toyokeizai.net/articles/-/163630

●日銀=安倍政権に、こんなに経済がずたずたにされても、
 銀行も生保も企業も国民も何も言わない!
 それにしても、テレ朝の一部の劣化が激しい。
 政権の圧力に対して、TBSは踏ん張っているが、テレ朝は踏ん張リきれなかった――と
 私には見える。

(370)「【公式】『銃口』が今訴えること ~三浦綾子の遺言~ YOU TUBE(動画あり)」

https://www.youtube.com/watch?v=JKkCdkbdsRI

(371)「『子どもの権利」拡大認めず 日本会議から広がる運動 
     2016年6月18日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASJ6K6W6PJ6KUTFK01F.html

(372)「『日本会議』系が集会、改憲へ気勢 国会議員ら700人 3月29日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK3Y4VQMK3YUTFK00H.html

 
 
  




(この本も出ました)
     ↓















(画像はお借りしました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嘘、言い訳、言い逃れ、ごまかし、メンツ、忖度(そんたく)、圧力、恫喝・・・(3)

2017-03-24 16:30:38 | 市民運動
(365)「森友学園問題からみえた 安倍首相の“傲慢症候群” 3月23日 dot.」

https://dot.asahi.com/dot/2017032200086.html?page=1

(365-2) 「籠池証人喚問<上> 昭恵夫人『安倍晋三から』と現ナマ封筒
       3月23日 日刊ゲンダイ」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/202057/1

少しずつ明らかになってきました。
 誤魔化すことなく、徹底的に真相を究明してほしい!
 それが、国民の大半が望んでいる事です!

(365-3)「籠池氏『九分九厘ではしご外された』 参院の喚問終了 3月23日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK3R33DSK3RUTIL00G.html

これはすごい! 写真満載で、詳しく載っています。

(365-4)「『籠池氏は堂々』政権に焦り 想定外の攻防にじむ危機感
      3月24日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK3R55WLK3RUTFK011.html?_requesturl=articles%2FASK3R55WLK3RUTFK011.html&rm=897

少しずつだが概容が分かってきた。
 昭恵氏を含む証人喚問を徹底的に行って、真相を明らかにして欲しい!
 3月23日の『荻上チキ・セッション22』では、当日の証人喚問の音声を交え、
 鋭い切り込みで聴き応えがあった。
 その中で、「外国特派員協会での会見では、森友学園の教育方針についての質問が
 集中した」と語っていた。
 森友学園問題の底流にあるのは、教育そして国の在り方についての共通の思想である。
 安倍夫妻も、籠池夫妻も、鴻池氏も、稲田氏も、教育勅語を暗誦する園児たちに
 涙を流さんばかりに感動し、森友学園の教育方針に賛同していたはずだ。
 そのことがあったからこそ、土地の取得に異常ともいえる早さで
 便宜が図られたのではなかったのか!
 そのことを置き去りにしていては、何ら問題の解決にならない。
 
(365-5)「偽証で告発、思惑外れ?=検察幹部『現時点で困難』-籠池氏証人喚問
      3月23日 JIJI.COM」

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032301356&g=soc

(365-6)「籠池氏喚問 昭恵氏は真相を語れ 3月24日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017032402000149.html

(365-7)「真相解明にはさらなる国会招致がいる  3月24日 日本経済新聞」

http://www.nikkei.com/article/DGXKZO14438660U7A320C1EA1000/

参考人招致ではなく、証人喚問です!

(365-8)「【画像】これが『神風を吹かした』安倍昭恵氏のFAX!―
      籠池爆弾がさく裂、首相夫人の証人喚問が焦点に 3月23日 志葉玲」

https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20170323-00069047

(365-9)「森友学園 徹底糾明求め集会 衆議院第2議員会館前 
      3月23日 毎日新聞 (動画あり)」

http://mainichi.jp/articles/20170324/k00/00m/040/063000c



 



 











(画像はお借りしました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人失格 (1)

2017-03-21 16:56:46 | 好きな歌と句と詩とことばと
このところ私は、「息苦しい」とか「生きづらい」という言葉に過剰に反応してしまう。
新聞の新刊広告に次の言葉があった。

「 この国はなぜ僕には息苦しいのか? 」

高齢者の私にとって、この国は生活面だけでなく精神的にも非常に息苦しい。
若い人にはどのような息苦しさがあるのかを、どうしても知りたかった。
そして5分後には図書館に電話していた。(キャッチコピーの力です)
私の住む市の図書館はとても親切で、リクエストすると大体買ってくれる。
作者の方には申し訳ないが、もう何十冊も買ってもらっている。
自分で買えば自分しか読まないが、図書館で買ってもらえば他の人も読むといった、
自分なりの理屈もあるのだが、年金生活で余り買えないのが一番の理由だ。
いつものように、「検討して後日結果を連絡します」ということになった。
楽しみに待っていたのだが、思わぬ結果だった。

「タレント本はたくさんあるので、今回は見送ります」
「ちょっと待ってください。彼は自分の考えを発信していて、政治にもとても興味のある人ですよ」
「ええ、でも……決まった事なので……」

私は以前、『ロンドンハーツ』をよく観ていた。
最近の田村淳は口調が高圧的で、笑いのためなら何でもするといった態度が鼻に付いていた。
だが彼が発信する言葉には興味があった。
早速、アマゾンではなく(安易にアマゾンを利用するのを止めた)街の本屋さんに買いに行った。
ところがどこを探してもない。
それこそタレント本だったら、一番前に平積みになっているのではないか?
お店の人に調べてもらうと、一番奥の新書コーナーにひっそりとあった。
それがこの本、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんの『日本人失格』です。

非常に読みやすく教訓に富んでいる。タレント本と侮(あなど)るなかれ!
彼の生き方を通して、今の日本という国が見えてくる。
年齢に関係なく、この国で生きていくのは息苦しい、ということが分かった。
私はせいぜい10年我慢すればいいが、若い人たちは何十年もこの国で生きていかなくてはならない。
そんな若者へのエールとして、是非、図書館に置いて欲しい本です。
だがどんな内容の本を出しても、「タレント本」として一括りにされてしまうことに、
大いに違和感がある。(図書館は数多くの本を扱うので仕方がないが)
テレビ番組では、「東大卒」「京大卒」「有名私大卒」と過剰に放送する。
一般的には、学歴は18、19、20歳の能力に過ぎない。
それからの人生の方が長く、学ぶことが多いはずだ。
それをいつまでも学歴で視聴率を取ろうとするテレビ局、そして学歴だけで生き延びている
タレントを観ていると、レッテルだけで判断しようとすることに、この国の危うさを感じる。
気に入った文を引用させて頂きます。

(1)どうして日本の組織は、個性よりも、みんなと同じような行動することを求めるのだろう。
   あるいは大勢がよってたかって、”個”を攻撃し、潰しにかかるのはなぜなのか。
   考えてみると、これらの傾向は会社や組織に限ったことではなく、この国全体に
   蔓延(まんえん)している気がする。

(2)今やどのテレビ局の番組スタッフも、芸能人に牙を剥(む)かせない均質化を求めている。
   BPO(放送倫理・番組向上機構)の影響力が強まっているせいかもしれないけど、
   番組スタッフは自分たちが面倒なことに巻き込まれないように
   「 安心・安定の番組作り 」
   という箱の中に芸能人を無理やり押し込めている。
   逆に、その箱からポンッと飛び出そうものなら、排除しようとさえするのが、
   テレビの現状なのだ。

(ここ5、6年、テレビが特につまらない!
 年がら年中、食べてばかりいる。
 年がら年中、健康番組を放送する。
 年がら年中、同じコメンテーター(芸人か元スポーツ選手)が出ている。
 年がら年中、学歴(しかない?)タレントがクイズ番組に出ている。
 年がら年中、おいひ~の旅番組ばかり流している……)

(3)では、なぜ日本の企業は”個”を認めないのか。
   その原因のひとつに、上司の「自己保身」があると思う。
   部下に新しいことや思いもよらない提案をされてもよくわからないし、
   それを許可して失敗した時に、自分が責任を取らされるのがイヤなのだ。
   それを避けるため、「前例がない」という言葉で部下のチャレンジ精神を萎えさせてしまう。
   「前例がない」ところにビジネスの金脈が眠っているかもしれないのに、
   前例を継承させ、部下に過去の成功体験を押しつけようとする。

(4)となると、小学校くらいから、 自分という”個”をきちんと認識させ大事にする教育 が
   必要かもね。自分の好きなもの、嫌いなもの、得意なことをわからせて伸ばしていく。
   人に合わせなくても、自分を殺さなくてもいいんだと思えるようにしていかないと、
   上から言われたことをひたすら従順にやったり、まわりを見て動くだけの社会人に
   なってしまうんじゃないか。

(5)今の先生たちって自分に自信が持てないせいで、子供らにいろんな道を示してあげる前に、
   波風立たないような、子供たちの冒険心を削(そ)ぐような 、
   画一的な授業や指導しかできないんじゃないかと思う。
   あとは親や教育委員会から突っ込まれないように、ビクビクとその場をやり過ごそうとするとか。
   あるいは、問題が起こらなそうな道を提示しておけば、余計な気苦労もしなくて済むし、
   子供たちを把握しやすくもなると勘違いしているのかもしれない。
   結果、子供たちは”均一化された、いい子ちゃん”に育っていく。  2につづく

   


(画像はお借りしました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人失格 (2)

2017-03-21 16:56:27 | 好きな歌と句と詩とことばと
(6)受賞後初の講演で、大隅教授は言った。(2016年ノーベル医学・生理学賞受賞)

   「 人と違うことを恐れずに、自分の道を見極めて突き進んでほしい 」
   続けて、こんなことも言ったという。
   「これこそが日本人の弱点だと思うんですが、みんな一緒、みんなと一緒であることが
   心の平和だと思い込んでいる。それは絶対的な間違いであり、人の成長を止めます」
   今の世の中、どうも人と違うことをするのは”悪いこと”のような雰囲気が漂っているけど、
   大隅教授の言葉には改めて勇気づけられる。

(7)面倒くさいから、自ら率先して卵のパックに納まっていく。隣を見て同じような形をして
   いることに安心感を得て、まわりと同調することが当たり前になっているというか。
   「和を乱さないことが大事なんだ、仕方ないんだ」とか言い訳してるんだと思うけど、
   そうした生き方って、自分に対する【思考停止】状態で、
   自分を大事にしているとは言えないんじゃないの? 


(8)社会保障費で使われる金額が、高齢者が76兆円で、子供たちには5・6兆円しかないのだ。
   なんじゃそりゃて言いたくもなる。怒られるのを覚悟で主張するが、
   その76兆円を少しでも多く、子供たちのほうに回せないの?
   将来の日本を背負う子供たちにお金を使うべきでしょ
   6人に1人が貧困家庭ってことで、食べるものに困ってるっていうんだよ。

(9)おかしいでしょ、この構造。他の国だったら暴動もんの騒ぎだよ。
   まあでも、多くの日本人が、韓国とは違って、国に対して何も怒らないんだから
   仕方ないか。
   そもそも、オリンピックを推進している人たちも政治家たちもみな、年寄りばっかでしょ。
   彼らは完全に逃げ切れると思っているんだよね。
   何か問題が起きても、国の借金で子供らが苦しみの悲鳴を上げることになっても、
   その時には自分はこの世にいないしって好き放題やってる。
   オリンピックだけじゃない。事故の後始末もできてないのに原発の再稼働をするとか、
   今の新幹線で十分なのにリニア新幹線まで造ろうとか、とにかくデカイ建物造ったり、
   トンネル掘ったり、昭和の経済発展していた時と同じ発想で、金儲(もう)けのことしか考えて
   いない。しかも、それを作る金はぜーんぶ借金なんだよ。自分の孫よりもそのまた先の先の
   世代にまでツケ回しして、自分(じじい)たちの利益のことしか考えていないんだから。

(全く同感です!読んでいてワクワクしました。若い人はもちろん、
 政治家も官僚も教育者も是非、読んで欲しいです。
 勧められて素直に読むくらいならましだけど、タレントの本だからとか、ちょっとエッチな箇所が
 あるとか、言葉遣いが乱暴とかで、教育上、良くないと言い出しかねない。
 田村さんの口調を借りると、「あいつら何にも分っちゃいないんだよね。
 形ばっかで、物事の本質が見えてない!」)

(10)いや、ホントホント、いくら東大、京大、ハーバード大を卒業したって、
    気が利かなくて、仕事上においてイラッとさせられるヤツらが腐るほどいるじゃん。
    いくら頭の良い優等生ないい子ちゃんでも、”学力”がなけりゃ意味ねぇって。

(11)シリコンバレーに行った時も思ったけど、アメリカの人たちは、本当によく働く。
    ガンガン動いてるなあと実感した、
    一方、日本人は臆病だから、まわりを見て、自分が外れてないかを確認して動く。
    当然、ひとりひとりの行動範囲は狭くなる。
    人と同じように動いていると、ある意味ラクだから、自分でものを考えなくなる。
    人についていけばいいということになる。
    今、日本を覆う一番の大問題は、この【思考停止】と【依存体質】  にあると思う。

    卵パックに納まりやすい均一の人たちが作り出されているという話をした。
    それって、自分がどういう生き方をしていいのかわからないから、とりあえず
    友達と同じでいれば、何かあった時にお互いに傷を舐(な)め合えるし、
    それなりに安心なんだろう。
    だけど、最終的には他の人と合わせていくのが苦しくなってくる。
    そりゃそうだよね、みんな卵のようにツルっと丸くはなってない。
    個性があるからいろんな凸凹がある。それがぶつかり合うなら居心地は悪くなるだろう。
    それでも、ひとりになるのが不安で怖いからなのか、パックの中に閉じこもったまま、
    更なる ”同調ストレス” にさいなまれる。

    だけど、そうやって何事にも疑問を持たず、国や、誰かが作ったシステムや制度やルールを、
    言われるまま信じて守って、そうやって【思考停止】と【依存体質】できたツケが、
    だんだんのしかかってきている気がするんだよね。特に最近の日本は。…
    日本がこのまま進んでいくことに、僕は全然いい未来が感じられないし、
    この空気やシステムに、とてもじゃないけど馴染(なじ)めない。
    そういう意味で僕は、昔から、そしてこれからも”日本人失格”なんだと思う。…

    日本という大きなシステムは変えられないけど、自分を変えることはできる。
    そして、同調圧力が強まっている今の日本だからこそ、僕はみんなそれぞれの
    ”個”を磨いて、バラバラに動いていったほうがいい と思う。
    でないと、本当に日本はヤバイ気がするよ。    (引用ここまで)

(森友学園問題でも、いかなる嘘、言い訳、言い逃れ、ごまかし、メンツ、忖度(そんたく)、
 圧力、恫喝……があったのだろう?
 超エリートの官僚のみなさまの、国会へのご来院をお待ちしています)




(画像はお借りしました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加