JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

おそば食べたい

2017-05-26 09:00:00 | 日記
先日、母から一通のメールが届いた。
「仕送りどうもありがとう。何か食べたいものあったり、送ってほしいものあったら言ってください。」と。
そこで、久しぶりに沖縄そばが食べたかったので、「おそば食べたいから、暇があればおそばを送ってください。」と返した

数分後。「それじゃぁ、明日にでもおそばと何か一緒に送るね。」
翌日。「2日後に到着予定にしておいたからね。」

ということで、せっかくなので母から届いたものを紹介しようと思う。
送られてきたものは殆どが沖縄の食材だ。

一部抜粋した写真を貼っておこう。


まず私が所望した【沖縄そば】から紹介しょう。
沖縄そばと言っても、沖縄本島では、八重山そばや宮古そば、てるきなそばというのも売っている。
それぞれ、麺の細さや硬さ、ちぢれ具合が微妙に異なるのだ。
ちなみに、真ん中の沖縄そばには潰れていて見えないが、「ローソンセレクト」と書いてある。
400g100円で沖縄のローソンで販売している。自宅近くの店舗でも販売してほしい。切実に。。。

次に、【ポーク】。
東京でも、ポークは売っている。皆さんご存知のSPAMだ。
沖縄では、SPAM以外のポークも売っており、写真に乗っているTULIP(チューリップ)の他に、ミッドランドのポークと言うものもあり、よく食べていた。
うす塩味とあるが、全然うすくなく、朝は焼いたポークとご飯さえあれば完璧だ!
ただ、沖縄からの仕送りには必ずと言っていいほどポークの缶詰が入っているため、自宅にはすでに5個以上保管されている。。消費が追いつかないよ母さん。

続いて、【三枚肉】。
こちらは沖縄そば用の三枚肉だ。いわゆる豚の角煮を薄くしたものと言えるだろうか。
そばに乗せて食べるのだが、普通に美味しい。
今回は市販のものだったが、祝い事や正月になると祖母が手作りするが、市販のものより断然美味しいのだ。家庭の味というのはいいものだ。

次、【タコライスの素】。
これにはタコライスにかけるひき肉部分がタレと一緒に入っているものとチリソースが別で入っている。
レタス・チーズ・トマトは自分で用意する必要があるが、これを使えば簡単にタコライスができるため、よくお昼の弁当にもなる。
ちなみに、沖縄でタコライスを食べるのであれば、「キングタコス(通称キンタコ)」に行くべきだ。
かなりのボリュームがあるので、直前には何も食べないで行くことをおすすめする。

まだあるのだが、長くなってしまうのでサラッと紹介してしまおう。
●沖縄そば(インスタント麺)
  沖縄そばのインスタント麺だ。これはこちらでも購入できるものだし、やはり生麺とは別の食べ物だ。確かに美味しいが。
●じゅーしーの素
  沖縄の炊き込みご飯であるじゅーしーがこれ一つでできてしまう。
  だが、お店で売っている手作りのほうが美味しい。
●みそクッキー
  これは久米島のクッキーだが、ちゃんとみその風味もあってとても美味しい。
●ちんすこう
  割愛。
●コンビーフハッシュ
  沖縄ではゴーヤーチャンプルーなどによく入っているが、自宅での使いみちに少し困っている。
  オムライスに入れるかな。
●沖縄そばだし
  言わずもがな沖縄そばのだしの濃縮版だ。お湯を入れることで立派なそばだしになる。
●サーターアンダギー(祖母の手作り)
  こちらも結構有名なお菓子。方言を訳すと砂糖油揚げらしい。地元ではサーターアンダギーミックス粉が売られているぞ!
  今回は祖母の手作りだった。揚げたてはとても美味しいが、時間が経つとパサパサしてしまうのが難点か。
  牛乳片手に食べると美味しさ倍増!
●魚肉ソーセージ
 なぜ!?こちらでも購入できるし、特別好きだと言った覚えもない魚肉ソーセージ。
 限定でもなんでもなく、製造元も東京だ。まぁせっかくなので沖縄そばに入れて食べた。
 DHAを取ってほしかったのか。



長々と書いてしまったが、やはり沖縄そばは生麺に限ると実感した。
賞味期限がもうすぐ切れそうなので、早めに消費しなければ。
やはり、生まれ育った地元の食べ物は嬉しいものだ。
お返しに、こちらの特産か何かを送ってみようかな。
魚肉ソーセージはおやつにでもするか。

(DG_K)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンテナンス

2017-05-25 09:00:00 | 日記
メンテナンスって大事ですよね。
Wikipediaによればメンテナンスの意義について、このように書かれていました。

人々が生活のうえで使用しているものは、どんなものでも時間とともに劣化・老朽化し、やがて使用に耐えなくなる運命にある。しかし、メンテナンスによって、欠陥を早期に発見したり寿命を伸ばしたりすることが可能である。大量消費の時代である現在、大量生産から再利用・再使用にむけた動きが活発であるが、それにとどまらず、現存する製品や構造物などの効率化や延命を実現するメンテナンスという技術は欠かすことはできない。

どんなものでも劣化、老朽化していく、と。
メンテナンスをすることで、欠陥を早期発見できる、と。
おっしゃる通りで、、、

最近、体のメンテナンスについて考えさせられました。
定期的なメンテナンスが必要ですね。
「いーのいーの、大丈夫!」って、これだと老朽化してから、欠陥を発見してからが大変ですね。

先日、お医者様にお世話になることになりました。
歯医者と耳鼻科です。
ここ半年ぐらいの間、歯ぐきが痛かったんですね。
「痛いなぁ、治療が必要だな。忙しくなくなったら」と、こんな感じで半年ぐらい放置して過ごしていました。
ですが、最近になって「なんだか顔も痛いのかも。あれ?頭痛もあるような」と。
「あ、かぶせていた歯も取れたまんまだった」と。
気になりだすと集中できませんね。
そんなこんなで、まず歯医者に行きました。

根っこの治療をしている歯は、隙間からバイ菌が入ったり、炎症しやすいのですね。
レントゲンを撮ってもらうとその様子がわかりました。
また、鼻腔に炎症があるようで。
耳鼻科で診察してもらい、沢山のお薬を頂きました。
手術等の大変な事にはならないそうで。ひと安心。
お薬を2週間ぐらい服用した状態ですが、抗生物質の効き目はすごいですね。ありがたいことに顔の痛みは無くなりました。

診察代、お薬代とお金がかかりました。
また、急いで検査が必要とのことで、診察日の指定があったため会社も休ませてもらいました。
「コレだいぶ痛いんですけど!!」となる前に定期検診に行ったりしていれば、こうではなかったのでしょう。

メンテナンスって大事ですね。

(八)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼくのかんがえたさいきょうのSE

2017-05-24 12:18:07 | 日記
みなさんコンニチワ。今回もロスタイム執筆で全く懲りてません。
最近は大分暑い日も続く様になり、この記事を見ている奇特な皆様の体調の管理が心配です。自分も心配です。
毎年この時期はGWが明けた後という事もあり、「五月病になったからもうちょい休むわー」などと本当に苦しんでいる人には大変失礼な事をいいながら、五月病になる暇もないくらい
忙しくて日々が過ぎていきます。今年も例外ではないようです。世知辛いですね。


さて本題の「ぼくのかんがえたさいきょうのSE」である。


「ぼくのかんがえたさいきょうの~」の元ネタは某漫画『キ○肉マン』の超人募集コーナーにて、作中のインフレ具合をガン無視して設定を盛りまくったちびっ子諸君のイラストに添えられた文章から来ている。
以降、あまりに無茶苦茶な設定には「ぼくのかんがえたさいきょうの○○」などと皮肉を込めて称されることが多い。

まあ、上記を前提としてこんな能力を持ったSEがいたら最強だ、という能力設定を列挙していこう。

・言語を問わずプログラミングができる
・新技術、新アーキテクチャを即座に理解、習得できる
・高速に提案書が書ける
・高速に見積ができる。
・高速にWBSが引ける。
・高速に要件定義書が書ける
・高速に設計書が書ける
・他人が書いた設計書を一瞬で理解できる
・高速にプログラミングができる
・高速でテストができる
・不具合箇所を一瞥で特定できる。

余計な修飾子がつかなければほぼ一般的なスキルと変わらない。生産性という言葉は最早不要であると言わんばかりの能力ではある。そうすべく努力は積み重ねるが、
実際はそうならないため、地道な作業が必要になる。


・相手の言いたい事、要望を齟齬なく高速に理解できる。
・自分の意図を正確に伝える事ができる。
・どんな条件であっても相手を怒らせず、納得させる事ができる。

SEはコミュニケーションも重要である。ある意味これだけでも生きていけるかもしれない超重要スキル。


・いつでも人を調達できる。
・お金に余裕がある。

SEというよりPMの能力に近いが、人と金はいつでもあれば困らないという事で。


・決して心が折れない。
・感情的にならずに冷静にすべて対処できる。

常にそうあれ、という心がけではある。出来そうに見えて「常に」出来るわけではないので人は苦労する。


・風邪をひかない
・腹を壊さない
・頭痛にならない
・肩凝りしない
・目が疲れない
・腰を痛めない

いわゆる状態異常耐性である。本当にそうならどれだけのSEが幸福を享受できるだろうか。
現実には上記状態異常になっても精神力でカバーする。いわゆる「やせ我慢」スキルを発動させる事が多い。


・食事をとらなくてよい。
・睡眠をとらなくてよい。

もう人間じゃないような気がするが、たまに上記疑いをかけられるような人が大変な職場に一人はいたりする。
類似能力に「・ビールだけで生存できる」というものがあるのだが、個人が特定されると面倒な事になるので、このくらいにしておこう。


さて、いかがだっただろうか。夢、もしくは冗談のようではあるが、なんとなく能力の大半は将来的にロボットにとって代わられそうな気がしている。
その時代になったときに、「さいきょうのSE」はどんな能力を備えていればいいのか?それも興味深いが、そのころには引退してそうだなとも思う今日この頃であった。




ただし、今日はブログ記事を一瞬で書ける能力が喫緊で必要だった。それではこれにて。

(刑事長)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新・思い出ダイバー 10(Road to 石狩 EP.5)

2017-05-23 12:16:01 | 日記
前回の続き。

衝撃波が(照)の身体を貫く!
---

「お疲れ様でした」
「(ぐったり)・・・はい」
「ベッドに戻って安静にしてください」
「(ぐったり)・・・はい」
「水分をたくさん取ってくださいね」
「(ぐったり)・・・」

確かに最初は輪ゴムでパチパチされている感覚だったが、30分も過ぎた頃から強烈な痛みに変化した衝撃波を受け続け、我慢できなくなった(照)は痛み止めの注射を打ってもらったのである。左腕の肩付近に容赦なく「ブスッ」と針が入り、痛み止めの液が体内に流れ込んできた。少し経つと「まぁ、マシかな」程度に感覚が鈍り、衝撃波は続行されたのだ。

車椅子に乗り込んで病室に戻ったが、この痛み止めの副作用がヒドイ。身体が非常にだるく全く動きたいと思わない。それに加えて嘔吐感が強い。術後は大量の水を摂取してね、と言われたが、そんなものを飲める状態ではない。一歩も動けずにベッドの上に横たわり、効果が薄まることを期待しながら目を閉じた。

病室に戻った後すぐに点滴を打ってもらったが、半分程が体内に取り込まれた頃、ようやくトイレに行けるくらいは回復してきた。横たわっている間も看護師さんとのやり取りがあったが、

看「大丈夫ですか?トイレ行きましたか?」
「だるさと吐き気を取ってください」
看「それは無理ですね~(ニッコリ)」
「(くっ・・・)そうですか」

ぐらいであった。

夕飯の時間になる頃には体調も回復した。調子のいいもので「ご飯何かなー」と考える余裕が出てくると、急にお腹が空いてきた。入院していると言っても石さえなければ基本的には健康体である。大人になって初めての病院食はこんな感じ。


食事が終わってからは夜が長い。病室は4人部屋だが、各ベッドにはTVが付いている。1000円のTVカードを購入すると、TVを見ることができたり冷蔵庫が利用できたりして生活水準が高くなるのだが、ここはあえて未購入(1000円を惜しんだわけではないぞ!)。自宅から持参した2リットルの麦茶もぬるいが、「身体に良いから」と言い聞かせて飲み続ける(※)。

出血もなく発熱もなく、普通に一晩を過ごし朝食も食べ終えると、医師がやってきた。

「どうですか?」
「問題ないです」
「痛みはありますか?」
「特にないです」
「では1ヵ月後に来てください」
「分かりました」

これにて退院。衝撃波を受けていた1時間と痛み止めの副作用でもぞもぞしていた3時間以外は本当に普通の生活をしていた。この衝撃波で石が粉々になったのかと思うと、もっと早くココに通院しておけば良かったと後悔する。

今回の処置の特徴をおさらいしてみよう。

1.身体への負担が少ない
2.現在の治療の主流である
3.身体を通して衝撃波を石に当てる
4.保険が利く
5.石が硬いと一度で割れないかも
6.多少痛みが伴う
7.必ず血尿が出る
8.出血が止まらないことがある
9.高熱が出ることがある
10.骨に当たったら粉砕されるw

おさらい完了。

~1ヵ月後~
「これがレントゲンですが・・・」
「はい・・・(ゴクリ)」






「・・・石、ありますね(ニッコリ)」

---続く

※我慢できずに院内のコンビニでコーヒーを購入したのは内緒だぜ!


(照)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止する
  スマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肝油

2017-05-22 08:31:25 | 日記
 「テレビで見た」という話しをしても、もはや多くの人にはピンと来ない時代なのだと実感したその日、テレビで見た特効薬的栄養素を取得する食べ物として持ち出した「肝油」の話題が年寄りにしか通じないことに、相当しみじみとしてしまった。
 ユーチューバー小学生が活躍しているという話しや格安のストリーミング映像配信サービスのコンテンツ比較などのほうが、断然盛り上がってしまうのだった。だがまだそこまでは何とかついて行けたとしてもゲームの登場人物たちの性格やストーリー展開が話題になると、竜宮城から戻って来た浦島太郎のような気分で話しを聞いているしかないのである。こちらはゲームとはかなり離れた生活を送っている。「本を読みなさい」と勧めていた時代が懐かしい。今は「あのゲームやってみるとはまりますよ」と逆に勧められてしまうのだから。

 システム開発や調査に莫大な投資を行うことができる大企業が強かった時代から、インターネットにつながるパソコンの強みを生かすことによって中小企業も同じ土俵に立てる時代が来た、と思ったのもつかの間、今やスマホが登場して組織化された企業でなくても個人が世界と向かい合うことができる。大企業も中小企業も個人も、大国も小国も、先進国も途上国も、ビジネス的見地からすれば、そう大きな差はないところまで来ている。もちろん基礎科学や先端医療の分野ではまだまだ大きな資金力を持つ組織が強い。だが応用分野は幅広い。問題意識と解決アイデアさえ持っていれば、ほぼ世界中の誰とでも相談して未来を描くことができる。その意味合いでは子供だろうが老人だろうが関係ない。ユーチューバーが小学生だったとしても、つぶやき好きな70過ぎの老人が大国の先頭に立って大暴れしていても何の不思議もない。
 
 これだけチャンスをつかみやすい環境が整って来ているにも関わらず積極的にネットを利用して一旗揚げようという人は、そう多くない。なぜなのだろう。おそらく、かなり簡単に利用できるようになって来たとはいえ、ネットに蓄積されている情報を使いこなすにはまだまだ特殊な技術を必要とするからなのだろうと思う。「らくらく」とネーミングされたスマホを売り出しているメーカーもあるが、入口でこれではその向こう側に広がっている知識の宝庫を利用してやろうと考える人がそう多く現れないのもうなずける。
 
 amazonがechoを売り出したのが2014年11月。キーボードから始まったネット世界とのやり取りにマウスやタッチパネルが加わって変革されてきたとは言え、高齢のおじいちゃんやおばあちゃんに使い方を説明するのはちょっと、と思われていた現状を打破し、話しかければ応えてくれるというネットとの新しい接点が生まれた。米国で大ヒットになり追随する製品がgoogleやMicrosoftなどから売り出されている。日本語の対応には少し時間がかかっているようだが、時間の問題でしかない。インターネットを今まで以上にうまく利用して社会を変えて行く人が現れて来るだろう。振り返れば時代を画すると称される時期に差し掛かっているように思う。「肝油」の話題でしみじみしているどころではない変革の時期が。(三)
 

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故防止に

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加