SeaHawkのblogへようこそ♪



~異国日本での生活綴り~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

職場学習ー「慣用語」

2012年05月25日 | 勉強/学習

今週の職場学習ー「慣用語」

◇図に当たる:見込んだ通りになる。計画通りに事が運ぶ。

例:販売作戦が図に当たり、在庫品が見事にさばけた。

寸暇を惜しむ(すんかをおしむ):わずかの暇も大切にして何かに打ち込む。

例:この作品は寸暇を惜しんで絵筆を取った。

◇線が太い:小事にこだわらず、実行に移す決断力がある。

例:彼のやり方は線が太い上に、心に機微も解するので、皆の信頼が厚い。

先見の明:成り行きを前もって見通すことのできる見識や判断力。

例:為替レートが低いうちに米ドルを買っておいたのは先見の明があった。

事なきを得る:何事もなく無事に終わる。

例:車がセンターラインをオーバーしたが、対向車がなく事なきを得た。

知恵が回る:頭の回転が早く、その場に応じた解決策が浮かぶ。

例:ふけこんでしまうと、若者のように知恵が回らない。

力にする:困った時や苦しい時に頼りにする。心の支えにする。

例:君を力にすることで今日までやってこれた。どれほど感謝しているか言葉にできないよ。

付きが回る:運が向いてくる。

例:いいことばかりが続くが、どうやら私にも付きが回ってきたようだ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 職場学習ー「慣用語」 | トップ | 職場学習ー「慣用語」 »
最近の画像もっと見る

勉強/学習」カテゴリの最新記事