SeaHawkのblogへようこそ♪



~異国日本での生活綴り~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国現地採用のあり方

2006年12月12日 | コ  ラ  ム
中国現地採用のあり方

本日ある大手メーカーに就職中のWさんがご来社致して、転職相談を受けました。

彼女の場合は日本にて大学卒業し、新卒として現在の会社に就職し、将来的なコーア人材として入社本日まで至る方。入社して2年、今年の秋会社から呼び出しがあり、中国にて新しいビジネス立ち上げるため立ち上げメンバーとして中国にてご活躍してくれないかとのことだったようです、給与は中国現地スタットとバランスを取るため、現地採用条件になる。本人は今まで日本での経験を活かしながらのいいチャンスと思うし、現地採用金額でもいいと思ってたそうです。

つい先日、会社側から帰国後の給与提示は4500元/月と提示し、勤務地は上海、住宅幇助なしということだったようだ。Wさんは中国南のご出身、上海での仕事なら部屋から全ての出費を給料から落とされることになる。別に中国へ行って贅沢をしながら生活するつもりはないが、上海の物価などを考えWさんは6000元/月を希望したようですが、中国現地のスタッフバランスをとるためという理由で変更できないようですので、Wさんは今まで頑張って来た働く意欲を無くし転職を考えているようです。

最近、特に大手企業中国現地化に力入れる企業が多いです。現地化するにあたり、特に日本にて就職経験あるものを受け入れたい企業も多い、現地スタッフとのバランスを取るため、3000元~とう企業も増えているのが現状。しかし、日本で留学し、就職経験ある方なら現地採用3000元の金額でいく方がほとんどないのも現状です。給与の金額よりプライドが気つくという理由が多い。・・・せっかく自社のシステムや商品覚えさせたのにも関わらず、今回のケースのようにただ毎月1500元で自社人材を失われることは非常に残念だと思い。

中国現地化促進により、今後このような問題ますます広がるだろう!!!
給与を含むやる気出させることは一体なんだろう?



この記事をはてなブックマークに追加