JF2KRHのアマチュア無線移動運用とコンテスト参加記録

アマチュア無線の移動運用やコンテスト参加記録を中心に無線のこと、無線以外のこといろいろと書いていきたいと思います。

2017 フィールドデーコンテスト 福島県西白河郡西郷村移動    2017-08-05

2017-08-10 23:57:41 | フィールドデーコンテスト

今年のフィールドデーコンテストは7エリアへ。
局数重視か?マルチ重視か?移動地に迷いましたが局数重視で
6m AND DOWNコンテストで運用実績がある福島県西白河郡西郷村にしました。

金曜日の夜に静岡を出発。今回、栃木県側から西郷村へアプローチ。
早朝、もう少しで現地に到着ということろで、道路脇に小さな黒い物体を発見!
車が近づくと林の方に走っていきます。ん? 熊!!!!!!
小さかったので子熊だったと思いますが親らしきものは確認できず。
車に乗っている最中で良かったです。
ほどなく目的地に到着。先ほどの目撃もあり車を降りアンテナ設営するのに
少し抵抗がありましたが予防のためラジオをガンガンに鳴らして、大急ぎで設営です。
また今回は現地にアブや蜂が大量に飛び回っていたので暑い中、長袖に防虫ネットで
汗だくの作業でした。

 

3.5MHz・7MHz  ダイポール(3.5は短縮)
21MHz・28MHz  2エレHB9CV(バンド切り替えはエレメント長を変更) 
50MHz       5エレ八木アンテナ 
144MHz       10エレ八木アンテナ
430MHz       15エレ八木アンテナ
1200MHz      16エレ八木アンテナ
2400MHz      29エレループアンテナ

今回のアンテナは上記のとおり。
設営後は仮眠タイムです。

午後6時、コンテスト開始でスタートダッシュ!!
のつもりで50MHzでCQを出すも全然呼ばれません。
すぐに諦め、開始時の定石である高い周波数(1200MHz)へ
その後、21MHzが開けていたのでしばらくマルチを拾えるよう頑張りますが
なかなか長くは続きません。その後、バンドを転々としますが期待のV・UHF帯が特に不調です。

また夜になり暗くなってからはビームを回すため外に出ることが不安でビームを回せず、トイレも夜中は我慢でストレスが溜まります。
翌日は各バンドを放浪。思う様な積み上げがなかなかできず苦戦です。
結果的には局数・マルチは何とか帳尻合わせをして7エリアでのシングルオペ電話マルチバンドでのコンテストレコードを更新できましたが全国的には厳しいレベルだったと思います。

コンテスト終了後、来た道と反対側に進み一旦、国道289号に出て会津方面へ向かいましたが289号では道路脇まで野生の猿が結構な頭数現れていました。

  

 

喜多方市編へ続く

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 フィールドデーコンテスト  樺戸郡月形町移動   2016-08-06

2016-08-11 21:19:49 | フィールドデーコンテスト


「自分ひとりだけで、見知らぬ場所(アウェイ)に行ってこそ本当の自分の実力がわかる。」
ということで今年のフィールドデーコンテストは予告どおり北海道で参戦。

運用地は樺戸郡月形町円山公園。
移動運用のため事前に月形町役場に連絡をした時に、今年はスズメバチが
大量発生していて被害も出ているとのことでした。

現地では職員の方の言うとおりアブ・スズメバチ・アシナガバチなど
ヤバそうなものが、とんでもない数、飛んでいました。
公園内に移動ポイントは三か所ほどありましたが、
一番上の展望台付近はHFのワイヤーを張るスペースがなく断念、
公園西側の広い駐車スペースは車から降りれないほど大量発生!超危険!!!
展望台より下の駐車場は木立が迫っているものの
西側駐車場よりは飛んでいる数が若干少なかったので
ロケーションよりも安全第一でこの駐車場でやることにしました。

といっても外に居ると直ぐに刺されそうな状況。
麦わら帽子に防虫ネットと手袋、服は黒色を避け、長袖シャツの上に
さらに上着を着て極暑の中、完全防備で設営開始。
更に今回は、いつもと違い機材をバラバラにして宅配便センターに
事前に送ってあったこともあり、いつもより設営に手間取ります。
そして北海道の夏を舐めていました。この場所を含め道内各地30度を
軽く超えていて天気予報で旭川は34度と聞いてビックリ。
このような状態で設営完了まで6時間も掛かってしまい
完全に拷問状態でした。(TT)

 

今回はアンテナの軽量化を図りました。
が、、、無線機器等を含め130Kgほど有りました。(笑)
3.5MHz・7MHz  ダイポール(3.5は短縮)
21MHz・28MHz  2エレHB9CV(バンド切り替えはエレメント長を変更) 
50MHz       5エレ八木 
144MHz       10エレ八木
430MHz       10エレ八木
1200MHz      5/8 グランドプレーン


午後6時、コンテスト開始時に50MHzが開けています。
いい感じでスタートができました。
さらに21MHzも開けていてビックリするほど順調です。
その後、ローバンドに移りますが7MHzが思いのほか苦戦。
更に3.5MHzは本土からの距離もあり10Wでは大苦戦。
そんな中、宗谷支庁でライバルとなろう局を発見。
ハイバンドが開けていたので宗谷の方が断然有利と思われます。

早朝、7Mで頑張った後、再び21MHzも開け
その後28も50MHzもオープン。
今回、送付重量を軽量化したため21と28MHzは同じアンテナで
エレメント長を変えてQRVしましたがアンテナ切り替えの時間ロスが
もったいなかったです。

今回、紙ログということもあり、まだしっかりと集計で来ていませんが
電話部門オールバンドの8エリアのレコード更新、
更に昨年の電話部門オールバンドの優勝得点を上回っています。
が、宗谷支庁の局の成績が気になりますし、8エリア以外でのコンディションが
どうだったのか?こちらも気になるところです。

それから土曜日の夜、144MHzでQRVとのことで
JM8DZC局がこの場所に来られました。(展望台のところで運用)
アイポール後、コンテストでもQSOいただきました。有難うございました。


今回のコンテスト、とても楽しむことができ最高でした。
帰ってきたばかりですが来年も北海道に
是非行きたいと思っています。(仕事を休めるかが問題ですが、、、。)
コンテスト中、QSOいただいた各局、ありがとうございました。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 フィールドデーコンテスト移動予告         2016-08-01

2016-08-01 22:11:26 | フィールドデーコンテスト

昨年、一昨年と6m AND DOWNコンテストで8エリア北海道から参戦しましたが
今年はフィールドデーコンテストで参戦します。

昨年、6Dで運用した場所は現在、クマ出没で立ち入り禁止で閉鎖されているので
場所を代え電話部門のマルチバンドで参加予定。
HFのワイヤーアンテナが張れる場所の確保ができれば
昨年同様、空知支庁で運用したいと思います。
場所の確保が思うようにできない場合は、石狩支庁になりますが、
石狩川の河川敷あたりで、できればと思っています。

8エリアをはじめ各エリアの方々コンテスト当日、
聞こえていましたら是非是非QSOをお願いいたします。
当日、天候とコンディションに恵まれるよう祈っています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2015 フィールドデーコンテスト     2015-08-01

2015-08-05 22:04:00 | フィールドデーコンテスト

今年のフィールドデーコンテストは移動予告どおり4エリアに行ってきました。
移動距離も長くなることから静岡から一番近いところで瀬戸内市or岡山市or玉野市あたりで
運用できればと思い金曜日の夜、仕事が終わってから機材を車に詰め込み深夜に自宅を出発。
とりあえず行ってみて、先客がいれば次の候補地に向かうくらいの思いでまずは
岡山市と玉野市の境にある金甲山~貝殻山あたりを目指しました。
とはいえ、今までは夜9時にコンテスト開始だったので、ゆっくり行って移動地を何箇所か見てから
設営と時間に余裕がありましたが今回、コンテスト開始時間が午後6時に変更になったため
早目に現地に着きたい焦りもあり結局、仮眠もとらず徹夜で現地入り。

朝6時過ぎ、最初に着いたのが玉野市と岡山市の市境いにある天目山の駐車場。

 

ロケ的には悪くなさそうで、玉野市側に駐車しアンテナ設置すれば何とかなりそうですが
3.5と7MHzのダイポールを張るのには少し狭い感じではあります。

 

次に向かったのは岡山市南区の貝殻山の駐車場。先ほどの場所から車で数分のところです。
ここはだいぶ広く、ワイヤーも充分張れるスペースもありアンテナを設営している先客も
居なかったので今回はここに決定。


駐車場の一番奥側に陣取れば登山口から離れているし邪魔にもならないかなと思いつつ
気温が上がらないうちにアンテナ設営を開始。
が、この日はとんでもない暑さ!!!朝から少し動くだけで汗がボタボタ、直射日光が痛く感じます。
後々、後悔しましたが駐車場の一番奥側には木陰が全くありません(TT)。
途中、水分を補給しながら超スローペースでアンテナを設置。
結果的に設営完了したのはお昼を少し過ぎてしまいました。

今回のアンテナは下記の通り。
3.5MHz・7MHz ダイポール(3.5は短縮)
21MHz      3エレ八木 
28MHz      2エレHB9CV 
50MHz      5エレ八木 
144MHz      10エレ八木
430MHz      15エレ八木
1200MHz     16エレ八木
2400MHz     29エレループ 

 午後1時から車の窓を全開にして仮眠しますが、無風状態で1時間もしないうちに
暑さで目が覚め、とても寝れません。
その後、アンテナ調整のため各バンドにQRVしますが、ビームもマッチングも
暑さのためとてもとても調整どころではありません。
その後、仮眠を再度試みますが、結果的に寝れませんでした。


午後6時、いつもより3時間早い開始です!とりあえず、定石どおり1200MHzからスタート。
そして、1局だけでしたが2400MHzでもQSOができました。
その後、50や430MHzでCQを連呼しますがいつもと違ってなかなか呼ばれません。
運用場所が原因なのか?コンテスト時間変更の周知が充分にされていないことが原因なのか?
仕方がないので各バンドを短い周期で移りながら、声を出していきますが予想以上にペースは遅いまま。
完全に日が落ちても汗が出てくるようなこの暑さ、今年の暑さは尋常ではありません。
車の冷房をかけて運用すればいいのでしょうがノイズが気になるのでアイドリングでの運用はいつも避けています。
(今回も電源はカーバッテリーを8個と12Vから13.8Vへの昇圧機器を持参しています。)


午前1時半を過ぎるとほとんど呼ばれなくなり、目を閉じ仮眠しようとしますが
暑さと車内に入ってくる虫で、とてもとても寝れません。何か罰ゲームをしているような感じです。(TT)


コンテスト2日目も晴天!風もなく厳しい天候状態のまま、車の温度計は36度、車内の温度はさらに高く感じます。
こんな天候なので、正午でコンテスト終了はありがたいはずなのですが
超スローペースで交信局数は伸びておらず、時間との戦いもあり焦り感はいつもより強く感じました。

3時間前倒しのコンテスト開始と、とんでもない暑さのため最後までペースをつかめず
苦しみぬいたコンテストでした。
結果的には目標最低ラインの300局はクリアしましたが、とても納得いくような局数ではありませんでした。
ただ、28Mが不発でしたが、思いのほかV・UHF帯と21Mでマルチが取ることができ
トータルでは、4エリアのシングルオペ電話オールバンドのコンテストレコードは上回ることができました。

今回の4エリアからの参加で1から0エリアまで、すべてのエリアでオンエアすることができました。
JARL4大コンテストにおいてシングルオペ電話オールバンド部門で、すべてのエリアでの優勝を目的に
今まで遠征してきたので、今回の結果がとても楽しみです。


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2015 フィールドデーコンテスト移動予告    2015-07-23

2015-07-23 00:31:33 | フィールドデーコンテスト

6m AND DOWNコンテストの北海道遠征も無事に終わり来月はフィールドデーコンテストです。
8エリアで散財し体力的にも不安があるので、今回は手堅く地元から参加と思いましたが、
JARL4大コンテストへの参加で残るエリアは4エリアのみ!

距離は確かにありますが金曜日の仕事が遅くならなければ何とか行けるか?
移動場所の選定・確保は?
長距離運転後の体力がもつのか?
そして何よりの不安はコンテスト時間の変更です。

今回の時期を逃すと次回の全市全郡コンテストの時には
仕事の都合でまともに参加できない可能性もあるので
ダメモトで行ってきます。
多分、静岡から一番近い岡山県のどこかで個人電話マルチバンドで参加します。
とりあえず3.5M~2400MHzまで用意していきますので
各局よろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加