SeaHawkのblogへようこそ♪



~異国日本での生活綴り~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GCDFプログラム研修

2007年06月09日 | 勉強/学習

GCDFプログラム研修

本日より会社からチャンスを頂GCDFーJAPANプログラムを受けることになりました。

GCDFとはGlobal Career Development Facilitator 「個人のキャリア・ディッベロプメント支援をする職業に従事する人のための資格」である。

プログラムがスタットした背景としては90年代前半、米国では不況に落ち、失業者率が高まる中、クリントン政権は長引く不況に対応するため、さまざまな雇用支援対策に取り組んた。その成果の一つがCGFという専門職のトレーニングプログラムと資格の発足です。当時CDFという名称で始まったこの資格2001年6月よりGCDFに改称され、現在は米国を初め、日本、カナダ、ニュージーランド、中国、ドイツ、ブルガリア、ルーマニア、トルコなど国へ広まっている。GCDF-JAPANは日本版の資格で、日本の社会風土や労働環境に合わせて開発されたものです。

GCDFにおいては、資格者の任務を12コンピテンシーとして表しています。GCDFは12分野の理論的な背景や必要性を理解し、さらに実施活用するためのスキルを身につけ、実際に行動することが求められます。本日は第一回目の講義だった。

お住まいは大阪だけじゃなく、広島、愛媛、神戸から初め、年齢も経験もさまざまな19人が一つのクラスになった。同じ話題だけど、それぞれ意見は異なり、他人の価値観、考え方に触れるいいチャンスであり、是非今回をきにコンサルティングとしてのスキルをUPしていきたいと思いました。


この記事をはてなブックマークに追加

転職の基本流れ

2007年06月06日 | 外国人為の就職・転職情報

~転職の流れ~

転職を思う方が沢山いるが、どんなステップで転職活動を行えばいいのか?
流れを良く分からない方が沢山いる、特に初めてご転職する方。

転職の流れを簡単に説明すると下記の6つのステップに分ける

①自己分析:・ご自身転職を思う本当の理由を見つけ出す

        ・転職で実現したいこと(例:給与UP、スキルUP・・・)

        ・自分の強み、弱み、スキル・・・

②情報収集:・自分が思う仕事職種、企業、給与などマーケット全体現状調べる

        ・事業の戦略、経営情報、求められる役割、将来性を分析する

        ・仕事内容、求めるスキル確認ご興味もつ企業探す

③書類作成:・履歴書及び職務経歴書を作成する

④会社応募:・ご興味持つ企業への書類提出、通過して面接

 *提出方法:・直接提出:自分で直接提出

         ・人材ビジネス会社を通じての提出

⑤面   接:・最終関門の面接です。ここを突破して、内定へと至ります

⑥退職交渉:・在職中の方は内定をもらってから退職交渉することをお勧めです。

        ・新しい環境へいくには現職を円満に退社することが大切

以上は簡単な転職流れになります。


この記事をはてなブックマークに追加