SeaHawkのblogへようこそ♪



~異国日本での生活綴り~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

面接の基本マナー ①面接会場に入るまで

2005年10月23日 | 外国人為の就職・転職情報
面接の基本マナー
①面接会場に入るまで

就職、転職を問わず面接には基本的なマナーがある。社会人としてビジネスマナーを身についているかどうかで、採用の判断を左右されるケースが非常に多い。以下は簡単に基本マナーを取り上げます。

◇面接会場へ到着
・5分~10分前には面接会場に到着出来るように余裕もって行動する。
・会場に入る前に、身だしなみをチェックする。
・コート、マッフラ類は玄関で脱いで手で持つ。
・携帯電話の電源はOFFにする。

◇受付について
①受付に人がいらっしゃる場合:
・受付では、一礼をしてから面接の主旨を伝える
「お忙しい処恐れ入れます。本日○○時に面談のお約束をしております○○○と申します」とフルネームを名乗る。

②受付電話の場合:
・受話器の横にお約束した部署番号あるかの確認
・受話器のとり面接の主旨を伝える
「お忙しい処恐れ入れます。本日○○時に面談のお約束をしております○○○と申します。」

◇控え室にて
面接までの控え室に通された場合は、入り口から近い下座にすわる。担当者に呼ばれたら、「ハイ」と答え、指定の場所へ移動する。その際には、ご案内する方の後ろについていく。

次回続く…


この記事をはてなブックマークに追加