JF2KRHのアマチュア無線移動運用とコンテスト参加記録

アマチュア無線の移動運用やコンテスト参加記録を中心に無線のこと、無線以外のこといろいろと書いていきたいと思います。

2017 天皇杯 3回戦 「いわきFC」vs「清水エスパルス」    2017-07-12

2017-07-13 21:09:12 | サッカー

今日は平日でしたがサッカー天皇杯3回戦へ職場の若い方々とIAIスタジアム日本平に行ってきました。

筋肉をつけると遅くなるという俗説?デカくて強いサッカー選手がめちゃくちゃ速く走れる。
サッカー界の常識を覆し「日本のフィジカル スタンダードを変える」が
コンセプトの「いわきFC」が対戦相手。
ユニフォームがピチピチで厚い胸板、サッカーというよりラグビー選手のようです。

さてこのチーム、福島県社会人リーグ1部で、同リーグはカテゴリー的に、
1部のJ1に対して7部に相当なのですが、株式会社ドーム(アンダーアーマー、DNS)の
全面支援を受けて素晴らしいグランド、レストランやカフェ、英会話教室まで持つ
クラブハウスがあります。どこぞのオレンジ色のチームより凄い設備です。(笑) 

設備だけではなく今大会、地区予選ではJ3の福島ユナイテッドFCを破り
天皇杯2回戦ではJ1のコンサドーレ札幌から5点を奪い勝ちあがってきました。
勢いがついてますし先日はNHKテレビで「いわきFC」が取り上げられ
今日もジャイアントキリング!を期待してか? 報道陣が詰めかけているようです。
勝って当然ですがメンタルに弱く、ヒールに徹しきれない静岡人のカラー!
この間、札幌にエスパルスは負けてるし。とてもとても心配です。

試合が始まって1分も経っていないうちにゴール近くの位置からロングスローに
長谷川選手がバックヘッドでゴールに流し込みます。
フィジカルではどうにもならない高さで「いわきFC」の出鼻を挫きます。

先制点後、決定期をいくつも外しているうちに、だんだんと「いわきFC」ペース。
引いて守ってカウンターという天皇杯でのジャイキリの戦法ではなく
フィジカルを生かし、前へ前へと攻めてきます。
それでも足元の技術や決定力がないこともあり得点を許すことなく前半をしのぎ、
後半1点を追加し2-0で勝利! 
が、このチーム強いです。社会人リーグの感じではありません。

試合終了後は、両チームとも相手側サポーターに挨拶、サポーターもエール交換。
数年後、まちがいなくカテゴリーを駆け上がってくる予感がします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳島県 鳴門市 「渦潮」  ... | トップ | 2017 オール横浜コンテスト ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サッカー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。