JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

新しい家族2

2017-07-31 11:27:27 | 日記
昨日、我が家に新しい家族が増えた。推定6歳のチワワを里親として我が家に迎えたのである。これで犬が2匹となった。

ちょうど一年前の今頃、我が家では始めての犬を飼い始めた。生後2か月で我が家にやって来てから約1年間。健康に育ってくれてはいるが、一匹で飼ってきたせいか人見知り、犬見知りが治らずに困ってる。家族以外の人に会うと吠えるし、散歩やドックランで他の犬に囲まれると、しっぽを丸めて逃げ回っている状態で他の犬とうまくコミュニケーションが取れないでいた。

共働きの我が家では日中は誰もおらず、犬一匹で留守番をしているのもかわいそうだし、犬見知りもどうにかなるかもしれないということで、妻と子どもたちが2匹目を検討していたのである。

ある里親サイトでかわいいチワワを見つけて、6月末に「ふれあい会」というイベントに会いに出かけた。

イベントにはいろいろな理由で保護された犬が集まっていたが、我が家で里親となったチワワは、ブリーダーから保護されたということだった。

すべてのブリーダーがそうではないと思うが、ブリーダーで飼われている犬は、ペットショップに販売する子犬を生ませるために家畜として飼われ、狭いケージの中で散歩もしてもらえずに一生を過ごす犬が多いのだとか。

ペットショップという商売がある以上、このような世界が存在するのは仕方がないのかもしれないが、いろいろと考えさせられた。

先週の土曜日。まずは里親トライアルということで、我が家に迎えた。

我が家に迎えるにあたっての心配は、先住犬である犬見知りの長男と仲良くできるか?であった。チワワの方は、たくさんの犬と暮らしていたようで長男をあまり気にしていない様子だったが、長男の方はかなり戸惑っていた。

最初の2、3日は、お互いの存在を認め合う時間としてあまり触れあわないようにして様子をみていたが、なんとかトライアル期間中にお互いのお尻の匂いを嗅ぐなど、少し距離が縮まったようだ。

これなら問題なさそうだ。ということで、トライアルが終了した昨日、正式に我が家の家族となった。



チワワの方は、これまで散歩をしてもらえていなかったようでまだ散歩を怖がって外を歩くことができないが、2匹でお揃いの服で散歩練習中である。

長男の犬見知りもこれで改善されると良いのだが。。。

(岳)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故防止に

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャンプ

2017-07-28 00:56:10 | 日記
前回のブログの予告通り、今回のお題はキャンプです。

7月の3連休を使ってキャンプに行ってきました。家族だけで行くキャンプとしては初めてになります。
今回は静岡県浜松市にある秋葉キャンプ場に行きました。
キャンプと言えば、焚き火やバーベキューで盛り上がりたいところでしたが、なにせ初めてのキャンプ。あれやこれやと手を出さず、

1. テントを設営する
2. テントで寝る
3. テントを片づける

これだけを目標としました。
朝7時に出発して到着したのは10時。天気には恵まれて晴れました。
早速、一つ目の目標であるテント設営に挑みます。
テントを購入時、店員さんから設営方法を教えてもらいましたが、購入してから1ヶ月経過していたこともあり、きれいサッパリ忘れていました。
しかし、今は便利な時代。Youtubeにテント設営動画が置いてあり、再生しながら一つ一つ組み立てました。結果、大人2人子供2人の力を合わせて、2時間かけて見事に設営できました。


とてもカッコイイです。

そして、内装はこんな感じ。

とても良い感じです。
実はこのキャンプに向けてテント以外にもキッチンテーブル、ランタン、ガスコンロなど購入したこともあり、初心者キャンパーにしては充実した品揃えでした。

テント設営後は昼食。
新品のガスコンロを使用してお湯を沸かし「ペヤングソース焼きそば」を食べました。
自然に囲まれて食べるペヤングはまた格別でした。

昼食後は川遊び。
36歳、川にダイブ!といきたいところでしたが、想像を超える水の冷たさと川の流れに圧倒され、浅瀬で子供たちと水の掛け合い。


夕食は家の近くのエイビイで購入した300円ステーキ。
300円とはいえないボリュームがあります。
そして、ご飯は沸かしたお湯で作れる「さとうのご飯」。
最高でした。

あっという日が落ち暗くなりました。いよいよ、ランタンの出番です。


とても良い感じで照らしてくれます。

21時過ぎに寝床につくとあっという間に眠ってしまいました。
二つ目の目標はクリアです。

夜中、ふと目覚めてみると「ザーーーーー!」という強い雨音がしました。
しかし、そこはコールマンのウェザーマスターシリーズ!耐水圧は約3,000mmのテントなのでびくともしませんでした。

朝になると天気は回復しており、濡れていたテントもあっという間に乾きました。
朝食は野菜ジュースとホットサンド。


コールマンのロゴが素敵です。

朝食後、三連休の最終日ということもあり渋滞が予想されていたので、すぐに撤収作業に入りました。
撤収は簡単なのでは?と思う方もいるかもしれませんが、大きいテントなので、実は片付けるのも一苦労。

再びYoutubeの力を借りて、折りたたみました。テントをテントケースの中にギュウギュウに押し込み、見事三つ目の目標も達成です。

朝10時にはキャンプ場を出発し、昼過ぎに家に戻ってきました。子供たちの反応も上々でしたので、8月もまた行こうと思います。ただそのときは、もう少しご飯に力を入れたいと思います。(土)


moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止する
  スマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新・思い出ダイバー 11

2017-07-27 12:21:31 | 日記
小学校時代、運動会ではヒーローだった。

運動会のプログラムの最後の競技は「大玉おくり」と決まっていた。そこでヒーローになるには相当なアピールが必要になるのでそれではない。「大玉送り」の一つ前に「男子リレー」がある。一般的な児童は紅白帽をかぶるが、各学年から選ばれた選手はそのステータスとなる「鉢巻」を額に巻くことができるのだ。

「鉢巻」を与えられるのは各学年で4人ずつ。選ばれし走者は児童全体でわずか24人だけなのだ。皆さんもその希少性をご理解いただけたのではないだろうか。そのステータスを私は6年間守り続けてきた猛者なのだ。

現在とは違い背も低く、体重も軽く、すばやさにプラスが振られた状態だったのだろう。50メートル走のタイムを計測する前の日は靴と靴下を厳選する気合の入れようで、如何に鉢巻が欲しかったのかが伺える。ただし、当時の小学生が履く運動靴は大体皆同じものであることを伝えておく。

体育の授業での運動会の練習とは別に、リレーの選手は休み時間や放課後を使ってバトントスの練習をするのだ。

小学生照「休み時間に遊べないじゃんかー(ニヤニヤ)」

ツイートする言葉と気持ちは裏腹に、周囲に「オレ、選手やで!」とアピールする小学生。いたよね、そんなヤツ。

運動会のプログラムは実質リレーで終わるので、最後のトリを飾る「アンカー」は本当に憧れの的であった。自分も6年生になったらアンカーになりたいと思いながら、毎年リレーを走っていた。

6年生でも無事に「鉢巻」を手に入れることができたので、実質「アンカー」にも選ばれたことになる。これは大興奮だ。自分の中では他の走者を置き去りにしてトップでゴールする姿が校庭のトラックに浮かび上がっていた。自宅に帰ってから母親に「今年は絶対に見に来てね」とお願いした(※)ことも覚えている。

運動会本番の何日か前からリレーの練習も行った。本番さながらで走る順番を確認する。1年生→2年生・・・→5年生→6年生の順番だ。昼休みを利用して行うため、大勢の児童たちが自分の色の走者を応援する。その中でアンカー。最後に走るアンカー。一番目立つアンカー。まだ本番では無いのにもかかわらず超興奮する。私のクラスメイトも応援してくれている。あの娘にいいところを見せたい!

既に練習で分かってしまったのだが、私のチーム、1位確定。4年生くらいの走者がごぼう抜きを披露し、後はバトントスのミスが無い限り1位確定。それでも手を抜くことなくバトントスの練習をしっかり継続して、万全の状態で運動会に臨む。

練習と本番の違いは、圧倒的な声援の量だ。「やってやる!」と思わない選手など誰一人としていない。1年生から6年生までの児童が各世代別の代表を応援し、そして自分の色の走者に声援を送る。そんな中で「鉢巻」を巻いた選手たちがトラックを駆け抜ける。声援がシャワーのように降り注ぎ、昼を過ぎて傾きかけた太陽が選手たちの一挙手一投足を照らす。そんなボルテージが最高潮の中で登場するアンカーたち。そう、6年生の選手たちは集大成となる走りを見せることになるのだ。

トップでゴールテープを切る選手。
この日一番の声援を受け、彼はチームの皆と喜びを分かち合ったのであった。

・・・
・・


もう30年近く前の話。

---終わり

※毎年必ず応援に来てくれた優しい親である。


(照)


moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止する
  スマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界遺産

2017-07-26 11:08:58 | 日記
2013年の『富士山』、2014年の『富岡製糸場』、2015年の『軍艦島』(軍艦島は一部ですが代表的なものとして)、ここ数年 毎年のように日本が世界遺産に登録されている。が、個人的な主観ではあるが、年々盛り上がりが欠けていっているように思われる。
ブログを書いている私も2016年の『国立西洋美術館本館』については、「あれ、そうだったっけ?」と思っている始末。日本人として恥ずかしい限りだ。
だが、今年の7月9日、『宗像・沖ノ島と関連遺産群』が世界文化遺産に登録された。世間的な盛り上がり具合は分からないが我が家では大いに盛り上がった。

『宗像・沖ノ島と関連遺産群』とあるが、その構成資産は、
1.沖ノ島(宗像大社沖津宮)
2.宗像大社中津宮と御嶽山祭祀遺跡(御嶽神社)
3.沖津宮遥拝所(瀛津宮)
4.宗像大社辺津宮
5.新原・奴山古墳群
となっている。
1の沖ノ島にある沖津宮、2の大島にある中津宮、4の九州本土にある辺津宮の三社を総称して宗像大社と呼ぶが、テレビでよく取り上げられるのは沖ノ島。「神の島」とも呼ばれ、島全体が沖津宮の御神体で、今でも女人禁制の伝統が守られている。守られているものはそれだけでなく、自然崇拝を元にする信仰・祭祀は4世紀以来現代まで継承されているとか。出土品も国宝、重要文化財、約8万点がそれらに指定されており、海の正倉院とも称されている島である。

話しを戻し、我が家で大いに盛り上がった理由は、妻の祖父が2の宗像大社中津宮で神職についていたからだ。残念ながら祖父にお会いしたことはないが、とても家族思いな方で、毎朝、子や孫、家族全員の名前を読み上げ健康をお祈りしていたと聞いている。祖母は今も健在、十年近く前に結婚の報告に大島に行き挨拶させていただいた。その際、中津宮を参拝したが、鳥居から拝殿とシンプルな作りながら他で見てきた同規模の神社とは違う空間を感じた記憶がある。
その歴史や言い伝えなどの話しをしてくれるのが今も辺津宮にお仕えしている伯父。自分の仕事や住んでいる地域などについて誇りをもって語ってくれる。だから話しを聞いていてとても楽しいし、引き込まれる。なかなか話す機会を作ることは難しいが世界遺産に登録されたことで更にパワーアップしたその話しをまた聞きに行きたい。(ほ)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故防止に

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徒然なる1週間

2017-07-25 09:28:50 | 日記
月曜日
プライベートBBQ
年に数回しかない家族全員の休みが合う日で、友人たちとBBQに行きました。このメンバーとはいつも渓谷のそばでやります。川の水がキレイで冷たくて子供たちも大喜びでした。

火曜日
全体会議−ファクトリエ懇親会
全体会議に出張ファクトリエがやってきました。自分たちの会社のことを汗かきながら楽しそうに話される様子は見習わないといかんなと思いました。懇親会で伝えると「汗っかきなんです」とおっしゃっていましたが笑
「指示書通りに作るだけでは工場の人たちのやる気も上がらない。どうやって良いものを作ろうかと考えるから創意工夫が生まれる」という言葉、胸に刺さります。
懇親会では、元気をもらうつもりが一緒に元気に弾けてしまいました。楽しかったです。はい。

水曜日
総持寺–み霊祭
鶴見にある総持寺のお祭りに行きました。テレビで紹介されて以来、激混みのお祭りになってしまったので、知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、坊さん主催の盆踊りが見ものです。一休さんやひょっこりひょうたん島の曲で、ノリノリに踊る盆踊り。坊さんがMCをする盆踊り。来年は社員会イベントで行ったら面白いかもしれない盆踊り。気になる方はYouTubeでどうぞ。
子供たちに鶴見アイデンティティを埋め込むべく毎年行きますが、混み過ぎてて小さい子連れには少々しんどいここ数年です。
冷静に考えたら、私の地元の盆踊りではMCはいないような?

木曜日
ワーキングウーマン座談会–部課長研修−残業
働く女性同士の座談会に行ってきました。キャリアを考えると出産に踏み切れないという方に「子育ても立派なキャリア」というありがたい言葉をおっしゃる方がいらっしゃり、楽しいひと時でした。
帰社して部課長研修では会社の方向性を考え、翌日の訪問のための資料を作る。
久しぶりの残業でした。

金曜日
お客様訪問−お誕生日会
前日作った資料を持ってお客様とお打ち合わせ。
夜は義母のお誕生日会。

土曜日
農業BBQ
優しい上司が車に乗せてくださり、チビ2人を連れてラスト農業BBQへ行きました。
暑い!!いや〜暑いね〜と言う言葉しか出ないほどに暑い!!!
チビ1はマイペースに他のお兄さんのお茶を横取りして飲んだり、チビ2は優しい上司家族の一員かのようにべったりくっつき虫になっていたため、母はありがたく放置させてもらったり、楽しませていただきました。

日曜日
友人宅訪問
久しぶりに友人宅を訪問してきました。お互い2児の母で、子供たちもそれぞれ同じ歳。2人とも仕事復帰してからは、なかなか時間が合わず久しぶりの再会となりました。私以上に一生懸命働く様子はいつも参考になります。ホント疲れるよね〜と分かり合える貴重な仲間です。

月曜日
いつもの月曜日
旦那氏不在で家事育児を1人で担う。

火曜日
今ここ。

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、先週の火曜日時点で母ちゃんは既にグッタリだった訳です。人間やればできるものですね。
しばらくゆっくりしたい…

(ゆ)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止する
  スマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加