JACKIE

Beautiful Things in My Life

6王冠ののぼりで走る男 jogging with 6 stoppers back

2009-06-20 | 歴史

Jackie_in_the_shrine

今日は、大阪城から少し足を伸ばして、

あこがれの玉造まで行った。

玉造と言えば、三光神社へ行かなあかん。

Yukimura_jackie大好きな武将の一人、真田左衛門佐信繁の像がある。

映画や小説では、幸村で有名だが、正式名は、信繁。

いくさの天才、真田幸村は、大阪夏の陣で、

負けたものの、最後の決戦で、家康本陣に肉薄し、

家康に、自害をも覚悟させたという、すばらしい活躍をした。

家紋は六文銭。

この六文銭、仏教で、三途の川の通行料のことで、Photo

いつも死を覚悟して、戦うことを意味している。

父親が、武田家に従えていたので、赤備えの甲冑で、

馬印、のぼりには、六文銭。

ちょうかっこいい。

Photo_2  ジャッキーの馬印は、もちろんこれ。

今日も、給水をせず、

決死の覚悟で、2時間近く走った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

300 Sparta

2008-10-11 | 歴史

今日は朝から用事があったので、その用事を済まし昼過ぎに帰宅した。

昼からは時間があるので、録画していて前から見たかった”300”を見た。

スパルタ式と言われるぐらい、鍛え抜かれた兵士が登場する。

歴史上、少数が大人数に勝つとか、非力が強力に勝つとかが賛美される。

日本では、織田信長が数千の軍勢で、何万という軍勢の今川義元を破ったこと。

そしてその信長が、柵を作り、無敵の武田信玄騎馬隊を一ヵ所に集め、鉄砲の集中砲火で打ち破ったことがある。

この"300" はまさに織田信長だ。

,。

人類の歴史は殺し合いの連続なのか。

何でそこまでして奪いあわなあかんのか。

映画を見ると考えさせられる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加