SeaHawkのblogへようこそ♪



~異国日本での生活綴り~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

適正試験について

2011年07月14日 | 外国人為の就職・転職情報
【前言】

日本の企業では、選考の一環として適正試験をよく実施する。
外国人転職者、とくに技術者として直接来日された方、あるいは初めて就職活動を行う方には「適正試験」についてよく理解していない方が多い。結局十分な対策もせず、そのまま筆記試験に臨んた結果、残念ながら不合格・・・。

ご参考まで適正試験についての情報を纏めてみました。


【適性検査の定義】
 適性検査とは、職業・学科などにおける特定の活動にどれほど適した素質をもっているかを判定するための検査。

【適性検査の歴史】
 科学的な手法をもとに人物を測定する検査は、20世紀初頭に欧米で開発された。
 日本でも、ほぼ同時期に心理学をベースとした職業適性や職業興味を測るものが開発され、知能検査とともに教育業界で普及し始めた。実際に民間企業で利用が始まったのは、1970年代以降。その後、学歴偏重主義への批判の高まりや、バブル崩壊以降の新卒学生の戦力化が注目された流れの中で、ポテンシャル能力を測るために様々な適性検査が開発・商品化されたことが、ツールの性能向上やサービスの多様化に繋がったと考えられる。
 
 また、近年では、WEB公募手法の定着による応募学生数の増加による選考業務の負荷の軽減を余儀なくされたことなども適性検査が選考ツールとして発展した背景といえる。

 一般的に「適性検査」は採用テスト、人事テストとも呼ばれ、性格検査、パーソナリティ検査、能力検査、学力検査、組織適性検査、職業適性検査、コンピテンシー検査、ストレス耐性検査などの総称として使われることが多い。企業で利用される場合は、アセスメントツールとして新卒学生の採用選考に使われるケースが最も多い。

【適性検査の役割】
■日本では、雇用や人事異動において適性検査が行われることがある。採用活動の場合、 多くの求職者のエントリーシートや履歴書の内容を把握し、面接を行う事は困難である ことがあり、その場合に第一次審査として適性検査が用いられる。日本の採用活動で広 く使われているものとしてはリクルートのSPI2やSHLの玉手箱シリーズ等である。

■検査の内容は業種により様々である。一般的には言語(国語)・計数(数学)・一般常 識(社会・理科・時事経済・英語)・性格のジャンルで出題される。

■企業が一般能力・常識試験や性格検査をする理由としては、面接のみでは性格を測るこ とが困難であること、学力低下踏まえ一般常識や計数・言語能力を測るためということ がある。

■遠隔地の求職者の便宜を図るためにWebを利用した適性検査が2002年頃から増加した。 例としては日本SHLやリクルート等が挙げられる。この形式の適性検査では、IDとパス ワードを別の人物が使用するいわゆる「替え玉受験」が行われたことが判明した。その ため、リクルートの関連会社であるリクルートマネージメントソリューションズが日本 の各地にテストセンターを開設し、受検者の身分証明書を確認する形式を採り入れた筆 記試験・適性検査を実施することとなった。

【企業が導入する理由】
①「人」のデータを数量化し、統計的に分析できることである。・人物理解の枠組みを獲得
・人物評価の視点を多角化
・人物評価の客観化
・人事データ収集の効率化・被選抜機会の公平化
・被選考者の公平感・納得感の確保
・組織・集団の人的資質状況の診断
・人事データの管理・検索・伝達が可能
・選考システム・人事システムの診断と設計を支援

②企業投入のメリットは「採用企業が抱える問題を軽減できる」
・適性検査によって、初期選考の振るい落としに適しているもの
・面接の質問例などのある補助ツールとして利用できるもの
・配属を視野に入れた組織編成に強みを持つもの
…など用途が異なる場合がある。


【適正検査の種類】

1、性格検査のみ
・クレペリン - (作業検査)
・教研式M-G性格検査 - (質問紙法)
・新入社員特性・活力測定 - (作業検査)
・CPI…(質問紙法)
・YG…質問紙法

2、性格検査・適職適性検査
・ASK
・SDSキャリア自己診断テスト

3、適応検査

4、メンタル検査

5、知能検査

6、総合検査

・SPI総合検査 - (質問紙法・紙筆検査)
・CAREER VIEW - (質問紙法・紙筆検査)
・CETI - (質問紙法・紙筆検査)
・SAI - (質問紙法・紙筆検査)
・Research - (SE適性検査、質問紙法・紙筆検査、マークシート採点方式)


・・・次回に続く・・・


この記事をはてなブックマークに追加

◇◆グローバル展開企業の経営理念◆◇-オムロン株式会社

2011年07月06日 | 企業の経営理念

オムロン株式会社 OMRON Corporation

【会社概要】

・創業:1933年(昭和8年)5月10日

・事業内容:総合電子・電気メーカー

・従業員数:オムロングループ 35,684人
        オムロン株式会社  4,768人
        国内子会社 6,653人
        海外子会社 24,263人

・海外展開:アメリカ、ヨーロッパ、アジア・パシフィック、中国、アフリカなど

オムロンが目指す企業の姿、日々の企業活動をおこなう上で基本となる考え方を、企業理念やスローガン「Sensing tomorrow」を通してご紹介します。また、オムロンが企業活動を通してその実現を願う、社会の姿、ライフスタイルをご覧ください。

【基本理念】

 ・企業は社会の公器である

「企業は社会の公器である」という考え方は、過去半世紀にわたりオムロングループの存在意義を示すものとして脈々と受け継がれてきました。

「企業は社会に役立ってこそ存在価値があり、利潤を上げることができ、存続していける」という創業者・立石一真の信念を表しています。

企業は、社会に対して有益な価値を提供するために存在し、社会の期待に十分応えられてこそ、よき企業市民として社会から信頼され、存在を許されると考えています。

【経営理念】

・チャレンジ精神の発揮:

オムロングループは、自らを「永遠のベンチャー企業」として位置付け、あくなきチャレンジを重視しています。あらゆる企業活動において、現状に甘んじることなく、失敗を恐れず、他に先んじて成果を追求することが、社会に貢献するためには不可欠だと確信しています。

・ソーシャルニーズの創造:

「ソーシャルニーズの創造」とは、潜在するニーズを感知することにより、暮らしをより豊かにする、また社会の課題を解決する製品・サービスを先駆けて提供し、社会に役立つことです。オムロングループは、固有のセンシング&コントロール技術を核に「ソーシャルニーズの創造」を行い、「個人と社会」「人間と自然」「人間と機械」が調和しながら発展し続ける社会づくりに、率先して取り組みます。

・人間性の尊重:

オムロングループは、誰もが生きる喜びや誇りを実感し、知恵や感性を駆使して創造的な活動を楽しむという、「人間らしさ」を発揮できる社会づくりに貢献します。そのため、人の多様性、人格、個性の尊重はもとより、人間らしい暮らしや仕事を追求する、「人間性の尊重」という価値観を、すべての企業活動の基本としています。

【経営指針】

・個人の尊重:

一人ひとりの社員の個性と多様性を尊重し、自律する社員を支援し、活動の場と働き甲斐を提供します。

・顧客満足の最大化:

品質第一を基本に、世に先駆けた製品・サービスを提供し、顧客満足の最大化を図ります。

・株主との信頼関係の構築

企業価値を高め、利益を適正に還元することで株主の期待に応え、長期的信頼を得る経営を目指します。

・企業市民の自覚と実践

国際社会の一員として、地域社会の経済・文化の発展に貢献するとともに、資源保護や環境保全に取り組みます。

【行動指針】

・品質第一

提供する製品・サービスの品質はもとより、あらゆる仕事の質を高める努力を続けます。

・絶えざるチャレンジ

「高い志」「先駆ける精神」「健全な危機感」に基づいて、新しい価値の創造に果敢に挑戦します。

・公正な行動

責任感と良識のもと、法令と社会的ルールを遵守し、高い倫理観をもって行動します。

・自律と共生

自らの意思で自ら考え自ら行動し、他者を尊重して互いの強みを活かしながら、創造性を発揮します。

企業理念は、オムロングループの存在意義とその存在意義にふさわしい企業活動を実現するために、オムロングループの構成員一人ひとりが共有するべき価値観と方針をさだめたものです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

ジョギングの初日

2011年07月02日 | 経営日記

今日からまずジョギングをスタートすることにした。

山手側に向かったまず往復することにした~

久しぶりに朝の対応を浴び、新鮮な空気を吸得るのがうれしいかった!

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

営業日記ー企業訪問

2011年07月01日 | 経営日記

今日、大阪同友会の堂上代表理事の会社へ訪問してきた。

堂上代表理事とは出会いは、ある環境セミナーだった。日中両国間の環境ビジネスに関わることもあり、環境ビジネスについての取り組みや情報をもっと知るためあるセミナーへ参加した。セミナーに遅れ、空いた席に座れせてもらったが、偶々席の隣に座っていらっしゃったのが堂上理事長だった。それから、いろんなことでアドバイスを頂いたりをしていたが、なかなか会社まで伺うことができなかった。

事業内容としては板金の加工を行っていますが、オーダー注文を中心として高い技術力を持っているそうだ。どのような形状でも図面またはデーターがあれば切断可能で、鋼材でお使いの概念から少し違った用途にも加工もできるそうだ。表札やモニュメントなどにもあなた独自のものが1枚から加工できる。

   【曲げ加工】

板金加工といわれると、火花が飛び散り、油の匂いなどをイメージだったが、堂上代表理事長のところは、最先端の設備を備え、整理整頓された道具、清潔な作業場本当に加工会社と思わないくらいのだった。さすかesco認定取られた企業!

 一般鋼材                 レーザー 3050x1525x16 三菱 

 


この記事をはてなブックマークに追加