SeaHawkのblogへようこそ♪



~異国日本での生活綴り~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国関連情報ー「日中の産業構造比較」&「振興7業種」

2012年04月10日 | 中国関連

今日ある交流会で中国と日本を様々角度から比較した話しがあった。

特に印象に残ったのが産業構造比較と中国戦略的振興業種の話だ。

(1)日中の産業構造比較

2010年中国の産業構造:

・第1次産業  7.7%

・第2次産業  49.7%

・第3次産業  42.6%

この比率の割合は日本の1960年の産業構造に近い

・第1次産業 13.3%

・第2次産業  45%

・第3次産業  42%

2010年日本の産業構造:

・第1次産業  1.2%

・第2次産業  25.2%

・第3次産業  73.6%

両国の産業構造からも、中国は第2次産業メインの産業構造から、

3-2-1型へシフトし、第3次産業は一層力強く伸びを示しているとのこと。

 

(2)現在の中国が戦略的振興している7つの業種

・省エネ・環境

・次世代IT

・バイオ

・ハイエンド設備

・新エネルギー

・新素材

・エコカー

上記の業種でGDPに占める割合

2010年の5%→2015年8%(目標)→2020年20%(目標)にしている。

新聞ニュースでも良く出ている情報ですが、改めて数字で見えると非常に印象に残る。


この記事をはてなブックマークに追加

中国関連ニュース China News

2009年11月12日 | 中国関連
◇◆ China News ◆◇ (出典:NNA&Yahoo)

◆みずほコーポ銀-広東政府と業務提携
みずほコーポレート銀行と同行の中国現地法人の瑞穂実業銀行は5日、広東省対外貿易経済合作庁と業務提携することで合意した。同省との交流を深め、日系企業の同省への進出や同省企業の日本への投資に際し、投資のサポートを行うことが目的。今回の提携で両者は◇中国と日本の投資環境、投資政策および関連法規についての情報の相互提供◇広東省に進出する日系企業向け投資説明会開催など投資促進活動の推進◇広東省の企業が日本へ投資する際のサポートを行っていく。

◆プラスチックのムトー精工-蘇州子会社が設備投資へ
ジャスダック上場でプラスチック部品メーカーのムトー精工は6日、同社の連結子会社の豊武光電(蘇州)が、設備投資を行うと発表。既存の工場隣接地に新工場を増築。ムトー精工によると、新工場への総投資額は1,500 万元で、豊武光電(蘇州)が全額出資する。既存工場の2万904平方メートルに6,125平方メートルを増築する。完成は来年6月を予定している。同子会社は2003 年、江蘇省太倉市にプラスチック成形用金型および部品の製造・販売会社として設立。資本金は1,672 万5,000 米ドルで、持ち株比率はムトー精工が80%、台湾のFON-YANG ENTERPRISES GLOBAL LIMITEDが20%となっている。

この記事をはてなブックマークに追加

中国関連ニュース China News

2009年11月05日 | 中国関連
◇◆ China News ◆◇ (出典:NNA&Yahoo)

◆世界最大の医薬品外注企業、無錫に進出
「薬明康徳」はこのほど、正式に無錫馬山バイオ医薬アウトソーシングサービス産業ゾーンに進出。このたび「薬明康徳」が無錫馬山で登録した会社は、無錫薬明康徳生物薬物開発有限公司と称し、登録資本金は1億元、敷地面積は100ムーだ。国際上の先進的な基準により建設され、米国会社のノウハウと人材を活かして、世界のバイオ医薬会社にモノクロナール抗体、ワクチン、組換えタンパク質などのバイオ医薬品の「一体化」研究開発と生産のアウトソーシングサービスを提供する。


◆ユニクロ蘇州1号店をオープン中国39店目
「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは10月31 日江蘇省の蘇州工業園区内に、同市初となる店舗をオープン。中国全体では39 店目となる。蘇州1号店の売り場は2階に分かれ、面積は約930 平方メートル。同社広報によると、中国では今後も出店を拡大していく計画で、来春には上海市にグローバル旗艦店をオープンする計画としている。

この記事をはてなブックマークに追加

中国関連ニュース China News

2009年10月29日 | 中国関連
◇◆ China News ◆◇ (出典:NNA&Yahoo)

◆米シスコシステムズ-武漢に華中地区本部を設立
ネットワーク設備機器最大手の米シスコシステムズはこのほど、華中地区本部を湖北省の武漢市に設立した。同本部では湖北や湖南、山西、河南、安徽、江西の6省を対象に、営業を展開していく。同社は今後5年で、中国に160億米ドル(約1兆4,340 億円)を投じて、現地での研究開発(R&D)や人材育成などを行う方針。武漢市には、今後3年で約10 億米ドルを投入する予定だ。

◆江蘇省:世界最大の医薬品外注企業、無錫に進出
「薬明康徳」はこのほど、正式に無錫馬山バイオ医薬アウトソーシングサービス産業ゾーンに進出。このたび「薬明康徳」が無錫馬山で登録した会社は、無錫薬明康徳生物薬物開発有限公司と称し、登録資本金は1億元、敷地面積は100ムーだ。国際上の先進的な基準により建設され、米国会社のノウハウと人材を活かして、世界のバイオ医薬会社にモノクロナール抗体、ワクチン、組換えタンパク質などのバイオ医薬品の「一体化」研究開発と生産のアウトソーシングサービスを提供する。


この記事をはてなブックマークに追加

中国関連ニュース China News

2009年10月22日 | 中国関連
◇◆ China News ◆◇ (出典:NNA&Yahoo)

◆ハイテク企業の知財取引所深センでスタート
ハイテク企業などの技術や特許など知的財産権、有価証券の取り引きを行う「深A科技企業櫃台交易市場」(深櫃市場)が10日、深A市で正式に運営を開始した。ハイテク企業を主体とした非公開の取引所は全国で初めて。中小企業への投資を呼び込み、産業の高度化にもつながると期待されている。

◆外食ペッパーランチー広州に中国1号店
日系外食チェーン「ペッパーランチ」を展開するペッパーフード
サービス(本社・東京都墨田区)は19 日、広東省広州市にペッパーランチ(胡椒厨房)中国本土1号店を正式オープンした。日系外食チェーンの多くが上海などに出店攻勢を掛ける今、あえて広州に踏み込んだ理由について、本土での展開を手掛ける外食・小売り企業、マックスパワーの石橋修・最高経営責任者(CEO)は「上海はすでに発展しすぎている。広州は香港での成功が先にあり、手応えをつかみやすかった」と説明した。出店に際する投資額は明らかにしていない。平均客単価は40元(約520 円)。月間売上高は60 万元を目指す。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
中国関連ニュースを毎週一回定期的に掲載していきます。
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 


この記事をはてなブックマークに追加