JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

嬉しいと嬉しい

2015-12-28 08:15:51 | 日記
 その日、玩具売り場はクリスマスプレゼントを探すサンタパパやサンタママでひどく混んでいた。玩具売り場の隣が文具売り場になっていて、そちらも年賀はがきに使うための様々な道具を見て回る人でいっぱいだった。筆ペンを買うために文具売り場に足を踏み入れようとする私の耳に、人ごみの喧騒を突き抜けて少年の「いらない、いらない」という叫び声が飛び込んできた。

 見ると、幼稚園か小学生ぐらいの男の子が、母親だろう女性の手を引いて彼女を玩具売り場から引きずり出そうとしているところだった。体の小さなきゃしゃな感じのする若い女性だった。彼女はしゃがみこんで少年の顔を覗き込み「なんで?欲しかったんでしょ?ずっと欲しいって言ってたじゃない」と言った。少年には負けていたが、やはり大きな声だった。少年が「言ってない」と言うと彼女はサッと立ち上がって玩具売り場に入ろうとする。少年がそれを引っ張り戻そうとして「だめ、だめ」と叫ぶ。2度ほど同じようなことを繰り返すともう少年は泣き声で「いらない、いらない」と言い始めていた。

「もう、なんでなの?欲しかったの知ってるんだから」彼女はまたしゃがみ込んで少年と同じ目線で語りかけた。少年はひくひく泣き声をあげていたが、そのお金はカナちゃんが靴を買うために貯めたお金だ、というようなことを言った。「ずっと貯めてきたお金でしょ。ずっとずっと欲しかったんでしょ」というようなことを言った。

 それを聞いて女性は目を丸くしていたが少年を抱きしめて「いいんだよ、あんたが欲しい物を買うって決めて来たんだから」と言った。「よくない。カナちゃんの靴を買って」少年がそう言うと「あたしの物なんか買ったってちっとも嬉しくないよ。クリスマスはね、いい子がプレゼントをもらえる日なんだよ」彼女はそう言って立ち上がった。

 私はずっと誤解し通しだった自分が恥ずかしくなっていた。筆ペンを買って家に帰るまでの間、二人のことが頭を離れなかった。おそらくあの母親はあれから子供へのプレゼントを買ったことだろう。少年は自分が母親にしてあげられる最善の策としてプレゼントをもらって大喜びして見せたに違いない。そうしておきながら母に靴を贈って下さいとサンタクロースに祈ったことだろう。どうかカナちゃんに靴をと何度も祈ったことだろう。そんな息子の気持ちを察している母親は無理をして安い靴を買い、朝になったらサンタがプレゼントをくれたと少年に見せるかもしれない。少年が心から大喜びするのはその瞬間だろう。母親も、少年が心から喜んでくれた瞬間大喜びする。そんな空想をやめられなかった。
 
 現実がどうだったかはわからないが、二人の未来が明るいものであって欲しいと心から願っている。もちろん彼ら二人の未来だけでなく、世界中のすべての親子と私たち自身の未来が明るいものであってくれたらと祈りたい。

 これで今年のブログはおしまいです。今年もまた一年、私たちのブログをお読み頂き、心から感謝致します。

 よいお年をお迎え下さい。(三)


monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンタからのプレゼント

2015-12-25 12:04:06 | 日記
最近はbuck numberの「クリスマスソング」をよく聴いている。
下記に歌詞を抜粋したが、素敵なラブソングである。
-----
会いたいと思う回数が 会えないと痛いこの胸が
君の事どう思うか教えようとしてる

いいよ そんな事自分で分かってるよ
サンタとやらに頼んでも仕方ないよなぁ
-----

今度カラオケに行ったら歌ってみようと思うが、35歳が熱唱していたら、周りの人ひいてしまうかな。(笑)


さて、本日はクリスマス。
「クリスマスソング」の歌詞にも出てくるが、クリスマスと言えばサンタクロース。

我が家にはサンタからプレゼントをもらうために守らなければならない子供向けのルールが2つある。

ルール1.良い子であること。
「良い子にしてないと、サンタさんからプレゼントもらえないからね。」

去年、親戚の子が「悪い子だったから、クリスマスプレゼントをもらえなかった」という話しを子供たちにしていたようで、我が家の子供たちは、良い子じゃないとプレゼントはもらえないという想いが人一倍強いようである。ゆえに、12月はこの一言で子供たちのコントロールがかなり楽になる。

ルール2.欲しいものを書きだすこと。
子供の欲しいものは日々変わるので、固定させるために書かせている。
どうせ書きだしたなら、毎日確認できた方がテンションが上がって良いと思ったので、我が家では短冊にしてクリスマスツリーに飾っている。

これらのルールを守れた場合、下記写真のように24日の夜にサンタがクリスマスツリーの足下にプレゼントを届けてくれる。



ちなみに今年のプレゼントは「Wii Uのゲームソフト Splatoon(スプラトゥーン)」と「ツムツムのぬいぐるみ」である。



クリスマスツリーの前で子供たちの喜ぶ姿を見たくて、今朝は気合いを入れて早起きをした。

しばらくすると子供たちは目を覚まし、迷わずクリスマスツリーに向かった。そしてプレゼントを手にして、「サンタさん、ありがとう」って目をキラキラさせながら言っていた。
その姿をみて、私は思わずほっこり。

子供たちはいつまでサンタを信じてくれるか分からないが、できるだけこのほっこりを味わいたい。

最後に・・・ほっこりし過ぎたのか、その後、睡魔に襲われ二度寝をしてしまい、出社が少し遅れてしまったのは内緒である。(土)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家で焼き肉

2015-12-24 09:20:49 | 日記

気がつけばもう12月も後半。今年も色々あったなぁ、と
どなたかのブログと同じ書き出しでスタートしてみました。

いやぁ、冬ですね。
今年は暖冬なんでしたっけ。どこかで聞いたような。
冬といったら鍋ですかね。
いやいやいやいや、冬といったら・・・
ボーナスですよ!!賞与ですよ!!
いやぁ、ありがとうございました。
感謝、感謝です。

ほっこりすると、ちょっと物欲がでるのですよ。
皆さまも、ねぇ、湧き出ちゃいますよね!?

わたくし、ちょっと抑えきれませんで、
買っちゃいました。「無くても困らないだろ」というもの。

ガスボンベ式の卓上炉端焼き器を買いました!

ほしかったのです。
どなたかのFacebookの写真で、この商品を知りました。

「いいな、いいなぁ、俺もお肉とか焼きたいなぁ」と、
会社帰りの電車の中で、同商品をじろじろ見ていました。

家にはホットプレートはあります。
ホットプレートで焼き肉はちょいちょいしています。
まさにこれですよ。
「無くても困らないじゃん!」

いやいやいや、違うんですよ。(わかるでしょ?この気持ち)
ついに入手したのです。ボーナスという勢いをつかって。

使用頻度?置き場所?
ふ、そんなこと気にしないです!!


先日、使ってみました。

使ってみた様子がこちら!

あ、写真を撮り忘れました、、、


では、みなさま、
わたくしのこのテンションに
文章から想像するイメージだけでついてきてくださいね。

この装置、
輻射熱により、美味しくジュージューお肉がやけるのです。
輻射熱?よくわかりませんね、私もわかりません。

“炉端焼き”なので(?)、あれです、網です。
ジュージューなって、油が下に落ちるのです。
落ちた油に引火して、火がちょっとボっ!
煙がふわぁ~

これですよぉ、焼肉屋っぽい雰囲気。
部屋中ケムい!!

お寒い冬なのに、窓を開け換気。
「ちょっと寒いなぁ」なんて小言を言いながら、
引き続きジュージュー

さてさて、焼けたお肉の具合はいかに!!

ホットプレートとは違う!!
カリッとしている!!
イイ具合の焦げ目がある!!
香ばしい臭いがする!!

ふっくら?しているような気もする!
これが輻射熱のチカラなのかぁ!!!!


は、
はぃ~~~~!

オチも何もなしでの、クロージングとなりました。


忙しい年末、皆さまは如何お過ごしでしょうか。
2015年も残りわずかですね。
風邪などひかないよう、年末も年明けもお元気君で
過ごしたいですね。
それでは良いお年を。
ごきげんよう

(八)


monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルプ!

2015-12-22 12:14:11 | 日記
気がつけばもう12月も後半。今年も色々あったな・・・( ゜ρ゜)ボー・・・。


と前回とほぼ同じ書き出しでスタートです。今回はピンチヒッターとして体が暖まって無い状態で打席に立っているため、ちょっと素振りの文章から始めないと調子が出ない事を御理解ください。



・・え?いつも通りの出だしだって?うん、知ってた。


さてお題の「ヘルプ!」である。

某英国4人組バンドの曲にも同名の曲はあったが、毎年ながら年末は納品等が重なり「ヘルプ!」と叫ばずにはいられない。いや本当に叫ぶわけではないが、そこかしこのプロジェクトで心の叫びとして聞こえてくるのである。
今日のブログ当番も「ヘルプ!」という叫びに答えてバットだけ持って走ってきた。季節は寒いというのに、まったくもって熱い毎日だというのは皮肉と言うほかは無い。

今回自分が関わっている案件でも炎上してしまい、いつも火消しにいっている立場であったのが、今度は自分の足元の火を消さなければならなかった。
今思い返せば、アレもコレも確認不足であったり、油断していたり、これでいいと決めつけてしまっていた部分あり、反省しきりではあるが、過ぎた事は仕方ない。これから先可燃物をそこかしこに放置していた自分を正すしかないのである。

そんな火事の真っ最中にあって、わが社の社員では自分が忙しいにも関わらず、「今いくぜ!」と定時後や休日に、時には徹夜すら厭わずに駆けつけてくれる人たちが大勢いた。
コスト面と労働時間、健康面で良い事ではないのだが、仕事とは信用を守らなければならない。納期を守るのは総力戦であり、負けては全てが意味が無くなる。
その事を十分に理解しており、自分も力になりたいと志願してくれたのだ。ちょっと涙で曇って前が見えなくなるほど有り難かった。


ただ普段助ける立場なので、助けてもらうのにはあまり慣れていない。それゆえ非常に恐縮した気分になる。意地をはっているわけではないが、素直に「ヘルプ!」と言えるかと言えば私はそうではない方の人間だ。「借りたい時に借りれるのは幸せな事だ」とは何かで読んだような気がするが、今考えてみれば結構深い言葉だ。普段からの人間関係や人脈が問われるという事になる。そして「自分は貸すに値する人間なのか?」という事を試されるようなものだ。

それに自分は彼らの頑張りに対して、それに見合ったものを返してあげているのだろうか?と不安になる時がよくある。

金やモノで礼をするのは簡単だ。だが、彼ら彼女らの費やした貴重な時間は何をどうしても返ってこない。「時は金なり」なんて言葉もあるが、なんてさもしい言葉なのだろうと、耳にするたび毎回思う。金と時間は決して等価値ではない、時給とは便宜上定義される言葉であって、自らの時間を安売りしている
だけなのだ。

だからこそ、彼らのくれた時間は大切に使わねばならない。そして自らも彼らの為に自分の「時間」を使えるのか?使えるならば最高の人間関係と言えるのだろう。その時こそ、多少申し訳なくも素直に「ヘルプ!」と叫べるのだろうと思う。



金やモノではなんて事を言っておきながらなんではあるが、焼肉は御馳走しよう。社会人は焼肉を奢るものだと、昔師匠が言ってた。喜んでくれればありがたい。




そして財布の中を見る。


・・・・


うん、人生やっぱ金も必要だったわ。( ゜ρ゜)

それではまた来年のブログ当番でお会いしましょう。早いけど良いお年を!


(刑事長)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒロウ体質

2015-12-21 08:24:49 | 日記
 「僕はヒロウ体質なんです」と最初に聞いた時には、あぁ疲れ易い体質なんだなと思ったものだったが、まさか、落し物をよく拾う体質なんだとは思いもしなかった。財布、定期、手袋、マフラー、ハンカチ。今週はもうこれぐらいは拾っている、と彼は言う。小銭は特に多く、なぜか彼の目の前で小銭が床にばらまかれることがよくあるらしい。コロコロ転がる小銭を追って買い物の列を離れざるを得ないことが日常的に発生するという。そう言いながら、居酒屋の椅子の背から落ちていた私のコートを拾いあげてくれた。

 「このあいだ、困った物を拾ってしまいましてね」と彼が話し始めたのは、小学6年生の男の子が落としたノートを拾った話しだった。朝の通勤通学時間帯にバサリと音がするので振り返って見ると少年が転んでいる。起き上がって歩き出した少年の足元に1冊のノートが落ちているのを見つけたヒロウ体質の彼は、駆け寄って「落としたよ」とノートを拾い上げて差し出したそうだ。その彼に対し、振り向いた少年は「いらない」という鋭い言葉を返して走り去ってしまったらしい。それまで拾ったものを渡すたび軽い感謝の言葉が返って来ることに慣れてしまった彼にとっては大変なショックで、その場に少しの間凍り付いてしまったそうだ。
 
「ですが、我に返って、拾ったノートを何の気なしにパラパラとめくって見た時のショックはそれ以上でしたね。見るに堪えないような罵詈雑言がノートの至る所に書かれていたんです。な、なんだこれは、と思いましたよ。よく見ると本人が書いたものじゃないことはすぐわかりました。誰かがノートの持ち主に向けて書いたんです。それもおそらく1人じゃない。」

 このままではいけない、拾った物をこのままにしておく訳にいかないし、ノートの持ち主も、このノートに書き込んだ者たちもこのままではいけない、彼はそう考えてどうすべきか数日悩んだと言う。「いらない」と言ったあの少年のノートなのか別の誰かのノートなのか分からなかったが、ノートの裏には持ち主の学校名、学年、氏名が書いてある。ならばと、2通の手紙を添えてノートを学校に届けたそうだ。1通は担任の先生に。1通はノートの持ち主に。

 担任の先生には、このノートを拾った経緯と、このノートの持ち主を救ってやって欲しい、という強い気持ちを書き、もう1通、ノートの持ち主宛の手紙も書いたのでそれを読んで本人に渡すかどうか先生に決めて欲しいと書いたという。本人宛の手紙には「負けないで欲しい、そしてどうかゆるしてやって欲しい、と書きました」と居酒屋の喧騒の中で聞き取れないぐらいの静かな声で彼は言った。
 
 「ゆるしてやって欲しいですか。小学生には大変な言葉ですね」と私が言うと「そう。僕の願いというか祈りというか、それを言葉にするとそうなりました」彼はそう答えた。「ゆるすには勇気がいるでしょ。それに、勇気を持てば希望が見えてくると思うんです」。

 その夜は忘年会のはずだったが忘れてはいけない気がする夜になった。会が終わって店を出ると冷え込んで冷たい風が強く吹いていた。だが勇気と希望という言葉が私から寒さを遠ざけていた。(三)
 

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加