SeaHawkのblogへようこそ♪



~異国日本での生活綴り~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MBTI適性診断

2014年02月22日 | 勉強/学習

今日は4時間掛けってMBTI適性診断勉強及び自分の適性結果フィードバックを受けた。

MBTIとはユングの心理学タイプ論がベースにした、世界45カ国以上で活用されている国際規定に基づいた性格検査です。人の心の有り方の多様性について説明し、人間関係で起こりやすい誤解や行き違いなどについて考える手掛かりを提供している。

MBTIは他の心理検査が大きく異なるのは、検査結果はあくまでもきっかけに用い、一定の訓練を受けたMBTIの専門家といわれる人たち(MBTI認定ユーザー)の支援を受けながら、MBTIに回答した本人が、 自分についての洞察を深め、自分のベストフィットタイプ(もっともしっくりくるタイプ)を見つけ出す 過程(プロセス)そのものを重視しているところです。要するに、結果だけでなくそれをきっかけに自分の 理解を深めていくプロセスがあってはじめて有益になる検査ですから、検査というより、メソッドという ほうが近いといえます。

MBTIは、一人ひとりの性格を心の機能と態度の側面からみたものです。それらは、「ものの見方(感覚・直観)」と「判断のしかた(思考・感情)」及び「興味関心の方向(外向・内向)」と「外界への接し方(判断的態度・知覚的態度)」の4 指標であらわされ、16 タイプに類型化してとらえようとします。 MBTIは、16タイプそれぞれの強み、特徴、そしてその人の今後の課題を整理し、個人の成長や人と人との違いを理解し、周囲の人との人間関係作りにも役立てることができる。

日本では、MBTIメソッドが2000年から正式に導入されはじめ、現在では700名を超える有資格者が誕生、 総勢10万人以上の人がフィードバックを受けています。日本でも、このMBTIの有益性は、諸外国と同様、 さまざまな分野で急速に認められているようだ。

適性検査は目的により見る角度が異なる。適性検査を受けてみることにより、多方面から自己理解、自己分析を深めることで、自分の特徴を把握し、適性検査結果をキャリア構築、人間関係構築に有効活用することが重要。


この記事をはてなブックマークに追加

職場学習ー「慣用語」

2012年06月01日 | 勉強/学習

今週の職場学習ー「慣用語」

◇上げ潮に乗る:物事が好機に巡り合って、順調に進展する。

例:商売は上げ潮に乗って一気に倍増した。

◇当たりがいい:応対がうまく、相手にいい印象を与える。=人当たりがいい

例:あの人は、あたりがいいがいざとなると意外に冷淡だ。

◇いい薬になる:失敗や辛い経験などが、その人が成長する上で役に立つ。

例:若い彼にこの失敗はいい薬になるだろう。

◇いい目が出る:運が向いてくる。思い通りの事態になる。

例:苦労の甲斐があって、やっといい目が出てきた。

◇息が続く:一つの事を長く続けてやれる。勢いが弱まらずにある状態が続く。

例:一日がかりの教室へ十年も通い続けたとは、よく息が続いたね。

◇威儀を正す:礼儀正しい姿勢を取る。作法にかなった動作をする。

例:威儀を正して式の臨む。

◇異彩を放つ:特に際立って見える。多く、優れた様子をさして言う。

例:彼の有能ぶりは業界でも異彩を放っている。

◇板に付く:仕事に慣れて、ぴったり合った感じになる。また、制服などが良く似合っている様。

例:跡目を継いで七年、師匠ぶりもやっと板に付いてきた。

◇一日の長(いちじつのちょう):知識や技能が少し優れているところ。

例:彼のパソコン操作には、一日の長がある。

◇一も二もなく:とやかく言うまでもなく、決まりきっている。

例:君の提案なら一も二もなく賛成だよ。

 


この記事をはてなブックマークに追加

職場学習ー「慣用語」

2012年05月25日 | 勉強/学習

今週の職場学習ー「慣用語」

◇図に当たる:見込んだ通りになる。計画通りに事が運ぶ。

例:販売作戦が図に当たり、在庫品が見事にさばけた。

寸暇を惜しむ(すんかをおしむ):わずかの暇も大切にして何かに打ち込む。

例:この作品は寸暇を惜しんで絵筆を取った。

◇線が太い:小事にこだわらず、実行に移す決断力がある。

例:彼のやり方は線が太い上に、心に機微も解するので、皆の信頼が厚い。

先見の明:成り行きを前もって見通すことのできる見識や判断力。

例:為替レートが低いうちに米ドルを買っておいたのは先見の明があった。

事なきを得る:何事もなく無事に終わる。

例:車がセンターラインをオーバーしたが、対向車がなく事なきを得た。

知恵が回る:頭の回転が早く、その場に応じた解決策が浮かぶ。

例:ふけこんでしまうと、若者のように知恵が回らない。

力にする:困った時や苦しい時に頼りにする。心の支えにする。

例:君を力にすることで今日までやってこれた。どれほど感謝しているか言葉にできないよ。

付きが回る:運が向いてくる。

例:いいことばかりが続くが、どうやら私にも付きが回ってきたようだ。


この記事をはてなブックマークに追加

職場学習ー「慣用語」

2012年05月18日 | 勉強/学習

今週の職場学習ー「慣用語」

肩を入れる:力添えや支援をする。

例:チーム誘致は地元企業が肩を入れることになり、ようやく決まりそうだ。

◇生地が出る:何かの弾みで、生まれつきの性質や隠していた本性が現れる。生地を出す

例:利権がからむとなると、温厚な人でも生地が出るものだ。

機を見るに敏(きをみるにびん):物事を行うチャンスであることを見逃さず、素早く対応する様子。

例:機を見るに敏な彼は、相場の暴落による痛手を最少で免れた。

琴線に触れる(きんせんにふれる):あることに心の奥で共鳴し、感動する。

例:この逸話には人々の琴線に触れるものがある。

口がかかる:芸人など出演の依頼がある。仕事の申し込みや遊びの誘いがくる。

例:待ちに待った役に口がかかってきた。

口添えをする:物事がうまくいくように、わきからいろいろと言って助けてやる。口を添える

例:契約が破談になりそうだったが、上司を口添えてくれて、無事に成約にこぎつけた。

檄を飛ばす(げきをとばす):自分の主張や意見を述べ、広く人々に知らせること。

賛同者を呼び集める。

例:同期生に檄を飛ばして、倒産の危機にひんしていた会社を窮地から救った。

験がいい:縁起がいい。よい兆候である。

例:七番をもらうとは、ラッキーセブンで験がいいぞ。

幸先がいい:良い前兆がある。今後に期待がもてる。

例:旅行の初日から大サービスとは幸先がいいじゃないか。

十人十色:好みや考えなどは人によってそれぞれ異なるものである。

例:同じ年頃でもこんなにファッションの好みが違うなんて、やはり十人十色だね。


この記事をはてなブックマークに追加

職場学習ー「慣用語」

2012年05月11日 | 勉強/学習

今週の職場学習ー「慣用語」

◇一計を案じる(いっけいをあんじる):目的を達成するために策を考え出す。

例:開発を迅速に進めるために一計を案じる。

◇一線を画する(かくする):立場や主義をはっきりさせ、安易な妥協をしない。

例:彼とは親しいが、この件に関しては一線を画している。

現を抜かす(うつつをぬかす):なすべきことを忘れるほど何かに夢中になる。

例:テレビに現を抜かし、学業を怠る。 「現」は正気の意。

腕が利く:あることに優れた技能や技術を発揮することができる。

例:彼は近ごろ珍しく腕が利く職人だ。

倦まず撓まず(うまずたゆまず):途中で飽きたり投げ出したりせずに、努力し続けるさま。

例:倦まず撓まず博士論文を完成させたい。

悦に入る(えつにはいる):物事がうまくいき、内心で満足している。

例:周囲は不機嫌なのに、彼だけ一人悦に入っている。

◇お百度を踏む(おひゃくどをふむ):頼み事を受け入れてもらうために、同じ所を何回となく訪問する。

例:お百度を踏んで、なんとか契約にこぎつけた。

顔が利く(かおがきく):顔見知りでなじみが深く何かと無理が通る。

例:給料前だけど、あそこなら顔が利くから何とかなるさ。

◇押えが利く:相手の意のままに従わせたり、集団を統率したりすることができる。

例:今度のプロジェクトの責任者は、よほど押えが利く奴でないと務まらない。

数でこなす:一個当たりの利益は小さくても、大量に売ることで採算がとれるようにする。

例:この商品は薄利だが、数でこなして利益を取ろう。


この記事をはてなブックマークに追加